Others

OTAKU COIN(OTC)「オタクコイン構想記者発表会」イベント参加レポート

オタクの聖地・秋葉原で「OTAKU COIN」記者発表会!

2018年5月9日(水)に秋葉原にてオタクコイン構想記者発表会が行われ、私たちCOIN OTAKUもプレスとして招待していただいたので取材してきました。

冒頭のあいさつではCEOの小高氏が自社のビジネスモデルを簡潔に説明し、 オタク文化の普及に力を入れている としました。

COIN OTAKUでは以前に独占インタビューの機会もいただきました。
以下を参照してください。

【コインオタク伊藤対談】コインオタク伊藤がオタクコインプロジェクトを聞いてきた!

 

斉藤賢爾氏「仮想通貨・ブロックチェーン技術」

慶應義塾大学SFC研究所の斉藤氏からは仮想通貨とブロックチェーンについての基本的な事項の説明がありました。

日銀でも研究を進めていることにも触れ、日本のキャッシュレス化が世界水準に比べて遅れていることを指摘しました。

日本ではなかなか考えられない中、インドではある日突然高額紙幣が使えなくなることも発生しており、今後はキャピタルフライト需要が高まってくると思われます。

政府の急な方針転換などがないように、ビットコインに代表される仮想通貨はP2P取引がなされています。

管理する仕組みを市場参加者全員で構築するのがブロックチェーンですが、こうした仕組みは完璧ではなくコインチェック事件のようなことは必ず起きます。

秘密鍵を持っていることによって本人とみなしているため、それが不正アクセスされたらおしまいです。
追跡はできたとしても取り返すことはできません。

しかし、過去のイーサリアムのようにプラットフォームの判断で取り返すことは可能です。

斉藤氏のお話の中でもっとも印象的だったのは、 貨幣を発行することはコストゼロで誰にでもできることだけれど、その価値は人の手を渡るごとに目減りしていく ということです。

現在プロジェクトの資金調達に使われるICOという手段ですが、市場は一山当てたい人で溢れかえっています。

実は私たちは400年ほど前から同じようなことをしていて、資金調達は意味をなさなくなっています。
ICOは新しい仕組みではなく、モデルとしては古いと言えます。

今回のオタクコインに協力しているのも「ICOをしない」という理念があるからだと言います。

私たちが日頃使っているお金というものについて、経済と信用の氷山モデルを挙げて解説していました。
 実際にお金が動いているのはほんの一部の取引に過ぎない ということです。

またそのことから、資本主義というのは共産主義とも言われていると紹介していました。

 

数土直志氏「日本のコンテンツ業界が抱える課題」

ジャーナリストで日本経済大学大学院エンターテイメントビジネス研究所の数土特任教授からは「日本のコンテンツ業界が抱える課題」についてプレゼンがありました。

まずアニメ業界の実情としては決して下り坂になっているわけではなく、13年前の1兆円から今は2兆円という市場規模になっていることを明らかにしました。

アニメ産業だけがGNPに対して2倍になっています。
グッズが発売されたり声優による楽曲があったりするなど、楽しみ方が多様化しています。

海外へも広がりを見せ、2010年代に加速度的に普及し、イベントの動員数も急激に上がっています。
収益面も深夜放送によるものに限定されているわけではありません。

しかし一方で課題もあります。
お金を儲ける手段が多角化してしまったがために、収益が分散してしまったことです。

映像以外でお金を儲ける上で誰がどのようにマネジメントするのかという問題です。

2010年以前にも海外人気はありましたが、中国が禁止したこととアメリカが自国のアニメの放送を優先したことで一度失速しました。
しかし配信サービスが始まったことで爆発的に広まりました。

一方で、違法配信があると収益が立たなくなります。
グッズの海賊版も多く、取り締まりが難しいのが大きな問題となっています。

 

小高奈皇光氏「オタクコイン構想」

Tokyo Otaku Modeの小高CEOが最後に登壇し、オタクコイン構想を披露しました。

一言でまとめると、 ブロックチェーン技術を使ってアニメ界の問題点を解決する ことを主眼に置いています。

アニメにまつわるプロジェクトやアイディアに関して、オタクコインの保有数によって投票で決めます。
ドラゴンボールのスピリットボールをもじった「スピリットボート」と呼ばれます。

ICOは行わず、世界のアニメファンに発行したオタクコインを無料配布し、投票に参加できるほかには当社オンラインストアで決済手段の一つとして使えるようです。

独自に開発するウォレットアプリでは保通枚数を確認できるほか、キャンペーンに応募することもできます。

 Tポイントカード経済圏が広がったように、さまざまな店と提携していきたい としています。

 

質疑応答

会の最後には質疑応答タイムが設けられました。
ここでは一問一答形式でご紹介します。

誰に向けて配布するのか

確定していないが、現時点ではTokyo Otaku Modeのユーザー・会員を考えています。
また受け取りのウォレットが必要なので、ウォレットを保有している方となります。

無償配布の規模とコストについて

月数百万円~数千万円程度と考えています。
少なすぎても多すぎても流動性が生まれないため、検討をしている段階です。

取引所に上場される予定はあるのか

流動性が増してきたときに取引所のニーズで採用される可能性はあります。
P2Pの取引は止められないと考えています。

法律面はどのように考えているのか

資金調達行為をする場合のみ金融庁への届け出が必要と考えています。
今回は調達をしません。
ポイントのバラマキに近いので届け出は必要ないと思っています。

仮想通貨交換業免許が必要かどうかについては、現在のオタクコインの構想では必要がないと考えています。
あくまで決済として使われるトークンなのでビックカメラの仮想通貨決済と同様と考えています。

参画パートナーはどのようなビジネスモデルなのか

パートナー会社がオタクコインを使ったマーケティングができるようになると考えています。

オタクコインが業界の課題のどのような解決になるのか

正規の活動をすることでオタクコインが配布される(インセンティブが受け取れる)となれば、間接的ではあるが海賊版を使うユーザーが減るのではないかと考えています。

コイン自体の流動性が生まれないのではないか

ユーザーは投票をした後にプロジェクト側はオタクコインが配布されます。
大口のユーザーは保有しているだけでは、全体割合は下がっていきます。
大口ユーザーには買いニーズが発生すると考えています。

プロジェクト側は今はオタクコインだけでは資金としてはまだ使えないのでどこかで換金ニーズ(売りニーズ)が発生すると考えています。

コインオタク伊藤が注目しているプロジェクトはこちら

 

ミートアップイベントについて読みたい方はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

このエントリーをはてなブックマークに追加