世界初!フロリダ州にてブロックチェーンやスマートコントラクトを使用した法案を検討

ニュース

フロリダ州法案はブロックチェーンの電子署名やスマートコントラクトを合法的だとするだろう

フロリダのある議員は、アメリカ合衆国のブロックチェーンデータやスマートコントラクトの法的な基盤を作り出す法案を発表しました。

フロリダ州法案1357は、ブロックチェーンの大腸やスマートコントラクトは合法的な結束力のあるデータストレージの手法として扱われるという多様な規定を取り入れています。このような設置はどんな既存の法律や規制も破りません。

特にこの法案は、“ブロックチェーン技術によって保証された記録や契約は電子的形態であり、電子記録である”としており、ブロックチェーンを使って記録された署名は正当な電子署名とみなされていると裏付けています。

これらの資質の結果、この法案は、ブロックチェーンを使用し各州または海外の商業的企業を確保すれば、所有権に影響を与えないと述べています。言い換えると、誰かが情報を保管するためにブロックチェーンの台帳を使用すれば、この法案はその情報に対するその人の権利を合法的に認識します。

同様に法案は以下のように述べています。

“契約は義右方的な効力や単に法的強制力を否定するものではない。
1.電子記録は契約書の作成に使用
2.契約はスマートコントラクトの期間が含まれている。”

法律に署名すれば、この法案はフロリダをブロックチェーンの記録やスマートコントラクトを認める最新の州にします。
昨年、アリゾナ州は同様の措置をとり、電子記録としてのブロックチェーンの記録を認めるだけでなく、スマートコントラクトの法律上の効力を与えることにも注目している。

バーモント州のわずかに異なる法案は2016年に通過し、裁判での証拠としてのブロックチェーンに基づくデータの使用を認められています。

引用:coindesk
Florida Bill Would Legally Recognize Blockchain Signatures, Smart Contracts

翻訳:nakano