Altcoin

EOS(イオス)ミートアップイベント参加レポート【コインオタク伊藤登壇】

東京大学本郷キャンパスでEOS大型ミートアップ開催

 世界の仮想通貨格付けランキングで堂々の1位を取ったEOS がついに日本で始動しました。

新たに発足した一般社団法人JEDAによる主催で、2018年5月8日に東京大学本郷キャンパスで行われました。

イーサリアムを凌ぐ可能性を秘めているプラットフォーム型の仮想通貨として人気を集め、先日には100%以上の価格高騰もありました。

今回の登壇者はそれぞれ多角的な視点からEOSの将来性について語りました。
そのプレゼンテーションとパネルディスカッションの様子をお届けします。

以下はEOSの基本情報についてまとめたコインオタクの記事です。

EOS(イオス)という目的が明確に開示されていない仮想通貨について徹底追及

 

トーマス氏とマイケル氏による冒頭挨拶

ミートアップの冒頭にはビデオメッセージにてEOSのCEOを務めるトーマス氏より、そして来日していたマイケル氏による挨拶がありました。

トーマス氏は世界各地でDAPPSに関するミートアップを行なっておりコミュニティを広げることを目指していると述べました。
コミュニティの特徴は EOSプラットフォームを利用したプロジェクトを応援すること です。

こうした取り組みが世界に広がっていくことに期待しています。

一方のマイケル氏はEOSベースのプロジェクトを応援する立場で挨拶をしました。
現在はアメリカやアジアのプロダクトに投資をしており、これからも声をかけられれば積極的に参加していくと表明しました。

 

田中氏「ブロックチェーンとスマートコントラクトの可能性」

東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻の田中謙司氏からは「ブロックチェーンとスマートコントラクトの可能性」というテーマについての話がありました。

インフラは10年ほどのものすごい速さで変化しています。
ここで取り上げられた例では、わずか13年の内に馬車が中心であった主要交通手段が自動車に替わったというものです。

これからは新技術がどんどん普及し、産業を破壊していきます。
ブロックチェーンに限れば、それが世の中の あらゆる分野に導入されることで「境界」がなくなります 

今後のブロックチェーンの展開については第三世代までを見据えていると言います。

今でこそアプリケーションによって様々な価値を流通するための技術として利用されていますが、これからは ブロックを利用しないブロックチェーン技術など技術のコモディティ化 が期待されます。

 

オタク伊藤「EOSのスマートコントラクトが起こす暗号通貨革命」

コインオタク伊藤健次は「EOSのスマートコントラクトが起こす暗号通貨革命」という題でこれからのプラットフォーム市場の展望を語りました。

プラットフォーム系の仮想通貨が乱立している中、市場で一強となっているイーサリアムにEOSが打ち勝っていけるのかを説きました。

同じスマートコントラクトといえど、それぞれのプラットフォームによって特徴が異なります。
EOSにおける大きなポイントは スケーラビリティ問題を解決したことと手数料が無料であること です。

しかしながら、一方でEOS技術者が不足していることと技術そのものが十分に検証されていないという課題を抱えています。

界隈では規制の緩和が期待されており、以前より世界でも有数の技術大国であった日本が台頭する可能性は十分にあります

現在はほとんどと言っても過言ではない数のプロダクトがイーサリアムをベースに生まれています。
こうした中で注目され始めているNEOとともに市場が過熱していきそうな状況となっています。

世界の格付けランキングでも評価されているように、 EOSがプラットフォーム市場で十分に存在感を出していくことは可能 だとまとめした。

 

酒井和「CHAINBOW.IO次世代のスマートウォレットソリューション」

COIN OTAKUの共同創業者である酒井和は CHAINBOW.IOという次世代のスマートウォレットソリューション について紹介しました。

CHAINBOWのビジョンとして一番に掲げているのは「Smart Contract for Everyone」というものであるとした上で、EOSのエコシステムを大いに助けるものであると説明しました。

以下のように、資産運用ペイメントスマートコントラクトの3つの機能が挙げられました。

開発が進んでいるEOSウォレットの特徴について、4点を列挙しました。
やはりここでも 手数料無料であることや昨今話題となっているセキュリティの強固さ が強調されました。

酒井はマウントゴックスやコインチェックに限らず、世界では日々ハッキングが行われていることに言及し、セキュリティ対策の重要性を訴えました。

またこのウォレットの特徴として、 利用者自らスマートコントラクトが書けるという画期的な機能 を紹介しました。

 

ビット先生氏「プラットフォーム(EOS)の可能性」

有名ブログ「仮想通貨の教科書」でおなじみのビット先生氏はプラットフォームを主題にその可能性についてわかりやすく解説しました。

仮想通貨市場ではしばしば「時価総額」という単語が飛び交いますが、ここでは 世界の企業ランキングを紹介しほとんどがプラットフォームの運営会社 であることを指摘しました。

株式市場の上位5社は確かにプラットフォームを構築しています。

これによりプラットフォームを保有する者がもっとも成長できることが明らかとなりました。

また、転職したいランキングという別の切り口から同様にプラットフォームを運営する側の優位性を見出しました。
ランキングを見てもテスラモーターズだけが自動車産業となっています。

これにより、 トークンエコノミーの中でEOSがプラットフォームを担うということの可能性 が示唆されています。

そしてプラットフォーム市場を独占しているイーサリアムについては、送金速度の遅さや手数料の観点などスケーラビリティ問題を指摘し、基軸通貨にはなれないとの見方を示しました。

 

長岡氏「コミュニティで有益な情報を伝えていきたい」

長岡哲也氏はコミュニティの大切さを説き、自身が運営しているコミュニティからの来場者も多く会場を埋めていました。

EOSについては「海外では日本よりメジャー」であるとし、日本にはコミュニティがなかったことにより 時価総額ランキング5位でADA/XEM/LTCよりも上位であるにも関わらず名前すら浸透していない現状 を問題視しました。

今回JEDAが発足したことにより、健全な情報が発信されることに期待しています。

特に最近のICO案件についてはアフィリエイターを使った質の低い情報が横行しており、本当に価値がある情報はそのような手段を使わずとも浸透していくものだと主張しました。

 

新川氏「PERCIVALプロジェクト」

EOSを利用したブロジェクトを計画中のPERCIVALから新川氏が登壇し、その夢のある構想を披露しました。

中国がその大部分のシェアを占めてしまっているマイニング市場に切り込み、 誰でもどこでも簡単にマイニングができるようなインフラシステムを構築する という大きなビジョンを持っています。

パーシバルは現段階においてEOSのスマートコントラクト上でのプロダクト開発を検討しており、これが実現されれば日本初ということになります。

また近年ブロックチェーン技術とともに注目を集めるAIの技術も導入するとのことです。

CPUとGPUの両方を用いた小型マイニングマシーンを開発するなど、 従来の常識を大きく覆すことに大きな期待を抱いている のが伝わってきました。

 

ヨンギル氏「EOS Ecosystem in Korea」

主にゲーム開発などの分野で活躍されている韓国人のヨンギル氏は EOSが韓国市場でも注目されている ことを示しました。

EOSのトランザクションの30%は韓国であるとし、保有者の15%は韓国人であるというデータが明らかになりました。

このことからEOSの注目度の高さがうかがえ、実際に多くの韓国企業とも提携しているとのことです。

ヨンギル氏の会社は大きく分けて4つの分野に取り組んでおり、その中でもあらゆるシステムの実証実験を主にしているということです。

その一環でEOSのトランザクション処理速度についてもすでにテストは完了しており、 イーサリアムをはじめとする他のプラットフォームよりもはるかに速い処理速度を誇ることが証明 されています。

 

テストネットの他には事業への投資や多言語サポート、分散型アプリケーションの開発も進めており、 EOSの普及活動をしている韓国のコミュニティも運営し、今後の発展に寄与していきたい 考えを示しました。

 

オタク伊藤モデレーターを務めたパネルディスカッション

一通り登壇者のプレゼンが終了した後はモデレーターのコインオタク伊藤を中心に有識者を交えたパネルディスカッションが行われました。

この仮想通貨市場の流れは続いていく

仮想通貨市場の今後についてはそれぞれの視点こそ違えど、おおむね満場がこの流れは加速していくとの見解を示しました。

 インフラの整備によってはこれからも市場参加者は増えていく という意見もあり、規制の観点からは日本はマーケットとして大きなポテンシャルを持っているとの指摘もありました。

中でも印象的だった意見が、ブロックチェーンによって保護されたデータをAIが管理するという時代がやってくるとし、人間の間では非中央集権が実現され、AIが中央集権体制の中心となるだろうと予測したものでした。

日本でEOSの普及が遅れているのはコミュニティがなかったから

EOSがあまり日本で知られていない理由についての議論で挙げられたのは、日本人がEOSを国内取引所で購入することができなかったことです。

また利用の実態がなく、イーサリアムでも同様のプロダクトが開発できるならそちらを使うのは自然な流れでした。

マーケティングの弱さも原因であるとされ、 日本で流行りやすいトップダウン方式のインフルエンサーによる拡散がなかった ことが普及の遅れにつながったとの見方もあります。

さらにはその一環として先頭に立つべきコミュニティが今までなかったこともあります。

仮想通貨のバブルはまだまだこれから

よく話題になることとして、仮想通貨はバブルなのかということがありますが、ここではまだまだバブルにはほど遠い市場規模であることが指摘されました。

個別銘柄で見るとバブルであっても、日本においては 資産を十分に持っている中高齢者層の参入がまだないという点から市場全体では成長の余地がある との声も聞かれました。

JEDA設立の目的は大企業にEOSを使ってもらうこと

JEDAを設立することで EOSのプラットフォーム上でさかんにプロダクトを生み出してもらい、それを広めることを大きな目的 としています。

仮想通貨界隈にまずは知ってもらい、生まれたDAPPSを使ってもらい、ゆくゆくは大企業の新規プロダクトのベースとしてEOSが使われることが目標であるとされました。

コミュニティ自体も参加者を増やして拡大していくとのことです。

 

オタク伊藤が登壇したミートアップについて知りたい方はこちら

 

他のプラットフォーム通貨について知りたい方はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

このエントリーをはてなブックマークに追加