ウクライナでも自国の暗号資産発行か?新たな所得税集金システムとは

ニュース

ウクライナは暗号資産の監視作業グループを形成

ウクライナ政府は、暗号資産規制の新しい作業グループを形成していると木曜日に発表しました。

1月11日に政府によって発表された名声によると、サイバーセキュリティやインフラの問題についての会議の間に、国家安全保障・防衛庁長官オレクサンドル・トゥルチノフ氏はこの技術にかんする規制の欠如がウクライナの経済や安全の脅威となると指摘しました。

こうしたリスクは、ウクライナ国立銀行、財務省、国家安全保障、証券手数料や国家警察などの期間の関係者から成る新しい作業グループの創設をもたらしました。
このグループは、国内の仮想市場を管轄する期間を決定し、暗号資産取引による所得税を集めるシステムを構築します。

政府の声明は
「さらに、当局は、金融機関の法律で定められた期間内に、該当する被験者が全ての取引に関する情報を保存する義務を課され、要求に応じて顧客の情報の公開する、暗号資産取引のデータを法執行機関にアクセスする保証のメカニズムを発達させることを任命された。」
と続いています。

特に、この声明は国立銀行―ウクライナの中央銀行―が独自の暗号資産を作成するかもしれないとしています。

「ウクライナ国立銀行は独自の暗号資産を設けることの妥当性を考慮している」と述べました。

すでにウクライナの議会の前にあるこの法案は、これまでに報告されたとおり、中央銀行の監視のもと暗号資産取引をもたらすでしょう。

提案された立法は、暗号資産取引の課税や監視に焦点をおいた規定が含まれており、国内のマイニング作用の規定も含まれていました。しかしながら、その立法は法律として認められておらず、合意のためのタイムラインは設定されておりません。

引用:coindesk 「Ukraine Forms Cryptocurrency Oversight Working Group」

翻訳:nakano