【情報量日本一位】VR×ブロックチェーンDragonVein(ドラゴンベイン)/DVCをコインオタクが徹底調査!

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

またまた今回もVR×ブロックチェーンをまとめていきます!中国のVR最王手Nibiruと戦略的パートナーシップに調印した『DragonVein』について紹介していきます!

本文はヘッドラインニュースの後ですので、本文から入りたい人はスクロールしてくださいね。

DragonVein(ドラゴンベイン) ヘッドラインニュース
【速報】Vein(ドラゴンベイン)毎日限定20名にエアドロップ<2019年8月20日>

DragonVein(ドラゴンベイン)はDiscordで毎日エアドロップ開始を発表しています。

先着20名限定でエアドロップを行っています。

【速報】ブロックチェーンを活用したコンテンツの生態系の構築ドラゴンベインは、のサービスに本格適用予定

最近VR産業が著しく高い成果をおさめ関心を受けている中で、ブロックチェーンとエッジネットワーク技術を利用して、ユーザーがVRを簡単に体験できるように参入障壁を大きく下げ、コンテンツ製作者の利益が保護されるように設計された「ドラゴンベイン」が注目されています。

「ドラゴンベイン」は、これまでVR産業が成長し、ソフトウェアとハ​​ードウェアだけでなく、VRコンテンツの生態系全体に発生した問題を根本的に解決するために、低コスト、短いネットワーク待機時間、高い互換性、品質のコンテンツの生態系を構築しています。

一方、「ドラゴンベイン」は、全世界のスマートフォン市場でサムスン電子とアップルの次に3位の座を守っている全体的な会社華(Huawei)とのパートナーシップを結んで注目を集めています。

Huawei社は中華人民共和国で最も大規模なネットワークと通信機器のサプライヤーとして、2009年に移動体通信機器業界で、スウェーデンのエリクソンに続いて世界で2番目の会社となり、2012年にエリクソンを抑え、世界最大の通信機器メーカーとなりました。

Huawei社は、2019年に5Gをサポートするプロセッサを公開するとともに、5Gをサポートするスマートフォンを発売する予定であり、Huawei社が提供するスマートフォンおよび独自のプラットフォームに「ドラゴンベイン」の5G VRサービスが電撃的に適用される予定です。

「ドラゴンベイン」はドラゴンベイン生態系のコンテンツを取引、リース、購入するために使用されているドラゴンベインコイン(DVC)を使用して、これらのDVCはVRコンテンツの流通や広報、知的財産権の取引と確認、設備取引等も使用することになる予定です。

また、今後、ブロックチェーンベースの著作権保護のためのスマートコントラクトをはじめ、VR技術者とVRコンテンツ制作者に関連する活動に使用できるDVCを配分する予定です。

「ドラゴンベイン」は、強力なVRプレーヤーDvBox採掘機と、世界最軽量レベルのMiniVRゴーグルを開発し、活用する計画を持っています。

「ドラゴンベイン」についてはホワイトペーパーと、ホームページを通じてより詳しくは確認できます。
出典:[[뉴스브라이트] 블록체인 활용한 VR컨텐츠 생태계 구축 ‘드래곤베인’, 화웨이(Huawei)의 5G VR 서비스에 본격 적용예정 – – http://newsbrite.net/25447

 

ドラゴンベイン(DGV)

・著作権保護

スマートコントラクトはドラゴンベインプラットフォーム全体においてコ ンテンツの著作権を判断するための中心パーツであり、制作者のリスクを低減し、権利を保証することを主旨としている。著作権保護にはVRビデオコンテンツからVRアプリケーションおよびゲームの著作権保護を網羅している。

 

・インセンティブ

ドラゴンベインプラットフォームとしてやるべきことは、最大限に制作者の情熱を沸き立たせ、プラットフォーム発展のためになる多くのアイデアを生ませること。そのため、VR 技術提供者は制作者にコンテンツ制作ツールキット(撮影機材などの設備含む) を無償提供をさせる。

 

・コミュニティー

ドラゴンベインプラットフォームは提出段階で問題のあるコンテンツを選別するため、コンテンツ提出システムに自動チェックシステムを採用する。

 

目次

DragonVein(ドラゴンベイン)の基本情報

案件名:DragonVein Coin

シンボル:DVC

発行元:DRAGONV TECH

ブロックチェーンのタイプ:ERC-20 Ethereum

総発行枚数:100億枚

DragonVein(ドラゴンベイン)の公式サイト、SNS一覧

DragonVein(ドラゴンベイン)の特徴 

ここからは、謎多き「DragonVein」のプロジェクトについて紹介していきます。

DragonVein(ドラゴンベイン)目的 

最近何かと話題に上るVR。

この分野はICO記事でも何度か取り上げているように飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しています。

しかし、この業界はまだ日が浅いがゆえに問題が山積みの状態です。

問題は様々な形式に枝分かれしているが早期解決の望まれる問題はソフトウェア、 ハードウェア、さらにはVRプラットフォームがあげられます。

今回の案件であるDragonVein(ドラゴンべイン)は5つを兼ね備えた従来よりも優れたVRプラットフォームの提供を行うことによって、下記の問題を根底より解決することを目指しています。

Points

①低コスト

②ネットワーク安定性

③高い互換性

④著作権保護

⑤コンテンツ制作者へのサポート

 

DragonVein(ドラゴンベイン)問題視した課題

「DragonVein」が解決したいVR業界を取り巻く課題は下記の4つになります。

Points

1.使用ハードルが高い

2.コンテンツ配信のルートの分散化

3.コンテンツ制作者の高いリスク

4.インターネット帯域幅のボトルネック

 

使用ハードルが高い

VRは既に一般消費者の生活に根付いてきましたが、まだ発展初期にあるVRは一部消費者のおもちゃにすぎないというのが今の現状です。

  1. VR のレンダリング技術は多くのグラフィック処理能力を必要とするディスプレイ技術であり、 2018年今日、VRを処理可能な設備のコストは2,000ドル近く、消費者にとって高いハードルとなっています。
  2. 現在、VR において統一されたインタフェースと基準がなく、 未熟なソフト とハードウェアの環境下では、利用者がVRデバイスをインストールして使用することは困難です。
  3. VR ヘッドマウントディスプレイの重量は一般的に300グラムから600グラムで、 現在では VR ヘッドマウントディスプレイは主にヘッドバンドと、 ノーズパッドを耐荷重構造として使用しているが、装着時には相当な圧力がかかり、不快感を結果となっています。
    利用者は長時間装置を使用できず、顔にかかる明らかな重力と異物感はユーザーエクスペリエンスを大幅に下げしてしまいます。VRはまだ発展段階にあり、多くの消費者にとっては軽量かつ高解像度で低コストのVRソリューションが必要とされています。
  4. バ—チャルリアリティコンテンツ量が少ないこと

コンテンツは多くの技術製品を成功に結びつける『燃料』であり、我々のインタビュー を受けた人から、 高い品質と強いコンテンツがモバイル VR 業界を先に発展させる鍵だと 表明している。

——Perkins Coie CEO Kirk Soderquist

コンテンツ配信ルートの分散化

現在のVR業界におけるコンテンツ不足が利用者に深い印象を残せないという問題、 さらにVRコンテンツ配信ルートが独自展開し分散化しているということに目を向けなければなりません。

現在の市場では、主に Steam、PlayStation Network、Oculus Storeなどのコンテンツ配信ルートがあり、各種コンテンツの配信ルートはそれぞれ固有の設備にのみ対応しています。 これが、優れたコンテンツについて利用者が更に高い費用を支払い、更に多くの設備を繰り返し購入することになる、業界発展の弊害となっているのが現状です。

それぞれのプラットフォームは市場を独占し、自らがスタンダートになることを目指しているが、現実的にはVR技術にはまだ多くの発展スペースと可能性があるため、達成することは容易ではありません。

利用者は一台の設備で出来るだけに多くのコンテンツを体験することを期待しています。

コンテンツ制作者の高いリスク

VRコンテンツは従来のエンターテイメントコンテンツと異なり、VR空間を構築する必要があります。

そのため、VRは従来のコンテンツに比べ高水準のコンテンツ編集、 デジタル化処理にも専門的な設備が必要なため、コンテンツ制作者にとっても決して安い投資ではありません

現在、コンテンツ配信ルートでは一般的な決算周期が1-2ヶ月であり、貸し倒れになる危険性が高く、VR業界が日の目を浴びる前に蒸発してしまうというケースも少なくありません。

オリジナルコンテンツを発売するということは、著作権処理問題を免れません。自動監視システムのない状況で、伝統的な静的暗号化方法ではコンテンツを著作権侵害から守ることができないのです。 キーが流出すると、制作者が高い投資を使って制作したコンテンツは一瞬にしてインターネットで無料ダウンロードされるということになるというリスクを負っています。 著作権の保護にも管理可能な権利で、追跡可能であり、改ざん不可能かつ暗号化されたコンテンツ配信環境が必要とされています。

インターネット帯域幅のボトルネック

VR コンテンツの転送には従来のハイビジョンビデオと比べると、独自のデータ構成のため8倍の通信速度が必要となります。

1080PHDハイビジョンには一般DVDデータ通信速度の4倍、6Mbpsが必要となりますが、高画質VRビデオは同じビデオフォー マットでは 48Mbpsのデータ通信速度が必要となります。 30Mbps以上の帯域幅が必要となるので、データセンターの帯域幅限界に容易に到達するのです。

これは正式運営において大きな障害となります。 利用者がスムーズで高画質なVRコンテンツを体験できないため、利用者離れを起こしてしまうのです。

DragonVein(ドラゴンベイン)が目指す世界

上記で紹介した問題点を解決したさきに「DragonVein」が描いているものと、その実現方法をまとめました。

結論を言うと、「 VRをよりたくさんの人に楽しんでもらうため、ユーザーにも制作者にも寄り添った環境を作ることです 

その上で、5つの方法を実現しようとしています。

著作権保護

 マートコントラクトはドラゴンベインプラットフォーム全体においてコ ンテンツの著作権を判断するための中心パーツであり、制作者のリスクを低減し、権利を保証することを主旨としています。 

それにより制作者に多くのコンテンツを制作する環境を提供し、VR 業界全体で良性的なサイクルに繋がります

またVR コンテンツの再生権利も地域、時間などに差異があるが、この全ては改竄不可のスマートコントラクトを利用して管理できます。

二次的著作物制作者は スマートコントラクトを通し、権限を購入してコンテンツの制作と配布ができるのです。

そしてVR コンテンツの参加者(俳優、脚本家などスタッフ)もスマートコントラクトを通し、継続的に収入を獲得できます

一般消費者は賃貸、購入の形でコンテンツを体験できるだけではなく、クラウドファンディングの形でVRコンテンツ著作権の一部を取得可能となるでしょう。

VR ビデオコンテンツの著作権保護

ドラゴンベインブロックチェーンはビデオコンテンツ著作権保護において、ブロックチェーンの分散型台帳という技術特徴を利用し、オリジナル作品へ唯一のコンテンツフィンガープリントを組み込みます。

 このコンテンツフィンガープリントは永久に有効で、改ざん不可なものとする でしょう。

コンテンツフィンガープリントを含んだビデオコンテンツを配布すると、ブロックチェーン全体にこのコンテンツにおける著作権記録が残ることになります。

そしてスマートコントラクトの権利確定システムによって、従来では容易ではなかったオリジナルコンテンツへの著作権保護が非常に簡単になります。

ブロックチェーン技術応用の上で、ドラゴンベインプラットフォームは VR ビデオコンテンツのパブリッシュツールを提供します。

パブリッシュツールは VR ビデオコンテンツに対して自動的に分散や暗号化作業を行い、クラック行為が発生した時には完全なビデオコンテンツを獲得できないでしょう。

同時に、ユー ザが合法的に VR ビデオコンテンツをダウンロード、あるいは観賞する時、関連するスマートコントラクトはアクティブになり、プレーヤーに暗号解読用のキーファイルを転送するのです。

VR アプリケーション及びゲームの著作権保護

クラウド化の優位性はレンダリングと演算をクラウドサーバーで実行する点にありますが、 ローカルには実行可能な書類がなく、利用者の使用権限もスマートコントラクトによって管理されたもので、クラック不可能 なものとなっています。

SteamでもOculusでも、クラウドベースのレンダリングによってVRイメージをDvBoxに転送し、最終的に利用者のVRヘッドマウントディスプレイに表示します。

そこでドラゴンベインは複雑な演算をエッジネットワークのエッジ演算サーバーにおいて実行させることにより、端末側に対する要求をネットワーク接続、周辺接続、ビデオデコーディング及びVR表示機能のみに限定します。

これらの要求は一般的な1台のセットトップボックス、あるいはオールインワンVRグラスに備えている基本的な能力です。

つまり利用者は常に高性能PCや高価なスマートフォンを頻繁に買い換えて対応させる必要はないということになります。 利用者は一台のDvBoxという非常に安いコストで、最新のVRアプリケーションを利用したり、高性能プロセッサーとビデオカードによってレンダリングされるVRコンテンツを体験可能です。

VR体験中、必要なディスプレイの応答速度は16ms以下となります。ディスプレイの応答速度が16msを超えた時、人間の体は明らかな遅延を感じ取り、それによって画面と動きが一致していないことで乗り物酔い症状を起こします。

4G時代のクラウドソリューションにおいてはインターネット速度により20から80msまでの遅延があります。 これはゲームや普通のクラウドアプリケーションに おいては許容できる数値ですが、VRにおいては不可能です。

現在5Gエッジネットワークを利用することにより、インターネットの遅延を1-5ms まで抑えられることで、5G時代はクラウド化 VR アプリケーションの利用を可能にしました。

5Gエッジサーバーは性能の高いCPUとGPUを使用することで VR イメージをレンダリングし、リアルタイムコーディングを実現し、RTSP プロ トコルのビデオによって DvBoxクライアントに転送します。 セントラルコントロールサーバーによって利用者のリクエストを承認し、エッジサーバー経由で演算された VR イメージレンダリングが転送されます。

また、5Gエッジサーバーは vGPU対応可能のディスプレイコア、例えば、NVIDIA Tesla V100を、動的に連動したレンダリングイメージやストリーミングを利用者にリアルタイムで表示することを可能にするでしょう。利用者の操作データはネットワークを通じエッジサーバーに送付され、エッジサーバーは画面を即時に更新して利用者に転送します。

インセンティブ

ドラゴンベインプラットフォームとしてやるべきことは、最大限に制作者の情熱を沸き立たせ、プラットフォーム発展のためになる多くのアイデアを生ませることにあります。

そのために制作者の権利の保護とリスクの低減だけではなく、ドラゴンベインプラットフォームはインセンティブ制度を導入しました。

VR技術提供者は制作者にコンテンツ制作ツールキット(撮影機材などの設備含む) を無償提供します。

制作者のやるべきことはVR技術提供者より提供された制作 ツールキットを使用してコンテンツを制作し、パブリッシュすることでしょう。

無料で提供している全ての制作ツールキットにはドラゴンベインSDKを含んでおり、 パブリッシュした全てのコンテンツに対して唯一のデジタルフィンガープリントを付与することができます。

ドラゴンベインブロックチェーンは撮影設備、編集ツールキット、ポスプロツールキット、パブリッシュツールキット、ドラゴンベインSDK制作アップロード技術提供者、VRコンテンツ制作ツールキット、 VR技術提供者 、VRコンテンツ作成者(無償提供)プリントのあるファイル購入、再生などによって、VR技術提供者と VRコンテンツプロバイダーへ規定のドラゴンベインブロックチェーントークン を支給します。

コミュニティ

著作権と収益の保護、リスク削減と経済的刺激などの複数の機能を通じて、ドラゴンベインのプラットフォームには多くのコンテンツが生まれることを確信しています。

だが、それと同時に発生する問題として、どうやってコンテンツの優劣を選別するのか、どうやって問題のあるコンテンツを拒否するのか、 どうやって優秀なコンテンツへ更に多くの奨励を与えるのか、などがありますが、 まず、ドラゴンベインプラットフォームは提出段階で問題のあるコンテンツを選別するため、コンテンツ提出システムに自動チェックシステムを採用します。

これによって システムは問題のあるコンテンツを拒否できる ようになるのです。

例えば、著作権 侵害、コンテンツフォーマットの不一致、破損したコンテンツなどが自動チェックシステムによって排除されます。

第2ステップは、信頼性の高いコミュニティメンバーによって高ランクの少数のユーザーをモデレーターとして任命することです。多数のクレームを受けたコンテンツは彼らに送付されます。モデレーターはコンテンツを削除するかクレームを拒否するかという最終決定を行ないます。

後者の場合、間違ったクレームをした報告 者のランクを下げるという処置を行うのです。

モデレーターへ送付する問題に必要なクレーム数については変動するでしょう。

「いいね」の多いコンテンツ制作者は、新規 アカウントユーザーよりコンテンツ削除にいたるクレーム件数を多く設定します。これは新規アカウントにはコンテンツの品質に関する記録が一切ないためです。 必要なクレーム報告の最低数量はコンテンツ制作者「いいね」の合計 によって決まります。

例えば、あるコンテンツ制作者のランク評価が 1,000個の「いいね」に達した時(その制作者の全てのコンテンツから取得した「いいね」 の合計)、クレームの限界値合計は10から20に増えます。

そして、10,000個 の「いいね」に達した時、クレームの限界値合計は110まで増えるのです。

上記の ロジックはスマートコントラクトプロトコルへハードコーディングされ、該当プロトコルは利用者の報告数とクレームの計算を担当し、必要時にコンテンツ削除を実行します。

そしてより「いいね」の多いコンテンツは更に高いインセンティブが設定されるのです。

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
DragonVein(ドラゴンベイン)への質問お待ちしております!
 

他のICOに比べて優れている点

相違点は大きく分けて3つあります。

Points

コインの価値設定が特殊

通常の競売が独特

ドラゴンベインコイン(DVC)基金

 

コインの価値設定が特殊

ドラゴンベインプラットフォームでは、ドラゴンベインコイン(DVC)の ユーザー、コンテンツ制作者、設備と技術提供者は積極的なフィードバックグループを形成しています。

1.コンテンツ制作者は、コンテンツ制作を通じてドラゴンベインコイン (DVC)を獲得します。 そしてコンテンツ制作者は、アプリストアにてアプリ開発 者が自分の開発したアプリには価格決定権を持っているように、自らが著作権 を持つコンテンツに対して価格決定権を持っています。 一方、ドラゴンベイン は前の章で詳しく述べたコンテンツ制作マイニングも提供し、コンテンツ制作者に、VR コンテンツの制作と公開を促進するのです。

2.ユーザーはドラゴンベインコイン(DVC)を使用して著作権所有者へ支払うことで、自分の興味のあるVRコンテンツを獲得すると同時に、 処理能力、帯域幅とハードウェアをシェアすることによってドラゴンベインコイン(DVC) を稼ぐことができます。

3.VR 設備と技術提供者も設備と技術を提供することによって、ドラゴンベインコイン(DVC)を獲得できます。 ドラゴンベインコイン(DVC)の総量が100億枚に固定された前提において、 その中の40億枚は前記で説明されたマイニングアルゴリズムによってプラットフォーム上のステークホルダーに分配されます。 プラットフォーム全体が拡大するに連れて、システム内部の取引規模と取引速度が向上し、ドラゴンベインコイン(DVC)の価値も同時に向上していくでしょう。

通常の競売が独特

ドラゴンベインはVRコミュニティと暗号化コミュニティを招請し、ドラゴンベインコイン(DVC)販売に参加させることで、VRプラットフォームシステムに貢献します。

これらのグループによる貢献は、VRプラットフォームシス テム発展のためになり、ドラゴンベインの革新的なチャンネル開発を促進します。

これに答える形で、VR/3Dイノベーターを支援するための寄付を行います。

ドラゴンベインコイン(DVC)基金

VR コミュニティを指示するために、我々は  VRイノベーション基金とインセンティブ基金という2つの基金事業体を設立 しました。

VR イノベーション基金 VR アプリ開発者とイノベーターのための専用基金とし、より高品質の製品を多くリリースするために、 プラットフォームに提出された VR アプリケーションプログラムの中で品質の高い製品を提出した開発者に、インセンティブを支払います。

また、ドラゴンべインプラットフォームに公開して5年以内に、開発者へ報酬としてドラゴンベインコイン(DVC)を支給します。

開発者は自分のIPを所有し、自分の意志によって無償、あるいは有償の形でアプリやツールを発表できます。

報酬の多さと報酬を受ける開発者の数は資金残高によって決まります。候補者の登録は一年中オープンで、締め切りは設定されていません。インセンティブ基金 はVR コミュニティの開発を支援するための専用基金です。

最も活動的なコンテンツ クリエイターとコントリビューターは、2週間以内に計画的に報酬を取得できます

プラットフォームが正式に発表された後、これらの基金は毎週調査され、トークン販売収入の0.2%基金へと分配されます。

当基金では技術性、チュート リアルなど様々な面でコンペティションも行ないます。

DragonVein(ドラゴンベイン)の類似プロジェクト

Decentraland

Lucyd

VIBEHub

Cappasity

Gazecoin

CEEK

MARK.SPACE

Reality Clash

Blockchain Store

DragonVein(ドラゴンベイン)対象の顧客

Dragonveinの対象はPS4やニンテンドーswitchなどのゲームと同じく、ゲームプレイヤー層になります。

DragonVein(ドラゴンベイン)のサービス紹介

・VR をレンダリング可能なマイニングマシン-DvBox

DvBox は 5G ゲートウェイ、VR プレイヤー、PoS と PoW マイニングを一体 化したハードウェアです。

ドラゴンベインプラットフォームのコアハブで ある DvBox は、ドラゴンベインコミュニティユーザーのための製品であり、 誰もがコンテンツ制作者であると同時に分散型データセンターの一部であり、プラットフォームの利点を共有することができます。

DvBox は big.LITTLE 技術を使用した強力なCPUを使用し、整数、浮動小数点、メモリなどに対して大きく最適化を行い、全体性能、消費電力及びチップ サイズにおいて革命的な向上を実現しました。

GPU にクアッドコア ARM ハイエンドプロセッサーMali-T860 を使用し、より多くのグラフィックスとコンピューティングインターフェイスをサポートしているため、 例えば、ASTC、 ローカルピクセルストレージなど全世代に比べて全体のパフォーマンスは 45%向上しました。

その他、以下の特徴があります。

1 USB3.0 Type-C *2。Type-C の Display Port 音声とビデオ出力対応可能。

2 デュアル ISP イメージ処理能力が 800MPix/s に達し、デュアルカメラの 同時入力に対応可能、3D、depth 情報の引出しなど高いレベルの処理に対応できる。

3 ATW アルゴリズム、90FPS VR 出力。

4 HDMI2.0 ポート、H.265/H.264/VP9 4K@60fps リアルタイムデコーダー。

5 PCI-e インタフェース付き、PCI-e に基づく高速 Wi-Fi とメモリ拡張に対応可能、ハードディスクは1TB対応可能。

6 5G 通信モジュール、Wifi モジュール 7、Android、Linux などの OS に対応、互換可能。

DvBox の用途

1 ホームネットワークとエンターテイメント DvBox は Android に基づくシステムで、仕事用、ネットサーフィン、エンターテイメントなどを可能にする多機能一体型ハードウェアです。 一般利用者にゲートウェイ中枢を提供し、同時に自信の演算能力を利用したハイエンド のアンドロイドデバイスであり、またユーザーに VR の世界を体験させることのできるデバイスです。

2 インセンティブ制度に基づくコイン獲得 DvBox はドラゴンベインインセンティブ制度を利用できます。 利用者は自分の帯域幅、ストレージ、処理能力とオリジナルコンテンツを共有することでマイニングジョブを実行でき、それによりドラゴンベインコイン(DVC)を獲得できるのです。

3 ドラゴンベイン技術に基づく小型マイニングプール DvBox は、小型マイニングプールとして利用できる家庭用スマートデバイスです。 ドラゴンベインの SDK を起動するだけで計算力のニーズに合わせて最適なマイニングソリューションを出力します。

4 ネットワークストレージ共有 DvBox はデータの信頼性を向上させるために、大規模かつ安全で、信頼性が高く、低コストの CDN クラウドストレージサービルを提供します。 ユーザーは インターネット上のデータにアクセスすることができます。 また外部ストレージ デバイスを介して、ストレージと処理能力のパフォーマンスを拡張することができるのです。 DvBox はストレージコストを最適化する多くのオプションを提供することができます。

ドラゴンべインコイン (DVC)

ドラゴンベインシステムは国際的なVRコンテンツマーケットプレイスを開発する意向で、参加者間の商品交換の主な手段として電子通貨を使用します。

電子通貨の統一性と便利性から、電子通貨はC2C経済往来にとっては最適な物と言えるでしょう。

さらに、ドラゴンベインは既存の暗号化通貨を使用せず、新しい通貨——ドラゴンベインコイン(DVC)を作り出しました。

VR コンテンツの ユーザーは、コンテンツ制作者と開発者が販売及び提供している商品にドラゴンベインコイン(DVC)を支払うことになります。

Dragon Vein インフラストラクチャーは、GitHubでソースを公開するEOSなどの高プロファイルの公的チェーンを参照して、当社のビジネスモデルをサポートする自立型の公的チェーンを使用します。

トークンの取得やシステムの開発に支障を与えないように、初期段階においてドラゴンベインコイン(DVC) はERC-20 Ethereum トークンとして発行され、 自己構築したパブリックチェーンが成熟した後にマッピングさせます。

また、ドラゴンベインは VR コミュニティと暗号化コミュニティを招請し、ドラゴンベインコイン(DVC)販売に参加させることで、VR プラットフォームシステムに貢献します。

これらのグループによる貢献は VR プラットフォームシステム発展のためになり、ドラゴンベインの革新的なチャンネル開発を促進します。

これに答える形で、VR/3D イノベーターを支援するための寄付を行います。

ドラゴンべインコイン (DVC)の用途

ドラゴンベインブロックチェーンの統一通貨として、 ドラゴンベインコイン(DVC)はプラットフォーム内のコンテンツの取引、レンタル、購入、お気に入りのコンテンツのカスタマイズに使用 できます。

ビジネスユーザに対しては、 ドラゴンベインコイン(DVC)は VR コンテンツの宣伝と広報、知的財産権の取引、知的財産権の権利確定、機器取引などが実現できます。

DvBoxを使用してドラゴンべインコイン獲得方法

ドラゴンベインは豊富なマイニング方式を提供しています。

まずは第一に DvBox を通して共有LANの待機計算力、帯域幅とストレージをシェアすることでドラゴンベインコイン(DVC)という報酬を獲得します。

次に、ユーザー はクラウドファンディングに参加し投資すると、制作したコンテンツが再生された時などもマイニングできるのです。またユーザーはコンテンツ制作者に技術と設備を提供することでもマイニング可能です。

マイニングの方式はコンテンツの制作から発表までの各段階を含めているので、ドラゴンベインに参加している限り、横になっていてもマイニング可能となっています。

DvBox のアイドル状態の処理能力、帯域幅とストレージをシェアすることで ドラゴンベインコイン(DVC)というインセンティブを獲得するのです。

ユーザーの処理能力、帯域幅とストレー ジ(推奨 200G 以上)、オンライン時間などのデータによって、マイニングの点 数が決まります。その点数がネットワーク全体合計における比重に基づき、ネットワーク全体でその日に発生したドラゴンベインコイン(DVC)を分配します。

ドラゴンベインコイン(DVC)のマイニングに関するアルゴリズムは下記の通りです。

まずこのカテゴリーでの1日のドラゴンベインコイン(DVC)の生産量は固定されています。

一年目は毎日の生産量が約273万個で、365日 毎に半減。

ドラゴンベインコイン(DVC)はDvBoxのハードウェア処 理能力、バンド幅、シェア可能なストレージの大きさ、 有効なオンライン時間 などの貢献に基づき、多くの面から採点して DVC スコアが確定します。

そしてネットワーク上のDvBox全体で当日に発生したスコアの比重によって、ドラゴンベインコイン(DVC)を分配するのです。

コンテンツ制作でドラゴンベインコインを獲得する方法

コンテンツ制作者と共有者にとっては、ドラゴンベインコイン(DVC)は最も直接的かつ効率的なインセンティブです。

彼らはドラゴンベインプラッ フォームでコンテンツを発表することによって、視聴回数に基づくインセンティブと寄付収入を獲得できます。

ドラゴンベインコンテンツ制作マイニングはDvBox使用によるマイニングのマイナーに類似し、コンテンツ発表者に対し、ドラゴンベインコイン(DVC)コンテンツインセンティブアルゴリズムがあります。

コンテンツ制作マイニングによって発生したドラゴンベインコイン(DVC) マイニングに関するアルゴリズムは下記の通りです。

まずマイニング同様このカテゴリーでの1日のドラゴンベインコイン(DVC)の生産量は固定されています。

一年目は毎日の生産量が約205万個で、365日毎に半減。

コンテンツ制作とシェアに関するインセンティブはコンテンツ発表者がドラゴンベインプラッフォームにアップロードしたコンテンツの品質、再生回数、ユーザー評価、再生時間など多くの面から採点してコンテンツスコアが確定します。

そしてネットワーク上のプラットフォーム全体で当日に発生したコンテンツスコアの比重によって、ドラゴンベインコイン(DVC)を分配するのです。

VR 設備と技術提供でドラゴンベインコインを獲得する方法

コンテンツ制作者に制作ツールキットや設備、技術を無償提供している提供者にとって、 ドラゴンベインコインマイニングの導入によって、販売、レンタル、制作ツールキット提供は1回きりの商売ではなくなり、派生コンテンツの 再生に伴い継続的に収益が獲得できる構造となっています。

設備と技術提供によって発生したドラゴンベインコイン(DVC)マイニング に関するアルゴリズムは下記の通りです。

これもカテゴリーでの1日のドラゴンベインコイン(DVC)の生産量は固定されています。

一年目は毎日の生産量が約68万個で、365日毎に半減。

派生コンテンツに関するインセンティブはコンテンツ発表者がドラゴンベインプラッフォームにアップロードしたコンテンツの再生時間に基づきコンテンツスコアが確定します。

そしてネットワーク上のプラットフォーム全体で当日に発生したパブリッシュスコアの比重によって、ドラゴンベインコイン(DVC)を分配するのです。

 

DragonVein(ドラゴンベイン)のロードマップ 

DragonVeinが掲げる今後の予定です。

 

 

DragonVein(ドラゴンベイン)の運営メンバー 

Shuto Yamamoto  創業者&CEO

2002年 早稲田大学在学時に株式会社 Nojimaと提携し携帯電話ビジネスを行う。
2005年 Nojimaの中国首席代表として上海にて現地法人立上げを行った。
2008年 Mitsumaru East tech にてテレビと家電分野において Nojima 向けOEMプロジェクトを開始し、その後ビジネス拡大に伴いMitsumaru JPへ転籍、プロジェクトマネージャーを務めた。
その他中国にて飲食、美容ビジネスを立上げた後、2017年にブロックチェーン技術応用のためOpenlist limitedを設立。

Tony Shum  創業者&CMO

Sanyo semiconductor の華東地区営業総監、香港上 場会社(三丸東傑)董事 局主席アシスタント、MITSUMARU JP パートナーを 就任し、 日本で中国産の MITSUMARU ブランドの家電を販売成功させる。
発启ファンドのパートナー。

Jack Zheng  創業者& VP ゲーム業界の専門家であると共に政府とも強いコネクションを持つ。

2009年から2011年にスターフィッシュゲームズのCEOを務め、2011年から2013年まで韓国の Renren Network の代表者を務めた。
2014年にiBHSoftのCOOに就任。
2016年からのブロックチェーンベースのゲームソリューションを研究している。

DragonVein(ドラゴンベイン)の将来性・まとめ 

将来性は一概に判断できない状態です。 DvBoxはコインの供給源かつVRサービスの基本であることから、どれだけ生産できるかどうかが重要であると考えています。

このいくら生産できるかという質問に対して「全世界に供給できるような数億個という生産はできない」とドラゴンベイン側は発言しています。

しかし、初年度から数十万という単位で生産することを目標にしていることも事実です。

Whitepaperやホームページに使われている画像が他のプロジェクトのモノに酷似していることから詐欺ではないかという意見も少なくはなく、プロジェクト全体にも疑惑のまなざしが送られています。

今後、このプロジェクトがどうなっていくのかはわかりませんが、取り扱いには少し慎重になる必要があるということは断言できるでしょう。

コインオタク伊藤

VR×ブロックチェーンという比較的ありふれた市場で、情報が極端に少なく、コインオタクで取り上げて欲しいと要望をもらっていたプロジェクトです。
改めて調査しましたが、やはり開示されている情報が少なすぎると感じます。
VRプロジェクトでは動画コンテンツを閲覧できるようにするプロジェクトも多い中で、このプロジェクトは企業提携やメンバーの実績などビジネスの側だけを取り上げている印象です。
実際にサービスを使うのはユーザーなので、今後はコンテンツの開示に力を入れて欲しいと思います。

ビットコイン高橋
「○○したらマイニング」みたいに、複数のマイニング手法があるのは面白く、実現すればPoWやPoSが抱える様々な問題を解決できる。 反面、ユーザーが手にしたコインはユーザーから見たら使い道はあまりなく、マイニング意欲を駆り立てる動機には繋がりづらいんだよね。 ちなみにVR構想をもったプロジェクトは多く、競合他社は多い。如何にしてビックコンテンツを載せられるかが流行らせることが出来るかどうかのカギ・・・かな。

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
DragonVein(ドラゴンベイン)への質問お待ちしております!