NEWS

韓国の仮想通貨投資熱は取引所がハッキングされた程度では止まらない!

Bithumb、8月より新規口座開設を中止

今年6月、約3100万ドルのハッキングを受けた韓国大手取引所Bithumb(ビッサム)は、8月より新規口座開設を中止すると発表した。
現在のKYCに紐づいた口座についてはそのまま使用可能。
既に開設されているがKYCが未登録の口座については、確認が取れ次第利用が可能になるとのこと。

ビッサムと言えば、6月に3100万ドルにも及ぶハッキング被害を受け、一時的に取引量が40%減少したことで有名だ。

また出金を一時停止していたが、Bitcoin、Ethereum、XRP等を含む10銘柄の出金を開始し、取引が再開されている。

イチ取引所のネガティブな話題が市場に影響を及ぼす時代は終わった

ビッサムのハッキング事件は国内でも割と有名な話題だが、ビッサム単体での取引量は減少したものの、世界的に見ると市場への影響はほぼ無かったと言える。

国内ではネガティブな部分だけが印象に残り、恐怖感を感じているユーザーは少なくないが、イチ取引所のネガティブが市場へ影響を与える時代は終わったのだ。

ネガティブ系で言えば、政府によるネガティブな話題は市場への影響力をもっているが、近い将来それもすらも無くなり、仮想通貨市場は実経済と独立したエコノミーを築いていくだろう。

韓国内の投資家はビッサム事件について気にも留めていなかった

ビッサム事件以降韓国を訪問したが、投資家は誰も気にしていなかった。
それどころか、仮想通貨熱は勢いを弱めることはない。

更には、韓国の投資家はすでに韓国国内だけではなく、世界にまで視野を広げているのだ。

こと韓国の仮想通貨市場に於いては、日本のそれとよく似ている。
今や規制の方向に向かい、韓国内での身動きは取れづらくなっている。

韓国の投資家は、国内がダメであれば世界を見ようとしているのだ。

日本の投資家も同様に柔軟な行動が取れなければ、今後仮想通貨市場では生きていけないだろう。

 

公式Line@で最新情報をGET!

COINOTAKU公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

日々更新される最新のnewsイベントの告知トレンドシグナル優良ICOプロジェクトの紹介、その他仮想通貨に関連したお得な情報をどこよりも早くお届け!
不定期に配信されるコインオタク伊藤のメッセージは、世界中の人脈から直接仕入れた情報を発信します。

公式Line@リンク:http://line.me/ti/p/%40eae0487b

ご登録お待ちしてます!

このエントリーをはてなブックマークに追加