Altcoin

パブリックブロックチェーン仮想通貨のNEO(ネオ)の詳細について詳しく解説!

Contents

仮想通貨NEO(ネオ)の概要

NEO(ネオ)とは、元々はAntshares(アントシェアーズ)という名称でしたが2017年にNEO(ネオ)へと名称を変更しています。

パブリックブロックチェーン技術を用いたプラットフォームであるNEOと、そこで使用される通貨NEOの双方をさす名称です。
これらによってNEOは、スマートコントラクトが活用されるスマートエコノミーシステムの実現を目指しています。

中国で初めてのパブリックブロックチェーン技術によるプラットフォーム・通貨であること、また同じくプラットフォームとして機能するイーサリアムとの類似から中国版イーサリアムとも呼ばれます。
もっともイーサリアムと比較すると、 NEOはよりスマートコントラクトの開発に適した特徴を備え、また、スマートエコノミーをより拡張する可能性を持ったもの といえるでしょう。

安定した高値を保っていることでも人気のある通貨です。
また、デジタル資産やスマートコントラクトを組みあわせた分散型ネットワークで、NEO(ネオ)のシステム内では多くの独自技術が使われています。

これらの「NeoX」「NeoFS」「NeoQS」「DBFT」などの独自技術は将来の経済インフラになるともいわれています。

 

仮想通貨NEO(ネオ)スペック

通貨単位は「NEO(ネオ)」

創設者はDa Hongfei氏とErik Zhang氏

NEOの創設者は Da Hongfei氏とErik Zhang氏 です。2人はNEO、およびNEOの前身である仮想通貨AntSharesを開発したOnchain社を共同創設しました。

ちなみに企業として利益を追求するOnchain社に対し、組織としてのNEOはそれ自体利益を生まないコミュニティベースの存在であり、両者は異なるファンドによります。
Da Hongfei氏はNEOを牽引するトップCEOであり、NEOの顔ともいえます。
また、Erik Zhang氏はNEOのCEOであるとともに、開発の中心となった技術者でもあります。

2人に加え、NEOのCEOとしてTony Tao氏が参与しています。
Tony Tao氏はOnchain社の事務総長でもあり、またブロックチェーンを基盤としたファンド、Nest Fundを創設しました。

公開日は2016年8月1日

価格は約16,000円程度 (2018年1月21日時点)

過去最低金額は、2016年10月22日に約8円
過去最高金額は、2018年1月15日に約21,939円

発行枚数 65,000,000枚

時価総額約1兆600億円程度 (2018年1月21日時点)

承認システムはDBFT

NEOはDBFT(ビザンティン耐障害性コンセンサスメカニズム)による承認システムを採用しています。

DBFTにおいてトークン保持者は記帳者となるブックキーパーを選ぶことができます。複数のブックキーパーの中からさらに代表者が選出され、新しいブロックを生成します。

生成されたブロックは再び代表者以外のブックキーパーによる投票にかけられ、ここで2/3以上の賛成を得られると新しいブロックの妥当性が承認されます。

2/3以上の証人が得られない場合、新たな代表者が選出され、2/3以上の承認が得られるまで同じ手続きが繰り返されます。
複数のブックキーパーが投票によって新しいブロックの妥当性を検証し、ブックキーパー自身の投票そのものもまた、代表者を選出するトークン保有者の投票によって常に検討されます。

この仕組みは、意図的なミスや裏切り行為によって集団に不利益をもたらす者が出るビザンティン問題に対して有効な対応を提供します。

マイニングのために多額の投資をすることができる者や、もともと多くの仮想通貨を持っている者がより有利になるPOWやPOS方式と比べて、DBFT方式では通貨の持ち分に応じて誰もがブロックの生成に関与することができるメリットもあります。

また、デジタルアイデンティティ技術によってブックキーパーは個人、または機関の本名となるため、ブックキーパーの資産に対して凍結、取り消し、継承、検索、および司法上の決定を行うことが可能です(NEOでは必要なときにそうした操作をサポートする予定であるとのことです)。

DBFT方式のこうした特徴はスマートコントラクトの通用性を拡大し、NEOの目指すスマートエコノミーの規模拡大に資するものだといえるでしょう。

採用されている技術はNeoContract、NeoX、NeoFS、NeoQs

NEOにはスマートコントラクトを促進するための技術が使われています。

まず、NeoContractはNEO独自のスマートコントラクトシステムです。

1.NeoContractはスマートコントラクトの実行と制御を行うNeoVM

2.デジタル資産やデジタルIDをロードしてスマートコントラクトとデジタル資産の相互運用を可能にするサービスであるInteropServic

3.開発者エコシステムに資するコンパイラとIDEプラグインを含むDevPack

この3つの部分からなります。

 InteropServiceによって他のブロックチェーンおよび非ブロックチェーンシステムにNeoVMを移植することが可能 となり、スマートコントラクトの有用性が高まります。

またDevPackによってNEOプラットフォームでのスマートコントラクト作成が容易になり、NEOシステムを用いるコミュニティの活性化をはかることができます。

 NeoXはクロスチェーン相互運用性を実現するためのプロトコル です。
保証されることで、複数のチェーンにわたって別々のパートを実行するクロスチェーンコラボレーションが可能になり、スマートコントラクトの可能性が広がります。

 NeoFSはInteropServiceの1つとして機能する、分散ストレージプロトコル です。中央サーバーではなくブロックチェーンにファイルを格納し、アクセスすることを可能にします。
デジタルIDとNeoFSを組み合わせると、中央サーバーを介さずに分散ネットワークによってデジタルIDに用いるデジタル証明書の割り当て、送信、取り消しが可能となり、スムーズに手続きを行うことが可能です。

 NeoQSは暗号化メカニズム です。
高速かつ大量の計算を可能とする量子コンピュータによる暗号解読に対しても抵抗性を持つものであるとされています。

専用ウォレットはNEON Wallet

公開された動画

公式なし

2017年最注目暗号通貨”NEO”の創業者との豪華対談
投稿者:ブロックチェーン・ラボ
公開日:2017年8月24日
https://www.youtube.com/watch?v=YbtUjnlvd9g

チャーリー・タカ氏が聞き手を務め、NEO創設の立役者であるDa Hongfei氏とErik Zhang氏、そしてTony Tao氏がそろって質問に答える、豪華なインタビューです。
NEOが新バージョンへとアップデートされた2017年8月8日当日に行われた、ホットなインタビューでもあります。

インタビューを受け、創設メンバーからは NEOとイーサリアムの違いは根本的な理念と設計の部分にある NEOが目指すスマートエコノミーの姿が力強く語られます。
また、NEOをプラットフォームとした実際のプロジェクトの紹介や、中国だけでなく世界の企業がNEOを使った開発に動き始めている現状から、世界に広がるNEOの潮流を感じることができます。
中国政府によるブロックチェーンの規制に対してどう思っているのか、今後の見通しはどうかということにも踏み込んだ質疑は、今後のNEOの可能性を考える上で有益な示唆を与えてくれます。

ここでは中国でのICO事業の知名度、取引の規模の現状についても、冷静な分析がなされています。

NEO(ネオ)Meetup in Tokyo 8/2017
投稿者:ブロックチェーン・ラボ
投稿日:2017年8月23日
https://www.youtube.com/watch?v=Y1rmePScqXs
東京で行われたミートアップの映像記録です。
ミートアップとは仮想通貨のオフ会などとも言われる会合で、世界各地で行われています。
東京で行われたこの時のミートアップにはCEOであるDa Hongfei氏とErik Zhang氏が登壇し、NEOの理念について講演するとともに会場からの質疑応答にも答えています。
全てを視聴すると2時間超と長めの動画ですが、デジタルアセットやスマートコントラクトなどといった概念について、スライドの図を示しつつ説明してくれるのでNEOのシステムがとらえやすくなっています。

こちらは会場で示されたデジタルアセットのイメージ図です。

ホワイトペーパー

http://docs.neo.org/ja-jp/index.html

ページ数記載なし
<目次>
NEOの設計目標:スマートな経済
デジタルアセット
デジタルアイデンティティ
スマートコントラクト
アプリケーションとエコシステム
NEO管理モデル
経済モデル
分配メカニズム
ガバナンスの仕組み
NEO技術の実装
コンセンサスメカニズム:DBFT
スマートコントラクトシステム:NeoContract
クロスチェーン相互運用性契約:NeoX
分散ストレージプロトコル:NeoFS
反量子暗号メカニズム:NeoQS
概要

公式サイト

URL https://neo.org/

仮想通貨NEO(ネオ)の特徴1:中国初のパブリックブロックチェーン通貨

NEOは中国で初めて、パブリックブロックチェーン技術によって創設された仮想通貨です。
中国発信であるというNEOの特徴は、その将来性を考える上で注目すべきものです。

中国経済にはNEOにとって追い風になりそうな要素が多くあります。

まず、自国企業を優遇してきた中国の傾向を鑑みると、初めてのパブリックブロックチェーン通貨であるNEOはこの優遇を得て、仮想通貨として独自の経済圏、独自の地位を確立していく可能性が期待されます。

また、日常生活におけるほとんどの支払いがアリペイやチャットペイによるモバイル決済に移行しつつあるという急速なキャッシュレス社会化も、NEOの目指すスマートエコノミーと親和性の高いものです。
送金や預金、割り勘での支払いなどアリペイのサービスは多岐にわたり、これになじんだ社会ならスマートコントラクトの浸透もスムーズに進みそうです。
ちなみに NEOのCEOは、アリペイなどのサービスを今後のパートナーとなりうる存在 として見ています。

もっとも、中国経済については規制の部分も見逃せません。
NEOは中国による仮想通貨規制の動向によって大きな影響を受ける可能性があります。
もともと中国には仮想通貨のマイニングを行う世界最大規模のコミュニティがあり、仮想通貨取引市場が栄えていました。

しかし中国は2017年以降、仮想通貨取引を規制し、これに待ったをかけています。
このため仮想通貨の取引は制限され、新規仮想通貨の発行も禁止されました。経済大国として非常に厳しいこの規制の結果、仮想通貨市場としての魅力を見いだせなくなり、中国離れが起こる可能性も高まっています。

マイニングによって報酬を得るタイプの仮想通貨に関しては、マイナーが拠点を他国に移す流れも起こりつつあります。
しかし必ずしも、こうした仮想通貨規制がNEOの評価を下げることにはなっていないようです。

2018年1月現在、多くの仮想通貨が急落する中でもNEOは高値を保っている状況があります。
仮想通貨に対する中国の態度がNEOにとって今後どのようなプレッシャーとなるのか、あるいはならないのか、注目したいところです。

仮想通貨NEO(ネオ)の特徴2:「中国版イーサリアム」はどう位置づけられる?

 NEOは通貨であるばかりでなく、システムを動作させるプラットフォーム としても機能します。
NEOによって作成できるブロックチェーンは、通貨としてのNEOを移転させるものに限定されません。

例えばNEOを介してゲームアプリをつくることも可能です。
これに関連し、NEOでは2種類のトークンが発行されています。 仮想通貨としてのNEOと、プラットフォーム上で使える燃料トークンとしてのNEOGAS です。

NEOのトークン総数は1億、NEOGASも同じく1億の総制限があります。
NEOGASは新たなブロックが生成されるごとに発行され、およそ22年で総制限数全てを発行することを予定しています。
従来、こうしたブロックチェーンによるプラットフォームとしてはイーサリアムが有名でした。
このためイーサリアムと比べて何が異なるのかがNEOの大きな特徴となります。
イーサリアムにせよNEOにせよ、ブロックチェーンによるプラットフォームは分散型ネットワークを利用したスマートコントラクトの基盤となることを目指しています。

それでは何が違うのかというと、NEOとイーサリアムでは、最終目標としてのスマートコントラクトの形が異なります。
NEO公式サイトのトップに”Digital Assets + Digital Identity + Smart Contract=Smart Economy”という標語が掲げられているように、NEOの目的はデジタルアイデンティティをスマートコントラクトに組み込むことによって、実在するデジタル資産を反映したスマートコントラクトシステムを構築することです
スマートコントラクトの作成と実行によってデジタル資産を動かすことが可能となるこの経済システムをNEOは「スマートエコノミー」と呼んでいます。

このような資産との連動が実現すれば、スマートコントラクトの妥当範囲がより大規模なものとなることは間違いありません。NEOの理念とシステム設計は、何よりもこのスマートコントラクトの実装とスマートエコノミーの実現に向けられています。

仮想通貨NEO(ネオ)の特徴3:スマートエコノミー実現に向けた技術

様々なスマートコントラクトが実行されるスマートエコノミーを実現するため、NEOには様々な技術が盛り込まれています。
先述したDBFTによる承認メカニズムをはじめ、NeoContractやNeoX、NeoFS、NeoQSといったNEO独自の技術はいずれも、多様なスマートコントラクトを実装し、その信頼性を守るためのものでした。

その結果、 NEOによってスマートファンドやソーシャルネットワーキング、分散型取引所、知的財産取引市場、予測市場、広告市場、ハッシュパワー市場、NeoGas市場といった分散アプリケーションが実現されました 
従来の仮想通貨によるサービスはほぼNEOによってもできることとなり、NEOは先行する仮想通貨の「いいとこどり」と言われるほど様々なニーズにこたえています。

こうした技術の独自性がある一方で、開発言語の点においてNEOは広い一般性を有しています。
NEOのプログラミングに必要な言語や開発環境はC#、VB.Net、F#、Visual Studio、Java、 Kotlin、Eclipse、C、C ++、GO、JavaScript、TypeScript、Python、Rubyといった、従来のプログラミング言語と同じものです。NEOだけに特化した言語が使われるわけではありません。
この点は、プログラミングに独自の言語を用いるイーサリアムと大きく異なる部分でもあります。

プログラミング言語が豊富であることから、開発者は新たな言語を学ぶ手間なく、NEOを使ったスマートコントラクトの実装に取り組むことができます。
特殊なものでなく慣れた言語で開発できるので、プログラムを書く際のバグも生じにくくなります。

また低コストで取り組めることによって、NEOによるスマートコントラクトのコミュニティの活性化を促すことができます。

仮想通貨NEO(ネオ)の特徴4:処理能力が高い

NEO(ネオ)はDBFTと呼ばれる独自のコンサルアルゴリズムをもっていることから、処理能力が非常に高いことが特徴です。
例えば、ビットコインでは1秒間に7取引なのに対して NEO(ネオ)は1秒間に1000取引をすることが可能 です。

Segwit(セグウィット)というトランザクションを圧縮してデータ量を小さくする技術で「スケーラビリティ問題」や「トランザクション展性」を解決できるとして、期待されている技術で、ビットコインで使用されています。

ビットコインで利用されているSegwit(セグウィット)はマイナーにとっては-面が大きく賛同が得ること出来ないため現状10%程度しか採用されておらず、ほとんどの仮想通貨で導入できていないこともあり、処理能力はまだ遅いのが難点です。

これに対してNWO(ネオ)は1秒間に1000取引が出来るほど処理能力が高くNEO(ネオ)の最適化次第では、処理性能は1秒間に10,000取引まで出来る可能性があります。

世界最大のシステムのVISAが1秒間に約5000取引といわれているため、NEO(ネオ)が1秒間に10,000取引することができたら、凄い技術だということが分かります。

仮想通貨NEO(ネオ)の評判・口コミ

ポジティブな評判・口コミ

ネガティブな評判・口コミ

仮想通貨NEO(ネオ)の将来性

2017年12月はじめに1NEO=4,000円前後だったNEOの相場は2016年末に8,000円前後に上昇、2018年1月半ばには一時的に20,000円台に乗った後、15,000円台前後で推移しています(2018年1月現在)。

NEO高騰の波が来たかと思われる2017~2018年の年末年始でしたが、まだまだNEOには伸びしろがあるとみてよいでしょう。
特に2018年1月のNEOの健闘は、他の仮想通貨市場が続々と急落する中でのことであり、強いインパクトを残しました。
しかし同時期に中国は仮想通貨規制の強化を発表しており、今後の動向が注目されます。

これまで中国は取引所の停止やマイニングの禁止など、仮想通貨利用者に大きな影響を与える規制を実施してきました。
ここに一層の規制が加わることで何が起こるのか、伸びの時期と規制のタイミングが重なる2018年はNEOにとって重要なポイントとなりそうです。
もっとも、中国は決して仮想通貨そのものに否定的なわけではないとみる人は少なくありません。

また、厳しい規制のある中国発信の通貨でありながらここまでの安定性を保っている点は、NEOの地力でもあるといえるでしょう。

今後もしも規制解除の動きが出れば、NEOの可能性は一気に高まります。
こうした点から2018年のNEOには大きな期待が寄せられています。一方NEOは、長期保有にも可能性のある通貨です。

NEOの特徴としても述べた多彩な独自技術や開発言語の豊富さは、いずれもNEOのポテンシャルを裏付けるものです。
処理速度も速くできることも多いことがNEOの強みですが、今後も開発者が参入し、バリエーション豊かなスマートコントラクトが実装されていくことを思うと、NEOには広大なフロンティアが広がっています。

NEO自身、開発者の交流を促す試みを行いつつあります。
例えば2018年3月より、NEOとマイクロソフト社が連携して開発者会合を持つことが発表されました。
またNEOは2018年1月30日から30日にかけて、サンフランシスコで第1回NEO開発者会議「DevCon」を開催します。

様々なセッションやワークショップを通し、NEOを使って実現されるプロジェクトに触れることのできる大規模なイベントです。
こうした試みはNEO開発者の裾野を広げ、また新たなNEOベースのプロジェクトのモチベーションを高めることでしょう。

また燃料トークンであるNEOGASも、NEOを長期保有しておきたい理由のひとつです。
 NEOのウォレットであるNEON WalletにNEOを保有しておくと、配当によってNEOGASがもらえます。つまりNEOを持っているだけでNEOGASが増える んです。

ですからNEOを保有するなら、取引所に預けたままにせずウォレットに送金しておきましょう。
安全面からも取引所よりウォレットの方が安心です。

2018年1月現在、1NEOGAS=5,000円前後ですが、NEOの高騰シーズンが訪れれば、ともにNEOGASの相場が上昇することも期待できます。
短期的に利益をあげたり大きな取引をするのは難しいけれど仮想通貨を購入してみたい、という人にとっても、NEOは門戸の開かれた通貨なのではないでしょうか。

ちなみにNEOは2018年1月現在、日本国内の取引所で購入することができません。
Binanceをはじめとする海外の大手取引所で購入
することとなります。
日本のユーザーにとっては今のうちに買っておきたい、という購買欲をそそる点かもしれませんし、また今後、取引所の拡大に伴う可能性も含んでいます。

仮想通貨NEO(ネオ)を購入することができる仮想通貨取引所

Binance
Bitfinex
CoinEgg
Coinnest
Huobi
OKEx

仮想通貨NEO(ネオ)に関する情報サイト

サイト名 簡単な紹介

Bitcointalk(フォーラム)
ブロックチェーンエクスプローラ
GitHub

NEO(ネオ)のデメリット:NEO協議が全体の50%を管理

評価が高く、これからの伸びに期待されていますが、デメリットとして上げられるのが、 NEO協議会が全体(1億NEO)のうちの50%をNEOが管理している ことです。

これは、NEOを独占しているわけではなくシステム運用を円滑に保守するためと言われており、保険のような役割があるといわれています。

しかし、NEO(ネオ)協議会がNEOを手放した瞬間に大暴落が起こる可能性が否定できません。
中央集権型仮想通貨のリップルもリップル社が全体の約60%を所有していることで、危険性が懸念されていました。
運営元が所有している仮想通貨を一気に放出してしまうと、供給量よりも需要量が増えるため、その仮想通貨の価格が暴落するといわれています。

そのため、NEO協議会の動きを今後もこまめにみていくことが重要です。

中国規制に巻き込まれる可能性がある

NEO(ネオ)は中国発祥の仮想通貨です。中国は仮想通貨に対して用心深くみているところがあります。
NEO(ネオ)はこれまで長い目てもチャート上では右肩上がりに価格が上昇しています。
しかし、2017年9月に中国政府がICOの禁止と仮想通貨の取引の規制発表により、NEO(ネオ)も含めて仮想通貨全体に大きな不安とダメージを与えてしまいました。

この、中国政府が出した規制した理由はICOによる詐欺の防止やマネーロンダリングの対策が目的とされています。
その後すぐに規制は解除されましたが、今後、中国政府が何かしらの規制を打ち出し、その中にNEO(ネオ)が規制の網にかかる可能性は否定できません。

 NEO(ネオ)は時価総額も人気も高く、世界中で取り扱われている仮想通貨 なので、厳しい規制をかけることはないだろうともいわれています。

NEO(ネオ)の今後の予想:Web Bot(ウェブボット)がNEOの価格上昇を予想

Web Bot(ウェブボット)とはTwitterやSNSをはじめ、インターネット上にある発言をAIロボットが収集し分析をして、その仮想通貨が上がるか下がるかを予想するAIプログラムです。

掲示板に書き込まれた言語から人の感情データまで読み込みことができるというAIで、今投資家の間では話題になっています。

例えば、SNS上で「ビットコイン時代はこれから!今が買いだ!」という情報が多ければ、 Web Bot(ウェブボット)は「ビットコインの価格はこれから上昇します」と予想します。

逆に、「ビットコインの時代は終わった・・」などマイナスの要素が多い情報が多ければ、Web Bot(ウェブボット)は「ビットコインの価格は下落する可能性あり」と予測します。
この、  Web Bot(ウェブボット)がNEO(ネオ)を「今後、中国政府の規制が厳しくなることが予想されるが、中国当局と仮想通貨NEOの新しい関係が始まることで、NEO(ネオ)の価格は上昇する」と予測 しています。

このWeb Bot(ウェブボット)の予測が確実に当たるとは言えませんが、中国では2020年までにすべての分野をデジタル化することを宣言しています。

このプロジェクトの中にブロックチェーン技術が使われることもあることから、Web Bot(ウェブボット)の予測はある程度信ぴょう性があるともいわれています。

Web Bot(ウェブボット)の予測が当たるといわれている裏では、Web Bot(ウェブボット)信者の存在があります。
多くの投資家がWeb Bot(ウェブボット)の情報を頼りに、仮想通貨を売買しています。
そのため、Web Bot(ウェブボット)が発言した内容通りに、投資家が達が行動することで、Web Bot(ウェブボット)の予測通りになっているということもあります。

NEOに関する情報はコミュニティ「NEO JAPAN」をチェック!

NEOの情報を日本語でいち早く入手するためのコミュニティ「NEO JAPAN」があるのをご存知でしょうか。

イーサリアムに負けないプラットフォームを目指すNEOを応援するツールがたくさんあり、いつでも参加を募集しています。
いますぐフォローしてNEOのプロジェクトを応援しましょう!

 

 

 

 

 

NEO(ネオ)を購入したい方はBinance取引所がオススメ

 

NEO(ネオ)の魅力についてもっと知りたい方はこちら

 

<h3>公式Line@で最新情報をGET!</h3>

 

公式Line@「<a href=”http://line.me/ti/p/%40eae0487b”>@eae0487b</a>」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、

毎週月曜日には<strong>youtube動画”コイオタチャンネル”</strong>を配信します!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた<strong>上がる銘柄</strong>も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式<a href=”http://line.me/ti/p/%40eae0487b”>@eae0487b</a>でお会いしましょう!

 

公式Line@リンク:<a href=”http://line.me/ti/p/%40eae0487b”>@eae0487b</a>

このエントリーをはてなブックマークに追加