2200万ドル巨大規模ブロックチェーンファンドの設立、出資者にあのロジャー・バー氏

国内ニュース
伊藤健次
暗号資産評論家伊藤健次(@it0ken)です!

今回は、「ブロックチェーンファンド新設の情報リリースから考えられる「ファンド」の重要性」についてレポートします!

巨大投資ファンド、ブロックチェーンを全世界へ

 Pangea Blockchain Funds による2200万ドル規模のブロックチェーングローバル基金が設立されたことが発表されました。
Pangea Blockchain Fundsはスイスに本拠地を置く投資顧問団体です。
当基金の原資はCopernicus Asset Management SA(Copernicus)や Bitcoin.comのオーナーであるRoger Ver氏 による出資です。

Blockchain Investment Advisory Saglの共同創設者James Duplessie氏によると、

ブロックチェーン技術は、私たちの生活システムの性質を変える可能性があり、価値創造の最大の推進力となるだろう。今回、ビジネスにおいて「Pangea(パンゲア)」という言葉を選んだ。それは「地球全体」を意味する。ブロックチェーンを世界に統一的かつ変革的な変化をもたらす手段として使用することを全世界へ発信していきたい。

引用元:Pangea Blockchain Fund Closes $22 Million Seed, Debuts Inaugural International Fund to Advance Market-Defining Blockchain Technologies

Pangea Blockchain Fundsの投資マネジャーおよびアドバイザーは、基礎となるブロックチェーンテクノロジーの商用および産業用アプリケーション開発に強みを持つ新世界のテクノロジストと旧世界のウォールストリート出身の金融先鋭部隊という実用的な組み合わせで構成されています。

比類ない経営陣から成る技術的専門知識を駆使して世界的ネットワークを派生させることで、今日の市場の成長を後押しする好材料となることでしょう。
必要とされている知的資本と金融資本を融合させたこのプロジェクトの成功を祈りましょう!

「ファンド」の市場への影響力と国内企業の運用好実績

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

本件は、日本でも有名なBitcoin.comの代表ロジャーバー氏も参加しているクリプトファンドです。
クリプトファンドの数は最近になって、その数は増加傾向にあり、中でもその規模ばかりが着目されがちですが、そろそろファンドとしての結果をしっかり評価していきたいところです。

ファンドとは単なる金儲けの存在ではなく、市場にある資金を効率よく潤滑させる重要な役割を担っています。
当然、結果が出なければファンドとしての意味をなしません。

物言う株主というのが一時期世間で流行りましたが、物言う株主は結果にコミットする良い株主であるという側面があります。

物言う株主(物言う投資家):「アクティビスト」とも呼ばれ、株主としての権利を積極的に行使して、会社に影響力を及ぼし、会社を変えていこうとする投資家の総称をいいます。昨今では、高い運用利回りを求める年金基金をはじめとした機関投資家の支持を集めて、要求したとおりの改革が実現することも少なくありません。

投資手法でも「自己資金で投資をするか」、「資金調達をして投資をするか」の違いがあるものの、ここで好調な結果を出し続けている投資事業をご紹介します。

日本でも有名な、ソフトバンクと楽天です。ソフトバンクはメディアにも取り上げられるのでその成績は誰もが理解をしておりますが、実は楽天(以下引用)もかなり好成績を上げております。

2012年~2017年の間に$1.5B(約1,500億円)を投資して、それらの投資先の現時点での公正価値が$2.6B(約2,600億円)になっている。ROI(Return on investment)を計算すると+70% 、IRR(Internal Rate of Return)を計算すると34%となっている。

引用元:ソフトバンクと楽天の投資事業の凄さを真面目に語ってみる

米配車サービスのリフトが1日、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)を正式に申請した。競合大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]に先駆け、配車サービス企業としては初の上場となる。リフトの筆頭株主は電子商取引大手の楽天<4755.T>で13%超を保有。その他、ゼネラル・モーターズ(GM)やフィデリティー・インベストメンツはそれぞれ8%未満、グーグルの持ち株会社アルファベットは5%超を保有。共同創業者はローガン・グリーン氏とジョン・ジマー氏で、それぞれ120万株相当を保有する。

引用元:米リフト、IPOを正式申請 楽天が筆頭株主

市場の重要な役割を持つ「ファンド」という立場であるので今後はその運用成績の開示を期待したいところです。
(皆さんがいつも利用しているLINE、そのLINE社も実はクリプトファンドを立ち上げていることをご存知でしょうか?こちらもぜひご覧ください!!)