暗号資産のマイニングを合法化に!?そんなバカなことアルメニア!!!

ニュース

皆さんは、アルメニアという国をご存知でしょうか。
アルメニア共和国の首都エレバンは、今残る世界で最も古い都市の一つと言われています。
また、アルメニアの文化も世界で一番古くから残るうちの一つみたいです。
そんな世界最古の国アルメニアでマイニングが合法化されました。アルメニアの暗号資産事情をまとめました。

暗号資産マイニングの合法化か

新しく提案された法律は、アルメニアでの暗号資産のマイニングを合法化し、規制するための基礎となるものである。税務上の免除とその他の行動に駆り立てるものが、マイナーには提供される。

引用元:Kabutan 【経済】 アルメニアで暗号資産のマイニングを合法化(2018年2月19日)より

アルメニアで 暗号資産のマイニングを合法化するという法律が提案 されました。これによってマイニングの企業は、免許を必要なしに、マイニング施設を運営することができるようになると言われています。
これは直接的に、暗号資産を合法とするとしているわけではありませんが、事実上暗号資産を合法として認めることになります。

アルメニアという国は、冒頭でも説明しました通り、世界最古の文化を守る国ではありますが、暗号資産という将来性のある価値にも、とても前向きな姿勢を取っているようです。それでは一体どうしてこのような考えに至ったのでしょうか。

アルメニアのマイニング合法化の背景

それではアルメニアは、なぜマイニングを合法化する方向性を持ったのでしょうか。
そこにはいくつか背景があるようです。

ベラルーシに続け!アルメニアのマイニング合法化

アルメニアは、暗号資産分野へ積極的な姿勢を示す、ユーラシア経済連合の加盟国の中では第2番目の国となる。ベラルーシは、すでに暗号資産の合法化やICOの規制、マイナーの課税免除の措置を講じている。

引用元:Kabutan 【経済】 アルメニアで暗号資産のマイニングを合法化(2018年2月19日)より

実は、アルメニアがこのような考えに至ったのは、 同じユーラシア経済連合であるベラルーシの影響が大きい のではないかということが言われています。
ベラルーシは、すでに暗号資産の合法化やICOの規制、マイナーの課税免除の措置をとっています。これに続こうとしているのではないかと言われています。

ベラルーシ共和国についてはこちらをご覧ください:
旧ソ連のベラルーシ共和国、暗号資産が非課税に!

旧ソ連のベラルーシ共和国、暗号資産が非課税に!

過去に囚われないEdmonMarukyan議員の姿勢

EdmonMarukyan議員は、野党との提携にもかかわらず、彼は法案(デジタル技術に関して)を通すことに成功するかもしれない。なぜなら、アルメニア全域を通して、積極的に同じ方向に進展しているからである。

引用元:Kabutan 【経済】 アルメニアで暗号資産のマイニングを合法化(2018年2月19日)より

また、 マイニングを合法化する法案を提出した背景には、EdmonMarukyan議員の存在も大きい とのことです。
彼は「時代の要請によって動く必要があるから」ということを述べています。やはり、過去の遺産にばかり囚われていない、とても前向きな意見のように思えます。

隣国ジョージアの影響もあり

ジョージアは恵まれたビジネス環境にあるのです。2017年の世界銀行の「doing bussiness」でなんと16位にランキングしているんです!
その理由はジョージアの電力の圧倒的な安さにあります。1kWhあたり5セントから6セントの安いグリーン電力を利用できるのです。

引用元:bit-life マイニングファン注目!巨大採掘場を作りたい「Golden Fleece」がICO!(2017 年8月25日)より

そして、南コーカサス地方に含まれるアルメニアですが、実はこの地方で 最初にビットコインのマイニング施設が設立されたのはジョージア と言われています。更に2016年以来、ジョージアの土地の登記はブロックチェーンによって守られているようです。
このようにジョージアは、ブロックチェーンを使って積極的に国の文化に暗号資産技術を取り入れていく姿勢が見られます。

また、ジョージアは電気代が非常に安価な国です。そのためマイニングが非常に発達しているという背景もあるようです。
このジョージアの影響も少なからず受けているのではないでしょうか。

ロシアも前向き、アルメニアのこれから

暗号資産に対する遠慮があるにもかかわらず、ロシア連邦中央銀行は、暗号資産のマイニングとICOの合法化を気にしないだろうと示唆した。

引用元:Kabutan 【経済】 アルメニアで暗号資産のマイニングを合法化(2018年2月19日)より

アルメニアは、ソ連から独立した国ですので、今も非常にロシアと関わりが深い国です。
しかし、 同じユーラシア経済連合のロシアも、アルメニアの暗号資産の合法化には、前向きな姿勢 のようです。
ロシアは、他のユーラシア経済連合の諸国と協調し、暗号資産の規制へ取り組むように求めているとも話しています。

私はアルメニアの隣国や情勢から予測すると、この世界最古の国アルメニアが今後暗号資産のマイニングが合法になる可能性は非常に高いように思えます。
大事なのは、合法化されたあとの、暗号資産をどのように円滑発達させていくかということではないでしょうか。

合法化されたあとのルール付けは非常に難しいように思えますので、その際大きな事件が起きないようにすべきでしょう。
それでもなお、より一層暗号資産を発達すべく積極的な姿勢を取ってほしいと思います。
今後、世界最先端の国アルメニアになるのでしょうか。引き続き注目しましょう。

マイニングについてもっと詳しく知りたい方はこちら

各国の規制、対応等について知りたい方はこちら