広告枠の常識を覆したアニメ「Tiger & Bunny」に続き、ゲーム業界での新たな取り組み!

海外レポート

出展:Netflixでヒットアニメ「Tiger & Bunny」が人気な理由

伊藤健次
暗号資産評論家伊藤健次(@it0ken)です!

今回はブロックチェーン技術により、ゲーム内に表示される広告が邪魔なものではなく、有益なものになっていく件についてです!

企業、開発者、ユーザーの皆が広告効果により公正な配分を保証

ゲーム業界およびデジタル広告業界は現在、高額な広告費用や、広告詐欺など多くの問題に取り組んでいます。

Vreoは、ブロックチェーンを使用してこれらの問題を解決できると考えているプロジェクトです。

 Vreoは、ゲーム内広告の現行の問題に対処するだけでなく、ブランド、開発者、ゲーマーのそれぞれに広告効果の公正な配分を保証する仕組みを統合するよう努める、デジタル広告ソリューションを開発 しています。

スマートフォンでお気に入りのゲームをプレイ中に、バナー広告やポップアップビデオに定期的に割り込まれてしまった経験はあると思います。

そういった形での広告ではなく、ゲーム内に広告を埋め込んでしまうことでゲームを中断することも無くなるのでストレスなくプレイすることができます。

 Vreoのトークンにできるゲーム広告ブロックチェーンソフト開発により、ゲーム開発者も広告によるトークン収入が発生するので、ブログやYouTubeアフェリエイトのような職業にもなります。 

「広告」を有益なものにするための工夫を凝らせば見え方は大きく変わる!

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

テクノロジーの発展とともに広告業界に危機が迫っています。不必要なものは世の中から淘汰される中、「広告」がその対象になっていると言えます。

ブロックチェーンを活用し、広告を有益なものにするためのプロジェクト。

その手法が、ゲームとシナジーを生む広告というわけです。

もちろん、この事例は多岐にわたるので、ただ単にゲーム内広告をすればよいわけではなく、ユーザー情報を元にゲーム性を壊すことなく、有益な広告配信ができることを目指しています。

 日本でもすでに広告を有益なものにしようという取り組みは起きています。 

大ヒットアニメ「Tigere & Bunny(タイガーアンドバニー)」ではアニメのキャラクターの登場ヒーローの体に、ダイレクトにスポンサーロゴが入っていて、空前のヒットとなりました。

一見するとなんじゃこりゃ?!なんですが、F1の車体と同じ、といえば納得行くかと思います。

未来的に警察の力が衰退した世界が出てきたら、スポンサーがついて民間のテレビ番組が盛り上げるんじゃないだろうか、という想像のもと、架空ではなく実際にスポンサーを募ってしまったのです。視聴者はスポンサー選びも含めて作品として楽しんでいます。

最近の日本の広告はアニメーションが多数使われています。

しかし、ユーザーの為に行われたというよりは、芸能人のギャラの高さ・トラブルによるスポンサーの損害などスポンサー主体で考えられた広告手法なだけに、賛否両論が出ているのも事実です。

結論として、 ブロックチェーンを使うにしても使わないにしても、コミュニティをどのように生かすかで結果は変わってきます。 

極端な話、私たちの未来では「広告」という言葉はなくなっているかもしれません。情報は与えられるものではなく、自ら取りに行くものという理解が今以上に進んでいると伊藤は想定しています。

国内最大手ゲームメーカー、スクウェア・エニックスもブロックチェーン技術の応用に高い関心を寄せています!その記事はこちらをご覧ください!