Zaif提供の限定リスクハイリターン AirFX やり方

あのICOは今!?

暗号資産取引所Zaifの提供するAirFX

国内暗号資産取引所はトレード専用のサービスをどんどん立ち上げております。
そんな中でも目立つサービスがこちらZaif(ザイフ)の提供するAirFX(エアーエフエックス)。
このサービスのキャッチフレーズがとても興味をそそるので、調査しました。

 

限定リスクハイリターン「AirFX」とは

通常のFXよりも限定的なリスク

FXというのは、外国為替証拠金取引のForeign Exchange(通称FX)と同意味で使用されております。
ビットコイン(Bitcoin)や暗号資産が外国為替なのかという話も上がっており、今後、FXという言葉が使用されなくなったり、別の意味を後付けされたりする可能性はありますが、
現段階では、一般的に認知されているFXを暗号資産でも当てはめただけという理解で問題ありません。

FXはハイリスクハイリターンと呼ばれます。そのハイリスクの一つに証拠金以上に損失が膨らむ可能性があります。
自分が入金をしている証拠金以上の損失が出る理由は相場の急な変動によりロスカットが間に合わず証拠金以上の損失が出てしまい、さらにそれをFX会社が顧客へ請求をすることから発生します。

国内FX事業者の多くは、証拠金以上の損失が出る可能性について利用規約へ記載しております。

海外FX事業者は証拠金以上の損失に関してはFX事業者が追うことが多く、顧客は口座へ入金している証拠金のみのリスクになります。
今回のZaif(ザイフ)が提供するAirFXはこの海外FX事業者の考え方となり、証拠金以上の損失に関してはZaif(ザイフ)負担となります。よって顧客は国内のFXよりもリスクは限定的といえるわけです。

 

仕組みを支える「EPS」という概念

 

ZaifではAirFX取引において、より安全にお取り引きを行っていただくために、 保有ポジションが損失によりロスカットされた際、お預かりした証拠金を超えて保有資産に損失が及ばないよう、 EPSの含み益および含み損の相対ポジションについて、強制決済のラインを相場状況に応じて設定しています。
これは含み損を抱えたユーザーのポジションが強制決済されるだけでなく、含み益のユーザーのポジションも、その時点で一番利益を出しているポジションの場合には強制決済されることを意味します。

引用:Zaifホームページより
https://zaif.jp/doc_airfx_trading?ac=nlug1pucks

 

Zaif(ザイフ)側が決めた強制決済ラインで強制的にポディション決済される可能性があります。

 

AirFXの始め方

Zaif(ザイフ)の取引所アカウントをお持ちであれば、利用規約に同意するだけですぐに始めることができます。

 

この画面で、利用規約同意を押すだけで決済ができるようになります。

 

 

総額1億円キャンペーン実施中!

Airfxではただいま総額1億円のキャンペーンを実施しております。

毎日集計を行い、その日取引高が多かった人上位50名が報酬対象となります。
1億円の報酬が支払いきるまでが対象となっており、2017年9月19日からスタートし1か月ほど経ちましたが、総報酬額は1,000万円です。
残り9,000万円を消化するまでキャンペーンが続きます。

 

キャンペーンの参加方法は簡単です。

Zaifで本人確認を完了されているユーザーは、Zaifへログイン後にキャンペーン参加ボタンが表示されます。こちらは初回のみ表示されますので、
一度ご参加いただいた後は、本キャンペーンにおいて以後全てのキャンペーンに適用されます。

なかなか面白いキャンペーンだと思います。
興味があれば皆様ぜひご参加検討してみてください。

 

Written by 伊藤健次

1 件のコメント