ブロックッチェーンが自動車にもたらす新しい世界の研究とデザイン

海外ニュース

こんにちは、伊藤健次(@it0ken)です。
今回は自動車業界がブロックチェーン技術の取り入れの実現に向けての動きについてまとめていきます!

自動車業界ブロックチェーン開発トーナメント、賞金はトークンで配布!

10月10日に公表された公式のプレスリリースによると、 ブロックチェーン技術を搭載した車両の本格的な実現に向けての開発力を競うトーナメント が、2018年10月12日から開催されます。

BMWをはじめとした複数の大手自動車メーカーも参加している「モビリティ・オープン・ブロックチェーン・イニシアチブ(MOBI)」と、大手企業などの同盟組織である「Trusted IoT Alliance(TIoTA)」が協力して実施するこのトーナメントでは、賞金として100万ドル(約1億1,200万円)を超えるトークンが配布される予定となっています。

このトークンはブロックチェーンによってデータの交換を可能にするトークンです。さらに、機械同士に形成される経済を実現する分散型技術を開発するBeyond Protocolという企業も25万ドルの資金をコンテストに提供しています。
MOBIグランドチャレンジと名付けられたこの新しいトーナメントは、機械を調整し、データを共有し、都市の移動性を向上させるための車両とシステムの「最初の実行可能な」ブロックチェーン電源ネットワークを開発する予定です。

MOBIは、2018年5月に設立されて以来新興企業・自動車メーカー・OEMを含む著名なパートナーシップの拡大を続けており、MOBIのCEOであるChris氏はMOBIがR3コンソーシアム(分散型台帳技術を開発する企業群)のメンバーとして登録されたことを明らかにしています。

2018年5月、BMW、GM、フォード、ルノーの4大大手自動車メーカーは、「輸送の変革」を目指して、合同ブロックチェーンプラットフォームを開始しました。「ブロックチェーンと関連技術を使用して移動性をより安全に、環境に優しく、より手頃なものにする」ことに焦点を当てます。
3月、Cointelegraphは、主要なアメリカの自動車メーカーフォードがトラフィックフローを促進するために暗号トークンの交換を介して車両間通信方法のシステムを特許取得したと報告しました。

今回開始されたコンテストは3年間にも及ぶプロジェクトの最初の段階であるとChris氏は述べます。プロジェクトでは最終的に組み立てから自動車同士のネットワークの構築まで含まれており、具体的な技術としては自動車とインフラの間におけるNon-GPSの位置情報伝達、低額支払い機能、アドホックモバイルネットワークが考えられるとのことです。

“この技術は今だに未熟ではありますが、今後数年で実現可能になるだろう“とChris氏は結論づけます。

ICOトークンとは何か? (COIN OTAKU)

2017.10.23

ブロックチェーンの取り入れにより、近未来的な自動車も遠くはない⁈

自動車メーカーが組んだブロックチェーンプロジェクトが着々と現実味を帯びてきています。
自動運転技術の可能性を広げ、カーシェアリングなどにおける車両や顧客情報の管理にも効果的な機能を発揮する分散型台帳技術(DLT)の特性は、車業界の未来を劇的に変えることができると期待されています。

一方、自動運転のデータ検証、都市移動の効率化はブロックチェーンだけでは解決せず、ブロックチェーンに着目しているもののビックデータを解説する人工知能など、同時に関連テクノロジーの開発、発達にもつながります。

 

ブロックチェーンとは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークであるビットコインの中核技術を原型とするデータベースである。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。フィンテックに応用されるケースでは独占資金洗浄の危険が指摘されることもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/

一足先の未来を知る1日、2018年10月21日 BlockchainJam 2018 開催! (COIN OTAKU)

2018.10.03

便利な世の中に向けての研究は進んでいるけど日本での実現は…?

都市移動は自動車メーカーだけでなく、政府機関や公共と同じ課題を抱えています。
自動運転、クルマやバイク・自転車のシェアリング、オンデマンドタクシー、駅から自宅までの短距離向け公共交通、既存の公共交通の隙間を埋める新交通など、こうした先端技術や新サービスによって、いまよりも進化した、より便利で快適、かつ安全な社会が実現に近づきつつあります。

この 便利な未来に向けて今後は、現実に利益を生むブロックチェーンプロジェクトから世の中に浸透 していくことでしょう!
しかし自動運転は日本では法律の都合により実装することが難しいとも言われています。

古い法律に縛られる日本ではできない検証や社会実験は日本以外の国でどんどん盛んにおこなわれていて、日本も世界に遅れを取りながらではありますが少しずつ便利な未来に近付いているのです!

 

メルセデスベンツのダイムラー社も暗号資産のプロジェクトを発表!!~自動車メーカーにも波が広がる~ (COIN OTAKU)

2018.04.08

以上、これからの開発がブロックチェーンによってさらに注目の自動車業界についてのまとめでした!