バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン、クレジットで暗号資産の購入禁止

そもそも仮想通貨どうなるのNEWS

報道によると、バンク・オブ・アメリカとJPモルガン・チェースは2月からクレジットカードでビットコインを購入することができなくなると報道しています。

本日公表されたブルームバーグの報道によると、JPモルガンはカードを使用して買い物をする人のクレジットのリスクの懸念から2月3日より禁止する予定です。

バンク・オブ・アメリカは、暗号資産の交換取引が減少しだす2月2日より禁止すると発表しています。

バンク・オブ・アメリカの禁止はクレジットカードに限られており、デビットカードやATMカードを使用して暗号資産を購入したい顧客には影響を与えないという。

さらに、ブルームバーグは、バンク・オブ・アメリカは、この動きに対するマネーロンダリング防止規制を誘発しているだけでなく、泥棒が盗んだクレジットカードを暗号資産の隠しに変換する可能性について報告しました。

バンク・オブ・アメリカは、JPモルガンと同様に顧客が自分たちの使用できる範囲よりも多くの暗号資産を購入できることを懸念しています。

他の銀行は、近々数週間で暗号資産の料金を引き上げると言われています。

2017年に飛躍後、彼らのビジネスが暗号資産経済にどのような影響を与えているかといった金融業者間の広範囲な議論と同時に、今年の市場規模が大幅に縮小されています。

 

 

翻訳:nakano

引用元:コインデスク