日本円価格に固定した仮想通貨が登場!日本版テザーの仕掛け人は中国!?

海外NEWS解説
Twitter
RSS
Follow by Email
Facebook
Google+
LINKEDIN
Whatsapp

大物中国人BTCホルダーが日本円に目をつける

こんにちは、伊藤健次(@it0ken)です。
本日は「ちょっとこれ知ってたらオタクっぽいよ!!」って感じの記事をご紹介します。

テザー(tether)は米ドルとペッグ(=交換レートが一定に保たれていること)された仮想通貨で、仮想通貨時価総額ランキングでも常に上位に位置付けられている業界内ではかなり有名な仮想通貨なのはご存知でしょうか。

ペッグとは、米ドルや日本円などの安定通貨をベースに為替レートを固定しておくことです。
固定相場制に近い考え方です。

実は今、中国の巨額ファンドが、日本円の準備金を担保とした価格変動の少ない仮想通貨、いわゆる円建て「ステーブルコイン」(=日本版テザー)の開発に向け動き出しているようなのです。

「日本円版テザー」を仕掛けるのは「グランドショア・ブロックチェーン・ファンド」で、運営する100億元(約1600億円)のうち30%が中国浙江省の杭州市による出資だということです。

そこで注目すべきなのが、同ファンドには中国の最大級の「クジラ」が関わっていることです。

クジラは、一言でいうと、ビットコインの大口保有者のことです。

その筆頭が李笑来(リ・シャオライ)氏で、同氏は中国圏を中心に流行っている仮想通貨EOS(イオス)の仕掛け人とも囁かれる最重要人物の一人です。

なんと驚くのはその保有数、一時は10万ビットコイン以上を保有し、その一挙一動に注目があつまる人物です。
SNSでつぶやいたら嫉妬で即炎上するレベルです。

世界を見渡してもステーブルコインそのものの存在がまだ一部を除いては目新しい中で、仮想通貨関連規制の整備がゆっくりと進む日本で、競合となる力強いプロジェクトができにくいのも、日本円ステーブルコインが目をつけられるいわば「穴場」なのかもしれません。

SNSの大手LINEが10億円規模のブロックチェーンファンドを設立

2018.08.31

日本円ベースの仮想通貨が市場に出回ることで考えられる課題

上記記事の通り、近い将来、日本円にペッグされた仮想通貨が作られるようです。
仮想通貨が法定通貨でペッグされたものはUSDT(テザー)が有名だが、各国の法定通貨で同じ流れが起きています。

ここでの注目点は2点あると考えます。
まず世界の基軸通貨になっている、比較的安定価格を維持した通貨ということ、そしてその仕掛け人は、該当国ではない人物によって進められているということです。

発起人が中国人ということだけあって、人民元の国内留保、また円相場為替にも少なからず影響を及ぼす可能性は十分にあるのではないでしょうか。

業界スピードが恐ろしいほどに急展開している中、日本の打つ手は?

このような法定通貨ベースとなった仮想通貨の誕生で、大きくその法定通貨が買われる要因になるのではないでしょうか。
各国の法定通貨の流出を食い止めるのは困難であります。
現に中国政府がビットコイン関連事業を禁止したのも人民元の流出を拒むためです。

各国が独自に仮想通貨への参入を考えている中で、世界の賢い人たちはどんどん抜け穴を突いてきます。
まさに規制とのいたちごっこです。

しかし、各国政府が何もせず黙っていると、自国でやる前に他国に自国資源を抜き取られる状況に陥りかねません。
デジタルデータは物理の法則を無視し、全世界で一斉にやったもの勝ちの経済が進んでいく世の中になっているのではないでしょうか。

日本は停滞しているわけではなく、虎視眈々と準備を進めてきました。
2019年には日本の巻き返しが起こる、そんな気がしています。

通貨とは国が経済をコントロールするために発行・管理する貨幣のことです。国が「このお金には価値がありますよ。」と法律で保証することで、国民は通貨とモノ・サービスを交換できます。これを法定通貨と言います。

引用元:https://fintech.money-goround.jp/?p=64

以上、日本版テザー(ステーブルコイン)についてでした!

世界経済フォーラムが発表した環境問題を解決するブロックチェーンとそのリスク

2018.09.21

技術者育成競争。マルタ大学でブロックチェーン奨学金制度開始

2018.09.10
Twitter
RSS
Follow by Email
Facebook
Google+
LINKEDIN
Whatsapp