【情報量日本一位】BitRewards(ビットリワード)の将来性をコインオタクが徹底調査!

あのICOは今!?

BitRewards(ビットリワード)の基本情報 

案件名:ビットリワード

シンボル:BitRewards

通過記号:BIT

発行上限:20億

販売時期:プレセール
2018-04-09 – 2018-04-11
クラウドセール
2018-04-12 – 2018-05-09

ブロックチェーンのタイプ:ERC20 規格
分散型AIベースプラットフォーム

最低購入価格:1,000BIT

受け入れ通貨:BTC,ETH

会社名:GIFTD.tec

開発国:ロシア

会社について

サービス:SaaS(Software as a Service) インターネットを通じてサービスをユーザーに提供されるのが特徴です。ユーザーは特別なソフトをインストールする必要はなくWebブラウザからサービスにアクセスして利用することができるためソフトウェアをインストールしたりライセンスを購入する必要がありません。 設立は、2012年です。

BitRewards(ビットリワード)の公式サイト、SNS一覧

公式サイト:https://bitrewards.network/

公式Facebook:https://www.facebook.com/bitrewards.network

公式Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCWwXrCr1ofCuADGsFC13HkA

ホワイトペーパー:https://bitrewards.network/white-paper_jp.pdf

公式Twitter:https://twitter.com/bitrewards

公式テレグラム:https://t.me/bitrewards

公式medium:https://medium.com/@bitrewards

連絡先:

CEO:AlexEgorovtel +79168000835

又は、alex.egorov@bitrewards.network

メディア規模は、SNSの更新頻度も活発で各SNSのアカウントのフォロワーも多い。
(テレグラム14 449 members, 330 online)

BitRewards(ビットリワード)の取引所一覧 

上場先:HitBBC(ヒットビービーシー)
(*国内取引所はありません)

BitRewards(ビットリワード)の特徴 

下記の動画は英語のみでの視聴が可能です。

わかりやすく動画で説明されているので視覚だけでも十分ストーリーは伝わるのではないでしょうか…詳細は後々説明させていただきます!

BitRewards(ビットリワード)の目的 

「顧客のロイヤリティの管理と向上」

購入の際、イーサリアムベースのトークンを得て償還し、また別の仮装通貨ウォレットに転送することで顧客にとっての絶対的な価値を見出すことです。

オープンマーケットで BIT を購入するだけで、ユーザーが特典を獲得することができ、小売業者にとって、利益になります。

また、暗号通貨愛好家のコミュニティをターゲットにすることによって顧客のロイヤリティを向上させること、加盟店にとっての利益になります。

マーケット

ビットリワードは小売業者向けでもありますが、大きなターゲットは電子商取引です。

電子商取引所はいろんなサービスを積極的に採用しており、比較的容易に拡張することができるからです。 経済産業省の電子商取引に関する市場調査によると、平成29年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、16.5兆円(前年15.1兆円、前年比9.1%増)に拡大しています。また、平成29年の日本国内のBtoB-EC(企業間電子商取引)市場規模は317.2兆円(前年291.0兆円、前年比9.0%増)に拡大しています。 また、EC化率※1は、BtoC-ECで5.79%(前年比0.36ポイント増)、BtoB-ECで29.6%(前年比1.3ポイント増)と増加傾向にあり、商取引の電子化が引き続き進展しています。

毎年、何百万もの小売強者が顧客のロイヤルティを向上させるためのソフトウェアに 200 億ドル以上もの費用を費やしています。これは現在の混雑した市場で競争力を保つには必要なことでもあります。ロイヤルティプログラムは高い費用がかかるだけでなく、時間もかかり、また、設定するには煩わしいものでもあります。多くの場合、顧客は参加するたびにポイントやボーナスの獲得の仕方や、償還の難しさや紛らわしさについて不満を訴えます。残念ながらほとんどのロイヤルティプログラムは簡単に自己支払いが出来るわけではなく、12 ヶ月未満でシャットダウンしてしまうのです。

BitRewards(ビットリワード)が問題視したマーケットの課題と解決方法

BitRewards(ビットリワード)が問題視したマーケットの課題3つ。

Points

1.顧客のアカント不活動防止

2.低い償還率

3.顧客サービスコストの増加による低いクライアントリテンション

顧客のアカウント不活動防止

多くのロイヤルティプログラムにより、顧客がその他の行動をとる必要性が感じられず、不透明な報酬制度に対してネガティブな印象を持ってしまいます。これが、顧客の利用を減少し顧客のアカウント不活動につながってしまうのです。3Cinteractive によれば、消費者の 70%もの人がロイヤルティプログラムにサインアップしません。なぜなら、サインアップは登録完了するのに時間がかかり不便だからです。ですので、ショップを統合するために、顧客中心のアプローチで簡単で便利なユーザーインターフェイスを提供します。 個々のユーザーには、参加しているショップのウェブサイトからアクセスできる単一のウォレットがあり、ウェブアプリやモバイルア13アプリからアクセスすることもできます。 ユーザーはまた、無関係なロイヤルティプログラムに登録する必要はなく、獲得したトークンは他のネットワークメンバーと交換することができます。

低い償還率

償還をしないロイヤルティおよびリワードプログラムのメンバーは、1 つのプログラムの中の欠陥に 2.3 倍の確率で反応し、別のプログラムに参加する可能性が高いとされています。 ポイントを与える既存のロイヤルティシステムとは異なり、ビットリワードは価値をトークンに移し、顧客のウォレットに直接クレジットとなります。

顧客サービスコストの増加による低いクライアントリテンション

ロイヤルティプログラムを設定しようとすれば、時間、や努力を費やすだけでなく、従業員を雇い、情報の分析やレポートの作成などが必要になってきます。しかし、ロイヤリティプログラムのルールがより洗練されているほど、顧客サービスのコストが高くなってしまいます。これに関しては、ユーザーは無料でビットリワード・プラットフォームを使用できます。 このプラットフォームは簡単にインストール、及び設定することができ、特別な技術知識やスキルなどは全く必要ありません。ビットリワード・トークンの受け取りと使用は、参加しているすべての顧客にとって標準的なものになり、簡単になります。 ビットリワードのお問い合わせはサービス・オペレーターによって解答され、技術的指導、サポート、品質保証を提供するのです。

他の競合他社に比べて優れている点

他の競合他社に比べて優れている点は大きく分けて3つあります。

Points

1.ブロックチェーン技術を利用している

2.価値・BITトークンには発行上限が設定されている

3.BitRewardsは無料で加盟店として参画できる

ブロックチェーン技術を利用している

ブロックチェーン技術を利用するメリットをもう一度おさらいしましょう。 ブロックチェーンを導入する利点として下記が挙げられます。

Points

・仮想通貨資産とすることで、他の流動性資産(他の仮想通貨等)にすぐに変換が可能

・セキュリティリスクの低下(既存のロイヤリティシステムは情報流出が激しい)

・加盟店が独自のトークン、その他のロイヤリティ、報酬プログラムの作成が可能

価値 ・BITトークンには発行上限が設定されている

発行上限が設定されていることにより、BitRewardsプラットフォームの成長に伴ってBITトークン1枚あたりの価値が変動します。

BItRewards(ビットリワード)は5年以上にわたり報酬とロイヤリティソフトウェアの市場で事業を展開しており、ノウハウと実績を持っています。 これらを使い仮想通貨「BIT」というものに価値を持たせることによって「BIT」の金額自体も上がっていくことを計画しています。また、数多くのイベントにも積極的に参加していて、アクティブさもあります。 さらに3月24日にはAdHiveとも提携を発表しています。すでに色々なところで使われる予定がある「BIT」はすでに価値があると言ってもいいでしょう。

BitRewardsは無料で加盟店として参画できる

基本的にこういったロイヤリティサービスは加盟費用が必要となります。しかし、BitRewardsは無料で加盟することができます。 加盟店はBitRewardsが収集した膨大なマーケットデータやAIによる分析データの提供を受けることや、BITトークンを購入者にボーナスとして付与するロイヤリティサービスが可能になります。(AIの統合は2019年予定を予定されています)

公式サイトTOPページの「機能している製品」ボタンから既に可動しているBitRewardsのデモ版が利用できます。さらに、メールアドレスを登録するだけで300円相当のBITトークンが受け取れます。(もちろん出金可能) 他にもFacebookでイイネ、Facebookでシェア、リファラルリンクの提供等で「BitRewards」のプロダクトを使って、BitRewardsプロジェクトを宣伝することで、宣伝者はBITトークンを受け取るということができます。 そして前述にもある通り、将来的には独自のトークン発行・ロイヤリティプログラムの構築を行って、マーケティングやデータ収集といったサービスも利用可能になる想定です。

BitRewards(ビットリワード)の対象の顧客

以下のアプリを利用するカスタマー

Magento(マジェント)

Magentoはアメリカ・ロサンゼルスに本拠を構える、Magento Inc.が開発しているECサイト構築用のオープンソースソフトウエアです。

Image result for Magento

Shopify(ショッピファイ)

Shopify(ショッピファイ)はカナダのオタワを拠点としている企業で、高機能なネットショップが作成できるサービスを提供しています。

 

Image result for shopify

WordPress(ワードプレス)

ブログの運営をより簡単にするためのソフトウェアになります。

Image result for wordpress

Ecwid

Ecwid Japanは、会社が運営するソーシャルメディア(FacebookやTumblr)にオンラインストアを追加できる珍しいサービスです。ソーシャルメディア運用が当たり前になった現代において、簡単にオンラインストアを追加でき、世界中に自社商品を発信できます。

さらに、同時にECサイトやGoogleショッピングなど、複数のプラットフォーム上で販売可能です。

 

 

Image result for ecwid

BitREwards(ビットリワード)のサービス紹介

Points

1.ビットリワードネットワークに参加しているオンラインストアの顧客は、BIT をキャッシュバックとして受け取ることが可能。

2.BIT は、参加する加盟店に接続されたオンラインクリプトウォレットを介して、同じ店舗または他のビットリワード加盟店と交換することが可能。

3.顧客は、取引所または Bancor の流動性の高いスマート契約によって BIT を購入することが可能。

①ビットリワードネットワークに参加しているオンラインストアの顧客は、BIT をキャッシュバックとして受け取ることができます。 これは、特定の金額、また割合で、加盟店を紹介した友人や購入、ソーシャルネットワークのシェアや「いいね」の数などのカスタマサイズ可能な設定が出来ます。 キャッシュバックは、ビットリワードプラグインを介して、加盟店に接続し、顧客に自動的に作成されるクリプトウォレットに入金されます。

②BIT は、参加する加盟店に接続されたオンラインクリプトウォレットを介して、同じ店舗または他のビットリワード加盟店と交換することができます。 顧客のクリプトウォレットの BIT 残高は、通常のVisa または Mastercard を使用した場合と同じように、銀行デビットカードに接続することもできます。 また、プラットフォームは、ロイヤルティ管理システムに必要な基盤を提供します。OpenCart、Shopify、WordPress、Magento など、顧客のモバイルウォレット、モバイルアプリ、Chrome やFirefox などのブラウザのすべてのモジュールやプラグインをサポートしています。ビットリワードは分散的システムなので、 そのソリューションは容易に拡張可能であり、地理的またはプラットフォーム上の制限は全くありません。実際、このプラグインは、 電子商取引プラットフォームやウェブサイトビルダーのアプリストアからダウンロードすることができ、小売業者はビットリワーズに数分で接続することができます。

③顧客は、取引所または Bancor の流動性の高いスマート契約によって BIT を購入することもできます。 トークン所有者の BIT のプライベートキーはビットリワーズネットワーク・プラットフォームによって提供されるウォレットに格納することができ 、 標準のイーサリアム ウォレットでは、または ERC20 をサポートしている財布で使用することが出来ます。

BitRewards(ビットリワード)のトークン配分

 

【製品開発 27%】 開発ロールマップに基づいた製品開発

【オペレーション 12%】 管理、技術担当以外のスタッフの給料

【マーケティング、セールス、加盟店獲得&パートナシップ 39%】 小売業者をプラットフォームに引き付けるための費用、ロイヤルティプログラムのサービスプロバイダおよびその他のパートナーとのパートナーシップの構築

【法律 6%】 会社および子会社の現況、小売業者との契約、Bitrewards サービスおよび小売業務の全スタックに関する法的意見の開発など

【管理 16%】 C-level executives salaries C級 役員給与

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
BitRewards(ビットリワード)への質問お待ちしております!
 

BitRewards(ビットリワード)のロードマップ 

2017年

1月 – 6月

アイディアを概念化 プロジェクト開始 市場調査の開始

7月 – 12月 ブロックチェーンプロジェクトチーム編成 作成されたプラットフォームアーキテクチャ ホワイトペーパーv.1.0リリース

2018年

1月 – 6月 ワールドワイドナロードショー 20カ国以上を訪問 Ethereumベースのスマートコントラクト トークンセール(個人売出しから公共本売まで)

7月 – 12月 GIFTDのサービスに対するBIT支払い BitRewards MVP 事前に選択された加盟店とのパイロット統合 販売者のアプリ用のモバイルSDK BitRewardsテストネットと財布を発売 米国市場の探査とテスト アジア事業開発事務所

2019年

1月 – 6月 商人や買い物客のためのWeb /モバイルアプリを備えた本格的な報酬とロイヤルティプラットフォーム BitRewards開発者コミュニティのスケーリング

BitRewards(ビットリワード)の運営メンバー 

Alex EGOROV/CEO

Alexander NEVIDIMOV/CTO, ブロックチェーンアーキテクチャ

Reuben Godfrey/アドバイザー、PR、グローバルスケーリング

Jason Hung/アドバイザー、テクノロジー、グレーター、チャイナスケーリング

John McNaughton/支払いプロセス及び経済アドバイザー

 

BitRewards(ビットリワード)の最新情報  

Jur「紛争解決プラットフォーム」との提携

BitRewardsは、Jur 「紛争解決プラットフォーム」との提携を発表しました。

Jurは、ユーザーが契約を作成し、資金を預託し、オンラインで紛争を解決することを可能にするブロックチェーンベースのトークンです。つまり、オンラインでのユーザー同士の争いを裁判によって決めるということになります。

BitRewardsはみなさんもお分かりの通り、報酬とロイヤリティのバランスを見分けることができるプラットフォーム ですが、今回Jurのサービスを利用し、契約条件を順守し、BITトークンで彼らの金銭的義務を果たし、高いビジネス評判を達成するJurクライアントに報酬を与えることになります。

契約は取引関係のバックアップとして機能します。

しかし、いずれかの当事者による合意の違反になると、裁判所での正義と仲裁を求め、良い決議をするまでには多くの時間と努力が必要になります。

ビットリワードが「現代のテクノロジーの時代に生きています」と話す理由として、取引関係に関する現在の方針や規制は時代遅れで複雑すぎると言及しています。

「Jurは彼らのシステムがビジネスや他の紛争をもっと早く、そしてもっと直接的な方法で解決すると信じています。契約をめぐる契約紛争が発生した場合はいつでも、紛争当事者双方は紛争を解決する方法を提案します。 JURトークンを所有している人は、自分が自分のトークンを自分が最も公平だと信じる決議で投票するか、投票を控えることを選択できます。」と発表しました。

Jurの公式サイト:https://jur.io/

BitRewards(ビットリワード)のトークン価値

2019年2月19日現在

BitRewards Price ¥0.072316 JPY

Market Rank #1015

時価総額 ¥24,454,235 JPY

24時間のボリューム¥446,463 JPY

循環サプライ 338,159,508 BIT

総合サプライ 544,070,956 BIT

最大供給 データなし

もちろんトークン価格がそのままプロジェクトの評価ではないですが、着目していただきたいのは、「24時間のボリューム」。大問題なのは2019年2月現在、24時間取引量が1BTC(約40万円)以下という点です。

ビットコイン高橋

マーケティングのプロジェクトがマーケティングできていないというのは堪え難い結果ですね。提携企業がなぜ提携しているのか疑問です。 なぜかと言いますと、実際に自社ポイントサービス導入したほうが流動性高いからです。今後も、提携企業は集まる目処は立っていない様子です。企業の流通に乗せるには、最低ラインとして24時間取引量は1億円以上はマストでしょう。

しかし現状は、24時間取引量が1BTC(約40万円)以下のため企業の流通に乗せるには相当長い道のりです。

BitRewards(ビットリワード)の将来性・まとめ 

大企業がサービスを打ち出す中でも、サービスコンセプトが明確で小売店がきちんとアピールして集客できるという仕組みの構築はできています。

利用者・サービス提供者のどちらからも需要はありそうです。

コインオタク伊藤
しかし、公式ホームページの更新内容とは裏腹に、トークンの価値は下がる一方でワークスケールする様子もなしで将来性はあまり見受けられないです。

専門家や知識人が厳しく評価をすることでもおなじみのICObenchでも、ハイスコアがつけられています。 総合評価だけでなく個別の評価も高く、ICOの紹介の仕方から開発チーム、ビジネスの計画性、製品の内容にいたるまで軒並み高いのが特徴です。 他のサイトでもご覧の通りのスコアで、BitRewardsが各方面から期待されているということがアピールされています。

しかしながら、こういったサイトで高い評価を付けられているからと言って、良い案件だと断言はできません。 星の数ほどあるICO案件の中でどれを買おうか選ぶことは時々すごく困難です。

コインオタク伊藤

ICO銘柄が夢と希望にあふれて挫折していた時代に実体・ビジネスに特化した時期のICOプロジェクトになります。企業のリワード(簡単に言えばポイントシステム)に暗号資産を使う初期のプロジェクトと言えるでしょう。

結果は、市場の下げトレンドに勝てず、衰退して現在に至る状況です。やはり市場の影響を受けてトークン(ポイント)の価値が上下するのはまだ一般企業には受け入れられないですね。そして、新しくステーブルコイン(価格が変動しないトークン。ポイント向き)が誕生したことで、過去のリワード系プロジェクトは軒並み価値が薄れてしまいました。今後はリブランディングをして方向転換するかもしれません。

ビットコイン高橋
当時の市場であれば発展する可能性も見えていたでしょうけど、時と共にトレンドや方向性が変わる中で徐々に価値は薄れていっている気がします。 今のモデルをゼロイチで一新するか、今あるものをベースとし実用的、且つ魅力のあるメインビジネスモデルを加えないと先は無いかも。

これらのサイトでの評価だけでなく投資銘柄を選別するいい判断材料がほしいと思っている方、その他のICOトークンをどうすればいいのか。

迷われている方は、ぜひこちらもご確認ください!!

今あなたが持たれているBITコイン、またその他のICOトークンをどうすればいいのか。迷われている場合は必ずこちらもご確認ください!

↓↓

コインオタク・オンラインサロン 『テクニカルチャート分析講座』が加わってさらにパワーアップ!

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
BitRewards(ビットリワード)への質問お待ちしております!