NYで仮想通貨ハッキングの犯人検挙。日本のハッキング犯は一向に捕まらない現状、ハッキングに対する犯罪意識を!

通貨NEWS解説
伊藤健次
伊藤健次(@it0ken)です!

今回はNYでハッカーは検挙された点から、日本のハッキングに対する意識までをまとめていきます!

携帯電話を使って離れた場所から口座にアクセス、多額の仮想通貨を盗んだ犯人逮捕

ニューヨーク市在住の21歳の男が、カリフォルニア州サンフランシスコ市に住む男性の仮想通貨の口座から100万ドル(約1億1,000円)を盗んだとして、マンハッタンにある自宅で逮捕されたことをニューヨークの地元メディア、ニューヨークポストが現地時間の11月20日に報じました。

逮捕されたNicholas Truglia被告(21)は、「SIMスワップ」と言うハッキング方法を用いて、被害者のRobert Ross氏の携帯電話番号を不当に引き継いでいました。

SIMスワップとは、ポートアウト詐欺、SIMハイジャックとも呼ばれ、通信会社をだましターゲットの携帯電話の番号を自分の携帯電話に取りこみ、さまざまなデータにアクセスするというもの。ハッカーはターゲットの電話番号を使うことでパスワードなどリセットすることができ、仮想通貨の口座へのアクセスも可能になります。

「SIMスワップ」を通じて、Nicholas Truglia被告は、被害者の携帯電話会社へ連絡し、Robert Ross氏を偽って、電話が紛失/盗難されたと主張し、不当な割り当てを得ることに成功しました。その結果、 被害者の機密データと電話認証できる各オンラインIDにアクセスし、Robert Ross氏が契約する仮想通貨取引所の口座から総額100万ドルもの仮想通貨を自身の口座へ送金したのです。 

当局は容疑者の自宅からハードウェアウォレットを押収し、30万ドル(約3,400万円)を取り戻しましたが、盗まれた残りの資金については追跡が困難な状況にあると言います。

ニューヨークポストによると、今年9月にNicholas Truglia被告は、知り合い4人から自身が持つ仮想通貨口座のログイン情報を要求され、浴槽内の水中に顔を沈められたり、暴行を受けたとして被害届を提出していました。
同被告の口座には、約120万ドル(約1億3,500万円)相当のビットコインが入っていたといいます。

また同容疑者は暴行被害に遭った当時、「大量に仮想通貨を保有する人をターゲットにされる事はよくあることだ」とコメントしていました。暴力事件の発端はハッキング被害だったのかもしれません。

誰もが他人事ではなく、当事者意識を持って情報リテラシーを身に付けていかなければいけない御時世です。SIMスワッピングの防御方法についてまとめた記事はこちら

 

取締りの上をいく有能なハッカーによるハッキング、今一度立派な犯罪であるという認識を!

仮想通貨市場では毎日何十件、何百件と犯罪であるハッキングが行われています。
これは、 犯人の方が賢く、捕まえる側が追い付いていない現状があるための検挙率の低さも大きく影響しています 

その現状がバレないように、ハッキング被害も表ざたにならず、被害届を出してもなすすべ無しの状態です。

日本の大手取引所のハッキング事件は取り上げられましたが、一向に犯人が捕まっていません。
日本では、さもハッキングは犯罪ではない(むしろ、取られる方が悪い取引所が悪い)という間違った印象が続いていることにもっと疑いを持つべきなのです。

ハッカーの優秀な能力を犯罪としてではなく正しく活かして市場拡大へ

資本主義では、経済的に得な行動をとる必要があります。現在では仮想通貨は犯罪を行った方が経済的に得が得られるという間違った市場原理が働いているという認識も否定できません。

民主主義で決まる市場は、そこの市場にいる人間の思考も影響しています。
悪意を持った人間ですら、正しい行動をとらざるを得ない皆が認知する厳しいルールが必要です。
 ビットコインのマイニングであるPOWはまさに悪意を持った人物を排除することに成功した事例の一つと言えるでしょう。 

コインオタク伊藤
頑張ったら頑張った分だけ報酬としてビットコインがもらえるというのは、とてもフェアな競争と言えますね!!

ハッキングに関連する分野は今だ悪意を持ったものが勝つ市場原理が働いています。
この課題を解決することが、市場拡大にはとても必要な事であることはまちがいないでしょう!

ビットコイン(Bitcoin)のPoW(proof of Works)とは (COIN OTAKU)

2017.10.30

Zaifハッキング事件から見る日本の取引所ビジネスの闇 (COIN OTAKU)

2018.09.25