【Vol.13】コインオタク伊藤のクリプトジャーニー〜先物取引は日本市場ではどう扱われる?〜

伊藤健次コラム

発行日: 2018年11月19日発行 

伊藤健次

伊藤健次のクリプトジャーニーとは、その名の通りCrypto=暗号通貨 Journey=旅行 を意味しており、僕が暗号資産系の人脈を駆使して国内・海外全ての活動を週次で皆様にお届けしているものです❗また、今回から伊藤健次のオンラインサロンの会員の皆様からいただいた質問の中で公開できるものをご提供します😉

近況              

寒くなってきましたね!今、茨城県で行われている某忘年会に参加しながら執筆しております^^

今週の伊藤健次は、ZIPPERの取材をしたり、3社の事業投資の話を聞いたり、LIVE配信でネクストマネーの堀口さんを招いたりと今までやろうとしていて、なかなか実現できなかった事を実現しました!

やっぱり終わってみればやって良かったなぁとしみじみ思います。

特に事業投資の話は、SFチックな話が多く、銀行やベンチャーキャピタルや資産家たち断られいろいろ辿ってやっとコインオタクに行きついたという起業家の方ばかりで、運命を感じます(笑)

 

そして、一番大きなイベントとして、私達コインオタクのファーストアルバムが遂に店頭デビューを飾りました!!応援ありがとうございます!

 

「COINOTAKU~暗号資産教団~これを聞くだけで億人」は、先行でダウンロード販売をしておりましたが、今週から全国のタワーレコードを始め、各CDショップ様の方で取り扱いをしておりますので是非聞いてみてください^^

 

今週末鈴鹿サーキットで行われる「サウンドオブエンジン2018」にお招き頂いたので参加したかったのですが、コインオタクの別のF1好きが行くことになりました^^;

時間が足りなくて各所にご迷惑をかけておりますが、来週は再びセミナー行脚を開始しします!参加できる方はぜひ現地でお会いいたしましょう!

 

また、オンラインサロンの募集ですが、11月の募集を少しの間だけ再開しております。

【12/31まで初月無料】伊藤健次によるオンラインサロン再開《2019年はもう損しないでください》

Q&A

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このコーナーでは、皆さまの質問にコインオタク伊藤がお答えいたします。

LINE@にてたくさんのご質問を受け付けております!

また、本文最後に記してあるQ&Aルールを守って頂きますようお願いいたします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【Q.1】

ETCやLTCがそこそこ高い時価総額で取引されている理由が未だよく分からない(淘汰されてもおかしくないと思う)のですが、これらの価格や用途に関しては2019年以降どのような未来が考えられますでしょうか。

【A.1】

ご指摘の通り、過去のメジャー通貨は一定の価値を継続しております。

メジャー通貨でなくてもプロジェクトが解散したトークンでさえ、上場を継続し価格がついていることもあります。

これらは完全なるマネーゲームで、価値の意味はありません。

その意味で言えば、価値のない通貨は近い将来上場廃止となり0円となるでしょう。

ETCやLTCはちょっとだけ草コインとは異なります。

ETHやBTCとリンクしており、もし万が一ETHやBTCに何かがあった場合、それでも暗号資産を使い続けなければいけない場合、ETCやLTCは代替になります。

いわゆる保険的な価値が存在します。

さらに、ETH否定派やBTC否定派も一定量の資金をETCやLTCへ入れている為、これらの銘柄への投下資金が完全にゼロとなる可能性の方が低いと言えます。

銘柄自体の価値を表しているというよりもは金融派生商品のように関係する金融商品としての価値が価格に反映されていると言えます。

 

【Q.2】

何故、世界中に取引所が数え切れない程あるにも関わらず、レバレッジを効かせられる取引所が少ないのでしょうか。

また、ハイレバレッジを掛けられる取引所はさらに少ないのは何故でしょうか。

【A.2】

取引所にとってもハイレバレッジの取引はリスクが大きいからです^^;

まだ証拠金取引の市場(いわゆる暗号資産FXです)がないため、取引所としては市場に注文を出すことができません。取引所内で売買をぶつけるノミ行為が多くなります。ノミ行為は投資家の負け分は取引所の収益ですが、投資家の勝ち分はコストです。

ハイレバで大勝ちされてしまうと取引所は破産してしまいます。

その為、許容できるリスクの範囲で行うと取引所としてもハイレバレッジ取引はサービス展開しにくいという事が背景にあります!

 

【Q.3】

CentralilyとWowbitに関してコインオタクさんの見解は何か持たれてますか?

私的に調べてて面白い通貨だと思い購入はしております^ – ^

ご見解共有していただけましたら幸いです

【A.3】

CentralilyとWowbitはともに有名な通貨なのでそれぞれ見解があります!

Centralilyはプラットフォームであり、暗号資産市場でファンも多いですが、1点注意するべきポイントは中長期銘柄という事です。

 

プラットフォームが評価される為には利用されることが大前提です。プラットフォームが苦戦するのは自社のサービスリリース時ではなく、セカンダリーマーケットのようにセントラリティ上で発行されるトークンや企業プロジェクトの評価がプラットフォームの評価となるためです。

 

すでにセントラリティを利用したプロジェクトは多いですがそのいずれもサービスリリースはまだであり、環境的には少々ネガティブが入っていたりします。

そのため、短期的に勝ちが評価されるという可能性は低く、1年2年単位で評価を待つ銘柄と言えます。

 

Wowbitはもう少しネガティブな評価です。

実際には具体的に何ができる通貨であるかが定まっておりません。

さらに、日本が関わる割合が大きく日本の法律や規制に左右され身動きが取れなくなってきております。

メンバーや潤沢な資本は評価しても良いですが、置かれている環境はかなり苦しそうと見て取れます^^;

コインオタクでも記事に書いておりますので是非参考にしてみてください^^

 

【Q.4】11月12日21:00時点

いまサロンで話題にされているFJですが、直近、仕事が忙しく乗り遅れてしまいました。

いまからだともう遅いでしょうか?

【A.4】

今想定外にFJ価格が下がっております。0.005USDを下回る価格であれば日利1%ほど配当が付与されるのでお勧めです。

公開価格は0.01USDなので、プロジェクトに近い人物でも0.01~0.02USDで購入しております^^;

ちょうど底値では入れるためタイミングが遅くてよかったパターンですね^^

 

■□■□■□■□■□■□■□

以上が、クリプトジャーニーでした❗

今後、タイムリーにこの記事をご覧になりたい方は、COINOTAKU公式LINE@のご登録をお願いします😊👇

コインオタク公式LINE@


過去のクリプトジャーニーはこちら↓↓↓

【Vol.12】コインオタク伊藤のクリプトジャーニー〜先物取引は日本市場ではどう扱われる?〜 (COIN OTAKU)

2018.11.20

【Vol.11】コインオタク伊藤のクリプトジャーニー〜良いICOや暗号資産の見分け方は?〜 (COIN OTAKU)

2018.11.11

【Vol.10】コインオタク伊藤のクリプトジャーニー〜日経が下がってたら暗号資産も下がりますか?〜 (COIN OTAKU)

2018.11.04

【Vol.8】コインオタク伊藤のクリプトジャーニー〜資産を増やすための最強のポートフォリを教えてください〜 (COIN OTAKU)

2018.10.21

【Vol.7】コインオタク伊藤のクリプトジャーニー〜ドバイの投資組合がTOBした通貨を知っていますか?〜 (COIN OTAKU)

2018.10.11

【Vol.6】コインオタク伊藤のクリプトジャーニー〜イーサリアムは何故20,000円を切ったんですか?〜 (COIN OTAKU)

2018.09.30

【Vol.5】コインオタク伊藤のクリプトジャーニー〜取引所コインってどうなんですか?〜 (COIN OTAKU)

2018.09.23

【Vol.4】コインオタク伊藤のクリプトジャーニー〜値上がりしそうなコインを教えてほしいです!〜 (COIN OTAKU)

2018.09.16

【Vol.3】コインオタク伊藤のクリプトジャーニー〜保有しておくべきICOはあるのか〜 (COIN OTAKU)

2018.09.09