【CEO特別対談】ioeXがもたらす分散型IoTの世界〜なぜ今冷蔵庫はインターネットに繋がらないのか〜

対談&インタビュー

皆さんこんにちは、コインオタク公式(@_coin_otaku_)です。

新しいインターネット・コンセンサス・ソリューションとしてブロックチェーン駆動の価値IoTを提供するioeXプロジェクトが日本でミートアップを開催したので参加してまいりました。

今回はコインオタク伊藤によるCEO独占インタビューにも応じていただきましたので、併せてレポートにまとめます!

ioeXプロジェクト概要

ioeXは多数のスマートデバイス間のP2Pネットワーキングを利用し、分散型のデバイスネットワークを形成することによってデバイス間のデータ転送が従来のようにストレージや伝送センターを介せずに行うことを可能にします。

スマートデバイスはioeXに加入すれば、ソフトウェアのオンラインアップデートに必要とするトラフィックとストレージコストを約70%削減することができます。

形成されたioeXネットワークはテクノロジーキャリアとネットワーク通信の相互作用によってより直観的かつ生活になじむアプリケーションが可能になります。

一般のユーザーはioeXネットワーク機能を備えたスマートデバイスを使用して帯域幅とストレージスペースを共有することでioeXコインを取得することができます。

ioeXはブロックチェーンによって分散型ネットワークの実装を推進し、 IoTに特定の付加価値を与えると同時にブロックチェーンと人々の生活を融合することを目指します 

ioeXの提供するソリューションは来たるIoT社会に欠かせない技術!?気になるプロジェクトの内容を解説! (COIN OTAKU)

2018.08.26

ioeXプロジェクトの仕組みとは

ioeXおよびその経済圏のメンバーは世界中に 実体的およびオンラインのパブリックネットワークノードとデバイスノードを配置し、これらのノードをすべてつなげることでioeXネットワークを形成 します。

すべてのデバイスは指定された独自のサービスIDを有するためにデバイス上の情報は安全かつ公正にioeXブロックチェーンに記録されます。

パブリックネットワークノード:

サーバーや上位仕様のパーソナルコンピュータなど、より高いコンピューティングパワーを持つスマートデバイス

デバイスノード:

ネットワークTVボックス、スマートスピーカー、インテリジェントスピーカー、インテリジェントルーターなどの一般的なコンピューティングパワーを備えたスマートデバイス

インセンティブメカニズム:

スマートデバイスまたはコンピュータは帯域幅とストレージスペースを共有し、報酬としてioeXコインを獲得する。

セキュリティメカニズム:

分散型のノードおよび転送・受け取りのダブルエンドデバイスのID暗号化

プールマイニング:

余分な負担やリソースの損失を増やさずにビットコイン・コンピューティング・パワーを適用し、ブロックチェーン機能を確保し、マイナーの収入を増やす。

【徹底解説】マスターノードってなに?ノードを立てて報酬を受け取ろう! (COIN OTAKU)

2018.04.05

代表的な分散型取引所(DEX)の解説 (COIN OTAKU)

2017.10.27

誰でもioeXに参加することが可能

どんな企業や個人もioeXに加入することができ、 どのような分野からでもioeXの分散型ネットワークの経済圏に参加 して無限の可能性を探求することができます。

チップメーカー:

ioeXソフトウェアを使用したチップとデザインのソリューションプロバイダに提供します。

デバイスメーカー:

製造時にioeXソフトウェアをデバイスにインストールします。

ソフトウェア会社:

ioeXネットワーク機能を持つライセンスソフトウェアをチップメーカー、デバイスメーカーまたはソリューションプロバイダに提供します。

一般のスマートデバイスユーザー:

ioeX機能の搭載されたアプリをダウンロードするだけです。

ソリューションプロバイダ

ioeXソフトウェアに組み込まれている製造ソリューションをメーカーに提供します。

ioeXプロジェクトの詳細とは

今回ミートアップ開催したioeXのCEOが特別にプロジェクトの詳細を教えてくださいました。
細かいところまで詳しくお話しいただけましたので、余すことなく紹介します。

日本とは協力関係を築きたい

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
日本とはどういった関係を築いていきたいとお考えですか
Hung氏
Hung氏
私たちプロジェクト側と協力しあえればと思っています
日本への訪問の主な目的は日本の繁栄した市場におけるioeXのブロックチェーンとIoTファイルを開発し、 長期的な開発ラインやコミュニティを構築し、継続 することです。

長期的な協力関係を維持していきたいということです。

ioeXの特性

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ioeXの特性について教えてください。
Hung氏
Hung氏
一言で表すならばIoT・P2Pネットワーキングブロックチェーンソリューションです。

ioeXはIoT・P2Pネットワーク構築の開発を前提としており、さらにブロックチェーンメカニズムアプリケーションを付加しています。

ioeXチェーンと従来のブロックチェーンの差異

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
従来のプロジェクトとの違いはどこにありますか。
Hung氏
Hung氏
IoTの考え方を実現可能なレベルに落として実用化できるプロダクトにしていることです。
ioeXは従来のブロックチェーンファイルとは異なります。
IoeXはモノ同士を結ぶインターネットを開発し、顧客のニーズを満たすソリューションを初めて開発しました。

IoTの従来のインターネットをアップグレードすることができ、ioeXの開発では分散型P2Pネットワークとブロックチェーンアルゴリズムが採用されています。

IoTの概念はまだ明確ではない

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
抱えている課題などはありますか?
Hung氏
Hung氏
まだまだインターネットが日常に活かしきれていないと思っています。
Internet of Things(IoT)の本来の意味は物と物とを結びつけることですが、現在のインターネットは十分にそれがなされているとは言えません。

ほとんどのデバイス、例えば冷蔵庫や冷凍庫、エアコンやインターネットネットワーキング、このようなアプリケーションのホームフィールドとして設備の面でネットワーク接続されましたが十分ではありません。

ユーザーの知らないところで始まる攻防戦。IoT化される社会はセキュリティ社会 (COIN OTAKU)

2018.09.13

冷蔵庫一つとってもインターネットと繋がるだけで中の温度を管理したり空きスペースを把握したりでき、様々なビジネスチャンスに繋がります。

また私たちが使っている電話機器なども所属しているネットワーク回線や3Gや4G回線などのインフラに巨額の費用を払わねばならないなどの既得権益問題が蔓延っています。

ioeXが手がけるスマートデバイスとは

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
自社で製品を開発されるのですか?
Hung氏
Hung氏
はい、私たちはもともとデバイスメーカー出身なので得意としているところなのです。
顧客は手数料をインターネット制限を使用してのコストと懸念していますが、業界は設備とサービスを作るためにネットワークを使用するコストは主要なパートナーとして非常に強い繋がりがあるのでスマートデバイスが提供されていきます。

 顧客のニーズを満たすために必要と満足度とのバランスで継続的にアップグレード し、新しいサービスを提供するために更新しなければならないでしょう。

またオリジナルソフトウェアのスマートデバイス価格は業界によって決定されていくべきです。

ioeXは市場のどのような課題を解決するのか

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
具体的には私たちの生活はどのように変わりますか?
Hung氏
Hung氏
とにかく通信などのコストを抑えられる自身があります。
世界の人々がioeXネットワークに様々なブランドや機器業界を連動させて、言い換えるならば転送およびストレージサービスポイントセキュリティネットワークに提供し、過去のスマートデバイスを業界ネットワーキングioeXに置き換えたとします。

それによってストレージが再分配されるようになり、私たちがそれぞれ 無駄にしていた部分や足りなかった部分を補填し合う ことができます。

またスマートデバイスが画一化されてもっと手軽に購入できるようになれば、ユーザーが負担するコストも抑えることができ大きな魅力となります。

ioeXはデバイスメーカーにソリューションを提供するのか

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ioeXはどのように他のプラットフォームと共存するのでしょうか。
Hung氏
Hung氏
どんなデバイスでも使用できるようにし、統一化を図っていきたいと思っています。
ioeXソフトウェアソリューションはAPPまたはSDKによってスマートデバイス業界で使用され、スマートデバイスのシステムソフトウェアに直接ロードされるため、ioeXネットワークに入った後にスマートデバイスを使用することができます。

データストレージの呼び出しは、スマートデバイスの製造元がソフトウェアのオンラインアップデートのためにトラフィックとストレージの70%を節約するのに役立ちます。

日本市場をどう見ているのか

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
日本市場についてどう見ていますか。
Hung氏
Hung氏
日本は非常に技術に明るい国だと思っています。
 ハードウェア機器の開発は主に日本から発せられる ことが多く、ブランドが非常に活発であります。

一方で日本の産業界だけでは独自の期待を開発しながらおよび様々なブランドの機器だけで、自分の伝送ネットワークを構築やさまざまなビジネスのためにTELブランドをクロスブランド化することも困難です。

ioeX開発チームはスマートデバイス産業において伝統的ネットワークの使用を避け、新しいものを構築するための新しいアプローチを必要とするため、電話もIoTのクロスブランドに組み込んでいきます。

日本警視庁が暗号通貨犯罪を特定するソフトウェアを導入。サイバー犯罪が減る!? (COIN OTAKU)

2018.09.10

ioeXはブロックチェーンをどのように使用するのか

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
発行するトークンなどの使い途について教えてください。
Hung氏
Hung氏
トークンに関してはストレージの提供に応じて配布しようと考えています。
ioeXネットワーキングの性能と効率はデバイスノードのリソース共有機能によって共有されます。

例えばネットワーキングノードの共有が記録され計算されます。
それはより多くのノードに入力したり分割したりしたくはないからです。

結果としてブロックチェーンを用いた ioeXはデバイスのブロックチェーンの特性である改ざんされないという有用性、そしてインセンティブシステム としてはたらきます。

ioeXネットワーク内のデバイスノードがリソースを共有して貢献すると、サイドチェーンによってそれらが記録され、検証期間後に確認され、次にアービトレータメカニズムが採用され、メインチェーンとサイドチェーンの合意が達成されます。

通貨発行の原則はメインチェーンに含まれており、そちらに配分されています。
メインチェーンはそれに対応するioeXコインを寄付する資源に分配します。

ioeXの将来的な実用の例

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
将来的にどのように利用されるのでしょうか
Hung氏
Hung氏
さきほど紹介した冷蔵庫の話など私たちに身近なところでの活用を期待しています。
例えば将来のスマートな冷蔵庫ではカメラが冷蔵庫の状態を撮影するために使用され、冷蔵庫内の空間が満杯であるかまたは料理の色は何であるかが分かるので、 これまでのように機器業界はこのようなサービスを設定しなければならず、IoTサービスを運用するためのファイル保存と送信のための中央サーバを設置する必要がありましたが、今後はioeXネットワーキングソリューションを使用してオブジェクトを取り上げます。

実際のケースではギャングスターが私的に富裕層に売っており、富裕層がギャングスターに誘拐されているという保険が伝えられています。

払い戻しの後、コミュニティはモニタをインストールしなくなり、ioeXネットワークはブランチベースのネットワークであり、データ転送をより安全かつプライベートにするために中央に移動します。

今後ネットワーク事業者を利用する必要はないのか

ioeXネットワーキングは物と物を直接的に伝達するものですが、将来的にはネットワークの拡張が大いに広がります

たとえばプライベートネットワークが第mパーティの送信を完了する必要はありませんが、目標はインターネットの通信事業者を置き換えるか、またはシャックルを確立するかです。

ioeXネットワーキングネットワークとブロックチェーンのアプリケーション協力に生き残るために物事のインターネットのビジネス状況は絶えず拡大しており、そこは切り込む余地が十分にあります。

ネットワーク事業者は淘汰されていく可能性が高いでしょう。

 

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤

Twitter上では、プロジェクトからいただいたお品物を、随時フォロリツ企画を実施中❗❗