【情報量日本一位】STO(セキュリティートークンオファーリング)のtZEROをコインオタクが徹底調査!上場は?

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回はブロックチェーンをベースとした金融技術の開発と商業化を目指すプラットフォーム仮想通「tZERO」の現状を紹介していきます。

STO(セキュリティー・トークン・オファリング)として注目が高まっている「tZERO」。

「tZERO」は、従来の暗号化(トークン化)された証券市場にブロックチェーン技術を統合することを目的としているわ。

これにより、市場参加者は証券の貸し出しや借り入れにおいて、より透明性が高く、効率的かつ遵守的な解決策を受け取ることが可能なのよ。

イーストマン・コダックと比較すると暗号資産の仕組みにも精通していて、アカウントの暗号化や価格の見積もり、決済まわりのサービス、マネーロンダリングの防止など、取引における様々な面において技術提供やアドバイスを行っていく見通しよ。

イーストマン・コダックとは?

イーストマン・コダックとは、アメリカ合衆国に本拠を置く世界最大の写真用品のメーカーです。一般的にはコダックの略称で知られています。

初期のSTOを行ったことも特徴の一つです。

世界で初めてフィルムを発売したメーカーです。

コダックの事業の柱はフィルム販売だったため、ここ数十年にわたる苦戦を強いられている。カメラはデジタル化を経て、スマホで代用された。また撮影されている写真は印刷されなくなり、オンライン上でシェアされるようになった。

このことから、同社は2012年に破産法を申請し、レガシー事業から撤退して特許を売却した。

大幅に規模を縮小して2013年に再出発しました。

世界屈指のフィルム企業だったコダックの現在の時価総額は、現在10億ドルにも満たないのが現状です。

tZERO(ティーゼロ)基本情報

案件名 :tZERO

親会社:オーバーストック(overstock)

シンボル :TZRO

発行国:アメリカ

ホワイトペーパー:https://ja.scribd.com/document/370361989/TZERO-White-Paper

STO開始日時:2017年12月1日

STO終了日時:2018年8月6日

資金調達目標:15億ドル

調達金額:5.6億ドル

STO時トークン価格:プレセール(12月1日~2月28日) 8ドル 一般セール(3月1日~8月6日)    10ドル

tZERO(ティーゼロ)の公式サイト一覧

tZERO(ティーゼロ)とは

tZEROとは、 ブロックチェーンを基準にした金融技術の開発と商業化を目指すプラットフォームのプロジェクト です。 急成長する暗号化された証券市場に大企業でも通用する技術をもたらすことを目指し、ブロックチェーン技術を従来の資本市場機能に統合することを視野に入れています。 ブロックチェーン産業にファンテックを組み込むと、以下のようなビジネスが出現します。

ICOを取り巻く多くの欠点と規制の問題に対処する従来のユーティリティトークンICOモデルを改善します。

tZEROトークンは、トークン保有者にとっての実用的な利益にたいして、企業が顧客獲得コストを削減し、顧客維持率を高める機会を生み出し、多くの投資家にとっての目標である投資収益率に対して、将来的には多くの企業がトークン保有者に実用的な利益を提供することを検討しています。

効用関数(自己の消費する財から受ける満足の度合いを数量的に表現したもの)によるセキュリティトークンの発行は、報酬プログラムの効果的な実施、株主投票の管理、支援などの多くの利点を企業に提供されます。

適切に実施されたセキュリティトークンオファリングのもう1つの利点は、権利が明確に開示され、投資家保護のために設計されたSEC規則に従って投資家が参加することです。

tZEROセキュリティトークンの場合、投資家は「認定投資家」として選別され、すべての投資家は厳格なアンチマネーロンダリング(AML)およびノウハウカスタマー(KYC)の検証を受けます。

適用されるすべての証券法および規制を遵守するシステムは、証券取引所の規則に従い、規制された環境で証券トークンを取引するための流動性プラットフォームをセキュリティトークン保有者に提供することにおいて画期的になります。

 

tZEROは、これらの基準をすべて満たしていると言えるでしょう。

ファンテックとは

Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語。 ファイナンス・テクノロジーの略。 既に存在する金融機関が所有している総合的な金融サービスの中から、必要とされる一部分を特化させることで、従来よりも低いコストでサービスと利用することができる。

 tZERO(ティーゼロ)の特徴

まず、ブロックチェーンを基盤にした金融技術の開発と商業化を目指すプラットフォームのプロジェクト のtZEROの特徴は大きく分けて2点に絞られます。

Points

tZEROプラットフォーム

DLRソフトウェア

 

以上の2点になります。 tZEROの目標は、「ブロックチェーンを基盤とした金融技術の開発と商業化」と「規則的、技術的な面において第一人者としての利点を生かし、”トークン化された資産”の世界的なトッププラットフォームの構築」を達成することです。

tZERO(ティーゼロ)プラットフォーム

次にtZEROのプラットフォームを紹介します。

今、プロジェクトのプラットフォームはブロックチェーンを組み込むことにより取引の際、決済に必要な時間を短縮します。

これによって企業が行う資金調達をより 「速く」「安全に」「簡単に」 行うことを可能としました。

tZEROは売買を行う顧客の中間に入り、その取引を分散型台帳に記録します。

tZEROが仲介することにより、売る側、買う側共に取引所を介さずとも投資家同士の注文をマッチングさせることができます。

さらには、ロボ・アドバイザー・カンパニーの過半数を取得し、投資家に対して人工知能を通した資産の管理や運用方法の提示が可能となっている。

ロボ・アドバイザー・カンパニーとは

投資家に対し、人工知能を利用して資産管理や資産運用のアドバイスを行うシステムまたはサービス。投資家がいくつかの質問に答えることで、資産規模やリスク許容度を自動的に判定し、分散資産などに関する情報を提供することが可能。

tZERO(ティーゼロ)のDLRソフトウェア

tZEROのDLRソフトウェアは、認可された信用取引を、コスト面と運用面の両方からより効果的に算出されるよう設計されていることが一番の特徴です。 これにより 市場の参加者に対してワークフローの具体的な改善方法を提示する ことができます。

そもそもtZEROとは何か、STOとは何かについてここから説明するわよ!

tZERO(ティーゼロ)とは?STOとは?

tZEROとは元々Mediciという企業名でしたが、2014年に今の 親会社であるオーバーストック(overstock) に買収され、企業名が「tZERO」に変更されました。

親会社であるオーバーストックはネット通販を主体とした NASDAQ上場企業 。2017年11月に資金調達のため「Security token offering」(STO)を行うことを提言しました。

ネコさん
伊藤さん、STOとはなんですか?
コインオタク伊藤
従来、トークン(暗号資産)はユーティリティトークンとして存在しました。資産的価値のないただのデジタルデータです。その後、法令順守し資産価値を持たせたトークンが誕生しました。それがセキュリティトークンです。セキュリティトークンを販売するSTOとは合法であり各国の証券法に則って行われます。
STOの必要性とは?

私たちCoinOtakuのカテゴリーに「あのICOは今」というものがあります。このICOとは「イニシャル・コイン・オファリング」の省略です。 一般的にみられる投資方法と比べ、規則的な面での敷居が低いため多くの投資家に重宝されています。 しかし、日本をはじめとする先進国内で今、ICOの法的規制の強化が始まっています。そんな中、元々の使用用途がエコシステムであったトークンに今までにない価値が見込まれるようになってきました。本来の目的とはおおよそかけ離れた使用方法で、運営側が使用するトークンが投資資産として取引されてしまっている状況にあります。このようなトークンはすでに金融商品としてとらえられているケースも少なくないため、STOの必要性も向上しています。

セキュリティ・トークンとは?

取引可能な資産によって裏付けされている通貨のことを指します。 「取引可能な資産」の一番良い例として挙げられるのは「会社の所有権」や「配当」でしょう。こういった意味では、セキュリティ・トークンは株式に少し似ています。 株式などの金融商品には当然規制が存在します。

引用:STO(セキュリティ・トークン・オファリング)とは?ICOとの違いを徹底解説「https://crypto-times.jp/what-is-sto/

これまでにも何度か触れてきたように金融商品にも規制が存在します。しかし、実際にその”モノ”が金融商品であるかどうかは、一見して判断がつきにくい現状にあります。こうした問題を打破するためにハウイ・テストいうものが使われています。このテストには金融商品であるかどうかを区分する具体的な基準が存在し、既存の”モノ”を一つ一つその基準と照らし合わせて金融商品なのか、そうでないのかを区分していきます。

基準は比較的シンプルです。

Points

1.実際に投資が行われていて投資者がこの投資に一定の利益を期待している。

2.取引を行っている団体が法人である。

3.銀行などの投資者、企業を除いた第三者から資産の成長を促されている。

 

この上記3点を満たすことで初めて金融商品として世間からの認知を得ることができます。

先ほどSTOの解説でもふれたようにトークンとは本来、エコシステムの運営を行うべく排出されたものでした。このようなトークンはユーティリティ・トークンと呼ばれています。

現時点で問題視されていることは、本来の用途とは違った使われ方をしていること、またそのような使われ方をされるような価値がついてしまったことにあります。

結果的に、STOではこれらを公開通貨として発行しています。また、この行動の背景にはアメリカ証券取引委員会 (SEC) 等が現在掲げている規制に準ずること、言い換えれば公的な手続きの下で発行するというメッセージでもあります

これを裏付ける事柄として実際に、「tZERO」は2014年12月にATSのPro securitiesとブローカーディーラーのSpeed Routeを取得しました。

ブローカーディーラーとは?

ブローカーディーラーは金融市場内でおこる取引を容易にするため存在しています。本来、ブローカーとディーラーは別々の言葉であり、取引を行う「ブローカー」と取引を簡略化する「ディーラー」という意味合いでした。投資家をこの二つの言葉に照らし合わせたときにどちらも行っていることから「ブローカーディーラー」と呼ばれています。

ATSとは?

Authorship(ATS)は、イーサリアムブロックチェーンを活用して書籍業界の新しいビジネスモデルを提供するプラットフォームになります。本の筆者、読者、出版社、翻訳者等の間のギャップを埋めるコインよって参照された全ての人がコンテンツを共有できるプラットフォームを構築しています。

この規則はフィルターの役割も担っています。この手順を踏んでいる「tZERO」は将来有望なプロジェクトだと見込まれていると言えるでしょう。

次のトピックではその具体的な成長について書いていきます。

セキュリティートークンがもたらすメリット

おそらく、セキュリティトークン業界はブロックチェーン技術の最も期待される業界です。注目すべき予測は、セキュリティトークン業界がBitcoinを含めて、暗号化全体の時価総額を上回ることです。その理由は、セキュリティトークンの利点は、金融セクターのあらゆる側面に利点をもたらすからです。

セキュリティトークンのメリット

第1に、規制に準拠した手順、

第2に、証券規制の透明な実施、

第3に、企業と投資家の両方への利益

 

セキュリティトークンは、多くの面でユーティリティトークンとは異なります。

第1に、セキュリティトークンオファリング(STO)は規制に準拠した手順だからです。彼らは、その管轄区域と投資家の管轄権の両方を考慮して、すべての規制機関を説明しなければ認証されません。

第2に、セキュリティトークンには、高級財産、美術、投資ファンド、株式などの実世界資産のトークン化が含まれています。プログラム可能なスマート契約のおかげで、多くのセキュリティトークンにより、証券規制の透明な実施が可能になります。

第3に、セキュリティトークンは企業と投資家の両方に利益をもたらします。たとえば、分数化された所有権は、企業がより簡単に資本を調達するのに役立ちます。流動性と関心の高い一般的な投資家のグループは、より大きな集団に拡大されます。また、分数化された所有権は、それほど費用がかかりすぎず、財務的な範囲外の投資へのアクセスを増加させるので、投資家にも利益があります。セキュリティトークンの他の多くの利点は、完全なセキュリティトークンガイドを通じて理解できることです。

tZERO(ティーゼロ)の現状ロードマップと今後の予定まで

tZEROの現状

tZEROはこれまでに下記の「規則面」で下記の準備をしています。

2014年12月 tZEROがATSのPro securitiesとブローカーディーラーのSpeed Routeを取得

2015年12月 オーバーストックの株をブロックチェーン上に発行

2016年12月 米国証券取引委員会に上記株を「証券」と認めさせ、ATS上で売買される

2017年12月 米国の資金調達のルールにてSTO開始

2018年1月 一般投資家向けの金融サービスStockcrossを買収

2018年6月 ボストンオプション取引所(National exchange)とジョイントベンチャー

2018年10月12日 『パブリックブロックチェーン上に金融規制に完全に遵守した形の初のセキュリティトークン(優先株)』を発行

2018年10月30日にはトークンコントラクトをオープンソース化

引用参考:tZEROは仮想通貨ではないという話。 – ミートくんの資産運用ブログ「http://securitytoken.jp/archives/100

以上が目標達成のために行われた「規則面」での主な活動歴になります。 次に、技術面での遍歴を追っていきます。

・2015年よりDigital Locate Reciptsの開発

・親会社のオーバーストック2,000人のうち800人が技術者

・Medici Venturesの保有ブロックチェーン企業からの技術提供

2018年に入り、米国最大手の暗号資産取引所CoinbaseがSecurity tokenの取引所開設を発表。 Security token取引所の開設に向けてKeyStone capitalというブローカーディーラーを取得しているが、tZEROはこのKeyStone capitalに技術提供を行っています。

tZEROのロードマップ

・トークンの発行とtZEROプラットフォームのオープン

→ 2018年Q3~Q4

・外国人によるtZEROトークンの売買可能

→ 2018年Q3~Q4

・米国在住者によるtZEROトークンの売買可能

→ 2019年Q1

・一般的な米国の金融商品のサポート

→ 2018年Q3

・暗号資産の売買

→ 2019年Q1

・米国だけでなくヨーロッパやアジアのブローカーディーラーの参画

→ 2019年Q1

6月にSecurity token academy主催で開催されたSecurity token summitでは、tZEROのCFOが、 「世界中の取引所がtZEROの仕組みを使いたがっている。戦略的パートナーシップやライセンスなど何らかの形で提供するだろう」 と発言し、tZEROの仕組み・技術力を世界中に輸出する方向性が示唆されました。

さらに、2018年11月9日にPolymathとSecuritizeとシステムを統合した事が発表されました。端的に述べると、発行元プラットフォームと接続し、ブロックチェーンとスマートコントラクトを使って、エクイティ、債券、不動産を売買できるようにするという計画です。 この発表での重要な点は、他の証券取引所やブローカーディーラーに「tZERO」の技術を提供する事で、投資家にとっての流動性を実現すると共に、tZERO保有のSpeedRoute証券取引所が140以上のブローカーディーラーと接続しているので、これらネットワークを独占するのではなく、3rd partyと接続する事によってセキュリティトークンのエコシステムを広く活用されるようにしていくことです。 こうした結果のもと、ロードマップも下の画像のように変更されました。

引用元:tZEROは仮想通貨ではないという話。 – ミートくんの資産運用ブログhttp://securitytoken.jp/archives/100」or https://www.reddit.com/r/Ravencoin/comments/9gkzaz/tzero_launch_date/

 

tZEROの今後の予定

今後、tZEROは、すでに認定されているブローカーディーラーの利用する構想を掲げており、投資家はブローカー口座を開設して、そこにtZEROトークンを保管することが可能になるでしょう。 さらには、2019年1月10日(発行後90日)に流通市場でtZEROトークンの売買が開始されます。 tZEROの投資家は90%が米国人とのことであり、外国人の投資家はたったの10%。つまり、約15億円かつ約260万トークンの規模で外国人による投資が行われると言うことです。

販売開始と同時期より米国の株式をtZERO取引所にて売買が可能です。

つまり、外国人はビットコイン送金して米国株を購入することができるようになるということです。 グローバルに活動する上で、外国の取引所との提携も進めているらしく、既にいくつかの証券取引所と水面下にて交渉を行っており、ライセンス制にてtZEROの技術を使わせることが目的となっています。 戦略的投資の面では、すでにGSRがletterにて投資を行うという計画を6月に発表しました。 GSRの戦略的投資によりアジア市場での活動をGSRがサポートします。これはつまり、GSRのアジア市場でのサポートには、セキュリティトークンの発行元の紹介や顧客の紹介から、金融資産のトークン化及びtZERO取引所での売買開始を含むことになります。 今後も市場拡大のためにStrategic Investorsからの出資を受け入れるとのことです。

引用元:tZEROは仮想通貨ではないという話。 – ミートくんの資産運用ブログhttp://securitytoken.jp/archives/100」or https://twitter.com/tzeroblockchain/status/1060670314244263936

「tZERO」の今後により期待が高まります。

tZERO(ティーゼロ)の最新情報

BOXとのジョイントベンチャー

引用:https://www.businesswire.com/news/home/20180522005689/en/tZERO-BOX-Digital-Markets-Announce-Joint-Venture

上のサイトによるとtZEROとBOX Digitalとのジョイントベンチャーが行われるようです。

下記は上記のサイトを一部翻訳した内容になります。

2018年5月18日、2つの会社は、既存の株式を発行する、または既存の株式をセキュリティトークンに変換する企業のために、セキュリティトークンを一覧にし、公的に取引するための取引所を設立するという意向書を締結しました。提案されている合弁事業は、tZEROとBOX Digitalによって等しく所有され、それぞれが取締役会で同等に代表され、相互に合意された独立取締役となります。現在、BOX DigitalのCEO兼BOX Options Exchange LLCの社長を務めているLisa Fallが、合弁会社のCEOになるでしょう。 「tZEROは、長年にわたり、資本市場向けのブロックチェーン技術の開発と実用化における先駆者であることを証明してきました」とLisa fall氏は言います。「この革新的な分野でのtZEROの実績、および非常に効率的で透明性の高い株式オプション市場の運営におけるBOXの専門知識を組み合わせることで、簡単な決断を下すことができました。 」 tZEROは、セキュリティトークン市場の運営のために、現金およびライセンスに貢献する予定です。 BOX Digitalは、セキュリティトークン市場の規制当局による承認および運用の取得に向けた専門知識と人員を提供します。米国証券取引委員会の承認は、最終的な文書の実行後に求められます。合弁会社の設立は、最終的な文書に従います。 tZEROのCEOに新たに任命されたSaum Noursalehi氏は、次のように述べています。 「一緒に、私たちはブロックチェーンの資本市場を現在の米国の全国市場システムに統合する、そのための最初のプラットフォームを開発しながら、SECと協力し続けます。」
引用元:
https://www.businesswire.com/news/home/20180522005689/en/tZERO-BOX-Digital-Markets-Announce-Joint-Venture

 

BOX Digitalについて: BOX Digital Markets LLCは、規制された環境でデジタル資産を取引するための市場の創出と発展に取り組んでいます。 BOX Digitalは、BOX Markets、株式オプション市場およびBOXオプション取引所LLCのファシリティを所有および運営するBOXホールディングスグループLLCの完全所有子会社である。 BOXオプション取引所は、1934年証券取引法第6条に基づく登録国立証券取引所です。

BOX市場およびBOXオプション取引所に関する追加情報はこちらへ

この一連の事柄にどのようなメリットがあるのかを紐解いていきましょう

National Securities Exchange」という言葉を皆さんは耳にしたことがあるでしょうか。 このNational Securities Exchangeとは証券取引法第6条に基づき証券取引委員会に登録されている証券取引所のことです。国内証券取引所の最も有名な例は、

ニューヨーク証券取引所やナスダックが挙げられます。国内証券取引所の概念は、証券法を通じて重要視されています。 登録された国内証券取引所のリストは、下の通りです。

 National Securities Exchangeのリスト 

引用元:https://witnesseth.typepad.com/blog/national-securities-exchange.html

前述したブローカーディーラーの話のようにこのNational Securities Exchangeに加入することにも似たようなメリットがあります。上のリストのような取引所に仮になった場合、Self Regulatory Organizations(SROs)の一員という扱いを受けることが可能となりま。最大のメリットは「上場基準を設ける」事が可能になります。

SROs(Self Regulatory Organizations)とは?

日本での自主規制機関を指します。金融商品取引所の健全な発展及び投資者の保護に資することを目的とし、自主規制の制定や会員調査、一般への普及啓発活動を行う機関のことです。投資信託協会や、日本証券業協会等がこれに当たります。法律上は金融商品取引場協会と呼ばれ、金融庁の認可又は認定を受けた協会のことを指します。

上記のことによって自身企業証券審査上場させ売買する可能なります。顧客対象は機関投資家世界中の銀行、保険会社などです。NationalSecuritiesExchangeの基準でトークン売買、取引の規模は爆発的に大きくなるはずです。

<

p class=”p1″> 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員

tZEROへの質問お待ちしております!

 

tZEROは親会社Overstock.com社全体の価値を上回る

オーバーストック・ドットコムの子会社で暗号資産関連のtZEROは、投資会社であるGSRキャピタルと、「tZEROセキュリティ・トークン」を1億6000万ドルで購入することについて基本合意書を結んだと、12月29日に発表しました。

tZEROは現在(2月9日時点)で$462M調達し現在のOverstock社の時価総額6.54億ドルを超えました。

中国に拠点を置くGSRキャピタルは、将来株式取得略式契約スキーム(SAFE)に準拠して、「tZEROセキュリティ・トークン」を1トークンあたり10ドル、計1億6000万ドル分購入すると言います。tZEROのセキュリティ・トークン・オファリング(STO)は、GSRキャピタルからの投資に対応するため、8月6日まで延長される見込みです。

tZEROは、1億6800万ドルを超えるのセキュリティ・トークンをSAFEで実行済みで、そのうち9500万ドル以上がすでに購入されています。プレスリリースによると、既に30か国から約1000人がトークン販売に参加しました。オーバーストック創業者兼CEOであり、tZEROの会長を務めるパトリック・バーン氏は次のようにコメントしています。

『セキュリティ・トークンは、株式やコモディティのような実際の資産に支えられている伝統的な金融セクターとブロックチェーンを結び付けるものとしてみられている。tZEROは当初、4月にセキュリティ・トークン取引プラットフォームのプロトタイプを導入した。tZEROは、セキュリティ・トークンを「簡単で、順応性があり、使いやすい方法」で取引する手段を提供することを目的としている』と述べています。

3月に、米国証券取引委員会(SEC)がtZEROのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を調査し、オーバーストックの株価は下落しました。そして、オーバーストックは、同社のICOについて伝統的な証券申告ではなく、規制DとSの対象であると申告しました。それは、米国市民がICOに投資するには、公認の投資家(純資産100万ドル以上、または年収20万ドル以上)でなければならず、海外での取引には米国市民は関与しないというものでした。

tZEROがレアメタル販売向けのスマートコントラクト開発

ICO中の証券トークン専用取引所tZEROは親会社Overstock.com社全体の価値を上回リました。

未公開株株式投資会社GSRキャピタルは、tZEROとコンバルト販売向けのスマートコントラクトを開発することを契約し12月17日のプレリリースで明らかにしました。 企業の発行する証券トークン専用の取引所を開発するOverstock.comの子会社であるtZEROは、現在資金調達を行っています。そして、中国の非公開株式会社GSRキャピタルが2億7000万ドルを投資し、15億ドルの評価額で証券取引所オペレーターの持分15%を購入しました。これにより、子会社tZEROはOverstock.com社全体の価値を上回ったのです。 OverstockのtZEROは世界初の証券トークンの取引所をローンチしようとしており、報告書によると、さらにGSRは3,000万ドルのtZEROセキュリティトークンを購入し、1億500万ドル未満で310万株のOverstock株式を購入する予定だとされています。これまでに、GSRはICO期間中に1億6000万ドル相当のtZEROトークンを購入し、Overstockへの総投資額は5億6000万ドルを超えました。 そしてOverstock、暗号化証券プラットフォームtZEROのICOを発表 GSRによる投資が発表されるとOverstockの株価は急上昇し一時47ドルを超えました。

Overstock社のCEO Patrick Byrne氏が暗号資産へ全資産を注ぎ込む発言

Overstock社の創設者でありCEOのPatrick Byrne氏は、2018年11月28日現在overstock社の売却を計画しており、暗号資産市場へ熱い視線を注いでいます。 Patrick Byrneは、先見の目をもち2014年1月より暗号資産での支払いの受け入れをOverstock.com で開始しました。2014年の暗号資産が最悪の弱気市場になるとByrneはOverstock.com自体を含めて セキュリティートークンに変換する 予定です。

Byrneは明らかにそのような利点にもかなり自信があります。メディシベンチャーズについては、「そこには何十億ドルもの資産があるかもしれない」と語っている。

Alan Konevsky氏が最高法務責任者に就任

2018年12月19日、シニアバイスプレジデントとしてMasterCardで働いていたKonevsky氏が任命されたことが発表されました。

彼はtZEROの法律、規制、公共政策およびコンペライアンス機能の拡大を管理する予定です。

「ブロックチェーンが照明のスピードで世界の金融を変革しつずける中で、AlanはtZEROが絶えずに変化する環境の中で最前線に留まることを確実にするために法的な努力を続けます。」

彼は、tZEROの社内法務チームを率いて、グローバルな規制措置、製品開発、戦略的取引、商業契約、コーポレートガバナンス、投資家関係、コンプライアンス、知的財産、プライバシー、サイバーセキュリティー、そしておそらく最も重要な彼の役割はtZEROのSecurity Token Offering、tZEROのアドバイザリーサービス事業、BOX Digital Marketsとの提携について、投資家、顧客、規制当局と緊密に協力して取引証拠金のための世界初のS.E.C.コネフスキー、これらの重要な役割を期待されています。

Konevskyは、最近ではMastercardの戦略的イニシアチブと技術顧問のシニアバイスプレジデントでした。マスターカードに入社する前は、ロンドンのゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)のマネージングディレクターおよびシニア・カウンセルを務めました。それ以前は、ロンドンとニューヨークのオフィスで国際法律事務所のサリバン&クロムウェルで特別顧問を務めました。彼はハーバード・ロースクールの卒業生で、コロンビア・カレッジのフィラ・ベータ・カッパに選出され、ニューヨークのスーパー弁護士や英国のヤング・ディール・メーカーとして認められた功績を残しています。

「特に世界で最初に規制されているSTO取引所のうちの1つを立ち上げようとしているときに、そのようなエキサイティングな時期にtZEROチームに加わることには喜んでいます。私は、ブロックチェーン技術を使ってより効率的で透明な資本市場を構築するために、政策立案者、規制当局、ビジネスパートナー、その他の利害関係者と緊密に協力して生態系を構築することを楽しみにしています。」

とコネフスキーは述べました。

tZEROが、レガシー取引システムとデジタル資産技術の統合方法の特許を獲得しました

2019/01/07

デジタル小売大手Overstockのポートフォリオ会社であるセキュリティトークン取引プラットフォームtZEROは、レガシー取引システムと暗号通貨およびデジタル資産技術とをどのように統合できるかを概説した特許を獲得しました。

米国特許商標局によって木曜日に公開されたこの特許は、最良の価格を決定するために様々な情報源からの市場情報を組み合わせることができる「暗号統合プラットフォーム」を説明している。

次にシステムは、取引を実行する前に、「デジタル取引アイテム(すなわち、買い注文のための資金および売り注文のためのデジタル資産または負債)の両方を確保する」と予想されている。

これらの取引項目には、デジタル資産、負債、商品、暗号通貨、トークン、または現金が含まれる。

この特許によれば、システムは注文を照合する前に取引項目に暗号的に署名する。

資料はさらにこう続く:

「Crypto Integration Platformは、とりわけ、従来の取引システムとデジタル取引品目を取引する暗号取引所との間のインターフェースを提供します。そうすることで、Crypto Integration Platformは、ブローカーディーラー、Alternative Trading Systems(以下「ATS」)との間の取引および通信のためのプロトコルを取り入れて交換し、暗号技術を使用して取引が完了できるようにメッセージを変換します。」

この特許は、この技術を使用してすべての品目の所有権を検証し、利用可能な品目のみを交換できるようにすることを説明している。

TZEROはまた、このプラットフォームは、上場公募(IPO)または他の公募証券の売買、ならびに流通市場での証券取引(これらの売出しが米国証券取引委員会を通じて登録されることになることに留意)の実施に使用できると述べた。

ただし、このプラットフォームの最も注目すべき点は、暗号取引システムと従来の取引システムとの統合に焦点が当てられていることだ。

この特許は、デジタル資産の注文が従来のシステムを介して確実に送信されることを保証するいくつかのプロセスが導入されていると述べている。レガシシステムに入力された暗号取引注文は、正しいエンティティによって承認される。そして、一致する暗号化トランザクションは適切な秘密鍵と公開鍵に基づく。

これらのプロセスを正しく導入するための手順の一部として、tZEROは「特殊用途のハードウェア」を開発する可能性がある。

この取引プラットフォームは、昨年4月にプロトタイプを発表した後、今年中に発売される予定だ。しかし、スタートアップはすでにコバルト取引のためのセキュリティトークンの開発を任された後、すでにいくつかの業務を開始している。

デジタル証券取引開始のため、DinosaurとtZEROがパートナー

Dinosaurフィナンシャルグループ、LLC
2019年2月1日、15:06 GMT

ニューヨークを拠点とする機関投資会社、Dinosaur Financial Group、LLC(Dinosaur)は、本日、ブロックチェーンイノベーションの世界的リーダーであるtZERO Group、Inc.との提携を発表しました。Dinosaurは、米国の証券法に完全に準拠することを目的とした分散型ネットワークでの最初のオファリングの1つである、tZEROのデジタルセキュリティトークンの取引を希望する投資家にブローカー口座を提供するブローカーディーラーです。

現在tZEROの公式サイトから登録、ログインを実行するとdinosaur powered by tZEROに飛びます。

Dinosaurエクイティ取引担当マネジングディレクターElliot Grossmanは次のようにコメントしています。

「tZEROセキュリティトークン保有者の仲介口座のプロバイダーになることは、Dinosaurにとって重要なマイルストーンです。ブロックチェーンは証券の取引方法と決済方法を変えています。 tZEROのブローカー・ディーラー子会社、PRO Securities(およびPRO ATS)、PROの他のパートナー、およびElectronic Transaction Clearingは、発行、取引、および資本市場での決済のための破壊的な変化を先導します。」

「tZEROのセキュリティトークンは、ブロックチェーンプロトコルを介して追跡されるデジタルセキュリティです。これは、オペレーショナルリスクを軽減し、クリアランスと決済のプロセスを劇的に改善する進化的な変化です。」

Dinosaurの創設者兼会長のGlenn Grossmanは、次のように述べています。

「tZEROおよびPRO Securitiesと提携し、デジタル証券の取引に関心のある認定投資家にサービスを提供できることを大変嬉しく思います。ブロックチェーン技術を扱うことは、私のこれまでの仕事が米国財務市場での電子取引の先駆けであったことから、私にとって自然なステップです」

tZEROのCEO、Saum Noursalehiは、次のように述べています。

「新しいセキュリティトークンプラットフォームのブローカーディーラーとしてDinosaurと力を合わせて参加できることを非常に嬉しく思います。セキュリティトークンの採用を促進する。」

デジタル小売業者Overstock.comとMedici Venturesのポートフォリオ会社の子会社であるtZEROは、セキュリティトークンを発行した最初の会社の1つです。 2014年にブロックチェーン技術を学んで以来頂点を築いてきた同社とその創設者であるPatrick Byrneにとって、トレーディングの開始は極めて重要な瞬間となるでしょう。

Dinosaurは、ニューヨークを拠点とする証券会社であり、資本市場での幅広い経験と世界規模での投資銀行です。父と息子のペアであるGlennとElliot Grossmanが率いるDinosaurのチームは、世界中で何十年もの電子市場での経験を持っています。その機関ブローカーは顧客に包括的な投資サービスを提供し、現在そのサービスをtZEROのセキュリティトークンで利用できるようにしています。

2016年には、tZEROの親会社であるOverstock.comが世界初の公開暗号セキュリティの発行者となり、tZEROのブローカーディーラー子会社であるPRO Securitiesがリアルタイムの取引決済の概念を発表しました。約3年後、PRO Securitiesは現在tZEROテクノロジを使用しており、最新のパートナーであるDinosaurと並んで、ブロックチェーン市場への第一歩を踏み出しています。 tZERO技術を使用して、デジタル証券取引プラットフォームは、米国の証券法に準拠して、認定投資家への個人再販取引を可能にするように設計されています。

この取引では、DinosaurがSeward&Kissel LLPの助言を受け、tZEROがJones Dayの代理を務めました。

Dinosaur Group Holdings、LLCについて:

2001年に設立された当グループの事業子会社は、資本市場および投資銀行業務を最先端の技術、国際的ネットワーク、および個人的関係と結び付けています。ロンドン、ニューヨーク、マドリード、ミラノにオフィスがあり、グループはアメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、そして中東に重点を置いています。

FCAにより規制されている独立したチャレンジ銀行であるDinosaur Merchant Bank Ltd.(DMBL)、およびFINRAにより規制されているDinosaur Financial Group、ならびにSECにより規制されているSECおよびDCM AdvisorsはすべてDinosaur Group Holdingsの子会社です。

詳細については、http://dinogroup.com/https://dinogroup.eu/、およびwww.dcmadvisors.comをご覧ください。

Dinosaur Financial Groupとは

グローバルな投資銀行業務とアドバイザリー、フルサービスの仲介、そして幅広いウェルスマネジメントサービスを組み合わせたプラットフォームを構築した企業。

 

tZEROのランドマークデジタル証券取引プラットフォームの立ち上げについて

プラットフォームの立ち上げに至るまでの主な取り組みとイベントの概要を説明します。

2019年2月6日、ソルトレイクシティとニューヨーク(GLOBE NEWSWIRE) – 資本市場のブロックチェーンイノベーションの世界的リーダーであり、Overstockの過半数所有子会社であるtZERO Group、Inc.による2019年1月24日の発表に続きます。デジタル証券を取引するための技術ソリューションであるtZEROプラットフォーム上でのtZEROセキュリティトークンの取引の開始に関して、Overstock.com、Inc.(NASDAQ:OSTK)は、この重要なマイルストーンに至った重要な出来事および努力に関するさらなる情報を提供します。

以前に発表されたように、このプラットフォームは現在、認定された投資家が紹介証券ブローカーディーラーであるDinosaur Financial Group、LLCとのデジタル証券ブローカー口座を通じてtZEROセキュリティトークンを他の認定投資家と取引することを可能にします。取引は、tZERO子会社のPRO Securities、LLCが運営するオルタナティブ取引システム(ATS)で執行されます。

Overstockの歴史とデジタルセキュリティ分野におけるtZEROのリーダーシップは、2016年に遡る革新的な旅です。そのとき、Overstockは自社のランドマークを優先するデジタルセキュリティを発表しました。ブロックチェーンテクノロジを使用して配布する。発行された後は、Overstockの優先デジタルセキュリティが、PRO Securitiesが運営するATSでの取引に含まれていました。 tZEROは、この世界初のSEC登録デジタルセキュリティの取引を支える技術を提供しました。この技術の影響をさらに認識したため、2019年1月1日、tZEROは暗号統合プラットフォームの特許も取得しました。この特許は、資本市場向けのブロックチェーンイノベーションにおけるtZEROの技術的リーダーシップを際立たせています。

tZEROセキュリティトークンの取引が開始されるまでの過程における主なマイルストーンは以下のとおりです。

tZEROプラットフォームの主なマイルストーンのスケジュール

2015年4月:Overstockは、米国証券取引委員会(SEC)にフォームS-3のシェルフ登録ステートメントを発行し、デジタル証券を登録し、これらの証券の所有権と譲渡を、所有権のあるブロックチェーンベースの元帳に記録しました。

2015年10月:PRO Securitiesは、そのフォームATSの改正をSECに提出しました。これは、とりわけ、デジタル証券での取引について説明したものです。 PRO証券はその後、そのフォームATSに追加の修正を提出しました。 SEC規則に従い、各修正は、PRO Securities ATSの運用に重大な変更を加える前に、少なくとも20暦日前に提出されました。

2015年12月:SECは、オーバーストックのシェルフ登録声明が有効であると宣言した。

2016年12月:Overstockは、tZEROが開発した技術を使用して、世界で最初のSEC登録デジタル証券、ブロックチェーン投票シリーズA優先株式(OSTKP)を発行し、OSTKPはPRO Securities ATSとの取引を開始しました。

2017年12月から2018年8月まで:tZEROは、2017年12月18日に、セキュリティトークンの提供を開始しました。これは、2018年8月に終了しました。提供は、1933年の証券法の登録要件の免除に従って行われました。セキュリティトークンオファリングでの証券のオファーおよび売却に関連する登録声明、オファリング文書、またはForms ATSについては、SECまたは金融業界規制機関(FINRA)。 tZEROの取引アーキテクチャまたはプラットフォームは、デジタル証券を取引したり、ブロックチェーン技術を使用したりするために明示的な承認を必要としたり受け取ったりしませんでした。

2018年6月:tZEROとBOX Digital Markets LLCが合弁会社を設立しました。これは、世界で最初に規制された証券取引の取引所となる予定です。合弁事業は、操業開始前にSECからの承認を求めている。

2018年10月:tZEROは、2018年8月のSecurity Token Offerの終了に先立って、将来の株式に関する署名付き契約(SAFE)に全額出資した投資家へのtZEROセキュリティトークンの発行を完了した。 tZEROは、募集中に1,000人以上のグローバル投資家から1億3400万ドルを調達しました。その月の後半に、tZEROはトークン契約をオープンソース化しました。

2018年11月から2019年1月:tZEROプラットフォーム上でのtZEROセキュリティトークンの取引開始前に、tZERO、Dinosaur Financial、PRO Securities、およびtZEROトークンの取引を清算するFINRAメンバーブローカーディーラーが、FINRAと会い、 tZEROセキュリティトークンの取引に関連したtZEROプラットフォームの仕組み。さらに、PRO証券は、PRO証券のATSでのtZEROセキュリティトークンの売買の提案に関連して、2018年12月にそのフォームATSの修正をSECに提出した。 2019年1月10日かその前後に、FINRAのスタッフは完全開示された清算契約書の賭けを承認しました。

tZERO(ティーゼロ)のまとめ

今回は、まさに先頭に立って新時代を作り上げんとする「tZERO」について解説していきました。いかかでしたでしょうか? 1月10日から売買が開始され、さらなる事業の拡大も期待されます。  暗号資産での株、債券、不動産売買の売買 が可能になる可能性も十分にあるので、今後の動向により強い関心と興味がそそられます。

今あなたが持たれているtZEROトークン、またその他のICOトークンをどうすればいいのか。迷われている場合は必ずこちらもご確認ください!

↓↓

伊藤健次によるオンラインサロン《2019年はもう損しないでください》

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
tZEROへの質問お待ちしております!