GACHAIN(GAC)はブロックチェーンの進化型!?今注目のプロジェクトを徹底解説!

ICO関連

注目の中国銘柄GACHAIN(GAC)を徹底解説!

中国の行政事務にも導入されていると言われるGACHAIN。
果たしてどのようなプロジェクトなのか、基本的な内容から深掘り情報まで、どこよりも分かりやすく解説します!

GACHAINの基本要素

・ブロックチェーンプロトコル:オリジナルベース
・シンボル         :GAC
・発行枚数         :5億トークン
・価格           :GAC=119円(BTC=7000GAC)
・ICO期間          :2018/6/3~2018/7/10
・公式HP           :https://gachain.org/
・公式Twitter          :https://twitter.com/GachainJ
・公式Telegram         :
・ホワイトペーパー           :https://gachain.org/static/pdfs/1JP.pdf

 

GACHAINとは

GACHAINとは、 政府商取引を目的としたパブリックチェーンプラットフォーム であり、世界でも数少ない、自己開発のプログラミング言語によるパブリックチェーンの一つです。

「トランザクションの分散型+管理の中央集権型」を実現するための総合的なプラットフォームとして、中国政府、日本企業も既にGACHAINの技術を使用した業務管理システム構築を開始しています。

実際に政府業務やビジネス活用にも導入されているプロジェクトであることは、プロジェクト自体の期待値も上がり、価格高騰にもつながる非常にポジティブな要素と言えます。

また、GACHAINの創始者であるリン・ワン氏は、中国情報協会常務理事という肩書を持ち、ブロックチェーン業界の第一人者として認知されています。

<リン・ワン氏の経歴>
・ブロックチェーンエンジンの中国地域の執行取締役
・GXS(公信宝)の三名の連合創始者の一人
・CHAINHOLD(鏈合科技投資有限公司)CEO
・GACHAINの創始者
・深セン智乾ブロックチェーン科技有限公司 CEO
・Emercoinの中国地域の執行取締役
・中国情報協会常務理事
など

GACHAIN期待値の材料

独自性

 自己開発のプログラミング言語 によるパブリックチェーンであり、GACHAINプラットフォームのソフトウェアク・ライアントはMolisと呼ばれ、G Language(コントラクト開発言語)とChain Language(インターフェース編集言語)を持ちます。
2018年に入り、新しいバージョンのREST API v2が作成されたことで、より高い性能を実現していることも期待値をあげる要因と言え、今後も更なる革新を予定しています。

発展性

 中国政府、日本企業も既にGACHAINの技術を使用した業務管理システム構築を開始 しています。
また、「中国のブランドイノベーション&開発プロジェクト」として数千のプロジェクトから選出され、中国政府発行のブロックチェーン白書にアリババやファーウェイと共に掲載されています。
中国政府発行のブロックチェーン白書(No38)

信頼性

オープンソースのプロジェクト 品質に関する評価で最高ランク(A+ Excellent!) を得ています。
ちなみに、イーサリアムの結果(A Great)も確認することができました。
品質の高さは、今後発行される通貨の仕様に大きな影響を与える可能性を秘めています。
プロジェクト品質に関する評価

安全・高機能性

P2P(Peer to Peer)の暗号化転送、GACHAINベースに基づく改ざん防止メカニズムに加え、マルチノード (分散型)の暗号化保存により、自が保有するノードサーバがダウンしても、業務は他のノードにより分担されている為、止まることも、データを消失することもありません。
また、101フルノードパッケージの方法を採用し、画期的に「セグウィット」を使用したため、トランザクション処理能力が100万件/秒まで達し、 従来のブロックチェーンを遥かに上回る処理能力 です。

創始者の実績

GACHAINのリン・ワン氏における前述の経歴のほか、 過去に関わった2つのプロジェクトはBinanceに上場 しています。やはりこの方、すごいです!

コインオタクの見解

GACHAINは分散型を追求する初期のブロックチェーンにおける「管理者(主権)の不在」という問題点を解決させ、公務管理や商業のニーズを踏まえた、主権化のエコシステムを生成できるパブリックチェーンを生みだしました。

そしてこれらの技術は、国内の行政事務を中心に実用化が進んでおり、さらには今後は税務や金融、流通に対する導入も進めていく準備が整っています。極めて注目度の高いプロジェクトと言えます。

 

GACHAINのトークン購入について知りたい方はこちら

ブロックチェーン技術について知りたい方はこちら

ICOについてもっと知りたい方はこちら