Newton(ニュートン)CEO徐継哲氏:電子取引の新しい機会とブロックチェーン時代のデジタル資産管理

そもそも仮想通貨どうなるのNEWS

電子取引とデジタル資産管理の時代

ブロックチェーン時代に突入した今、デジタル資産とその証明書をどう管理すべきかが重要な課題になってきます。

NEWTONはニューエコノミー時代に必須となる認可と確認のための新しいメカニズムを開発しました。
このシステムではトランザクションのすべての時点において検証を可能にしています。

デジタル資産の価値はデジタル通貨の価値より、はるかに上回っています。
Newton(ニュートン)CEOの徐継哲がNewtonプロジェクトについて見解を示しました。

技術的アイデアと社会的アプリケーションの結合により、多くのプロジェクトがビジネスと人生を変革し続けています。

ビットコインはブロックチェーン1.0であり、イーサリアムは2.0であり、EOSは3.0であることは知られていますが、実を言うと私はブロックチェーンに3.0があるとは思っていません。

電子商取引分野では調達・サプライチェーン・倉庫管理・顧客サービス・アフターセールスプロセス・評価システムなどをどうするか考える必要があります。

普遍的な公共チェーンをつくることは困難であり、アプリケーションの開発者が増えれば増えるほどユーザビリティが悪化するでしょう。

データはユーザー由来のものです。
インターネットプラットフォーム上のすべての活動によって生成されたデータです。

データは21世紀の原油であり、ユーザーはデータの利益を受ける権利を持っています。

初期状態のアプリケーションには何もありませんが、誰かがブラウジング動作・クリック動作・購入動作を行えば、ビッグデータが記録され、大きなデータ自体が利益を生んでいくことになります。

ブロックチェーンには、こうしたビジネスモデルを正常にする可能性を秘めているのです。

 

なぜブロックチェーンの電子商取引が必要なのか?

インターネット電子商取引プラットフォームは閉鎖されたものです。
ルールはこのプラットフォームの管理者にゆだねられています。

契約の経済インフラとして、ニュートンは「スーパーエクスチェンジアグリーメント」を構築してデジタルアイデンティティ・サプライチェーン・取引・支払いなどを行い、インターネット技術・ハッシング技術などがプロトコルをサポートします。

結果、開発者はプロトコルに基づいて支払い・モール・保険などのDAPPSを開発でき、さらに、誰もが独自の電子商取引プラットフォームやAlipayなどの支払いツールを開発できます。

開発の必要がない場合、NewtonはAlijahのような機能を持つTmallやTaobaoのような機能を持つNewMallの2つの公式テンプレートを開発します。

この違いはNewtonのプロトコルで確立されたプラットフォームがマルチセンタリングされていることです。

Newtonの合意によって確立されたすべてのプラットフォームは従来の中央集中型プラットフォームのように取引手数料を徴収せずにトランザクションを増加させるのでなく、トランザクションコストを利益に変えることでより多くの人々が利益を得られるようにしています。

つまりNewtonのやるべきことは単なる商用プラットフォームではなく、プラットフォームを作るために必要な基本プロトコルなのです。

伝統的な電子商取引プラットフォームのアーキテクチャーは本質的に収益性の高い企業によって管理されるクローズドのプラットフォームです。

会社の組織構造は何百年も前に生まれました。
産業革命の主な目的は利益を上げることでしたが、少数の人々に対しても利益をもたらすことになりました。

同時に、生き残りと発展のために同社は市場を占有し続け、超利益を追求し、独占を達成し、生き残りってさらに発展することができます。

互いに矛盾しないような循環型ゲームは調和のとれた経済発展環境を創造するのに役立ちません。
ブロックチェーンテクノロジの生成はこの問題を解決する可能性があります。

将来非営利団体によって管理されるコミュニティ経済は収益性の高い企業によって管理される現在の閉鎖されたプラットフォームに取って代わるべきです。

この組織変更は基本的な理論とニュートンのプロジェクトを構築するための基本的なロジックであり、社会にWin-Winな今後の開発動向に基づいたものです。

ブロックチェーンはどの段階にあるか?

人間社会の科学技術活動は、2つの段階に分けられます。

第一段階は、基礎理論の開発などの真実を探ること。
そして、第二段階は、科学技術が真に価値をそうぞうし、人類に役立つための応用です。

ルールはブロックチェーン技術にも適合

Bitcoinがその例のひとつです。

技術がある程度発展し、成熟度が十分になって変曲点に達すると、その技術は社会に役立ち、わたしたちの生活のために価値を創造する業界に適用されなければならないのです。

ブロックチェーンの開発経路

ブロックチェーンには、2つの開発経路があります。

最初はボトムアップで基盤となるパブリックチェーンを構築し、最後にビジネス・エコシステム用のアプリケーションを提供します。

もう一つはトップダウンです。

つまりブロックチェ―ンなどのテクノロジーをビジネス・シナリオに直接適用します。
(実際のトランザクション処理速度を満たし、高い開発コストと商用アプリケーションの実現可能性を解決します。)

Newtonの技術開発はまさにトップダウンの段階にあります。

現在のブロックチェーン技術はビジネスモデルのパッケージングにはまだ基礎的な段階であるため、Newtonは電子商取引業界のブロックチェーン技術を改善し、スーパーチェンジプロコトルを確立してDAPPアプリケーションを開発する予定です。

今日のブロックチェーンプロジェクトの多くは基礎的な開発に焦点が当てられています。
それでは私たちの生活と密接に関連していない可能性があります。

ニュートン・プロジェクトによって私たちの生活に密接に関連した真のビジネスが短時間で実現します。
従来は売り手が約25%を占めるプラットフォームに入るときに商業資源を得るためにお金を支払います。

対して Newmallでの彼の費用は従来の約1/3に減らすことができます。
同時に、仲介者の廃止のために収入の仲介プラットフォームは取引処理中のすべての参加者に配布することができます。

Newtonはコミュニティのために働く人々および財団のメンバーを含む経済的なパッケージャサービスプロバイダによってカバーされ、受益者・消費者・DPOSノードを確立したビジネスモデルの経済を設計しました。

トークンモデルを設計する

すべての取引において、実際の取引は最も商業的に貴重なデジタル資産です。
社会は間接的なビジネス活動であるため、ビジネス価値があります。

短期的にはNewtonの経済に蓄積するニュートントークン値はユーザーが増加することでトレーディング業務の効果的な参加の増加し、長期的にはデジタル資産の「ボリューム」がニュートントークンの評価を支えます。

ブロックチェーンプロジェクトの最終的なベンチマーキングは業界と経済です。
例えば、私たちはNewtonの経済成長に合わせて今後20年間、経済的にトークンを公開しています。

Newtonの設計トークン経済モデルでは我々はトークンの60%が様々なインセンティブを通して経済に今後20年間にリリースされる予定です。

これにより、このプロジェクトは成長し、持続可能な発展の可能性を秘めています。
新しい体験があります。

企業のチェーンブロック操作は管理が一元化されているため、多くのプロジェクトが混乱しています。
これには2つの理由があります。

1.トークン経済モデルの非科学的デザイン。
2.独自のビジネスモデルの欠如。

Newtonのトークン経済モデルとビジネス経済モデルを知ることでニュートンは重要な基盤になり得るでしょう。

すべてのブロックチェーンプロジェクトトークンの交換の本質は資金調達のプロセスではなく、チームやコミュニティを構築するプロセスです。

私たちはプロジェクトの運営に参加し、優先トークン交換を完了するために実行するプロジェクトに貢献することができるよう、証明書交換からスタートしています。

私たちはビジネスコミュニティで経済的利益を得ることができます。
あなたはこのビジネスモデルで利益を得られるため、トークンを売却する必要はありません。

経済が拡大するにつれてトークンの価値は上昇するでしょう。
私はこれが健全なトークンモデルだと考えています。

証明書交換によるニュートン・コア・ロジックは次のとおりです。
プロセスは一定の金額によってビットを取得することではなく、本物のコミュニティを構築します。

世界各地に100のコミュニティノードからなるネットワークを構築することは私たちにとって重要なプロセスです。

ブロックチェーンを破壊する可能性が最も高いのは誰ですか?

ブロックチェーンは社会組織の構造・協力形態・インセンティブの仕組みを最大限に変化さるにもかかわらず、AppleやXiaomiにはほとんど影響を与えません。

たとえば、Alibaba、Didi、Airbnb、主要銀行。
Alibabaには多くのデータがあり、バイヤーと売り手の取引データはすべて第三者のAlibabaプラットフォームにあります。

利益の面ではその大部分は少数の人々によって取り除かれています。
ブロックチェーンの電子商取引はアリババやAmazonのような巨人をも覆すでしょう。

将来的には非営利団体によって運営されるコミュニティ経済が閉鎖企業によって管理される独占基盤を置き換えるべきであり、これは将来のブロックチェーンで解決されるべき最も基本的な社会問題でもあります。

コンセンサス・共同ガバナンスを通じてニュートン・プロジェクトの中核である「誰もに貢献し、すべての人に利益をもたらす」というエコロジーが確立されます。

NewtonとアリババのコントラストはAlibabaとWangfujingのようなものです。
2019年にはNewton経済は総取引5億ドルを達成する予定です。

このトークンは支払いでも共有でもなく、デジタル資産の均等化の代表であり、これが最大の価値だと言えるでしょう。

NEWTON  FOUNDATION LTD.へのお問合せは下記へ

ニュートン公式ホームページ