Others

ダークウェブを運営する組織の重鎮を次々に摘発!仮想通貨を悪用か!?

仮想通貨といえば、革新的な技術で新しい決済手段として注目を浴び、実際に使われているお店も少しずつではありますが、増えてきていると思います。

しかし、そのような決済手段が間違った方法で使われてしまい 多額の仮想通貨が犯罪 に使われています。

今回は、ダークウェブ運営組織のナンバー2が捕まる事件があったのでその裏側に迫っていきたいと思います。

世界的有名なダークウェブ運営組織のナンバー2が捕まる

世界的なダークウェブ「インフラウド」でナンバー2を務めるロシア国籍の男が今月2日、バンコク・プラカノン地区のコンドミニアムで逮捕された際、日本円で約940億円分のビットコイン(BTC)を所有していた可能性があるようだ。バンコクポストが伝えた。
引用:コインテレグラフ「米政府 大規模ダークウェブ運営組織摘発 ナンバー2は逮捕時10万BTC保有か

世界的なダークウェブとして知られる「インフラウド」を運営してしていた ナンバー2のロシア国籍の男がバンコクのコンドミニアムで逮捕された ようです。

その際にパソコンに入っていたビットコインの額が日本円で約940億円と驚くべき事実が判明しました。

 

ダークウェブとは

そもそも、ダークウェブとはどんなものなのか気になるのではないかと思います。

ダークウェブとは、 犯罪や政治活動に使われる匿名で実質的に追跡不可能なグローバル・ネットワーク のことを言います。

売られているものとしては、薬物、銃刀、盗難クレジットカード、違法ポルノ、流出した個人情報などがあります。

普通に検索エンジン(Google, Fierfox)などで検索しても出てきません

特別な方法で閲覧することができます。

ダークウェブと仮想通貨の関係

ダークウェブと仮想通貨の関係は、実際の取引に用いられたり資金洗浄(マネーロンダリング)などに使われています。

最近で言うと、コインチェックからNEMが流出した事件はダークウェブで資金洗浄がおこなわれていると言う噂もあります。

 

 

 

 

仮想通貨を悪用する組織は無くなりそうにない!?

サイバーセキュリティ関連ニュースに特化するサイバースクープによると、メドヴェーデフ容疑者はインフラウドにおける「エスクローサービス(第三者預託)」の役割を担っていたとされている。米司法省のプレスリリースは、同容疑者が仮想通貨建を使った違法な取引を助けていたとしている。

引用:コインテレグラフ「米政府 大規模ダークウェブ運営組織摘発 ナンバー2は逮捕時10万BTC保有か

今回捕まったダークウェブ組織「インフラウド」ナンバー2のメドヴェーデフ容疑者は、 仮想通貨建を使った違法な取引を第3者として間に入って手助け していました。

しかし、今回捕まったから事件解決ではなくこれまで13人を詐欺の疑いで逮捕しており、今月に入って関係者36名を起訴しています。

さらに17か国もの国で見つかっているので、今後 全ての関係者を捕まえるのは厳しい のではないかと感じます。

革新的な技術の裏には、闇がある!

今回、「インフランド」の事件について見てきましたが、以前から「シルクロード」などのダークウェブも仮想通貨のみ購入可能サイトもあり闇はかなり深いものだと感じました。

価値の移動が容易にできるようになった革新的な技術も人間の使い方一つで、かなりもったい無いものにしていると思います。

このような使い方をするから政府などから多くの規制が入る、そしてさらに使いにくくなるといった悪循環が起きます。

実際に使うときは一度立ち止まって 自分さえよければ良いといった考えを無くすこと が大事ではないかと思います。

 

 

仮想通貨に関する詐欺被害についてもっと学びたい方はこちら

 

仮想通貨の効果的な使い方について知りたい方はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

このエントリーをはてなブックマークに追加