【情報量日本一位】Googleとパートナーシップ提携!分散化ネットワークの革新を目指したNKNを徹底調査!

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

New Kind of Network:新しい種類のネットワークという名前の通り、分散化時代の革新を掲げ、新たなネットワークの構築を目的として通信分野のエキスパートが集結したプロジェクト『NKN』を徹底調査しましたので一緒に追って行きましょう!。
Image result for NKN google
NKN(エヌケーエヌ)のヘッドラインニュース
【速報】NKN、Huobi GlobalのFastrackの1つに選ばれる

Huobi GlobalがFastrack Projectへの上場する初の5つのプロジェクトに選べれました。

Fastrackへの上場でNKNは以下2つのことを行います。

今後

・NKNプロジェクトの存在を130をまたぐHuobi Globalのユーザーを利用して広めます。

・NKNトークンの流動性を改善

 

【速報】Googleとの提携によるサービス拡大と向上!

201937日に、NKNは、“Google Cloud Marketplace” NKN1クリックフルノードをすぐに利用できるようになったことを発表しました。

さらに、NKNGoogle Cloud Technology Partnerプログラムに参加しました。

これによってNKNは、Google Cloudによって承認されプロジェクトチームによって正式にサポートされている唯一のフルノードブロックチェーンソフトウェアとなりました。

NKNノードは、公衆ネットワークのバックボーンであり、ユーザーがデータを中継して報酬を得ることを可能にします。

NKN1クリックフルノードには、次の機能があります。

* NKNノードとウォレットを含む事前設定された動作環境

*数分で超高速ノード同期のための同期ブロックチェーンが含まれています

*自動更新ノードは常に最新のソフトウェアリリースを実行します。

*自動起動と自動修復仮想マシンが起動されるとNKNノードが起動し、動作を継続します。

*コミュニティが構築したhttps://nknx.orgでユーザーの健康状態と報酬を追跡します。

NKNは、Google Cloud Technology Partnerプログラムのメンバーとして、今後開催されるNext’19Google Cloudの第1回年次総会など、マーケティング活動に関してGoogleとコラボレーションする機会を提供するとのこと。

Google CloudDigitalOceanに参加して、これらの主要なクラウドプラットフォームでNKNフルノードを展開するための簡単なセットアップオプションを提供するそうです。技術的な知識のあるなしにかかわらず、ユーザーのためにNKNノードを実行するのがこれまでになく簡単になりました。

NKNGoogleパートナーの詳細を知りたい方はこちら

NKNの特徴

分散化時代の革新を掲げ、新たなネットワークの構築を目的として通信分野のエキスパートが集結したプロジェクト、 New Kind of Network:新しい種類のネットワーク。

・何百万ものノード

水平方向に拡張可能で、任意の数のコンセンサスノードをサポートする、新しいMOCAコンセンサスアルゴリズム。 NKNのテストネットは、BitcoinとEthereumに続いて7476コンセンサスノードにまで登りました。

2019年3月現在、公式ページにて簡単に更新をチェックすることができます。

・テストネットでのリーチ数の比較

実は、ビットコインは10,000ノードに達するまでに10年かかったにも関わらず、NKNは5,878ノードを2ヶ月で達成しました。

・集約されたスピード

・ゼロサーバー

・独自のグローバルID

・特別なセキュリティとプライバシー

・短い待ち時間

NKNの基本情報

案件名:NKN

シンボル:NKN(New Kind of Network)

通過記号:NKN

発行上限: 7,000,000

販売時期:2018年4月19日まで

ブロックチェーンのタイプ:ERC20

総発行枚数:1,000,000,000

NKNの取引所一覧

NKNの公式サイト、SNS一覧

NKNの目的

Image result for nkn introduction

 NKNは、新しいパブリックブロックチェーンを搭載した、新しい種類のP2Pネットワーク接続プロトコル&エコシステムです。

インターネットユーザーがネットワーク接続を共有し、未使用の帯域幅を利用するように動機付けるために経済的インセンティブを使用します。 それによって、NKNのオープンで効率的、そして堅牢なネットワークインフラストラクチャが、アプリケーション開発者が分散型インターネットを構築することを可能にし、誰もが安全で低コストで普遍的にアクセス可能な接続性を楽しむことができることを目指しています。

NKNの特徴

NKNが問題視した課題

NKNは、従来のネットワークには3つの問題があると指摘しました。

Points

1ネットワークの限界

2.リソースの活用

3.ネット中立性&フラグメンテーション

 

①ネットワークの限界

NKNは、従来のネットワークは不具合や悪意のある攻撃(=ハッキング)などに脆いことに着目し、信頼性が高くグローバルなコネクティビティと共に情報伝達の提供を可能にするネットワークを根本的に再構築する必要があるとしました。

クライアントサーバーモデルは高価で複雑で、失敗や攻撃を受けやすい今日のコミュニケーションの大部分は、集中型サーバーを経由する必要があり、そこでブロックまたは妨害されたり、ハッキングされたり、盗聴されたりする可能性があるとしたのです。NKNのビジョンは、分散型ネットワーク層に革命をもたらすだけではなく、次世代ブロックチェーンのコア技術を開発することです。


②リソースの活用

もちろんネットワークの利用効率が悪いとリソースが無駄になる現在のインターネットはピークトラフィック用に設計されていますが、ほとんどの場合、これらのネットワークは十分に活用されていないため、未使用の帯域幅が毎秒無駄になっています。


③ネット中立性&フラグメンテーション

ネット中立性が失われつつあることからネットワークスケーラビリティが犠牲にされているというのです。 「ネット中立性」とは、 ネット上のコンテンツを公平に取り扱うということ です。2017年末トランプ氏は、ネット中立性が企業の成長を邪魔する原因となるとし、ネット中立性を保護する法律の撤廃に乗り込んだことで話題にあがりましたね。背景としては、会社が動画のような重いコンテンツを流そうそすると、電気通信会社の設備向上しようとして金銭的な負担がかかることが懸念されたのです。これによって、コンテンツを流したい会社が電気通信会社に支払うお金が増えてきています。

なぜこの流れが我々に影響するのかというと、これらのコンテンツ会社が支払わなければならないお金をユーザーのサービス料金から負担するようになると予測されるからです。そうすると、SNS、動画配信サービス、メッセージアプリなどにおいて資金のある大手会社はのサービスは利用しやすくなり、逆に小規模な会社のサービスは利用しやすくなります。つまり、インターネット業界における新しいビジネスの芽が育ちにくくなるのです。

あくまでアメリカの法律が変わるだけだと思っていてはいけないことは、日本人のみなさんなら容易にイメージできるでしょう。我々が使っているインターネットサービスGoogle(グーグル)やYouTube、Facebook、Twitterなどのほとんどがアメリカ発祥のもの。将来、日本のインターネット業界が影響を受けない可能性の方が低いのではないでしょうか。

このように、市場を独占する巨大電気通史業者への依存から脱却し、分散型の安いローカルインターネットインフラストラクチャを構築する必要性はますます高まっていきます。適切なインセンティブ付与スキームがなければ、一定で安全な情報伝播チャンネルを維持することはほとんど不可能だからという理由もあります。

NKNが出したソリューション

NKNは以下のソリューションを打ち出しました。

・どのノードも、完全にオープンなネットワークに任意の場所から接続できます。

・ネットワーク共有を促進し、ネットの中立性の確保

・常にネットワークを開いてスケーラブルに保つ

・効率的でダイナミックなルーティングを実行する

・ネットワーク接続とデータ転送資産をトークン化し、参加ノードにインセンティブを与える

・次世代のブロックチェーンネットワークの設計と構築


これによって各種類のユーザーはどんなことができるのか?

対開発者:

集中型サーバーを使用せずに任意のクライアント間で直接接続を提供するユニバーサルP2Pネットワークスタックへのアクセス

対消費者:

接続性の向上、アクセスの選択肢の拡大、およびユーザー自身のネットワーク接続を他のユーザーと共有することによる報酬の獲得

対ビジネス:

ISPは、ネットワークのカバー範囲を改善し、安全で検証可能なデータ伝送を提供し、未使用の帯域幅を新しい収入源と交換することができます。

コインオタク伊藤
技術特化のプロジェクトなので、突っ込みどころはあまりないですが、やはりどのような利用シーンやマーケティングを考えているかを一番気になりますね。取材してみたい。

他のICOに比べて優れている点

【第3の柱】

 

NKNは、分散化とネイティブトークンによる、インセンティブメカニズムを使用し、ブロックチェーンテクノロジをベースとするP2Pネットワークインフラストラクチャ コンピューティング:ビットコインとイーサリアムのブロック化された計算能力とブトックチェーン化されたストレージ:IPFS5とFilecoinの後につながるネットワーク層においてのポジショニングを確立します。

何百万ものノード

水平方向に拡張可能で、任意の数のコンセンサスノードをサポートする、新しいMOCAコンセンサスアルゴリズム。

NKNのテストネットは、BitcoinとEthereumに続いて7476コンセンサスノードにまで登りました。(2019年3月現在)

公式ページにて簡単に更新をこちらからチェックすることができます。

【テストネットでのリーチ数の比較】

5,878ノードに達するまでに2か月、一方ビットコインは10,000ノードに達するまでに10年かかりました。


集約されたスピード

ノードとクライアントは、複数の経路の集約速度を利用できます。 ネットワークにNKNノードを追加すると、ネットワーク全体のスループットを水平方向に拡大できます。


ゼロサーバー

完全にP2Pで分散化されているため、集中型サーバーを開発および実行する必要はありません。 複雑さとコストを大幅に削減し、単一障害点を取り除き、ハッキングの中心的なハニーポットを取り除きます。


独自のグローバルID

独自のNKNアドレスにより、いつでも世界中のどこからでもサービスを利用できます。 人々がアプリケーションやサービスを見つけて検索できるようにしています。


特別なセキュリティとプライバシー

Public Key Infrastructureまたはサードパーティの証明書を使用しない、エンドツーエンドおよびホップバイホップの暗号化。


短い待ち時間

リアルタイム3Dゲーム、AR / VR、およびIoTを含むすべてのアプリケーションをサポートしています。

また、エッジコンピューティングと最適化されたルーティングもサポートしてます。NKNのデータ転送はオフチェーンであり、合意のスピードには左右されません。

他にもworldWifi(ワールドワイファイ)というインターネットインフラストラクチャのICOの記事もあります。詳しくはこちらへ

NKNの主な技術革新

NKNによって、ネットワークの分散化、新しい種類のDAapsが使用可能、強力な接続性と伝送能力の設備が実現できます。

インセンティブ層

①トークン/インセンティブ配布メカニズム NKNの経済モデルは、他のユーザーへのトラフィックの中継を支援する参加者にトークンの報酬を提供します。さらに、予想される採掘報酬も、参加者が中継に役立つデータ量に比例します。これらの経済的インセンティブは、コミュニティがネットワークを構築し共有することを奨励するでしょう。


コンセンサス層

②Proof of Relay (PoR) NKNは、参加者がコネクティビティと 帯域幅を共有して報酬を獲得し、ネットワークコネクティビティとデータそう診療を増強し、ネットワークのブロックチェーン化に貢献できるようにするメカニズムである、PoRを提案しています。


ネットワーク層

③Decentralized Data Transmission Network(DDTN) NKNは、セル・オートマトンを使用して完全な分散化を実現しいつでも参加し脱退できる何百万ものノードおよびクライアントに対して、動的なトポロジとルーティングを維持します。

ノードとクライアントを識別するために固有のNKNアドレスが使用され、TCP / IPの上にオーバーレイを提供します。

集中型サーバーなしで、データを任意のクライアントから他の任意のクライアントに効率的に送信できます。

④MOCA:非常にスケーラブルなコンセンサスアルゴリズム NKNは、Cellular AutomataとIsingモデルに基づいてメジャー投票セルオートマトン(MOCA)と呼ばれる非常にスケーラブルな合意アルゴリズムを設計し、それを何百万ものノードにわたる次世代のブロックチェーンとピアツーピアネットワークに実装しています。

対象顧客:BtoB

1.Web規模のクラウドサービスと提携してコアネットワークを構築

Webスケールの価値

使用量とアカウントを増やす

・世界各地の拠点および規模の能力と整合

・新しい収入源

・オープンソースを使用してコストを削減し、俊敏性を高める

 

NKNの価値

・既存のネットワークとデータセンターの場所を活用する

・Web規模のプロバイダは早期導入者であり、迅速に移行する

 

2.ラストマイルアクセスを提供するために Telco / Carrierと連携する

Telco / Carrierのの価値

・ローミング/課金、5G、アイデンティティなどの分野で新しいサービスを可能にする。

・安全で検証可能な伝送

・未使用の帯域幅を収益と交換する

•新しいシェアードエコノミービジネスモデル

NKNの価値:

•WiFi、携帯電話、イーサネットなどのラストマイル接続にアクセスし、NKNユーザーの通信範囲を拡大できる。” ]

 

3. アプリケーション開発者を育成してトラフィックを促進する

開発者にとっての価値

・使いやすい開発キット

・グローバルな到達範囲を持つ分散型ネットワークへのアクセス

・新しい収入源 NKNの値

・アプリケーションがネットワークトラフィックを促進し、ネットワークの使用量を増やす

 

商品、サービスの紹介サービス紹介

①NKNで実行されている既存のアプリケーション

②WiFiアクセスを安全に共有

NKNはあなたがWiFiアクセスを共有するのをサポート

  • 認証および承認済み、セキュリティ上の問題なし
  • エンドツーエンドの暗号化、プライバシーの問題なし
  • トークンとウォレットのメカニズムを内蔵した便利で検証可能な支払い
  • パケット、セッション、または時間ベースの課金:柔軟なマイクロペイメントをサポート

③すべてのIoTソリューションにネットワーク基盤を提供

NKNは、何十億ものIoTデバイスにピアツーピア、メッシュ、アドホック、および安全なネットワーク通信を提供できます。

ミッションクリティカルなIoTアプリケーションをサポートするために、データ転送は認証、暗号化、検証されます。

例:NKNとIoTeXは、スマートサーモスタット、ライト、ドアロックなどのデバイスを接続および管理するためにブロックチェーンテクノロジを使用して、スマートホーム用の共同ソリューションを構築しました。

④より多くのプロトコルをサポートし、変更なしで既存のアプリを実行

NKNはすべての一般的なネットワークプロトコルをサポートすることを目的としているので、ほとんどの既存のアプリケーションは互換性があり、変更なしでNKNのネットワーク上で実行できます。

これらの既存のアプリケーションは、ネットワークの分散化により、依然として優れた接続性、効率性、およびセキュリティを享受することができます。

例えば サポート

●WhatsApp、Nimbuzz、およびChatMe用のXMPP

●Googleハングアウト、FB Messenger、Discord、GoToMeeetingsのオーディオ/ビデオ機能用のWebRTC

類似しているICO: Morpheus.Network (MORPH)

Image result for Morpheus.Network

ブロックチェーンを利用した統合暗号通貨決済システムを備えた、フルサービス、グローバル、自動化、サプライチェーンプラットフォームを提供します。

ウェブサイト:https://morpheus.network/?utm_source=trackico

Medium:https://medium.com/@themorpheus

Facebook:https://www.facebook.com/themorpheusnetwork/

Twitter:https://twitter.com/morphcrypto

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
NKN(エヌケーエヌ)への質問お待ちしております!
 

NKNのトークンの配分

●NKN財団:エコシステム構築への戦略的投資(17%)

●開発者:創立チーム、コミュニティ開発者(18%)

●購入者:NKNトークンの購入者(35%)

●マイナー:交通中継とブロックのメンテナンスで報酬を得る(30%)

(NKNトークンは、一回のICOですべてが発行されません。上の図のように、一定の割合でネットワークに貢献するマイナーに分配されます。)

通信性能の向上と比例して報酬が増えるシステムとなっており、ネットワークを効率的にしたノードに対してNKNトークンの報酬を与えることができます。

NKNの出資者一覧

 

NKNのロードマップ

2019年Q3にNKNネットワーク1.0をリリースすると発表しています。

NKNのターゲット

 

NKNの運営メンバー

Yanbo Li

Founder | Strategy &System Architecture

ex-OnChain co-founder

Image result for Yanbo Li

BruceLi

Co-Founder | Strategy &Operations

ex-Googler & Nokia

Image result for Bruce Li Co-Founder | Strategy &

 

Dr. Yilun Zhang

Co-Founder | Core Researcher & Developer

Ph.D. Physics, UCSD

 

Allen Dixon

Business Development & Compliance

ex-Nokia

Image result for Allen Dixon Nokia

Dr. Whitfield Diffie

NKN Technical Advisor 2015 Turing Award winner

co-inventor of public keycryptography

Image result for Dr. Whitfield Diffie

Dr. Stephen Wolfram

NKN Technical Advisor

Author of New Kind of Science

Chief designer of Mathematica and the Wolfram

Image result for Dr. Stephen Wolfram

 

NKNの将来性・まとめ

Image result for NKN google

NKNは、ノード自体が動的で自己進化的なエコシステムを形成する完全分散型ネットワークを作成するように独自にネットワークを設計しました。

NKNはまだプロジェクトの初期段階にあることに注意することが重要ですが、Google Cloud との連携は知名度をあげる素晴らしい機会となるでしょう。

この分野ではかなりの競争があるにもかかわらず、上記のプロジェクトはすべて開発への道を進んでいます。 NKNが優位に立つ可能性があるいくつかの際立った要因を考慮に入れる必要があります。

まず第一に、NKNの範囲は本質的にすべての競合するプロジェクトの目標を1つのプロトコルにまとめたものです。例えば、モバイルネットワークに専念しているケースは多く、分散型インターネットサーバープロジェクトは、大きなスケーリングの課題に直面していてTCP / IP通信プロトコルから完全に独立しているケースは少ないです。

NKNはあらゆる形態のデータ伝送をネットワークに組み込むことを目指しており、この点は強みとなるでしょう。 NKNが競合するプロジェクトにどう立ち向かうかは、まずネットワーク自体の実行可能性に専念し、次にユーザーの獲得を確実にすることでしょう。

コインオタク伊藤
ブロックチェーンの最大の強みを生かした「接続が切れない(落ちない)ネットワーク」。一般ユーザーの利用以上に、IOT(Internet of things)と呼ばれる接続が切れたら問題になる市場にとって利用価値が高い。今は一つずつの技術であるが、NKNのプロジェクトもAIが完全に管理する社会が到来するためには必要なテクノロジーの一つ。 Googleが手を組むのもそのような将来を見越してのことだと考えられる。今後が楽しみなプロジェクト。
ビットコイン高橋
ブロックチェーン技術はプロトコルとして映える!というところに目を付けているのは素晴らしく、今のところ「ブロックチェーン技術の価値」を 最大限に引き出すことができるモデルだと思うよ。ちゃんと広まればの話だけど。モデルはいいと思うけど、どうやって広めるの?ってところが疑問。 この概念を取り組んだ場合、多くのユーザーが今のインターネット利用と同等レベルで同時に利用する必要があるんじゃないかと感じるんだけど、 ユーザーは任意に選択できるのか?それとも自動的に参加させられてしまうのか。 ユーザーからしたら裏側がどんなに素晴らしいものでも「便利」「カンタン」「早い」には勝てない。更には今のhttpに完全依存? この辺がちゃんと内容聞いてみないと良い悪いが判断しづらいかな。どうするんだろうね・・・

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
NKN(エヌケーエヌ)への質問お待ちしております!