【情報量日本一位】Singularity Net(シンギュラリティネット)が運営するAGI(エージーアイ)とは?最新情報とチャートを徹底調査!

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回は、2017年12月末に、1分間で約40億円を調達したと話題になりました!様々な知能(AI)を無数につなぎ合わせ取引を行い、スマート非中央型の人工知能マーケットを作る事により、全世界が人工知能の恩恵を得て、誰でも利用・開発が出来る世界を目指しているSingularity Net(シンギュラリティネット)について徹底調査していきます!

 

Singularity(シンギュラリティ)の特徴

1. AIサービスのビジネス活用

クラウドベースのAIサービスをあらゆる種類のビジネスに、より良い、安価に、そしてより多様性と多様性で提供することをめざす

 

2. 高度な人工総合情報の創造

さまざまな種類のAI(ある高度に一般的なものと高度に特殊化されたもの)が協力して、緊急のメタレベルのインテリジェントなシステムを形成するエコシステムを提供することによって、 高度な人工総合情報の創造につなげることを目指す。

 

3. AIを民主化すること

世界各地のAI開発者が貢献し、世界中のあらゆる企業がこれらの貢献を利用できるようにするエコシステムを作り、AIを民主化することを目指します。

 

Singularity Net(シンギュラリティネット)の基本情報

案件名:シンギュラリティ

シンボル:Singularity Net

通貨記号:AGI

発行上限:10億AGI

販売時期:2017年8月1日

ブロックチェーンのタイプ:ERC-20 トークン

総発行枚数:¥10,237,238,121 (2018年6月)

創業者:Ben Goertzel (ベン・ゲーツェル)

Singularity Net(シンギュラリティネット)の公式サイト、SNS

公式テレグラム https://t.me/singularitynet

公式サイト https://singularitynet.io/

公式Facebook https://www.facebook.com/singularityNET.io/

公式Twitter @singularity_net

ブログ https://blog.singularitynet.io/

ホワイトペーパー https://public.singularitynet.io/whitepaper.pdf

Bitcointalk https://bitcointalk.org/index.php?topic=2491147.0

SNSの規模 Twitterフォロワー22万4000人

時価総額ランキング 19位(2018年8月)

Singularity Net(シンギュラリティネット)の取引所一覧

現地点で国内取引所はありません。(2019年1月)

人工知能Sphia(ソフィア)が開発メンバー?!

創業者であるベン・ゲーツェル氏は、人工知能の世界的権威でオープンコグ(open cog 人工知能のオープンソースフレームワークを構築するプロジェクト)の会長を務めています。また、AIロボットソフィアを開発したハンソン・ロボティクス社で主任研究者として勤務。 ヒューマノイドのソフィアもしっかりチームメンバーに入っています。

バージョンアップしたソフィアが覚醒した時のビデオを以下のURLよりご覧ください。

Singularity Net(シンギュラリティネット)とは?

シンギュラリティとは、人工知能(AI)が人類の知能を超える転換点(技術的特異点)のこと。または、それがもたらす世界の変化のことをいいます。青山学院大学にて「シンギュラリティ」研究所が設置されたように、日本では、本格にトレンドワード入りされる予感。

さて、Singularity Netのどこを取ってきたらAGIになったの?と疑問に思った方もいらっしゃると思います。

人工知能には、特化型人工知能(Narrow Artificial Intelligence)と人工知能(Artificial General Intelligence)があります。これらは、時を経るにつれ個別的に多くの能力が人を超えつつあります。汎用人工知能は、「汎用性」という性質は今日においても明らかに人間に劣るため、人工知能が目指すべき目標として広く受け入れられています。

簡単にいうと、 人間と普通に喋るようなロボットを目指しているものを汎用人工知能と呼びます。

創業者のベン・ゲーツェル氏の目標の1つが「汎用人工知能(AGI)を作ること」なので通貨単位もAGIにしたのではないでしょうか。

Singularity Net(シンギュラリティネット)の特徴

Singularity Net(シンギュラリティネット)の目的

シンギュラリティネット(SingularityNET)は人工知能同士を無数に繋げ合わせ、ネットワークで結ぶシステム開発です。主な目的は以下3点です。

Points

1.クラウドベースのAIサービスをあらゆる種類のビジネスに、より良い、安価に、そしてより多様性と多様性で提供すること

2.さまざまな種類のAI(ある高度に一般的なものと高度に特殊化されたもの)が協力して、緊急のメタレベルのインテリジェントなシステムを形成するエコシステムを提供することによって、 高度な人工総合情報の創造につなげること

3.世界各地のAI開発者が貢献し、世界中のあらゆる企業がこれらの貢献を利用できるようにするエコシステムを作り、AIを民主化すること。

 

Image result for singularitynet

①クラウドベースのAIサービスをあらゆる種類のビジネスに、より良い、安価に、そしてより多様性と多様性で提供すること

具体的に説明すると、サードパーティと呼ばれる開発者がシンギュラリティネットにAI関連のITサービスを「出品」し、 ユーザーはそこから自由に選んで購入することができます。AIサービスのオープンマーケット、つまり「AIの市場(いちば/マーケットプレイス)」です。AIをビジネスに利用する企業や団体が主なユーザーです。 この市場(いちば)の中ではAIのサービスとサービスを交換する「物々交換」も可能ですが、大抵の場合、買ったユーザーは金銭で対価の支払いをします。

その手段として単位「AGI」の暗号資産SingularityNETトークンが使われます。市場がにぎわうほどAGIのトークンが使われ、 その価値も上がるというわけです。 先端技術のAIのことを「分散型グローバル・マーケットプレイス」や「AI-as-a-service」と横文字で言いますが、基本的なしくみは市役所の前の広場で行われる手づくり市などと変わりありません。 売り買いを、リアルの世界で作成者と消費者がやるか、ネットワーク上で開発者とユーザーがやるか、という違いだけです。

AIを活用したいユーザーはSingularityNETが開くマーケットプレイスにアクセスすれば、欲しいものが手に入る可能性が高まります。 なお直販に限らず、開発者またはユーザーに依頼されたエージェント(代理業者)が、仲買人のように売買の中間に入ることも想定しています。

②さまざまな種類のAI(ある高度に一般的なものと高度に特殊化されたもの)が協力して、緊急のメタレベルのインテリジェントなシステムを形成するエコシステムを提供することによって、 高度な人工総合情報の創造につなげること

それぞれの人工知能は、インターネットを介してさまざまなビッグデータにアクセスできます。 そのため、文献の翻訳や病気の新しい治療法の発見のような比較的に身近な課題だけではなく、犯罪率の減少や地球温暖化問題への有効な解決策など、社会的な問題の解決にも利用することができます。

③世界各地のAI開発者が貢献し、世界中のあらゆる企業がこれらの貢献を利用できるようにするエコシステムを作り、AIを民主化すること。

AIの中でも特に、サウジアラビアで、世界初の市民権を得たソフィア(Sophia)は大変注目を集めました。 この、ヒューマノイドのソフィアを開発した人物であるベン・ゲーツェル氏がCEOを務める暗号資産こそ、Singularity Net(シンギュラリティネット)です。

シンギュラリティネットのメンバーはダボス会議(世界経済フォーラムの年次総会)に参加したことをブログで発表。この会議は世界各国の首脳や各界のリーダーが集まる注目の会議です。その中には、トランプ大統領などG7の首脳を含め、世界の70カ国ら首脳クラスが集っています。

Singularity Net(シンギュラリティネット)が目指す世の中

Image result for singularity net

人工知能には、顔面認識、自然言語の解析、音声認識、ビッグデータの解析などそれぞれユニークな独自の特徴があります。

シンギュラリティネットが作るブロックチェーンを基盤にした人工知能のネットワークに、人間が外部から課題を与えると、 ブロックチェーンのネットワーク内の人工知能が勝手に協力関係を構築し、課題を解決するというシステムです。

課題解決の貢献度にしたがって、人工知能にはAIGトークンと呼ばれる暗号資産が支払われるという仕組みとなっています。 そして、それは人工知能の設計者に支払われます。 このシステムを拡大すると、AIGトークンエコノミーという独自の経済圏が生まれるということです。

運営メンバー

Dr. Ben Goertzel/ CEO

Chief Scientist Cassio Pennachin/CTO

Mitchell Loureiro/Marketing Lead

Marco Argentieri/Blockchain Developer

Dr. David Hanson/Robotics Lead

Sophia Hanson/Chief

Humanoid Simone Giacomelli/Blockchain Lead

Sergei Sergienko/Blockchain Advisor

AI市場について

日本国内でもAIトレードという人工知能による暗号資産の運用の技術が普及し始めています。

AIトレードは世界の中でもIT先進国と言われているエストニアでライセンスが取得されているようです。 エストニアはベンチャー企業なども多く、国民が情報管理などを国民IDで行っているIT先進国です。

AIトレードが行おうとしていることは、「マイナー通貨のAIトレード」「取引速度の上昇」「人工知能によるマイニングマシーンの開発」「市場分析のAIロボット開発」などが挙げられています。

そしてこういった開発の後には自社開発の暗号資産のATMを出し、法定通貨との換金もできるようにする予定です。 あまり注目する人が少ないですが、暗号資産ATMに関する事業はこれから先市場規模が大きくなるとされており、研究や開発が進められています。

市場規模は2023年1億4.450万ドルになると言われており、年間成長率も54.7%になると言われています。

AIトレードは日々学習を続けていくため、時間が経つとより利用者も増えてくることでしょう。 グランドオープンは2018年10月となっており、このグランドオープンに向けてドバイ・フィリピン・大阪・東京・ベトナムにてプレローンチのイベントが開催されました。

すでにアフィリエイトのプログラムも始まっており、すでに自身のサイトにAIトレードのバナーを配置している人も多いです。 国内での情報などもそこまで多くはありませんが、リリースされて利用者が増えてくれば有名になっていくサービスかと思います。

他のICOにはない優れている点

0から1を作り出す事。これは機械には出来ないないと思っている方も多いでしょう。

これは、今あるものにAIを活用して発展させるというシステムをさしています。 それは、AIの存在定義として、過去のデータを元に未来を予測しても、全く新しいものを作り出す「クリエイティビティ」という能力はAIは持っていない、むしろ人間と差別化するために持つべきではないと考えられてきたからです。

しかし、Singlurarity Netの特徴をみる限り、人工知能が人間の手を借りたあと、 自立して仕事を行うという発展を遂げたことが明るみになりました。つまり、これからはAIを使って、0から何かを創造することが可能になるのです。

他のICOにはない優れてる点は下記の7点

Points

アクセス

1.正確性

2.効率性

3.出現性

4.スピード

5.創造性

アクセス

AIエージェントは、より多くのデータを利用することができ、収益化にもつなげることができます。

正確性

ユーザーはより複雑性の高い情報にも取り組むことができるため、AIの正確性を高めることができます。

効率性

協調型のAIは他の全ての組織より優れた効率性をもたらします。

出現性

局所的な複数の相互作用が複雑に組織化することで、個別の要素の振る舞いからは予測できないようなシステムが構成されます。

スピード

競合相手よりも速い情報処理を可能にします。

創造性

AIは新しいデータと機能を活用して、新しい機能を動的に作成するようになります。

 

Image result for NAMプロジェクト

Singularity Net(シンギュラリティーネット)と類似しているプロジェクト

NAMプロジェクト

Singularity Netと類似しているプロジェクトとしてNAMプロジェクトがあります。これは、2018年1月から始まった「AI×医療×ブロックチェーン」をテーマにしたプロジェクトです。 NAMプロジェクトのリーダーは日本人で株式会社NAMの代表取締役の中野哲平さんです。 NAMプロジェクトは、AIを利用して医療の無駄をなくすことが目的です。 AIによって問診を行ったり、機械学習によって病気の予測を行ったりします。

すでにLINE上で「ドクターQ」というプロジェクトを進めており、AIによる問診を行っています。 これによって、病院に足を運ばずに問診を受けることが可能となっています。

また、AIクリニックの設立もすでに完了しており、「NAMヘルスラボ」という名前でオープンしています。 今まで、病院にいかなければ医者からの処置が受けなかった形が、AIによって医療の方法が変わってきているという証拠でもあります。

NAMプロジェクトに関して、多くの著名人なども注目しており、投資家たちもコインを求めてこのプロジェクトに参加しています。 さらに、すでに中国版twitterと言われておりユーザーが7億人いる中国大手企業である「Weibo」と業務提携をしていることも明らかになっていす。 大きなバックアップがいるということもあってこれから先の動向にも期待ができます。

Singularity Net(シンギュラリティネット)の対象の顧客

Image result for singularity net

AIをビジネスに利用する企業や団体はもちろんのこと、AGIトークンを使用すると、検閲や除外なしに誰でもAIサービスをグローバルに処理できます。 そして、グローバルなAI からAIへのマイクロサービス産業を活性化させ、組織がオンデマンドで処理を購入できるようにします。

提携パートナーシップ

SingularityNETは、マーケットプレイス以外に環境も開発、提供しようとしていて、AI同士の「コミュニティづくり」には、暗号資産のブロックチェーンの分散型ネットワーク、イーサリアムベースのスマートコントラクトが活用できると言っています。

SingularlityNETは、NEXUS、 OCEANプロトコル、NR Capitalと提携しています。

NEXUS

Image result for singularity net nexus

特にNEXUSの通信技術とブロックチェーンを組み合わせるノウハウを活用したいようです。

Nexusの新しい仮想マシンアーキテクチャ、3次元チェーン、衛星ネットワークは、ブロックチェーン業界にとって新たな可能性を秘めています。 初めて、Nexusはブロックチェーンと通信テクノロジをリンクさせ、完全に分散化されたインターネットを提供します。

Singularity Net(シンギュラリティネット)が現状抱える問題

情報システム部門を持つ企業ユーザーでもAIシステムを自前で開発するのは大変です。そもそもAIは技術者の数が少なく、相当高額な報酬で雇わなければなりませんし、一から開発すると時間もかかります。そうやって、利用したくても、ユーザーが簡単には導入できない「相互運用性の欠如」が、AIの普及、成長に立ちはだかる壁だと言われてきました。

シンギュラリティネット(SingularityNET)は下記の内容を問題提起としてまとめています。

Points

①AI同士がデータをやり取りできるようなコミュニケーション機会がないこと。

②AIのクオリティを判断ることが難しく、そのスペックを測る方法がないこと。

③企業が導入しようとするにはAIが高額過ぎること。 これらの問題を解決するためのプロジャクトで、AGIトークンで資金調達を行うというものでした。

 

AIの失敗事例

AIの導入は世界から注目を集めている分、メディアの掲載もどんどん過激になっていきます。

記事と企業側のコメントを相互に見比べながらAIの本質を見極める必要があります。

ENDR

コインオタクで取り上げているAIの事例に、ENDR(エンドア、エンドール)という人工知能(AI)と社会物理学(Social physics)の技術を利用した未来予測のプラットフォームを提供する『未来予測型のGoogle検索』とも呼ばれた未来予測システムがあります。

コインオタク伊藤
このプロジェクトの良し悪しよりもコミュニティやトークン保有者の質に影響されるのがこの時代のICOの特徴ともいえます。今現在はプロジェクトが見直されており、ICO割れは続いていますが1時期よりもはトークン価格は上昇している傾向にありますね。

気になった方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

↓↓

【情報量日本一位】Endor(エンドア、エンドール)を徹底調査

TAY “マイクロソフトの機械学習AI”

マイクロソフトが、公開したばかりの学習型人工知能会話ボット「Tay」を緊急停止させました。理由はTwitterでの会話を通じて人種差別や性差別、陰謀論を学習してしまい、極めて不適切な発言を連発するようになったためです。

発言内容は、たとえば特定の人物について問われれば放送禁止レベルの差別語で罵倒したり、ヒトラーを礼賛してホロコーストはでっち上げと主張するといった発言が残っています。

マイクロソフトではこの事態に対して、Tayはあくまで技術的な実験であると強調したうえで、「Tayの会話スキルを悪用して不適切な発言をさせようとする、一部のユーザーによる組織的な働きかけ」があったことから「調整」のためオフラインにした、と述べています。

もちろん過去にりんなちゃんなど、AI開発の成功事例を持っているマイクロソフトですから、技術的に優れている面もあります。実際、Tayは完全にまっさらの状態からスタートしたわけではなく、ネット上の公開情報を元にしたある程度の知識を備えており、明るく積極的な性格や当意即妙の返しをパターンとして与えられていたなどの特徴があげられています。

Facebook AI Research

冒頭で少し触れましたが、これは2017年夏、Facebookの人工知能(AI)研究組織である「Facebook AI Research(Facebook人工知能研究所)」が行ったある実験が世界中で大きな話題になりました。2つのAIで会話実験をしたところ、人間が理解できない言語で会話をしはじめ、実験が強制終了されたという内容で、世界中のメディアが「ついにAIが意思を持ち人間を脅かすのでは」とセンセーショナルに報じたのです。

研究では、2つのAIエージェントに「価格を交渉して合意しろ」という目標を設定しました。一方は価格を上げたい立場、もう一方は価格を下げたい立場を設定して会話を始めたのだといいます。こうした複数のAIエージェントを使った実験は、昔からある一般的なもので、この実験ではこの2つのAIエージェントが新たな価格交渉の戦略を生み出すことができるかに注目していたのだそうです。

この2つのAIエージェントは、使用言語の変更が許されており、当初は英語を使用してコミュニケーションをしていたといいます。しかし、会話をする中でAIの使用言語が徐々に変化していったそうです。

エンジニア・マネージャーは「研究者にとっては驚くことではなく、設定されたゴールに向かってあらゆるものを最適化する(=この場合は言語を変更する)ことは当たり前のこと。こうした会話実験で言語が変化することは、よくあることだ」と話しており、言語が変化していくことは研究者にとって想定の範囲内だったと示唆しています。

 

コインオタク伊藤
このような事実から、AIサービスは初期の段階で参加しないことが良いのが分かりますね。AIの判断材料になるビッグデータがまともではないので、材料がまともでなければ結果もまともではないのです。AIトレードの多くが失敗するのはAIの技術力という点よりももとになるデータが不足している、もしくはノイズが多いことが原因だと個人的に思っています。自動運転の車が事故が起きるのも同様ですね。自動運転前提で作られていない道なのでそりゃ事故も起きますよね。

Singularity Net(シンギュラリティネット)の将来性

ロードマップ

SingularityNETチームは、SingularityNET内でコードを立ち上げる開発者の急速な流入、および集中型の競合他社ではなく分散型ネットワークを使用することを選択する商用ユーザーの増加により、2019年にプラットフォームの急激な拡大を見込んでいます。

しかし、チームは、この指数関数的な成長だけでは達成できないと話し、そして2018年に行われた基本的な仕事は「より幅広いコミュニティ によるより多くの創造的で起業的な活動を促進するために主に役立つ」と考えています。 SingularityNETは彼らのフォーラムでの議論を歓迎し、そして彼らのブログ、ウェブサイト、そしてTwitterで定期的な最新情報を提供しています。

最新情報

2017年12月末に、1分間で約40億円を調達したと話題になった「SingularityNet(シンギュラリティネット、ティッカー:AGI)が、 2018年1月18日午後10時(CET)、市場に上場しました。 1ヵ月弱で上場となりましたが、本コインは、4000人程度しかプレセールで購入できなかったため、 上場後、価格が上昇し、幸先のよいスタートとなりました。 ICO価格は1AGI=約10円でした。上場後、2018年1月20日に1AGI=178円まで上昇しましたが、その後はジリ貧で2月6日に50円割れし、5月には1AGI=15円前後で低迷しています。

Singularity Net(シンギラリティネット)の将来性・まとめ

AIを一気に身近な存在に近づけたシンギュラリティ。sfのような未来が自分が生きているうちに体験できるとあって期待がとても集まっております。 人工知能関連の市場はさらに規模を広げる見込みで、これから最も成長が期待される市場だと言われています。そのうえで言うと、SingularityNETのコンセプトはこの先の世界経済に大きな影響を与えることでしょう。 そういう意味ではSingularityNETは将来性があると考えられます。

シンギュラリティネットは、様々な研究機関や企業で独自に開発を進めているAIを紐づけして、お互いにコミュニケーションを取ることができるプラットフォームを作ることを目標とした、まさに!未来を具現化したようなプロジェクトです。 AIは今後私達の生活に密接に関係すると予測されています。 AIに関しては成長を続けていけば、自分自身で学習して人間よりも賢くなる可能性もあります。

しかし、SingularityNETの存在はまだまだ世界ではあまり知られていません。 SingularityNETのICO価格は1AGI=約10円でした。上場後、2018年1月20日に1AGI=178円まで上昇しましたが、その後は2月6日に50円割れし、5月には1AGI=15円前後で低迷しています。最新の開発だからこそ課題は多くあります。

また、一方で、現在AI開発には否定的な意見があります。ある意味で人間の存在の意義を壊しかねない存在でもあるからです。 例えば、facebookのAI同士が、人間が理解できない独自言語で会話し始めたため開発が中止になったことがあります。 もし、このプロジェクトが脅威と見なされた場合、プロジェクトが中止されたり、規制されるかもしれません。

しかし、うまく利用していけばより世界を豊かにする技術であり、可能性は秘められている技術でもあります。 AIは、前途有望です。また、AIの市場は今後拡大すると見られており、現在の規模の10倍以上になると予測がでているようです。世界市場は2017年時点で2,334億米ドルで、8年後の2025年に13.3倍の3兆1,000億米ドルに急拡大するという予測です。

コインオタク伊藤

ただ、何度も説明しました通り、AIについてはいきなり100%精度が高いものが誕生するわけではないので要注意です。

これから先AIをどのように活かしていくのか、どのような扱いをAIに対してしていくのかによって、暗号資産とAIの存在価値は変化していくのではないでしょうか。今後リリースされるサービスは挙動を様子見するのが賢明です。すでにAGIには価格変動が起きているので動向に注視しましょう。もちろん、暗号資産投資家の皆さんはリスクを承知で参加すると思いますが、そのような、リスクテイカ―と一般消費者は大きく異なります。個人的には、一般消費者まで浸透するAIを期待しております!

今あなたが興味を持たれているAGI又はその他のICOトークンをどうすればいいのか。迷われている方は、ぜひこちらもご確認ください!!

↓↓

【投資初心者でもOK】未来(レイワ)を生き抜く力を養うサロン〜そうだ、コインオタクオンラインサロンへ入ろう!〜

<

p class=”p1″> 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員

Singularity Net(シンギュラリティネット)への質問お待ちしております!