【Vol.3】コインオタク伊藤のクリプトジャーニー〜保有しておくべきICOはあるのか〜

伊藤健次コラム

発行日: 2018年9月9日発行 

伊藤健次

伊藤健次のクリプトジャーニーとは、その名の通りCrypto=暗号通貨 Journey=旅行 を意味しており、僕が暗号資産系の人脈を駆使して国内・海外全ての活動を週次で皆様にお届けしているものです❗また、伊藤健次のオンラインサロンLINE@でユーザーの皆様からいただいた質問にも回答しております😉

《目次》

1.近況

伊藤健次の9月3日〜9日の活動について

2.世界の暗号資産事情について

2.Q&A

COINOTAKU公式LINE@やTwitterでいただいた質問について


近況              

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

最近のコインオタク伊藤の活動内容をお伝えします!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

海外で活動が多いコインオタクですが、最近は日本のカンファレンスに参加したり、ライブで歌ったりしております!

日本で活動をしていると、日本のインフルエンサーの方とよくお会いします。

過去にプロジェクトの責任者だった!という方もいます。

意外にも全員の意見は共通しており、日本の暗号資産市場は面白くなってきた!と言っています。

伊藤もその意見には賛同しております。相変わらずの国の規制はありますが、それはあって当然です。

規制がある中でも活躍、活動する人が増えてきており、国内市場が確実に大きくなってきていると感じます。

優秀な人材が日本から出てしまったという噂を聞いたことがあると思います。

今は日本にみんな戻ってきてますよ!

2017年前半の勢いを取り戻したように、日本が世界を牽引する日も近いかもしれません。

世界の暗号資産事情

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このコーナーでは、世界の暗号資産事情をコインオタク伊藤が解説していきます。

第三回目は「フィリピン」です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

フィリピンは日本と関係が深い国ですね。暗号資産の話をするとフィリピン政府の話がよく出てきます。

今までは眉唾な話も多かったですが、今回日本で行われたイベントで、フィリピン政府の暗号資産に対する本気度が伝わってきました。

非公開のイベントであった為、詳しくは書けませんが、フィリピンではフィリピンカガヤン経済特区庁(CEZA)という特区が立ち上がり、暗号資産ビジネスを行なう25社に対しライセンスを付与することが決まってます。

その25社の中には日本と深い関わりのあるプロジェクトもあります。

フィリピンは暗号資産としては後発でしたが、そのブランクを感じさせないほど官民が協力をしてプロジェクトを立ち上げていると感じました。

フィリピンは引き続き、目が離せない国の一つです。

※この国への質問があれば、生中継ライブ「暗号資産2.0」でお答えしますので、

COIN OTAKU公式LINEに質問お願いします!

■□■□■□■□■□■□■□

Q&A

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このコーナーでは、皆さまの質問にコインオタク伊藤がお答えいたします。

LINE@にてたくさんのご質問を受け付けております!

また、本文最後に記してあるQ&Aルールを守って頂きますようお願いいたします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【Q,1】

今保有しておいた方がいいICOを教えて欲しいです。

◆A◆

今保有しておいた方が良いICOの銘柄はありません。

今の環境としては、ICOを成功させることはとても難易度が高いです。

トークンの価格だけでなく、ホワイトペーパーに書いてあるビジネスモデルを実現することも含めて難しくなってきております。

ICOだから簡単に利益が得られるという考え方はもう通用しないとご理解ください。

投資の方法として、取引所公開後に購入をするのはありです。

個人的には、ICOで購入するよりも勝率が高いと思います。

中国が規制をかけるのはICOかOTCか。wechatアカウント凍結のその後。 (COIN OTAKU)

2018.09.06

【Q,2】

Zipに関しては今後どうなると思いますか?

また、リップルと同じ土俵での展開ですか?

◆A◆

Zipは期待しております。リップルと比較されることがありますが、実は技術面は相当異なります。

まだ、情報が少なく、認知度は圧倒的にリップルに負けておりますが、中身がしっかり比較できるようになればZipの評価が上がる考えてます!

【Q.3】

技術を磨く系のプロジェクトで、ビジネス的な仕組みづくりの動きや特許等の防御策を取らずにオープンソースで開発してるプロジェクトとは、大手資本や信用力のある組織にソースを取られたら終わりなのではと思うのですが、どうでしょう?

◆A◆

実際には大手資本に参入して欲しいと考えているところは多いです。その方が市場が広がるためです。例えば、DEXは世界一使いやすいDEXが誕生すればみんなハッピーになれます。

大手資本では取引所は作ったとしても中々DEXは作れないでしょう。

ブロックチェーンプロダクトは誰が作るかはあまり気にしない方が良いものが作れます。

以上が、クリプトジャーニーでした❗
今後、タイムリーにこの記事をご覧になりたい方は、COINOTAKU公式LINE@のご登録をお願いします😊👇

コインオタク公式LINE@


取引所を狙ったハッキングの増加で注目度上昇!?分散型取引所(DEX)とは (COIN OTAKU)

2018.02.14

バイナンス初のDEXをお披露目、Binance Distributed Exchange、Binance Chain (COIN OTAKU)

2018.08.27