QURAS主催「QURAS & パートナーズ Happy New Year Meetup」レポート

プレスリリース

2019年1月19日、「QURAS & パートナーズ Happy New Year Meetup」が開催されました。当イベントは、ブロックチェーンプロジェクトQURASの主催になり、QURASが今までの活動の中で出会った業界の著名プロジェクトや著名人を招いたものになります。

今回のミートアップでは、次のプロジェクトやゲストがプレゼンテーションを行いました。

 

プロジェクト・ゲストのプレゼンテーション

PumaPay:日本事務局代表 片山森雄氏

PumaPayは、今までの暗号資産で実現できなかったプル型(引き落とし)の決済をできるようにするためのプロジェクトです。

日本事務局の片山氏は、まずは暗号資産に関する2018年の動向を振り返り、2018年は規制が広がり多発した暗号資産取引所の問題点が多く出てきて、暗号資産のマイナスイメージが広がったとコメント。2019年は乱立していたプロジェクトが淘汰され、暗号資産が実用化されていく、淘汰と実用化の時代になるだろうと語りました。

PumaPayは既に実用化の段階にあり、既に定期支払いが実現できるようになっています。今後は様々な支払い方法が拡充されていき、提供されているウォレットではさらに多くの暗号資産による決済ができるようになります。

PumaPayは既にWIX.comやPornHubなど、100以上のグローバルブランドが名乗りを上げており、2019年の4-5月にかけて、これらのグローバルブランドがPumaPayを順次使っていくだろうと自信を見せました。

PumaPay:https://pumapay.io/

DENT:Co-Founder Andreas Vollmer氏

DENTは、スマートフォンのデータ容量を売買することができるようにするためのプロジェクトで、既にサービスが実用段階に入っています。

創業者のAndreas氏は、いままでリリースしてきたサービスの現在とこれからを語りました。

DENTのサービスでは、新興国を中心にスマートフォンのデータ容量の売買ができるようになっています。データ容量の売買には、DENTコインを使います。DENTコインは流通量が非常に多く、1日あたり2000万DENTが流通しているそうです。DENTコインは、購入して手に入れるほかに、タスクをこなすことでもらう事もできます。

サービスは既に41カ国で使うことができ141の通信事業者に対応しています。既に、DENTアプリは170万人のユーザーが登録し、毎日13万人のユーザーが利用しています。そして、1人あたりの利用時間は平均5分55秒と、実際にアクティブ率が高いものになっています。

これからのDENT2.0では、香港の通信事業者のPLDTと提携してリリースします。まず2019年Q1にデータ容量に加え、通話時間を取引できるようにします。また、ロイヤリティプログラムを作り、DENTコインの大口保有者に還元していきます。

DENTでは、2019年2Qまでに1500万人、4Qまでに3000万人までユーザーを増やすことを目標としています。2020年までにはDENTコインを世界で最も流通するコインにしたいとしています。

DENT:https://www.dentwireless.com/

ゲスト:Jack Liao氏

Jack氏は、ビットコインゴールドの創業者であり、これから誕生が予定されているビットコインキャッシュクラシックの創業者でもあります。

Jack氏は2013年からビットコインに投資をし、幾多もの上下する相場を乗り越えてきました。今回は、Jack氏が5年間に経験したことを振り返り、コミュニティと人類の新しいエコシステムに関する考えを述べました。

通信手段は原始時代の声や火から始まり、今は電信媒体担っています。特にインターネットは主な通信手段です。

Jack氏は、自身が考えるインターネットにおける3大事件として、SNSで広がった革命事件の「アラブの春」、ビットコインの誕生、トランプ大統領の誕生をあげています。特に、トランプ大統領の誕生は興味深いとしており、SNSの影響力の大きさによるものだと語りました。

このような流れから、Jack氏はSNSやブロックチェーンを積極活用した会社が未来に大きな影響力を持つだろうとしています。

ブロックチェーンのあり方には3つの要素「共有」「オープンソース」「スマートアカウント」が必要であると語りました。

そして、コミュニティについては目標を共有することが重要であるとし、これがあれば新しいユーザーをコミュニティに取り入れ、グローバルレベルまで拡大できるだろう述べています。

最後にJack氏は、来場者に対してビットコインの価値について問いました。仮に地球人口の0.01%(60-70万人)だけがビットコインを認知していた場合のインパクトはどれほどのものか?これが、企業の顧客だと例えるとその価値はどれくらいのものになるだろうかと。

QURAS:CEO & Founder 角谷茂樹氏

QURASの創業者の角谷氏は、サングラス姿で登場しました。サングラスは、その人が誰かわからなくするというプライバシー保護の象徴だといいます。QURASはプライバシーのためのブロックチェーンプラットフォームだからです。

角谷氏は、まずプライバシーについて人々が敏感になっていることについて語りました。特に韓国では、美容整形が活発なことからビフォーアフターの写真のビフォーを見られたくないという点で、プライバシーを保護する意識が非常に高いそうです。

現在のビットコインやイーサリアムのようなブロックチェーンは、そのアドレスをエクスプローラで参照するとウォレット額やトランザクションを把握する事ができてしまいます。これは第三者もできるものになります。それを踏まえて登場したのがMoneroやZcashと呼ばれるプライバシーコインです。しかしこれらは送金のみにしか対応していません。

QURASのプラットフォームを使うことで、匿名技術をベースにスマートコントラクトを使って契約を履行したり、新たにトークンを発行したりする事ができるようになります。QURASを匿名版イーサリアムと表現するとわかりやすいかもしれません。

QURASの匿名技術では、ゼロ知識署名とリング署名を採用しています。それぞれが互いの欠点を補う形で使用されます。ゼロ知識証明は完全匿名にできる一方、処理が重すぎてモバイルで扱えない課題があります。そのため、モバイル環境下ではリング処理を使って匿名処理できるようにします。

スマートコントラクトに匿名技術を取り入れることで、ブロックチェーンの可能性が大きく広がるそうです。

まずはトレーサビリティの問題。ブロックチェーンはトレーサビリティに優れていると言われていますが、透明性の高さ故に第三者でも流れを追うことができます。実用の観点で見ると、特定の権限を持っている人だけがそれを閲覧できる方が望ましいです。また、行政の匿名入札にも応用できます。入札結果は関係者だけが知られるようにするのが望ましいです。いずれにおいてもQURASの匿名技術が役に立つシーンになります。実は、この2つはとある国の政府から相談が来ている内容だといいます。

また、QURASではブロックチェーンプロジェクトから支持されるものを目指していきます。

特にプロジェクトにとって嬉しいのは、トークンの流通のインセンティブが手に入る仕組みです。イーサリアムの場合は、自分たちのトークンが流通してもその手数料はすべてマイナーに持っていかれてしまいます。一方QURASでは、コンセンサスノードの他にトークン発行元にも手数料が出る設計になっており、プロジェクトの継続性を向上させることができるようになります。また、QURASでは2019年の終わりにビッグデータ処理の開発に着手し、個人情報を完全匿名にした上で第三者と共有できるようにします。これにより、プロジェクトで協力しあって、情報を活用しやすい状況ができることが期待されています。

QURASは、今年の4月からメインネット移行に向けた準備を行っていくそうです。

QURAS:http://quras.io/

ゲスト:Andrew Wong氏

Andrew氏は、暗号資産取引所IDCMの幹部であり、QURASのCFOに就いています。IDCMは、日本最大手の暗号資産取引所の売買高を大きく凌ぎ、NASDAQへの上場申請を計画しています。

Andrew氏は、QURASと出会ったストーリーを語り、QURASはプライバシーコインの中では最たるもので、是非関わって投資したいと考えたそうです。

Andrew氏は、今の社会は中央集権で、人々はブロックチェーンの分散型社会にすぐに適応することはできないとコメント。QURASが中央から分散に移行するための役割を担うだろうと語りました。

QURASチームでは現在マーケットメイクや上場戦略を含む長期的な戦略を練っており、これからも期待していてくださいと語りました。

交流タイム

交流タイムでは、インディーズで人気ラッパーのJUAや、月刊仮想通貨に連載を持つ暗号女子(Criypto Girl)、そしてボディビルダーの小柳栄一氏が登場しました。

JUAは、既にQURASのソングを作っていて、会場でアコースティックバージョンが初披露されました。オリジナルのQURASソングは、YouTubeより視聴することができます。

 

 

暗号女子はエアドロップ大会を行い、盛り上がりのもと「QURAS & パートナーズ Happy New Year Meetup」が閉会となりました。

 

最後に会場で記念撮影。