ビットコイン(Bitcoin)を買うならおすすめのポートフォリオ

ニュース

ビットコイン(Bitcoin)を買うならこのポートフォリオで行こう

 

皆さんの保有暗号資産の種類はどのようなものでしょうか。
時価総額から言うと、ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)のみを保有している人も多いかもしれませんが、その他のアルトコインをいくつか保有している方々も徐々に増加傾向にあるようです。

投資の考え方としては、リスク分散のために、株式、不動産、FX、投資信託など、様々な商品に分散するのが定石です。また、株式の中でも、トヨタのような1部上場企業株を保有しつつ、マザーズなどの新興市場の株価を保有したりします。

これは、同じような値動きをする投資先を避け、限られた資産を、大きく減らすことのないように1つが下がったとしても、致命的な打撃を受けずにすみ、また他の投資先で損失をカバーできるようにするためです。

まず、リスクを最小限に抑えるため、時価総額の最も高いビットコイン(Bitcoin)とイーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)のXRP保有することをお勧めいたします。

 

ビットコイン(Bitcoin)を軸にする理由

1. 今後通貨の自然淘汰の時期が来る
2. BTC, ETH, XRPはそれぞれ役割の違う通貨である
3. まだ値段が上がりきっていない

 

1. 今後通貨の自然淘汰の時期が来る

現状、暗号資産の種類は2,000程と言われています。その中には、通貨の役割も果たしておらず、ボラティリティが大きいために売買の対象になっていたり、休眠状態のものまであったりします。これらの通貨は、今後おそらく市場には生き残っておらず、取引所からも上場格下げ銘柄は多発するはずです。
そんな未来が全く見えない小規模の通貨に投資するよりは、世界でも活用されている通貨をポートフォリオの中に入れ込むのは定石です。また、時価総額の高い通貨は基軸通貨となりつつあり、ICOなどが実施される際にも必要となります。

2. BTC, ETH, XRPはそれぞれ役割の違う通貨である

ビットコイン(BTC)は暗号資産を始める方なら大抵少なからず保有しているでしょうし、日本国内でもかなりの店舗で使用することが出来たり、WEBでも使用可能なので、今後も需要が伸びることが予想されます。

イーサリアム(ETH)は暗号資産2.0と呼ばれるほどスペックが高く、トランザクションのみならず、契約内容も自動で処理できる「スマートコントラクト」というシステムで、今後のレンタカー、不動産売買、など複雑な契約に更に活用されていくことでしょう。
XRPについては、既に世界各国の主要銀行と100行以上と提携しており、リップルネットワークを活用して、クロスボーダーの送金を瞬時に無料で実行することが可能になっています。

これらの上位通貨は、今後のポジショニングも見えてきているため、淘汰される可能性も低く、今後さらに伸びる可能性を十分に秘めています。

 

3. まだ値段が上がりきっていない

ビットコイン(BTC)は2017年10月現在、初の60万円台に突入しましたが、今後オリンピックに向けて観光客が増えていくため、需要が増え、100万円~2000万円にまでのびると考えられています。
イーサリアム(ETH)やXRPもまだまだビットコイン(BTC)に比べて値段が安く、ポテンシャルを考えれば価格が上がっていく可能性は高いと思われます。

 

この3通貨を軸として、その他のスペックの良いアルトコインや、ICO用にもビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を確保しておくことをお勧めします。
もちろん、今後毎日のように大きなニュースが発表されたり、規制が整備されてきますので、常に暗号資産にまつわる情報を仕入れ、重大な出来事があった場合には、ポートフォリオを随時組み替えていくことも大変重要です。
また、北朝鮮のサイバー攻撃や、海外の大きなICO規制の発表時には1次的に大きく価格が乱高下することもあるので、リスクを感じた場合には、購入しないという選択肢も検討しておいてください。

 

保有している暗号資産のポートフォリオを一覧で見ることの出来るスマホアプリもあり、便利ですので、活用いただくと良いと思います。代表的なところですと「Blockfolio」というアプリがあり、保有している銘柄のコインの割合や、保有量とトータル資産等が一目で見ることができるため、活用してみてください。

 

Written by 酒井 和