抜群の安定感で人気を集めていたテザーに一体何が?!疑惑高まり市場に影響か

通貨NEWS解説
Twitter
RSS
Follow by Email
Facebook
Google+
LINKEDIN
Whatsapp

突如持ち上がったテザー疑惑

米ドル等の法定通貨に裏打ちされた仮想通貨テザーがビットコイン市場操作に利用されているという匿名の分析レポートが先週発表され、話題になっている。

引用元:COIN TELEGRAPH
【テザー疑惑】新規USDT発行直後にビットコイン価格上昇の傾向 匿名レポートが市場操作の可能性指摘(2017年1月29日)より

抜群の安定感をもたらすとして有名なテザーは、仮想通貨市場において 大暴落が起こった際などに資産の退避先として重宝されてきました 

しかしながら、今回持ち上がった疑惑によって信頼を損ないかねない事態に陥っています。

 

 

仮想通貨テザーは米ドルに連動する

テザーは顧客から払い込まれた米ドルを根拠に、1ドル=1USDTのレートで発行される仮想通貨だ。

引用元:COIN TELEGRAPH
【テザー疑惑】新規USDT発行直後にビットコイン価格上昇の傾向 匿名レポートが市場操作の可能性指摘(2017年1月29日)より

そもそもテザーという仮想通貨は米ドルの価格に連動しているため、乱高下する市場においてその安定性が高く評価されてきました。

テザー社が 発行枚数と同じだけの米ドルを保有していることが信頼を形成 してきていたのです。

今現在の金融市場は米ドル本位で回っているといっても過言ではなく、それだけ世界的に信用されています。

 

ビットコインの価格上昇に寄与した可能性のあるテザー

レポートによると、ビットコインの急激な価格上昇のうち大半の場合において、USDTが発行されビットフィネックスのウォレットに着金してから2時間以内に起こっていると分析している。

引用元:COIN TELEGRAPH
【テザー疑惑】新規USDT発行直後にビットコイン価格上昇の傾向 匿名レポートが市場操作の可能性指摘(2017年1月29日)より

今回浮上した問題は テザーがビットコイン価格を操作 したということです。

2017年末は特に著しい価格高騰を見せていたビットコインですが、実は裏でテザー発行によって起こったものだという見方です。

あの大暴騰はある種の人工的な出来事だったのでしょうか。

 

テザーが歩んできた歴史とは

テザーは、時に銀行との取引関係を維持することが難しい世界中の仮想通貨取引所に重宝されてきた。

4月にはテザー社とビットフィネックス社が取引していた台湾の銀行との関係が中断し、一時出金ができなくなった。この時からテザーの発行量が大幅に増加したと言われる。

9月には疑惑を打ち消すため第三者による監査を約束したが、実際には内部調査文書の発表に留まった。

11月にはハッカーによる侵害を受け約30億円以上のテザーが盗まれたと発表している。

引用元:COIN TELEGRAPH
【テザー疑惑】新規USDT発行直後にビットコイン価格上昇の傾向 匿名レポートが市場操作の可能性指摘(2017年1月29日)より

銀行などとのやりとりをするために重宝されてきたという大前提がありますが、テザー発行に際して 同等の米ドルを保有していないのではないかという憶測は何度も流れていた ようです。

そして今回流出したレポートにより、本格的にテザーへの疑惑が強まった格好となりました。

 

 

ビットコイン市場を操作していたという疑惑を生んだ

そんな中、昨年9月から1月までの5カ月でテザーの発行量は10倍に増えた。そこで銀行との関係が打ち切られたビットフィネックスによる流動性の確保や、ビットコイン価格の市場操作が疑われてきたわけだ。

引用元:COIN TELEGRAPH
【テザー疑惑】新規USDT発行直後にビットコイン価格上昇の傾向 匿名レポートが市場操作の可能性指摘(2017年1月29日)より

確かに巷でもビットコインの異常な価格高騰はバブルではないかという話はありました。

日本で爆発的な投資ブームが起こったこともあり、 多くの人はさほど高騰については関心を寄せていなかった印象 もあります。

これが本当であれば、今後の市場にも多大な影響を及ぼすことは必至でしょう。

 

テザー発行後2時間以内にビットコインが高騰したというデータ

今回発表されたレポートは、新規テザー発行前後のビットコイン価格のボラティリティを分析し「昨年3月29日から今年1月4日までのビットコイン価格の上昇のうち48.7%は、91回にわたる新規テザー発行直後の二時間以内に起こっている」と結論づけている。これらUSDT発行後の「2時間」を積算すると、この期間の取引時間の3%に満たないという。さらに、世界中の仮想通貨取引所における「自然な取引データによるグラフ曲線からの極端な逸脱」を根拠に、複数の取引所にわたる市場操作の可能性を指摘している。

引用元:COIN TELEGRAPH
【テザー疑惑】新規USDT発行直後にビットコイン価格上昇の傾向 匿名レポートが市場操作の可能性指摘(2017年1月29日)より

かなり信ぴょう性の高いデータが揃っている印象です。

これだけでは判断はつきませんが、何かしらの関与があると思わざるを得ないでしょう。

 

一連の疑惑はひとまず杞憂に終わる

TetherとBitfinexのアカウントをチェックしました。Tetherのアカウントには18.3億USドル、Bitfinexのアカウントには11億USドルの残高があります。USDTの財務に関するネガティブな噂が否定されました。

引用元:COINJINJA
Bitfinexの口座残高を実際に見に行くより

 BitfinexのCFOが口座残高を公開 したようです。

これにより完全とは言い切れないかもしれませんが、ある程度の疑惑は晴れたと言えます。

ここから市場がどのように動いていくのか注目です。

 

 

以前話題に上がったアルトコインについてはこちら

 

ビットコインの高騰について知りたい方はこちら

Twitter
RSS
Follow by Email
Facebook
Google+
LINKEDIN
Whatsapp