Others

アジアのハブ シンガポールで「ブロックチェーン・チャレンジ」が開催!

シンガポールの情報通信開発局が、ブロックチェーン技術のイノベーションとビジネスへの応用を推進するために「ブロックチェーン・チャレンジ」を立ち上げ、先日プレリリース発表しました。
シンガポールは一体どのような取り組みを始めるのでしょうか。
今回はブロックチェーン・チャレンジについて解説いたします。

IMDA(情報通信開発局)

IMDAは、情報通信技術とメディアの融合という技術の発展に対応する機関であり、昨年8月に発表された、どのように技術を生活、職場、学習に生かすかの概略を示した情報技術メディア10年計画の実行に当たっています。

10年計画では、運転手不要の車両、地下データセンター、スマートハウスなどが提案されており、シンガポールという国の発展に寄与する組織としての責務を担っています。

ブロックチェーン・チャレンジの目的

ブロックチェーンは分散型台帳と呼ばれており、取引データ(トランザクション)を分散してみんなで管理し合う技術のことで、インターネット以来の革命と呼ばれています。

そしてブロックチェーンは、仮想通貨以外のサービスにも多く活用されおり、今後さらなる発展が望まれています。

そんな中プレリリースされた「ブロックチェーン・チャレンジ」は、ブロックチェーン技術に対する認識を広め、同技術の活用を目指し、同技術から生じる ビジネスモデルのイノベーションと変革を促す とのことです。

ブロックチェーン・チャレンジの概要

このプロジェクトは「エンタープライズ」と「トランスフォーメーション」の2つにカテゴライズされ、参加者へプロジェクトの開発を募ります。

ブロックチェーン・チャレンジの1次選考を勝ち抜いたものが、2次選考に勝ち進むことができ、そこでは6ヶ月の開発期間があります。
「エンタープライズ」では5万$、そして「トランスフォーメーション」では10万$を得られる可能性があります。

「エンタープライズ」

エンタープライズ(Enterprise)とは、日本語に直すと「冒険」「企業」」「事業」などという意味を持つ言葉です。

ここでは、プロセスの強化、手動タスクの自動化など 経営効率の改善を図るようなプロジェクトの開発 が期待されています。

「トランスフォーメーション」

トランスフォーメーション(transformation)とは、「変革」「変容」といった意味を持ちます。
ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念といった方が伝わりやすいでしょうか。

そしてこのカテゴリーでは、 ビジネスモデル革新と制度変化の実現を目指すプロジェクト が求められます。

ブロックチェーン技術への期待

ブロックチェーンは先ほども述べた様、仮想通貨だけでなく様々な商品・サービスに応用されることが期待されています。
シンガポールで有名なシンガポール航空もブロック技術の導入を始めたようです。

またこの取り組みは、シンガポールだけでなくドバイでも行われております。
その点、 各国のブロックチェーンへの期待は高い と断言できるでしょう。

しかし仮想通貨という点では、市場参加者たちによる投機熱が凄まじいすぎるため、価格のボラティリティーが激しすぎます。
その為、仮想通貨は投資家保護の観点で規制せざるを得ないということににあるでしょう。

 

ブロックチェーンに関する最新のニュースはこちら

ブロックチェーンについてもっと学びたい方はこちら

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

このエントリーをはてなブックマークに追加