ビットコイン(Bitcoin)のスプレッド(取引コスト)を分かりやすく解説

ニュース

はじめに

ビットコイン(Bitcoin)を買う時、その手数料について疑問に思ったことがある方はいらっしゃらないでしょうか?

多くの暗号資産販売所や取引所では取引手数料の他に実質的な手数料と言われるスプレッドを設定することによって運営されています。

FX投資の経験すらない初心者であるほど、このことに疑問を持ち、理解が難しくなっています。聞いたことはあっても、よく分からない方も多いはずです。

今回はそんな取引そのものにかかってくるコストについて分かりやすく解説していきます。

 

スプレッド=取引コスト

 

各暗号資産販売所(取引所)も利益を得るために取引ごとの手数料を取らなくてはなりません。

それが「スプレッド」と言われているものです。私たちにとってそれはコストになります。

スプレッドの言葉の由来は後述します。とりあえずは手数料のことであるという認識で構いません。

スプレッドというのは一言で言えば、買値と売値の「差」のことです。
各暗号資産販売所(取引所)は同じ一つの暗号資産を販売するときに、買値と売値の2つの価格を設定します。これは当然、相場変動が起こるため、その時々によって変わっていきます。

極端な例を挙げましょう。取引手数料は考慮しないものとします。
例えば、ある暗号資産の買値を60万円とし、売値を59万9000円とします。
すると、この暗号資産のスプレッドは1000円ということになります。

仮に今、購入して価格変動が起きる前に即座に売ったとすれば1000円分の損が出るということです。
つまり、その投資で利益が出るには1000円以上の価格高騰がなくてはならないのです。

 

 

スプレッドに関する言葉

 

そしてスプレッドの言葉の由来ですが、これは英語では「spread」と書き、「広がり」という意味からきています。

ちなみに買値と売値はそれぞれ「ask(アスク)」「bid(ビッド)」と呼ばれることが多いです。当然ですが、買値が高く、売値が安く設定されているので、askとbidが混同してしまっても問題はありません。予備知識として知っておいて損はないでしょう。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?
これで、注文発注をするときに2つもレートの値が表示されても理解できますね。

これからはスプレッドを意識して、売買取引をしてみてください!

 

Written by 今井徹