【徹底解説】トルコショックで資産を溶かしてしまった人は情弱なのだろうか

ゲスト寄稿
サラリーマンベア
こんにちは、サラリーマンベア(@bear_salaryman)です。本日は、サラリーマンが大好きなFX、その中でもトルコリラについて解説するよ。世界のニュースを賑わせているトルコ情勢。皆さん、チェック済ですか?

地政学的にも大きな問題であるトルコの件から私たちはどのようなことを学べるのでしょうか。

巷では多くのサラリーマン投資家が トルコリラで資産を溶かした と聞きましたが、そんな人はぜひチェック!正直、通勤時間にちょちょっとFXをやるだけでは稼げないですよ。

8月10日、トルコが米国人牧師を拘束していることに対し、米国のトランプ大統領はトルコからのアルミと鉄鉱の輸入関税を大幅に引き上げた。それに対しトルコのエルドアン大統領は、米国人牧師の解放を拒否し真っ向から立ち向かう姿勢を示した。米国とトルコの関係悪化から、トルコリラが米ドルに対して約20%急落した。そうした為替市場の混乱をきっかけに、多くの投資家がリスクオフのオペレーションを進め、株式・為替などの金融市場が世界的に混乱した。それを“トルコショック”と呼ぶ。

出典:2018/08/21 『ダイアモンドオンライン』トルコショック、市場参加者が身構える「最悪のシナリオ」

この記事は端的にまとめられており良記事ですが、トルコ国民がブランド品や仮想通貨を買い漁っている点にも着目して欲しかったなとは個人的に思います。過去記事でもトルコリラ急落について解説しておりますので、良ければご一読ください。

リラの急落でトルコの仮想通貨取引量が爆発している件 "(COIN OTAKU)"

2018.08.13

ただ、トルコというかつて大国だった「歴史」を知らないと、今のトルコを紐解くことができません。大切な資金を溶かしてしまった人は、十中八九、トルコリラが 高金利通貨であるという理由だけ で投資を決めたと思われます。

皆さんも大切なお金を投資する以上、きちんと勉強をしないといけませんね。

かつての大国、オスマントルコ帝国

サラリーマンベア
13世紀から20世紀まで存在していたオスマントルコ帝国の最大領域図。世界史の記憶を手繰り寄せてみて下さいね。

オスマントルコ帝国の首都はコンスタンティノープル、もちろんイスタンブールはご存知ですよね?

現在のエジプトやサウジアラビアからロシア南部まで広大な土地を支配していた程、強力な力を持った大国オスマントルコ帝国でしたが、 第一次世界大戦敗北により状況は一変 しました。

ドイツ帝国と同じように国土が荒廃し、領土を失い、西洋の列強に支配されつつあった中で、救国の英雄「ムスタファ・ケマル」により起こされた革命で帝政が終焉し、現在のトルコ共和国となりました。

イスラム世界の大盟主として、今も”オスマントルコ”という存在はトルコ人にとって切っても切れないモノである訳です。

現在のトルコ共和国

偉大なる、ムスタファ・ケマル・アタテュルクによって建国されたトルコ共和国は、この地域の国にしては珍しく、 「政教分離」を憲法で定め、三権分立のもと国家を運営 してきました。

サラリーマンベア
皆さん、”三権分立は学校で学んだなぁ”なんて悠長なことは言えませんよ。教養は武器になるのですから。

イスラム圏では屈指の世俗主義(政教分離、信仰の自由)国家として有名で、国民の大多数がイスラム教であるにも関わらず、トルコ産ビールも愛され、女性も自由に欧米のファッションを楽しんでいます。

それは建国の父、ムスタファ・ケマル・アタテュルクのこの名言から分かるように、 過去の反省を踏まえ、欧米や西洋化に成功した日本の国家モデルをトルコ共和国の国作りの参考 にしたからと言われており、世俗主義はトルコ共和国の「国是」となっています。

国家は万人に尊重さるべき法律を公布している。しかし国家は同時に市民の一人一人に対し、その法律を読むことができるだけの教育を施していなかったら、立派に職責を果たしているとはいえないのである。

そんなトルコですが、近年イスラム主義に回帰する動きが見られ、トルコの国是を忠実に守ってきた世俗主義派(ケマル派)の軍がクーデターを試みる(直近では2016年)など、以前から不穏な動きが見え隠れしていました。

トルコの高金利は安全なのか?

オスマントルコの源流を組んだトルコ共和国。その誇りからか、トルコ人はしばし熱いことで有名で、余談にはなりますがトルコサッカーのフーリガンは世界でも屈指のガラの悪さで有名です(笑)

そんな熱いトルコですが、 金利も高金利ということで日本の個人投資家達に大人気 でした。

今となっては「トルコリラ建オープン債」や「トルコリラ建グローバル株式ファンド」のようなハイリスク商品をさも低リスクかのように売り捌いていた●和証券や野●證券は万死に値すると個人的に思いますが、「高金利」というキーワードだけでバカ売れしたのは事実ですので、個人投資家のリテラシーにも大いに問題があります。これは仮想通貨に対しても同じことが言えますね。

サラリーマンベア
高金利ということは「誰もが投資してくれないから、お金を集めやすくせざるを得ない」面もあるので、天然資源も豊富でないトルコがなぜ高金利なのでしょうか?考えたことはありますか?

投資をする前に一歩、踏み止まることはできなかったのでしょうか・・・

トルコは万年、経常収支は真っ赤!!

トルコはOECD諸国に入っているものの、天然資源もなく、強い産業も特になく、豊富な労働力と地理的条件を活かして欧州とアフリカ、中東をカバーする工業国を自負していました。

そのため、2004年から慢性的に経常収支が赤字で、工場やインフラ投資を呼び込むために金利を上げ、お金を集め、また 国債の利払いで経済が圧迫されるというサイクル がずっと続いています。

基本的に海外からの資本で経済成長を賄っているため、今のエルドアン大統領が進める「オスマントルコへの回帰」路線は 地政学リスクを高め、どんどんと外資が撤退していく 状況を招いてしまっています。

その結果、トルコリラのレートが悪化した昨今は、外貨建の利子の支払いもきつくなり、八方塞がりになっている訳です。

トルコのトランプ?こと エルドアン大統領は今すぐ政策を改めないと、後で取り返しのつかないことになると思うのは私だけでしょうか。。

西側勢力であったトルコがロシアや中国と接近していることが、更に地政学的リスクを高め、中東の難民の防波堤となっていたトルコが不安定化すると、今度は更に欧州へ「不安の台風」が直撃してしまう状況になってしまいます。そうなると最悪のケースとしては戦争、また欧州発の金融危機となる可能性が2年内にあると言えます。。。

現に、移民受け入れに寛容だったドイツのメルケル首相が選挙で大敗しているのを見ていると、そう遠くない未来かと思われます。

通貨の意味を肌で感じているトルコ人!!

サラリーマンベア
こんなにリスクが高いのに、なぜ「高金利だから」という理由だけで投資信託を購入したりFXでレバレッジを効かせてトルコリラのトレードをするのか私にはよく分かりません。
 情弱だからでしょうか?営業マンを信じたからでしょうか?それとも「逆張り」でリスク承知で特攻したからでしょうか? 

私なら、高金利通貨でも金産出国である南アフリカランドや資源大国ブラジルのレアルの方がまだ投資妙味があると思います。。

そんなトルコリラが大幅に価値が下がっていますので、今、トルコ人は米ドルやユーロに交換する人が増えているようです。また、リラ急落を短期のアービトラージとして利用し、トルコのブランド店に旅行者殺到、という面白い話もあります。

米国との対立を原因とする深刻な通貨安に見舞われているトルコの最大都市イスタンブールで、欧米系の高級ブランド品店に外国人旅行者が押し寄せる事態となっている。通貨リラが主要通貨に対する急落に商店側の価格改定が追いつかず、外貨ベースでは割安感が大幅に増しているためだ。

出典:2018/08/15 『日本経済新聞WEB版』リラ急落、トルコのブランド店に旅行者殺到

勿論ですが仮想通貨の購入でヘッジをするトルコ人も増えてきているようで、ここから「通貨の本質」が垣間見えますね。

トルコリラ暴落によるビットコインのニーズの高まり。国の政策の行方は? "(COIN OTAKU)"

2018.08.26

トルコリラや日本円、米ドルといったものは、「政府の信用力」に裏付けられた紙切れで、その前提が崩壊すると、人は「誰もが価値があると信じるもの」を使い始めるわけですね。

ブランド品も「価値がある」と感じる人が多いですし、ここ数年で仮想通貨も「価値がある」と感じる人が増えました。 仮想通貨BTCはデジタルゴールド と言われていますので今後、経済危機が起こるたびにこのようなニュースを聞くことになると思います。

 大事なのはその主体の「信用力」 。声を大にして私はこのことを伝えたいです。

では、トルコリラで資産を溶かした人は情弱なのでしょうか?

私はそこから学ぶことができれば、その人は決して情弱ではないと考えます。人生何度もチャンスがありますし、資産を構築できている人は、皆、謙虚に自分の行動を振り返っています。過去の笑い話にできるほどの胆力を持ちたいものですね。

サラリーマンベア
何事にも高金利であるのには理由があり、それは受け売りでは到底、本質を理解することができないでしょう。本気でチャンスを掴みたいと思うのならば、積極的にこのコインオタク(Coin-Otaku)で学びましょう!

【納税の義務】搾り取られる立場から脱してみてみよう "(COIN OTAKU)"

2018.10.27

匿名と実名の真っ向勝負!仮想通貨とクレジットカードの戦 "(COIN OTAKU)"

2018.10.24