Google と 元Google従業員がブロックチェーンでめざす世界 とは!?

NEWS
Twitter
RSS
Follow by Email
Facebook
Google+
LINKEDIN
Whatsapp

GBA(グーグルブロックチェーン協会)ついに立ち上げ

元グーグルの従業員3人が、ブロックチェーンの開発などを行うエックス・グーグル・ブロックチェーン協会(GBA)を立ち上げた。
引用元:元グーグル従業員ら、ブロックチェーンコミュニティを創設(2018.04.17)

ついにGoogle従業員がブロックチェーン技術の開発に乗り出しました。
彼らは、公共ブロックチェーンのNAS創設者をはじめとする、ブロックチェーンプロジェクトの創設者のようです。 これまでもGoogleが改ざん防止のために独自の技術開発を試みたり、Alphabet(googleの持ち株会社)が監査システムのためにブロックチェーンを使った技術開発をしていたりしました。 今回はそこから独立した形になります。
彼らは何を目指しているのでしょうか。

GBAがなぜ創られたか

元グーグル職員で中国ブロックチェーンコミュニティのリーダーたち(中略)が、ブロックチェーン開発者の需要の高まりを受けて創設した。
引用元:元グーグル従業員ら、ブロックチェーンコミュニティを創設(2018.04.17)

 Google独自のブロックチェーンプラットフォームは「実用の話はまだ早い」との指摘があり、そのうえ実装される時期も明確ではありません。 しかし、多くのベンチャー企業や大手外資がブロックチェーンを使った取引を始め、その需要が急に高まりつつあることも事実です。需要の高まりを感じた従業員らの、早急な思いによる創設は一理あります。
しかし本当にそれだけでしょうか。

GBAは何を目指しているのか

グーグルは常に世界のテクノロジーをリードしてきた。アンドロイドからAI(人工知能)まで。グーグラーとしてのユニークな経験を活かして、ブロックチェーンの影響を、多くの人へ、場所を問わず拡大していく
引用元:元グーグル従業員ら、ブロックチェーンコミュニティを創設(2018.04.17)

 世界のあらゆる情報を最も多く保有するのは間違いなくGoogle です。また、GoogleといえばAIを使ったあらゆる最新技術では最前線をいっています。このような環境で過ごしたGoogleエンジニアの人たちが集まり、開発での協力、アイデア共有、ひいては他のプロジェクトの支援も行うようです。
この試みによって、期待される効果が二つあります。一つは、単一の企業に情報が集中するリスクの軽減、もう一つは、新たな技術として欠陥も指摘されるブロックチェーンに、私たちが利便性を実感できる程度までに発展をもたらすことです。
ぜひとも彼らにはブロックチェーン技術の、実用的な発展をを切り開いてほしいです。

Googleとブロックチェーンのこれまで

グーグルはブロックチェーンと仮想通貨に対し両面的な姿勢を示している。3月中旬、グーグルは仮想通貨関連の広告を禁止すると発表している。しかし、(中略)2つのブロックチェーン開発に乗り出したと報道されている。
引用元:元グーグル従業員ら、ブロックチェーンコミュニティを創設(2018.04.17)

仮想通貨とブロックチェーンはもはや不可分なものなのに何故?と思った方も多いかもしれません。 Googleが仮想通貨の広告を規制した理由は「詐欺サイトによる被害をなくすため」と言われております。 仮想通貨自体に反対の姿勢を示しているのではありません。
ブロックチェーンの開発については製品化の話が明確ではないものの、監査の透明性を求め、不正開封を抑えようとしていることは間違いないでしょう。

 

Googleの仮想通貨広告禁止について知りたい方はこちら

ブロックチェーンと企業について知りたい方はこちら

Twitter
RSS
Follow by Email
Facebook
Google+
LINKEDIN
Whatsapp