【BINARYSTAR】次世代テクノロジーを活用した最先端事業を紹介するNext X Asiaを開催

プレスリリース

BINARYSTAR株式会社(以下、BINARYSTAR)は、次世代技術への理解を深め、社会、産業、企業、生活のイノベーションを加速するエコシステム構築を目指して、Next X Asia(ネクスト エックス アジア)カンファレンスを開催いたします。

Next X Asiaとは

 

Next X Asiaは、次世代技術に関して、主要なプレーヤー間のコラボレーションを提供する場です。シリコンバレーと中国の成功に続く第三の流れとして、「アジア発で世界中に影響を与えるエコシステムの構築」を目指しています。

「日本の底力」と「シンガポールをハブとするアジアの総力」を結集した、アジア発のイノベーションです。

次世代技術が巻き起こすそのイノベーションは、日本での新たな産業創出や世界的な競争力を持つ企業の創出にむけて大きな一歩となると信じています。

コラボレーションの力、そして議論とブレーンストーミングがもたらす効果を重視し、内外の先端的な企業、世界水準の大学、政府機関、起業家、投資家との連携により、次世代技術とその応用、展開、発展について理解を深め、議論を促進する場を提供することを目的としています。

<このような方にお勧め>
・次世代技術とそのインパクトについて深い関心を持ち、イノベーションへの理解を深めたいと考える方
・次世代テクノロジーのより具体的な活用ノウハウが知りたい方
・次世代技術分野での新事業創出、起業を検討されている方
・地方創生の取り組みを技術によって加速したいと考える方
・AI、ロボット、IoT、ブロックチェーン、ビッグデータといったキーワードに強い関心がある方

Next X Asiaの3つの特徴

次世代技術への深い理解を追求

次世代技術によるイノベーションが社会や産業、企業、人間をどのように変えるのか、どういう応用、展開、発展が考えられるのか、議論を尽くし、深い理解を追求します。イノベーションやイノベーションを促進するエコシステムへの知見が深まります。

次世代技術のコラボレーションを追求

次世代技術は、組み合わせ連携することで想像を超えたインパクトを実現します。Next X Asiaでは技術間の徹底したコラボレーション、コラボレーションによるブレークスルーの創出をねらいます。

日本とシンガポールでの連携開催によるリージョナルコラボレーションを追求

Next X Asiaカンファレンスは、日本とシンガポールで連携し、毎月双方で開催いたします。2019年3月22日、シンガポールでの第1回カンファレンスは質問も相次ぎ、大変好評でした。

Next X Asia 開催概要

日時:2019年4月12日(金)19:00~21:30(18:00開場)
場所:東京都中央区銀座1丁目8-19キラリトギンザ11F BINARYSTARオフィス
費用:1,000円
申込:http://ptix.at/qLlUZU

Next X Asia アジェンダ

1. Next X Asia概要説明
19:00~19:10
登壇者:赤羽 雄二 氏(BINARYSTAR株式会社 アドバイザー・インキュベーションマネージャー)

2. ブロックチェーンが実現するAIの信頼性
19:10~19:35
登壇者:石黒一明 氏(クーガー株式会社 チーフブロックチェーンアーキテクト)

3. IBMのブロックチェーンが社会をこう革新する
19:35~20:00
登壇者:登壇者:Jules Miller 氏(IBM Blockchain Ventures Co-Founder )
(※英→日の同時通訳が入ります。)

4. 世界を変えるスーパーエンジニアの発掘と育成
20:00~20:25
登壇者:大森貴之 氏(facebook Developer Circles Lead)

5. 地域主導のイノベーションプロジェクト:木更津アクアコイン
20:25~20:50
登壇者:鈴木昭宣 氏(木更津市役所 経済部 産業振興課 主幹)

6. パネルディスカッション
20:25~20:45

懇親会
20:45~21:30

登壇者詳細

赤羽雄二 氏(BINARYSTAR株式会社 アドバイザー・インキュベーションマネージャー)

シンガポールのInfinity Blockchain Holdings アドバイザー。ベトナムの280人規模、アジア最大級のブロックチェーン開発ベンチャー、Infinity Blockchain Labs アドバイザー。日本有数のブロックチェーン開発ベンチャー数社にもアドバイザーとして関わる。
東大工学部卒業後、コマツにて超大型ダンプトラックの開発。スタンフォード大学大学院に留学後、マッキンゼーにて14年間活躍。マッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させた。
その後、創業前からのきめ細かな支援を特徴とするブレークスルーパートナーズを共同創業、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すべく活動中。同時に、大企業の経営改革、経営幹部育成、新事業創出に取り組む。
経済産業省、総務省などの研究会の委員を歴任。東京大学、電気通信大学、北陸先端科学技術大学院大学 講師。
著書に『ゼロ秒思考』『世界基準の上司』『7日で作る事業計画書』『変化できる人』など、国内19冊、海外16冊、合計70万部超。講演多数。

Jules Miller 氏(IBM Blockchain Ventures Co-Founder)

JulesはUCLAで学士号を取得し、London School of Economicsで修士号を取得した。また、さまざまな新興企業やハイテク分野の女性のアドバイザー/メンターとしても活躍。さらに投資家、起業家としのキャリアも持つ。
現在は、IBM Blockchain Venturesグループの設立を支援し、IBM Blockchain Acceleratorを運営しており、以前には、北米のIBM Blockchain Garageのトップを務めた経歴を持つ。
さらに、法律およびコンプライアンスを重要な投資指標とする最初のVCファンドであるProse Venturesの共同創設者およびマネージングパートナーでもあり、以前には、多様なベンチャー企業への投資を行うLunaCap Venturesのパートナーやジェンダーレンズ投資のパイオニアであるBRAVA InvestmentsのCOOを歴任した。

また、Julesは過去に2つの合法的なテック企業を設立した。法律の革新者のためのメディアおよびイベント会社であるEvolve Law(Breaking Media / Above the Law)、および弁護士をオンデマンドで提供するHire an Esquire法律事務所や社内の法務チーム。そして、環境サステナビリティコンサルティング会社であるCarbonado Groupを共同設立し、EY、Salesforce.com、Tiffany&Co.などの企業が環境および社会的責任に関連する新たな事業の立ち上げ、成長させるための支援を行った。

石黒一明 氏(クーガー株式会社 チーフブロックチェーンアーキテクト)

高校卒業後、映画監督を目指してロサンゼルスへ留学。大学へ通いながらLAのクラブやバーでDJを始め、ハリウッドのクラブでレギュラーDJとして本格的に活動。DJ活動の中で音楽・映像用のプログラム言語をライブで使用したのをキッカケにプログラミングを始める。
日本に帰国後、現在はクーガーのチーフブロックチェーンアーキテクトとしてコネクトームの開発を進めている。開発を担当したデモがトロントで開催されたEthereumの技術カンファレンスEdConのトップ10スーパーデモに選定される。2018年10月には米国スタンフォード大学にてコネクトームでの開発技術について講義を行った。

また、世界で最初のEnterprise Ethereum Alliance(EEA)の地域オフィスを設立し、EEAのRegional Headを務め、日本のエンタープライズのEthereum導入を支援している。

 


大森貴之 氏(facebook Developer Circles Lead)

海外渡航歴51カ国、学生時代にシリコンバレー、イスラエル、ロシア等でのインターンや調査を経験。大企業の新規事業担当者向けのブロックチェーン関連の現地調査やシリコンバレーの動向調査等を行う。ロシアや旧ソ連地域も得意とする。Facebookから委託を受け、Facebook Developer Circleの日本統括代表も務める。世界と日本の情報の非対称性を無くすため、2018/07 RouteX Inc.を創業し、CEOを務める。

 

鈴木昭宣 氏(木更津市役所 経済部 産業振興課 主幹)
木更津市役所に就職後、市の基本構想の策定や市民憲章の改定等に携わり、2017年 経済部産業振興課に配属。同年10月に設置された庁内プロジェクトチーム「14万市民がつながる きさらづデジタル2020」のチームリーダーに任命され、報告書を取りまとめる。現在は、木更津市・君津信用組合・木更津商工会議所の三者連携のもと、2018年10月に運用開始した電子地域通貨「アクアコイン」の普及に向けて取り組みを進めている。