【情報量日本一位】Zilliqa(ジリカ)を徹底調査

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回はスケーラビリティ問題を独自のシステムで解決するため作られたZilliqaについてその実態や詳しい概要を徹底調査し、レポートしていきます!
Zilliqa(ジリカ) ヘッドラインニュース
ジリカの最新情報

2018年8月1日:XML専業ソフトウェア会社であるインフォテリア(infoteria)と提携することが確定

2019年1月31日:メインネット公開

ロードマップを見ると2019年も新たな動きがあることが予想されます。しかしながらまだ正確な時期は公表されていないため、最新情報は要注意です。

Zilliqa(ジリカ)の基本情報 

案件名:Zilliqa

シンボル:ZIL

通貨企業:ZIL

販売時期:2018125

Zilliqa(ジリカ)の公式サイト、SNS一覧

Zilliqa(ジリカ)取引所一覧 

Zilliqa(ジリカ)の特徴 

Zilliqa(ジリカ)の目的 

Zilliqa(ジリカ)は、スケーラブルで安全で高性能なパブリックブロックチェーンプラットフォームを使用して、現実世界の問題に対する新しいソリューションを可能にすることを目的としています。 Zilliqa(ジリカ)の使命は、実社会の問題に対して、新しい革新的な分散型ソリューションを可能にすることです。 Zilliqa(ジリカ)の開発は、Zilliqa(ジリカ)チームの創立メンバーの何人かが、パブリックブロックチェーンを拡張するためのシャーディングテクノロジの実装に関する学術論文を書いた2016年に始まりました。このプロジェクトは、シンガポール国立大学の研究者によって設立されたプロジェクトです。 この研究を利用して、新しいイノベーションとソリューションを可能にする、スケーラブルで安全で高性能なパブリックブロックチェーンプラットフォームを構築しました。

Zilliqa(ジリカ)問題視した課題

ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産が抱えているスケーラビリティ問題にZilliqa(ジリカ)は着目しました。

近年では、トランザクションが急速に拡大しためスケーラビリティに関するより多くの問題が生じています。

Bitcoinは毎秒7件程度、Ethereumで10件から15件程度の取引を処理することができるできます。 しかし、既存のペイメントシステムであるクレジットカード(VISA)は毎秒8.000件程度、ピーク時は最大で2万から3万件程度の処理が可能であるそうです。 従来の暗号資産と既存のペイメントシステムを比べると、このようにスループット(一定時間あたりのデータ処理能力)に大きな差があり実用には耐えがたいことが明らかです。

Zilliqa(ジリカ)の3つの特徴

特徴

1.スケーラビリティ

2.セキュリティー

3.エコフレンドリーマイニング

スケーラビリティ

Zilliqaはハイスループットのブロックチェーンプラットフォームです。 シャーディングの実装によるテストネットで毎秒2,828トランザクション以上を達成しています。 さらに、Zilliqaはスループットが向上するように設計されているため、ノードの数に応じてほぼ線形にスケーリング規模を拡大し、Zilliqaの能力を継続できるようになります。これは、需要を満たすために成長します。

クレジットカードの決済システムは一秒間に4,000~6,000件を処理できますが、ビットコインは一秒間に約7件しかトランザクションを処理できないと言われています。これに比べZilliqaは1行間に2,500件程度を処理できる。つまり、ビットコインの250倍の速度で取引できます。クレジットカード同等の処理速度を実現できれば、コンビニ決済などにも実用でき流ということです。

セキュリティー

Zilliqaのスマートコントラクト言語であるScillaは設計上安全で、既存の言語におけるいくつかの既知のセキュリティ脆弱性に対処します。 静的なチェックと形式的な検証を可能にする関数型プログラミング言語として、開発者は彼らの賢い契約が意図したように振る舞うことを保証するために徹底的なチェックを容易に行うこともできるでしょう。

エコフレンドリーマイニング

Zilliqaは、サイバー攻撃を防ぐため、マイナー検証にはProof of Workを使用し、合意にはPractical Byzantine Fault Toleranceを使用します。 つまり、Zilliqaのバージョンのマイニングは、従来の作業実績ブロックチェーンよりもエネルギー消費量がはるかに少ないということです。 さらに、Zilliqaのマイナー報酬は各マイナーによる有効な署名の貢献に基づいているため、既存の勝者と比較してより均等に分配された報酬がすべてのモデルに適用されます。

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Zilliqa(ジリカ)への質問お待ちしております!
 

Zilliqa(ジリカ)の3つ機能

機能

1.Sharding (シェーディング)

2.Smart contract (スマートコントラクト)

3.コンセンサスアルゴリズム

Sharding (シェーディング)

シャーディングとは、トランザクションを並列処理する技術のことです。シャード(Shard)には「破片」という意味があります。 通常ビットコインなどの暗号資産が利用するブロックチェーンは全てのノードが全てのトランザクションを処理しており、送金トランザクションを1件づつ処理する必要があります。つまり無駄な計算をしているため、トランザクションの速度が遅くなったり、大規模なトランザクションには対応できないといった、スケーラビリティ問題が立ちはだかっています。

Zilliqaが取り入れているSharding(シャーディング)という技術はブロックチェーンをシャードと呼ばれるグループに細分化することにより並行処理することに可能にし、トランザクション速度を加速させています。Zilliqaの場合、取引を処理するマイナーたちのグループがいくつかにわけ、みんなで分担して処理していく仕組みです。

具体的にどのようにかというと、100ノードのネットワークがある場合、10ノードずつ10シャードに割り振ります。シャードはトランザクションを並行に処理できるため、一つのシャードが秒間10トランザクションを処理可能にし、10ノード×10シャード、つまり秒間100件の取引を処理できることになります。つまり、ノードと呼ばれるネットワークに参加する人々が増えれば増えるほどスケーラビリティ問題であるつまりが本来発生しやすくなります。Zilliqaの場合は分担できる人が増えるため、ネットワークに負担をかけずに早く取引処置を行えるという仕組みです。

Smart contract (スマートコントラクト)

スマートコントラストは「デートフロースマートコントラスト」と呼ばれるスマートコントラストを採用しています。イーサリアムなどのDappsプラットフォームのスマートコントラストの記述が難しいという問題があり、処理にも時間がかかってしまうという問題点もありましたが、「データフロースマートコントラスト」は複数の命令を一度にこなすことができ、Sharding(シャーディング)などのブロックチェーン状のトランザクション処理を並行して実行できることが可能になりました。

コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスリズムとは、直訳すると「コンセンサス(合意)」を形成するための「アルゴリズム(方法)」という意味になります。
暗号資産のトランザクションの記録は複数のマイナーによるマイニングによって成り立っており、マイナーは同じトランザクションの記録や計算処理を行なっているためマイナーごとの処理の結果は全く同じになるはず。しかし、実際は多少の計算ミスや悪意のあるデータ改ざんが起こり、処理の結果が一致しない場合があります。コンセンサスアルゴリズムはこのような最終的なトランザクションの処理結果が異なった場合どのマイナーの結果が正しいかを決めるアルゴリズム。

ビットコインやイーサリアムのコンセンサスプロトコルは、「ナカモトコンセンサス」(Nakamoto consensus)と呼ばれる仕組みを利用してます。 しかし、Zilliqa(ジリカ)のシャードはコンセンサスプロトコルは、プラクティカル・ビザンチン・フォールト・トレランス(practical byzantine fault tolerance、以下、PBFT)と呼ばれる仕組みを使用をしいます。

プラクティカル・ビザンチン・フォールト・トレランス/Practical Byzantine Fault Tolerance(PBFT)

プラクティカル・ビザンチン・フォールト・トレランス/Practical Byzantine Fault Tolerance(PBFT)ではネットワークを利用するにあたり頻繁に発生するビザンチン問題についても、寛容性を持っています。ビザンチン問題とは原因が特定できない、あるいは複数の原因が関連しているために対策がとりにくいという特徴がありますが、PBFTでは3段階でマイニングの正当性の確認が行なっています。

・第1段階<前準備フェイズ(Pre-prepare Phase)>

リーダーが正当性の確認を行う端末に連絡を飛ばします。

・第2段階<準備フェイズ(Prepare Phase)>

第2段階では、前準備フェイズでリーダーから連絡を受けた端末がマイニングの正当性の確認を実際に行います。更に準備フェイズのメッセージを自分以外の端末にも発信します。

・第3段階<コミットフェイズ(Commit Phase)>

最終的なマイニング記録の正当性の承認が行われます。ここで端末の3分の2以上が記録のマイニングの正当性を認めると、承認されることになります。

 

PBFTの2つの利点

1.プラクティカル・ビザンチン・フォールト・トレランス/Practical Byzantine Fault Tolerance(PBFT)ではマイニングが承認されたかどうかが明確にわかります。プルーフ・オブ・ウォーク/Proof Of Work(PoW)では、マイニングが承認されたかどうか確認すできる段階が存在せず、確率的に承認されただろうと推定のみとなります。推測ではなく、確実にマイニングが承認されたことをしることができるため、余分な電気代を節約することができます。

2.安定した報酬を計算することができるプルーフ・オブ・ウォーク/Proof Of Work(PoW)では早くマイニングができた人から報酬は支払われます。そのため1時間かからずに複数回報酬を得ることもありますが、反対に数日経たないと報酬を得られないこともあります。しかし、プラクティカル・ビザンチン・フォールト・トレランス/Practical Byzantine Fault Tolerance(PBFT)ではマイナー全員に報酬が支払われます。そのため安定した報酬を計算することが可能となっています。

このような利点を持っている、プラクティカル・ビザンチン・フォールト・トレランス/Practical Byzantine Fault Tolerance(PBFT)ですが、多くの端末と連絡をとりあわなければならないという問題点も抱えています。 コミュニケーション面だけを見れば、プラクティカル・ビザンチン・フォールト・トレランス/Practical Byzantine Fault Tolerance(PBFT)は、非効率といえるかもしれません。

PBFTの3つの特徴

Points

  • ファイナリティ(追加されたブロックの確定)がある
  • スルートップ(一定時間当たりの情報処理能力)がある
  • コアノードと呼ばれる特定の管理者が存在する(Zilliqaの場合入れ替わりあり)

コアノードによって一定のタイミングで一つのブロックが承認追加されるため、ブロックチェーンが分岐することはありません。また、ファイナリティがあるため追加されたブロックが覆ることはありません。さらに、プラクティカル・ビザンチン・フォールト・トレランス/Practical Byzantine Fault Tolerance(PBFT)ではコアノードを一定信頼を置ける存在として考えているため、プルーフ・オブ・ウォーク/Proof Of Work(PoW)などで求められる複雑なマイニングを必要としないため、比較的高速なトランザクションの承認処理が可能であり、優れたスループットを実現できます。

プログラミング言語Scilla

Ethereumの「Solidity」というプログラミング言語でスマートコントラクトを設計などできるが、Solidityは自由度が高い反面プログラミングも難しく、バグが潜む可能性も高いという問題点がある。また、Solidityは「形式的検証」ができないという難点もありました。

形式的検証とは、プログラム開発手法の1つであり、ハードウェアやソフトウェアのシステムを形式手法や数学を利用し、システムが正しく動くかどうかを検証するための方法です。バグを回避するために有効な検証方法でもあります。

データフロー型言語のScillaは、これまで以上に簡単にスマートコントラクトを設計することができます。形式的検証も可能なツール機能を備えているため、スマートコントラクトをより安全に設計できるという特徴があります。

また、Scillaは、言語レベルで特定の脆弱性を直接排除することにより、アプリケーションが攻撃された際、脆弱にならないようにするスマートコントラクトに構造を前もって構築しています。 さらに、Scillaの原則的な構造により、アプリケーションは本質的により安全で正式な検証に適したものになります。 Scillaは、プログラムの特性に関する機械化された証明のための最先端のツールで、セマンティクスの形式化とCoq証明アシスタントへの埋め込みとが密接に連携して開発されています。 Coqは高度な依存型理論に基づいており、多数の数学ライブラリを備えています。

他のICOに比べて優れている点 類似プロジェクト

類似プロジェクトとしてはIOST、やQuarkChainなどが挙げられます。

IQST

IQST(アイキューエスティー)はZIlliqa(ジリカ)同様スケーラビリティ(処理速度)に特化していますが、それと同時に非集権性を両立したブロックチェーンです。

また、IQST(アイキューエスティー)もシェーディング技術やコンセンサスメカニズムを搭載していますが、シェーディングにはEfficient Distributed Sharding (効率分散型シャーディング)と呼ばれる技術を利用しており、コンセンサスメカニズムには、Proof of Believability(通称PoB)と呼ばれるものを利用しており、ネットワークの非集権性を確保しています。

QuarkChain

QuarkChainもまた、ZIlliqa(ジリカ)同様スケーラビリティ(処理速度)に特化しています。しかし、ZIlliqa(ジリカ)はシェーディングを行う際ノードが稼働されているさいにスケーラブルされますが、QuarkChainはシャーデングをブロックチェーンで行うという違いがあります。

Zilliqa(ジリカ)の対象の対象の顧客

Zilliqa(ジリカ)の最大の特徴は取引速度が断然早いということです。取引速度が今後改善され続ければ、将来的にクレジット決済を行う一般人も対象顧客となっていくでしょう。

Zilliqa(ジリカ)のパートナーシップ

エコシステムパートナー:MindShare、DMM.com、HG Exchange、Asteria、LayerX

テクニカルパートナー:Bluzelle、Genaro Network

Zilliwa搭載企業:Impetus One、Emont Frenzy、BOLT、Transactrain

など多くの企業と様々な形でパートナー提携を結んでいます。

Zilliqa(ジリカ)のロードマップ 

2017年7月:Zilliqa(ジリカプロジェクト開始

2017年8月:ホワイトペーパー公表

2017年9月:v0.1のインターナルテストネットの結果公表

2017年10月:v0.5のインターナルテストネットの結果公表

2017年12月:Scilla(新開発言語)に関する書類を公表

2018年1月:ソースコードの公表

2018年3月:テストネットv1.0を公表

2018年6月:テストネットv2.0を公表

2019年1月:メインネット始動

Q1 2019:トークン交換

Q1 2019:Dappsの固定

Q2 2019:Zilliqaのコアプロトコルの改善

Q3 2019:コアプロトコルのりファクトリング

Q3 2019:Scillaの改善

Q4 2019:ハイレベルの言語サポート

Zilliqa(ジリカ)の運営メンバー 

Xinshu Dong

CEO

彼はウェブブラウザーとアプリ用のブロックチェーンのセキュリティーシステムのサイエンティストでありプラクティショナーでもあります。また、彼はいくつかの国際的な暗号資産プロジェクトの技術リーダーをした経験もあり、彼の研究結果は公表されています。国際カンファレンスでもトップレベルとされている人物です。最近ではAnquanの特有のスケーラビリティとセキュリティに関して開発研究を率い、財務とイーコマースのアプリを発展に貢献しています。

Amrit Kumar

CSO/Zilliqaのリサーチ長

フランスのグレノーブルアルプス大で博士号を取得しており、INRIA(フランス国立情報学自動制御研究所)のグレノーブルセンターのホストもしていた人物です。博士号取得前はフランスのエコール・ポリテクニックでエンジニアの学位を取得し、コンピューターサイエンスと数学を学んでいました。

Saiba Kataruka

Developer marketing lead

以前はアジアとヨーロッパで支出テクノロジーの分野でコンサルタントとしてIBMで5年間勤めていました。オクスフォード大学のMBAをとるために退職した経験を持っています。現在彼はブロックチェーンの非中央集権システムが以下に現代社会の問題を解決できるかに強い関心を抱いていています。

Juar Motiwalla

Cheif Strategist

彼はグローバルテクノロジースタートアップに投資しており、役員レベルの経験を持っています。アジアとシリコンバレーでの暗号資産投資の責任者であった経験ももち、日本とアメリカのM&Aは彼の関わる企業によって成功したという事例もあります。また、シンガポールの 350-person computer science research labのCEOだったという経歴も持ちます。

Yapqo Jia

CTO/テクノロジー長。以前はウェブと暗号記号による分散型システムのプライバシー保護とセキュリティ強化に勤めていました。彼は次世代ブロックチェーンのためにプライバシーやコンセンサスの課題を定義しつつブロックの作り方などの技術を研究論文で公表しています。このCCS, USENIX Security, PETS, RAID, ESORICS. など国際的菅アレン酢で高く評価されています。その証拠に彼はBest Paper Award in W2SP (2014) と ICECCS (2014)を受賞たという素晴らしい経歴も持ちます。

En Hui Ong

Head of business development

彼女はZilliqaのビジネス開発を率いている人物です。財務サービスに関して幅広い経験を持っています。以前は東南アジアのマーケット内の銀行と資金マネージャーと共に、BlackRockの投資とETEsの流通とセールスに携わっていました。彼女は中国語と日本語を流暢に操り、とても高い向上心のある人物です。

Prateek Saxena

Chief Scientific Advisor

シンガポール国際大学のコンピューターサイエンスの助教授でもある人物です。カルフォルニア大バークレー校でコンピューターサイエンスの博士号を取得しています。現在はブロックチェーンとコンピューターセキュリティに取り組んでいます。彼は様々は栄誉ある賞を受賞してり、その中の一つにTop 10 Innovators under 35 (MIT TR35 Asia) in 2017などがあります。

Max Kantelia

Cheif Evangelist

彼は財務サービスの起業家であり、ヨーロッパ、アメリカ、アジアで25年間専門的なサービスとテクノロジー立ち上げの経験があります。シンガポールのAnquan Capitalの創設者であり、現在Aeriandi (Oxford) とuntapt (New York)に進出している。どちらもAI技術や音声テクノロジーのエリアで飛躍的な発展を遂げています。彼は2016年にAsia’s Top 100 FinTech contributorsに選ばれている人物です。

Zilliqa(ジリカ)の将来性・まとめ 

Zilliqa(ジリカ)の特徴は非常にシンプルだということです。そのため使い勝手が良く、今後有名企業などで運用されることが期待できます。また、世界で初めて配するープラットフォームスピードを向上させたZilliqa(ジリカ)は今の暗号資産をアップグレードさせたものとも言えます。そのため、単純な利便性の向上に繋がることが期待させるため、今後Zilliqa(ジリカ)のこのメリットを他の暗号資産が取り入れていくことが予想できます。

コインオタク伊藤
ブロックチェーンの課題を技術側面から解決を図ったプロジェクトです。お気づきのように同様のプロジェクトは多いです。理由はまさにこのプロジェクトの構想の通り、ブロックチェーンには課題があるためであることは明らかです。ブロックチェーンの課題を解決したとしても、市場は課題がある技術をどのように取り入れればよいのか判断がつきません。ブロックチェーンプラットフォームは技術的な課題の解決だけでなく、マーケティングに力を入れ市場に対し理解を深める教育を行う必要があります。是非その点に期待をしたいですね。
ビットコイン高橋
で、誰が使うの?ってところさえクリアできれば生き残る、よくある「イーサリアムより○○が凄い」というタイプのプラットフォーム型通貨。結局ETHよりも優れていようが、実際に利用する企業や自治体などがいないと流動性は生まれず、全てはそれ次第だと思うね。今の時点では期待薄。様子見ってところか・・・。 またコインの価値は期待できないと思うよ。

 

今あなたが持たれているZilliqa、またその他のICOトークンをどうすればいいのか。迷われている場合は必ずこちらもご確認ください!

↓↓

コインオタク・オンラインサロン 『テクニカルチャート分析講座』が加わってさらにパワーアップ!

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Zilliqa(ジリカ)への質問お待ちしております!
 
コメントがありません。