GMOが発表した日本円ペッグ通貨GJYの思惑とリスク

海外レポート

こんにちは、伊藤健次(@it0ken)です。
今日は最近注目のステーブルコインについて取り上げていきたい思います。

GMO社が来年発行、円ペッグ通貨「GMO Japanese Yen(GJY)」

GMO社が日本円連動型ステーブルコイン「GMO Japanese YEN」の発行を10月10日に発表しました。

ステーブルコイン:フィアット(法定通貨)を担保にして発行することで、その通貨と同等の価値を維持する仕組みをもった暗号資産のことを指します。

2019年を目処にアジア地域へ向けて「GMO Japanese Yen(ティッカーシンボル:GJY)」の発行を開始する予定とのことです。

GMOインターネットは、暗号資産事業を戦略的事業分野と位置づけており、これまでに暗号資産の交換事業及びマイニング事業を展開してきました。
また、今回の「円ペッグ通貨」の発行を皮切りに、暗号資産のボーダレスな取引を行うことで、さらに市場を盛り上げてくれることに期待しましょう!
以下にGMO社の社長インタビューを掲載します。

スマホの中に暗号資産のネットワークがあるのに、これを使用しない手はない。
ステーブルコインを出せば、瞬く間に「決済ネットワーク」に変わるのです。
ステーブルコインは全ての解だと考えています。
暗号資産というよりも、ブロックチェーンなどインターネット決済で使用できる”切り札”ですね。

引用元:https://coinpost.jp/?p=50261&from=new_top

ステーブルコインの登場で初心者でも手軽に暗号資産を保有できる

 ステーブルコインの登場、かつ、日本の大手上場企業が発行 ということで市場の信頼は増す方向に傾くと考えます。

ステーブルコインから始めることでビットコインよりもリスクが少なく暗号資産を体験することができるという点でメリットになります。

そうは言っても、通貨発行を民間企業が1社で発行することで歪みは生じてきます。
法律がない状況でどこまで日本国内で行うことができるかが課題です。

GMOも当然金融庁との調整をしているはずですが、手のひらを返される可能性も十分ありえます。
今後、第二第三の円ペッグ通貨が誕生するか、あるいは大手メガバンクに円ペッグ通貨圏を渡すことになるのか動向に注目です。

社運をかけた戦い、ステーブルコインで暗号資産は社会に根付くのか

ペッグ通貨はビットコイン等の暗号資産に比べて価格がある程度保証されているので安心と言えますが、民間企業の発行するステーブルコインを過信しすぎないことが重要です。

ステーブルコインは想定外の相場の時に一番本領を発揮する強みとなります。
その時に、1つの民間企業であるGMOが日本(まだ世界でも暗号資産保有量は上位)のニーズを支え切れるのかが疑問です。

もちろんGMOは大企業で資本力もありますが、それでも日本の資産量と比較すると心もとないのが懸念材料です。

取引所が非公式に行っていた日本円のステーブルコインは、ビットコインをハードフォーク時に、高値を記録した(本来であれば起きてはいけない事象)その際にステーブルコインに逃げたユーザーの一部は、ステーブルコインによる損失は最大で資産を1/1000にしてしまった投資家もいるようです。

このようなことが起きないためにも、過信しすぎないことが重要です。
GMO社も通貨発行権と同等の権利を保有することで相当の覚悟がいる参入をしていると思います。
文字通り社運を賭けた挑戦となることは間違いありません。

タイミングとしては2019年ですが、毎年暗号資産は一定率の暴落を経験をしている最中です。
2019年の暴落時がGMOのステーブルコイン評価と非難のどちらが集まるか、それは市場が決める局面になりそうです。

伊藤健次がオススメする記事はこちら