暗号資産の長所、短所

初心者向け

意外と知られざる長所、短所

連日ビットコイン(Bitcoin)を始めとする暗号資産に関する情報が飛び交っています。

話題に上がり始めて間もないという状況もあり、それらの情報には信憑性に欠けるものもあります。

ここで、暗号資産の長所と短所について「通貨」「投資」の二つの側面から整理していきましょう。

 

 

「通貨」としての長所、短所

現在、私たちが使っている日本円などは国が発行する法定通貨と呼ばれます。

そこに現れたのが暗号資産というものですが、これを「通貨」としてみなす上でそれぞれどのような長所や短所を持っているのでしょうか。

 

一番の長所は利便性

一番の 長所はその利便性 にあると言えます。

実体はありませんが、電子的に記録されることで簡単に移転することができます。
 電子マネーとの違いとして、個人間で送金できるという点で優れています 

現在の使用目的は決済や送金がメインとなっていますが、今後実生活での利用シーンが増えることが予想されます。

法定通貨とは異なり、国に管理されていないため時の権力者によって価値が左右されないということも挙げられます。利用者全員で相互に承認しあう仕組みであることから、 特定の権力者による不正も起きません 

日本円は世界でも信用度は高いですが、世界には偽装通貨が横行している国や地域もあります。
改ざんができないという点において、普遍的な価値を持つことは十分に考えられます。

 

一番の短所は値動きの激しさ

「通貨」としての一番の 短所は値動きの激しさ です。

これはまだ発展途上にあるため世界的に暗号資産の価値が統一されていないことが原因です。

特に店舗での決済に使う場合など、値動きが激しいと通貨として価値基準を一定に保つことが難しくなります。
現行の法定通貨の為替レート並みに安定感のあるボラティリティに収束していかないことには通貨としての普及は厳しいと言わざるをえないでしょう。

また、一番メジャーな暗号資産としてビットコイン(Bitcoin)が有名ですが、その他にもイーサリアムやリップルなどがたくさん登場しています。
それぞれが各方面から「今後高騰する」などという情報が出回り、どれが優良なのか判断がつかないという短所も持っています。

ビットコイン(Bitcoin)も同様に、マイニングをしてくれる人に依存しているという現状から考えると、その存在は極めてリスキーだと言えます。

 

 

「投資」としての長所、短所

現在、ビットコイン(Bitcoin)に限って言えば、その保有者の6割は日本人だとされています。

それだけ暗号資産の投資に熱心であることが伺えますが、投資をする以上はその長所や短所もきちんと整理しておく必要があるでしょう。

 

一番の長所は高騰バブルとしての波

株やFXなど様々な投資対象がある中で、暗号資産が持つ長所にはどのようなものがあるでしょうか。

一番に挙げるとするならば、それは 世界的な上昇トレンドに乗っている ということです。
日に日に注目度が高まり、その値を上げ続けており、多くの人がこれからも上がると口々に予想してます。
チャート分析などの専門的な知識がなくとも、簡単に利益が得やすくなっています。

特に今後は実生活での利用者が増加すると見込まれているので、当然そのサービスの元となる暗号資産トークンは価値が維持される、または上がると考えられます。

そしてトレンドがはっきりしていることに加えて、その ボラティリティの高さも長所の一つ と言えるでしょう。

従来のFXと比べても、8倍以上も変動幅があるとも言われています。
これにより短期間で大きな利益を生むことができます。

他にも、簡単にICOができることや法律が完全に整備されていないなど、様々な長所があります。

 

一番の短所は高騰バブルであること

逆に、投資対象としての暗号資産の短所は 高騰バブルである ことです。

長所としても挙げられますが、ブロックチェーンなどの技術的な知識のない人々がこぞって買っているため、この価格上昇は額面通りに価値としては受け取れないとの見方もできます。

本来あるべき価格に近づいているのか、それとも単なるバブルにすぎないのか判断がつかないのが現状です。

 ボラティリティが大きい ことも短所の一つと言えます。
確かに短期間で大きな利益を得やすい投資対象ではありますが、それは反面、損をするときも一気に資産を失ってしまうというリスクを抱えているということになります。

これら以外にも、詐欺コインやHYIP案件が多いことや、法律の整備が不十分であることによって投資家保護が難しいなどの短所があります。

 

 

暗号資産が当たり前になる世界

今後もっと暗号資産が普及し、法定通貨と対等もしくは主流になる世界が来るかもしれません。

そうした環境を作っていくにはここで挙げた短所をきちんと把握し、適切に対処していくことが求められます。

世界基準になっていく上で、各国政府や有識者の動きが極めて重要になってきます。
今後の動向に注目が集まります。

 

暗号資産について書かれた他の記事はこちら

 

初心者に最も人気の高い取引所はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

 

written by 今井徹