あのICOは今|上場延期のPlug(プラグ)今後の価格はどうなるの?Centralityの関係性は?コインオタクが徹底調査(12月7日更新)

あのICOは今!?
ICO調査員

こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

今回紹介するのは、今後あらゆる種類のブロックチェーンを用いたサービスで利用されるフレームワークを提供するPLUG(プラグ)です!

 

PLUG(プラグ)の基本情報(12月7日更新)

通貨名 PLUG(Pl^g)

通貨記号 PLUG

発行上限 100億枚

販売時期 プレセール:2018年3月14日

販売価格 プレセール時 1PLUG=0.035米ドル(USD)

上場先 未定

公式サイト

https://www.plugblockchain.com/

ツイッター

https://twitter.com/plugblockchain

テレグラム

https://t.me/plugofficialtelegram

facebook

https://www.facebook.com/plugblockchain

 

PLUG(プラグ)について(12月7日更新)

PLUG(プラグ)のチャート

未上場の為、チャートはありません。

 

PLUG(プラグ)のICO価格

PLUG(プラグ)は前述の通り、2018年の3月14日にプレセールを行っています。

プレセール当時の価格は 1PLUG=約0.035米ドル(USD) でした。

コインオタク伊藤
最低購入価格は1000米ドル(USD)でした。日本円(JPY)にして約100,000円前後から購入可能であったため、個人投資家にとっても参入しやすい価格だったのではないでしょうか。

 

PLUG(プラグ)はTGE案件!『TGE』とは?

TGEとは「Token Generating Event」の略です。この言葉には非常に重要な意味が含まれます。 行うことは「ICO」も「TGE」もほとんど同じです。ホワイトペーパーなどで暗号通貨の情報を伝え、クラウドファンディングで資金を募り、暗号通貨の開発を行い公開する。この流れは同じです。 大きく違うのが 「信頼性」 です。CTIA(暗号資産を専門とする投資アドバイザリー)では投資銀行の長年の経験をもつパートナー調査機関が精査を行い、公開しても問題はないと判断された暗号通貨に対して「ICO」ではなく「TGE」として資金調達を行います。

 

CTIAはスイスに本部を持ち、仮想通貨業界で有数の企業が加盟するスイスのクリプトバレー・ツークに所属している、主にICOに対しての投資のアドバイスを行う会社です。

また、現在認知度が上がりつつあるICOが抱える欠点、法的な問題などを改善し、より広く政府機関にも受け入れられるようにする、TGE(Token Generating Event:トークン生成イベント)をCTIAは世間に広めます。TGEはICOと内容は変わりませんが、ICOにはなかった確認などを追加でプロジェクトに対して行います。

 

つまり、TGE案件として認証されているICOは詐欺案件の可能性が低く、プロジェクトが順調に進行する可能性が高いということです。また、現在TGE案件に登録されているICOの一覧を見ると、 IoT×ブロックチェーンでこれからのIoTデバイスの在り方に革命を起こそうとしているJasmy(ジャスミー) や、 プレセール時わずか6分で約100億円のトークンを売り上げるという前代未聞の偉業を成し遂げ上場したCentrality(セントラリティ)/CENZZ など、知名度の高いICOが多い印象です。

TGE案件リスト

Centrality
Jasmy
Proxeus
PumaPay
ARDAT(アーダット)
horyou
singlarDTVジャパン
sylo

これらTGE案件の実績を加味すれば、このPLUG(プラグ)も期待できる案件と言うことが出来ます。

ネコさん
TGE案件ってことは間違いなく価格が急騰するということですか?

コインオタク伊藤
ただし、これはあくまでひとつの材料として判断しましょう。いくら他のICOよりも期待度が高いとはいえ、上場後にICO割れする可能性もゼロではありません。上場後の購入時には読者の皆さん自身で慎重な判断をお願いします。

あのICOは今|バイナンスに上場とアマゾンと提携のCentrality(セントラリティ )今後の価格に期待! (COIN OTAKU)

2018.08.23

あのICOは今|上場はまだ先?Jasmy(ジャスミー)の価格などを徹底調査 (COIN OTAKU)

2018.11.18

PLUG(プラグ)とは?

PLUG(プラグ)とは、 ブロックチェーン技術を用いたアプリ開発を支援するためのソフトウェア です。

ブロックチェーン技術がセキュリティ面の長所や取引に仲介者を必要としないという利点で注目されるようになってきて、 現在ではブロックチェーンを社会利用しようとする動きが起こってきています 。しかし、その本格的な始動には時間がかかってしまっています。これは、それぞれの企業が独自にブロックチェーンを開発していることが背景にあります。例えば、ビットコイン(BTC)のブロックチェーンはイーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを基本としているものの、その後の開発は各企業が独自に行う必要があります。このような開発を支援、ブロックチェーン同士を繋げるのがPLUG(プラグ)の考えているプロジェクトです。

▽クリックして拡大

 

Plug(プラグ)は Plug crosschains という機能を搭載しています。

クロスチェーンという名前の通り、異なる仕様のブロックチェーンでも直接取引や相互に作用できるようになるというものです。

現在、ビットコインやイーサリアムなど異なる仕組みの銘柄を取引する場合は取引所や両替サービスなどを利用する必要があります。確かに、取引所や販売所では自分でユーザーを探さなくても注文を出せば任意の銘柄の取引ができるという特徴がありますが、その反面、成立までに時間や手間がかかったり、手数料などでコストがかかることが常としてあります。

徐々にモナコインなどで、アトミックスワップという取引所なしに異なるブロックチェーンを交換できる技術が登場しつつありますが、Plug(プラグ)ではさらに進化したシステムが利用できる予定です。

それは上の図のように送金システム-ブロックチェーン-インフラシステムの中で直接取引できるようになるというものです。

Plug(プラグ)で利用されるトークンは、ユーザーからスマートコントラクトとアトミックスワップを融合させた先進的な計画と評されています。

つまり、PLUG(プラグ)が提供するのは、 ブロックチェーン技術製品と世の中のサービスを結合させるフレームワーク です。個人や企業が難しいブロックチェーンの技術を使わず「簡単にブロックチェーンベースのアプリケーション」や「サービスを構築」できるようにすることができるこのフレームワークによって、ブロックチェーン技術を導入したい企業が社内システムやサービスを書き換えるのではなく、PLUG(プラグ)が準備した利用シーンに合った ブロックチェーンのライセンスを購入して自社システムを大幅変更することなく導入する ことが可能になります。

▽クリックして拡大

ウェブサーバーをゼロから作る方法を知らなくてもウェブサイトを現代では構築できるように、私たちがブロックチェーンをゼロから作る方法を知らなくても、ブロックチェーンを作れることを保証するのがPLUG(プラグ)です。

 

PLUG(プラグ)はPoSによる承認

Plug(プラグ)の取引の承認方法は PoS(Proof of stake) 採用されています。

ブロックチェーンの承認方法はというと、ビットコインなどで用いられているPoWが有名なのですが、この承認方法は一番早く計算ができた人に新規発行されたコインが報酬としてもらえる仕組みです。

これは、今までにない斬新な方法ではあったものの、電力消費が大きくなること・高性能なマシンを持つユーザーが有利になること・特定のユーザーやグループが独占的に権力を持ってしまうことなどが懸念されていました。

しかしながら、PoS(Proof of stake)は計算スピードを競うものではなく、その銘柄の保有量に比例して新規発行したコインがユーザーに付与されるという仕組みになります。計算する必要がないので電力消費を気にする必要がなく、現在アルトコインで多く取り入られているシステムです。

イーサリアムでも現在のPoWからPoSへ仕様を変更すると発表しており、主流になっていくと見られています。

コインオタク伊藤
つまりPlug(プラグ)は、複数のブロックチェーンを直接取引できるプラットフォームな上に、柔軟にアレンジが効いていて、マイニングがしやすい、というようにたくさんのメリットがあるんですね。

PLUG(プラグ)を語る上で欠かせない3つの用語

Plug Mainnet / プラグメインネット(プラグネット)

プラグメインネットを理解するためには、メインネットのことをはじめに理解しておく必要があります。
簡単にいうと、メインネットとは、そのブロックチェーン独自のネットワークのことです。
最近、EOSとTRONが独自のメインネットを公開することに成功しました。これにより、それまで基礎としていたイーサリアムからブロックチェーンの土台がオリジナルへと変わることになります。

つまり、プラグメインネットとは、プラグ独自のブロックチェーンネットワークのことを指します。
そして、PLUG(プラグ)ネットの1番の特徴は、 プラグネットを取り入れているブロックチェーンアプリやサービス同士で連携できる点 です。

PLUG Framework/プラグプラットフォーム

プラグフレームワークとは、ブロックチェーンのことを知らなくても、ブロックチェーンの機能や要素を取り入れてアプリやサービスを作れるプラグ独自のフレームワークのことを指します。

このプラグフレームワークの特徴は、 Python(パイソン)というプログラミング言語で作られている点 です。Pythonは最近非常に人気かつ注目されている言語です。

この人気の背景には、Pythonがディープラーニングやビッグデータなど今最も熱い分野のライブラリが他の言語よりも豊富であること、Webサービスを構築するのにもライブラリが優れていることが挙げられます。すでにPythonで作られているサービスであれば、別にブロックチェーン型でなくても、プラグで繋げることができるようです。

PLUG(プラグ)ではプログラミング言語に「Python」を実装使用しています。Pythonは汎用のプログラミング言語で、人間にとってわかりやすいプログラムを少ないコード量で作ることができる言語です。 人工知能やWeb開発など広い分野で使われており、2017年7月に発表された人気プログラミング言語ランキングでも、Java、Cに次ぐ第3位の人気を誇っています。(C++は4位、Japascriptは5位、C#は6位、PHPは7位なので、これらよりも上ということです)

PLUG(プラグ)は、インフラのプロバイダー(Google Compute, Microsoft Azure, AWS)とアプリケーションサービスの間でこのフレームワークを稼働させることをビジョンとしています。つまり、Pythonというポピュラーなプログラミング言語が使用されているということが、プロバイダーとアプリケーションの双方の開発者がこのプラットフォームを使用するのを容易くさせています

PLUG Platform / プラグプラットフォーム

プラグプラットフォームとは、開発者/エンジニア向けのプラグを用いたブロックチェーンアプリやサービスをインターネット上にアップしたり、メンテナンスしたりするためのプラットフォームのことを指します。

つまりプラグの強みは、

 (1)異なるブロックチェーンに基づくアプリやサービス同士を簡単に繋げられる、   (2)ブロックチェーンアプリやサービスを簡単に作れる、   (3)Pythonという言語で親しみやすく、ブロックチェーンという新しい技術に基づいてないアプリやサービスも繋げることできる 

という3つです。

PLUG(プラグ)はCentralityとQadreが共同開発している

PLUG(プラグ)のプロジェクトの進行、プラットフォームの開発には、元々ブロックチェーンの研究を行っていたCentralityとQadreが手を組んで行っているため、研究開発の信頼性は高いと言えます。イングランドに拠点のある企業とニュージーランドに拠点のある企業Centralityが協力して開発しています。Qadreの創業者であるNicoholas Williamson氏・Laura Bailey氏もPLUG(プラグ)開発に参加しているということです。QadrePLUG公式サイトのメンバー紹介にもQadre、Centrality両方のメンバーが紹介されています。

PLUG(プラグ)のロードマップ

2018年11月25日現在では、PLUG(プラグ)の公式サイト、ホワイトペーパーでロードマップを確認することは出来ませんでした。

PLUG(プラグ)の今後の将来性・予想

元々ブロックチェーンの研究を行っていたQadreとCentralityが手を組んでいるため、研究開発の信頼性は高いです。Qadreの創業者であるNicoholas Williamson氏・Laura Bailey氏もPLUG開発に参加しています。

PLUG(プラグ)はプレセール前からCentrality(セントラリティ)と同様にセール解禁後数分での売り切れが噂されていた人気コインでしたが、実際のセールでは3分の1ほどを売れ残してしまい、まさかの不振となってしまいました。これによって、上場後の伸びはICO価格の2倍~3倍前後に落ち着くのではないかと言われており、一時の盛り上がりの後は、ICO割れの可能性も示唆されています。

しかし、今後はブロックチェーン技術を活用したシステムが続々と出てくることが予想されています。

コインオタク伊藤
これによりブロックチェーンが活用されればされるほどPLUG(プラグ)も使われますので、価格も自然と上昇していくことになります。 つまり、中長期的にはPLUG(プラグ)は大きな伸びが期待できます。 上場後の動きに注目のICOです。

PLUG(プラグ)はいつ上場?気になる取引所は!?

PLUG(プラグ)は今年(2018年)の5月か6月には上場するだろうと言われていましたが、未だに上場は果たしていません。上場延期の理由としては、セカンドセールを行うためです。また、2回目の販売にとどまらず、4回目の販売まで行うと噂されております。

ネコさん
なんで4回にも分けて販売されるのですか?
コインオタク伊藤
販売回数が多い理由としては、ファーストセール(1回目の販売)で売れ残ってしまったからです。

おそらくセカンドセールでも売れないため、3回目&4回目のセールも行うことを決めたと思われます。

ちなみに、現時点では2回目のセールも行われていないため、3回目&4回目のセールがいつになるのかも分からず、必然的に上場時期も全く不明です。

PLUG(プラグ)は元々、3月に最初のICO(TGE)を行い、5~6月に上場する予定でした。

3月のICO(TGE)前にはCentrality(セントラリティ/CENNZ)同様、一瞬で完売すると見られていましたが、実際には一瞬で完売するどころかまさかの『売れ残り』という結果になりました。そのため、価格面での悪影響が懸念されています。

 

パブリックセールへ参加する場合は「BLOCKHAUS」への登録が必要です。 このBLOCKHAUSは本人確認や個人情報の入力などが必要で少々手間が掛かってしまいますが、前もって登録しておくのが良いでしょう。言語は日本語に対応しています。

 

PLUG(プラグ)の最新情報(12月7日更新)

PLUG(プラグ)のフレームワークによる試験的なアプリケーション開発に成功!

PLUG(プラグ)は、10月6日と7日にCentralityと共同で、オークランド工科大学にて、Web開発学校のEnspiral Dev AcademyとビジネスアクセラレータのLightning Labのサポートを受けBlockWorks Hackfestを開催しました。ハッカー(プログラマー)達は2日間に渡りPLUG(プラグ)フレームワークを使用してブロックチェーン対応ソリューションを開発したとのことです。これは、地元のニュージーランドコミュニティへのPLUG(プラグ)初のショーケースであり、開発者は初めてPLUG(プラグ)上で構築し、PLUG(プラグ)とその機能を初めてテストしました。

このイベントには80人以上が参加しました。ブロックチェーンの実用化に熱心な開発者やビジネスマンが13種類以上のアプリケーションをプレゼンし、それらのアイデアの多くはPLUG(プラグ)で開発されたとのことです。

PLUGの提供するフレームワークがしっかりと稼働しているということが伺えます。

当日の様子は動画で確認することが出来るようです。

動画はコチラ!

 

シンガポールのFintechイベントにPLUG(プラグ)が参加!

PLUG(プラグ)は11月12日から16日にかけて、シンガポールのFintechイベントに参加しました。

このイベントはシンガポール通貨金融庁の主催で行われたもので、毎回世界の大企業や期待されているベンチャー企業が参加しているものです。今回のイベントでは、PLUG(プラグ)のブースはGoogleの向かいに配置され、たくさんの注目を集めたようです。

 

PLUG(プラグ)のまとめ(12月7日更新)

このPLUG(プラグ)はJasmy(ジャスミー)との関連性が深く(JasmyがPLUGとCentralityの技術を使うため)、Jasmyが伸びれば伸びるほどPLUG(プラグ)の価格も上昇していくとみられています。 その後はPLUG(プラグ)の技術を使うコイン・トークンが増えてくると思われ、価格も上がっていくと予想されています。また、上述のように、同じくCentralityとも関連性が深い(Centralityのプロジェクトの利点が最大限に発揮されるには、PLUG(プラグ)の技術が不可欠)ため、Centralityのコインを保有している方は、PLUG(プラグ)とプロジェクトの進捗にも注目すると良いかと思われます。

あのICOは今|上場はまだ先?Jasmy(ジャスミー)の価格などを徹底調査 (COIN OTAKU)

2018.11.18

あのICOは今|バイナンスに上場とアマゾンと提携のCentrality(セントラリティ )今後の価格に期待! (COIN OTAKU)

2018.08.23