【情報量日本一位】シンガポール発!ハイスペックチームが開発したBluzelle(ブルゼル)をコインオタクが徹底調査!(2019年4月2日更新)

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回は、将来的に製品やサービスの使われ方を変革していくと言われているBluzelle(ブルゼル)を紹介していきます! シンガポールのベンチャー企業Bluzelle(ブルゼル)社が開発・発展したdappsのための分散型データベースサービスになります!
Bluzelle(ブルゼル)の特徴

・分散型データベース

Bluzelle(ブルゼル)は未来型の分散型データベースは、データセンターに一任せず独自のネットワークモデルでデータを管理することで、障害なし・効率的な拡張・高いプライバシー・高い不変性・パフォーマンスの制限なしという特徴を持ちます

・独自のテクノロジー

シングルトンメタスワーム、リーフスワーム、ヴューチャライズト(仮想化された)メタスワームというワードをみなさん聞いたことはありますか?

・金融分野とプログラミング分野で経験豊富なチームメンバー

Disney,Google,IBM,Microsoft, Facebook,eBay,Ethereum,Rippleなどビッグネームが並びます。

 

Bluzelle(ブルゼル)ヘッドラインニュース
【速報】Bluzelle、新たなホワイトペーパーを公表<2019年6月16日更新>

「Smart Data Caching at the Edge」と名付けられた新たなホワイトペーパーを公表しました。新たなホワイトペーパーには以下の内容が含まれています。

内容

・ゲーム業界が直面している問題

・エッジキャッスとは何か、またその利点

・ブロックチェーンテクノロジーとセキュリティの強化方法

・DevOpsからNoOpsへの移行方法

・エッジデータキャッシュの具体的な使用事例

【速報】MEIERリリース

【2019年4月下旬/ 5月上旬  MEIERリリース予定】

・スマートキャッシング  データはRAMとSSDを使用して保存されます。立ち退きや期限切れなどの機能をキャッシュします。

・マルチテナントガバナンス  データを保護し、高可用性とパフォーマンスを確保するために、複数のユーザーが適切なコントロールを使用してその群を使用できるようにします。

・マルチスワーム 世界中の複数の地理的に分散した群にまたがる階層化を使用して、データを拡張できます。

・ステータスD  監視と分析のための、スウォームメトリックの集約と普及。

・外部モニタリング 稼働時間、パフォーマンス、可用性、およびその他の測定基準を確実にするためのBluzelleノードのサードパーティーによる監視。

・JSおよびC ++クライアント 完全なプログラミング言語のサポート

・C ++共通ランタイム 新しい言語でサポートを迅速に開発するための基本ライブラリ。

・ブルゼルスタジオ マルチスウォームとキャッシュプリミティブをサポートするためのアップデート。

・カオスモジュール 攻撃、障害、負荷テスト、およびエッジケースに対してプリエンプティブにネットワークを強化するための意図的なエントロピー。

【速報】CURIEリリース

【2019年10月下旬/ 11月上旬 CURIEリリース】

・価格設定 BLZトークンは、サービスの支払いと使用に必要です。

・信頼できない地方分権化 一般の人々によって運営されるノードは、群れに加わることができます。 これらの農家は提供されたサービスのためにBLZトークンを獲得します。

・ストレージ ファーミングノードの管理と報酬を強化するための課題。

・郡レベルのジオフェンシング。 新しいスウォームには、EUのみのスウォームや中国のみのスウォームなどの地理的特性があります。

・ネイティブデータ型 文字列、セット、ソートセット、リスト、ハッシュ。

・インプレース可変性 Bluzelle上で直接実行されるネイティブデータ型に対する機能。

Bluzelle(ブルゼル)の基本情報 

案件名:Bluzelle(ブルゼル)

シンボル:Bluzelle

通貨記号:BLZ

発行日:2017年11月1日

総発行枚数:5億枚

ブロックチェーンのタイプ:Ethereum ERC20

Bluzelle(ブルゼル)の取引所一覧

Bluzelle(ブルゼル)の公式サイト、SNS一覧

Bluzelle(ブルゼル)の特徴

Bluzelle(ブルゼル)の目的

Image result for Bluzelle

Bluzelle ICOの価値提案は、大企業向けのdappsを構築しながら、チーム自身が特定したデータストレージと管理の問題を解決することです。

Bluzelleは、dapps用の分散型のスケーラブルなデータベースサービスです。 Bluzelleのような分散型データベースプラットフォームが導入されていないと、分散型インターネットは拡張性と機能性に対する障壁を低効率で実現できなくなるという点でポジショニングしています。Bluzelleは、データ分散ブロックチェーンで、分散アプリケーション(dapps)に分散データベースソリューションを提供します。

また、投資のための外部トークンと無料でネットワークに電力を供給するための内部トークンを使用してデュアルトークンエコノミーを作成しながら、マスターノードの所有者に運用を継続するインセンティブを与えます。 つまり、Bluzelleは分散型アプリケーション(dapps)開発者にとって快適な価格で、企業が提供できるようなタベースを提供することを目指しています。

Bluzelle(ブルゼル)が問題視した課題

【dappsにおける問題点】

分散アプリケーション(dapps)を起動するための新しいブロックチェーンプロトコルは、世界市場で登場し、利用され始めたばかりで、製品やサービスの機能に革命をもたらしています。

しかし、dappsでは、処理能力とdappsが基づいているプロトコルの速度が制限されます。これから普及が進めば進むほどデータのやり取りも増えて行きます。それにもかかわらず、 Ethereumのようなプロトコルは、膨大な量の計算能力、ネットワークの速度低下、そしてもちろんコストの増加を必要とするデータの保存と管理の要求を処理するようには設計されていません。

もしブロックチェーン上でそれらを実行するときは、スケーリング問題の発生、高額手数料や処理の遅延といった問題を引き起こす可能性が高いです。 そこで、BluzelleのICOは、スピード、スケーラビリティ、機能の問題を解決する上で、大きな変革をもたらすようにしたのです。

Bluzelle(ブルゼル)のソリューション

【Bluzelleのエコシステム】

Bluzelleエコシステムには、生産者と消費者という2つの主要なアクターがあります。消費者はデータを格納および取得できるようにBluzelleトークン(BLZ)を使います。生産者はそれから比例した出資をして彼らのサービスレベルを保証し、そして要求された資源をネットワークに提供します。 このシステムはコストを削減し、スケーラビリティを高め、既存のデータベースシステムの複雑さを解消します。分散化によるコストの削減とスケーラビリティにより、Bluzelleはdappsを利用する中小企業にとっても魅力的なものになります。

Bluzelle(ブルゼル)他のICOにはない特徴

分散型データベース

ポイント1

データベスとは、何らかのサービスを利用するときに、コンピュータの処理能力を活用し蓄積・検索・更新を簡単にできるように有機的に整理された情報の集まりです。

 

ポイント2

分散型データベースとは、1つのデータベース管理システムで複数存在するデータベスを処理する方式です。 分散型データベースを利用するメリットとしては、集中型データベースを利用するよりも、通信負荷が軽減され、処理スピードの速度等パフォーマンスの向上などのほか、1つのデータベースに障害が発生しても全体の機能が失われないなどがあります。

 

【過去:単一系DB】

今までのデータベースは個人のデータベースを個人自身でしか管理できない単一系データベースでした。しかし、複数の障害原因・高価格な拡張・プライバシーの欠如・不変性の欠如・パフォーマンスの制限が問題視されていました。

【現在:クラウドDB】

そこで、現代では認められた管理者にデータを任せるクラウドデータベースが主流です。しかし、単一の障害原因・高価格な拡張・プライバシーの欠如・不変性の欠如・いくつかのパフォーマンス制限は未だ改善されていません。

【未来型:分散型DB】

Bluzelleのような分散型データは、データセンターに一任せず独自のネットワークモデルでデータを管理することで、障害なし・効率的な拡張・高いプライバシー・高い不変性・パフォーマンスの制限なしという特徴を持ちます。

独自のテクノロジー

Bluzelle(ブルゼル)には、様々なデータベースジャンルのテクノロジーが、実装されています。

・CRUD Api ・Sharding

・Jump Consistent Hashing (JCH)

・Kademlia Hashing

・Partial Replication

・Load Balancing

Bluzelleによると、以下の理由によってデータベースには適していないというのです。

スケーラビリティ:ブロックチェーンには常にチェーン全体の存在が必要であるため、スケーラビリティが損なわれています。

費用:マイニング費用は高すぎ、持続可能ではありません。

時間:ブロックチェーンの確認には時間がかかりすぎます。 データベースを操作している間、3秒の待ち時間でさえも許容できません。

データストレージ:ブロックチェーン上のデータを削除することはほとんど不可能です。 しかし現在のヨーロッパの法律のために、データベースエントリーは削除可能である必要があります。

Microsoft、Google、Facebookが所有するストレージセンターと比較すると約1億倍の容量がある上に、1TBあたりのストレージコストは約0.001まで小さくなります。

Bluzelleのトークン

Bluzelle(ブルゼル)は、Bluzelleプラットフォームには2つのトークンがあります。  通常のERC-20トークンは、リアルタイムデータベースアカウンティングには遅すぎて高すぎます。 BLZトークンは、ExchangeでBLZトークンを購入する機能をユーザーに提供するためだけに存在します。 BLZとBNTは、Bluzelleプラットフォームではいつでも入れ替えることができます。  消費者は、BLZトークンの所持者としてのみBluzelleネットワークに入ります。これらは取引所で購入してから、Bluzelleトークンゲートウェイに送信する必要があります。このスマート契約は自動的にユーザーにBNTトークンを授与します。

一方、プロデューサはBNTトークンをスマートコントラクトに送信することもできます。その後、彼らは指定されたEthereum WalletでBLZトークンを受け取ります。  このプラットフォームはトークンでのみ機能し、通貨以外の通貨では機能しないため、このプロセスは完全に非集中化されています。プラットフォームのすべてのユーザーは、Ethereum Walletを入手し、安全性と機密性を秘密鍵に提供する必要があります。 BLZとBNTの間のマイクロトランザクションには手数料がかかります。

SWARM(スウォーム)

スワームは他のユニットの集まりです。 3種類の群れがあります。

Points

①シングルトンメタスワーム

②リーフスワーム

③ヴューチャライズト(仮想化された)メタスワーム

 

①シングルトンメタスワーム

Bluzelleには、リーフスワームと呼ばれる下位単位があります。 あくまでも、メタスワームは象徴的な構成要素です。メタウォームレベルで直接共有または処理されるステートマシンやデータはありません。 言い換えれば、すべてのリーフワームが共通して持っているデータはありません – これは、分散型Bluzelleがいかに重要であるかを強調する極めて重要な特性です。 メタスワームはすべての群れの象徴的なグループです。

②リーフスワーム

ここでの各従属単位はノードです。 ノードの1つはその群れの民主的に選ばれたリーダーです。 スワーム内の各ノードはまったく同じデータを格納します。 リーフスワームは、水平データベース2パーティションと同じものと見なすことができ、論理断片番号によって一意に識別されます。 リーフスワームには、それぞれが同じリーフスウォームID番号にマッピングされた、多数の論理的なデータ断片が含まれています。

③ヴューチャライズト(仮想化された)メタスワーム

仮想化されたメタスワームは、数学的な方法でコレクションの1つの群に正確に関連しているスワームのコレクションです。 フォグまたはスウォームコンピューティングの概念を使用して、Bluzelleはデータのすべての単位が一群のスウォームの中で単一のリーフスウォームに100%複製されるというモデルに従います。 そのため、データは1つの群に限られていますが、その群のノードは十分に存在し、地理的に分散しています。自然または人為的なイベントによる局所的な停止には影響されません。

金融分野とプログラミング分野で経験豊富なチームメンバー

CEOのPavel Bainsは、運用管理、デジタル技術、そして金融分野で15年の経験を持っています。 さらに、彼はディズニーで財務オペレーションコンサルタントとして働いており、ストーリーパンダの共同創設者です。さらに、Bluzelle氏はNitin Cunhaを7年間TEEMAコンサルティンググループのTalent Managerとして勤務し、現在はブロックチェーン愛好家としてシニア開発者として挙げています。

CTO Neeraj Murarkaは、Google、IBM、Hewlett-Packard、Lufthansaなどの大企業ですでに雇用されていました。一方で彼は政治にも積極的です。

スペックの高いアドバイザーはチームに他にもたくさんいます。

Prashant Malilk – Siemens, Microsoft, Facebook

Brian Fox – GNU bash shell, Wells Fargo

Gil Penchina – eBay, wikia.com

Alex Leverington – Ethereumのコア開発者

Ryan Fugger – Rippleの創設者

さらにBluzelleは、会計および法律の分野にも力をいれています。

Bryan Cave – 香港とアメリカの法律顧問

OrionW – シンガポールの法律顧問

PriceWaterHouseCooper – 経営管理、事業戦略、財政アドバイス

使いやすさ

Bluzelle(ブルゼル)はアプリのAPIを利用することによって簡単に始めることができます。また、Bulzelle Casheはすでに管理されているため、すぐに利用することが可能です。

有効性とパフォーマンス

Bluzelle(ブルゼル)は複数の近くにサーバーを持っているため、アプリケーションの待ち時間を短縮することが可能です。また、Bluzelle(ブルゼル)のサーバーは地域間説z区を利用し、高性能なパフォーマンスを実現しています。

耐久性

世界中の25箇所にBluzelle Chasheなのデータは複製され保存されています。複数箇所で保村することにより、障害、災害、サーバー攻撃関係なく、つけにデータを利用することが可能です。

対等スケーラビリティ

参加のために揃えなくてはいけないものがないもにないため、以前にコストがかかることがありません。

ユーザーは利用したサービスにのみ支払いを行う仕組みとなっています。

柔軟性

ユーザーはBluzelle(ブルゼル)のAPIを利用することによってBluzelleを初期データとして利用することが可能です。

また、全てのコードのパターンをユーザーに提供しています、そのため、サーバーを追加する際、新規データーセンターにデータをすべ役追加することが可能です。

セキュリティ

データは銀行レベルに匹敵する256ビットに暗号化して保存されています。データにアクセスする権利をもつ者のみデータを復号化することが可能です。

Bluzelle(ブルゼル)の類似プロジェクト

以下のICOは全て分散型クラウドを採用しています。

BITTORENT(BTT)

Image result for BITTORRENT(BTT)

TRXプラットフォームで展開されているサービスです。

Siacoin

Image result for Siacoin

2015年に生まれた暗号資産で、個人が保有するPCの空き容量をコインを通じて貸し出しリワード(報酬)を得ることができます。 分散型クラウドを採用していることによって、比較的安価で安全なストレージを利用することができます。

Storj

Image result for Storj

2014年にリリースされた暗号資産で、クラウド上にファイルを保管するサービスを提供するブロックチェーン技術が特徴的です。 現在はイーサリアムのプラットフォームを利用しています。P2P形式を採用し、容量が余っている人は貸し出して対価を得、容量が必要な人は対価を払って借りることができます。

Filecoin

Image result for Filecoin

2017年8月にICO開始した、クラウドストレージサービスを提供するブロックチェーンのなかでは比較的新しいコインです。 目標金額を短期間で達成したことで話題になりました。

Winny

違法DL目的に作られたという議論もありましたが、ストレージを語るにはこの日本のプロジェクトは外せません。

ファイル共有ソフトWinny1(Winny version1)は、2002年に発表された後爆発的な人気をみせました。「匿名性」を特徴とし、データ転送において良質なアルゴリズムを実装していたがゆえに、少数のユーザーが違法に入手した映画や音楽などの商用データ、コンピューターウイルスまでWinnyにアップロード、拡散するなどのトラブルが頻発しました。

Bluzelle(ブルゼル)とETH(イーサリアム)との比較

Related image

Ethereum(イーサリアム)は、現在Bitcoinに次いで 世界第二位の時価総額を誇る次世代の暗号資産 として、世界中の注目を集めています。 注目されている理由として、Ethereumのスマートコントラクトが理由の一つに挙げられます。 Ethereumのスマートコントラクトは 取引を行うと同時に、契約内容まで管理することができる のです。 中央機関を介さずに契約内容を自動執行できる点が、Ethereumの大きな特徴です。 また、Ethereumのスマートコントラクトは、過去に交わされた契約内容をネットワーク上で半永久的に保存することが可能です。契約の経緯や権利譲渡などの履歴を保存することで、信用情報が自動的に蓄積されます。 取引で行われるすべての契約内容は、分散型ネットワークであるブロックチェーンに書き込まれますので、世界中の誰もがいつでも内容を精査・監査できるようになっております。また、不特定多数の人の目に常時さらされることで、偽造・改ざんは困難です。そのため、非常に信頼性の高いシステムといえます。 ただ、あんまり実行しすぎるとネットワークがパンクしてしまうというスケーラビリティ問題があり、ここ最近Ethereumでさえも、多数のスマートコントラクトの実行に絶えきれずパンクしてしまいました。問題も抱えているようです。

Bluzelle(ブルゼル)とEOS(イオス)との比較

Image result for イオス コイン

EOSという暗号資産は、EOS決済機能もなく、EOSのプラットフォーム内で使うこともないので、この通貨自体に価値はありません。 完全にICOの資金調達のためだけに作られた通貨と言われています。 EOSでは、 人間にも読めるコードでブロックチェーンにコントラクトが保存されるので使い勝手がとても良い といわれています。 EOSのスマートコントラクトももちろんほかのスマートコントラクト同様に、契約内容は改ざんしにくく、契約内容がブロックチェーンの参加者全員に公開されます。 しかし、EOSの他のスマートコントラクトと違うところが、パンクしないようなスマートコントラクトを実行できるブロックチェーン作ろうというところです。それがdappsです。 EOSのブロックチェーンは、dappsというブロックチェーン上で運営会社を必要することなく、稼働する分散型アプリケーションに特化したブロックチェーンなのです。 これまではアプリケーションをブロックチェーン上で構築するとネットワーク手数料がかかるため、運営会社がなくとも、手数料によるコストが高くなってしまいます。 しかしEOSでは、トランザクション毎に使用料を支払わなくていいという特徴を備えているようです。

イオスの関連記事はこちら

Bluzelle(ブルゼル)とNEO(ネオ)との比較

Image result for ネオコイン

まず、NEOは中国で初めてのパブリックブロックチェーン技術によるプラットフォーム・通貨であります。 NEOは スマートコントラクトの開発に適した特徴を備え、またスマートエコノミーをより拡張する可能性を持った暗号資産 です。 NEOが目指すスマートエコノミーというのは、経済全体がスマートコントラクトによって成立する経済圏のことで、このような世界では、すべての物理的資産がデジタルとして表され、すべての取引とその取引の当事者はデジタルIDで登録されます。 このデジタル資産やスマートコントラクトを組みあわせた分散型ネットワークで、NEOのシステム内では多くの独自技術が使われています。 「NeoX」「NeoFS」「NeoQS」「DBFT」などの独自技術は将来の経済インフラになるとも言われ非常に将来性がある技術なのです。

ネオの関連記事はこちら

Bluzelle(ブルゼル)の対象顧客

Bluzelleは、ターゲットとているのは消費者生産者の2種類。

消費者、つまりデータストレージを利用したいユーザーに対してはBluzelleデータベースサービスを提供します。

生産者、つまりコンピューターストレージの空き容量があるユーザーに対しては消費者にストレージを貸し出しリソースを提供することで、対価としてBluzelleトークンを受け取ることができます。

Bluzelle(ブルゼル)の予想される課題

予想される課題は大きく分けて3つあります。

Points

①競合

②パートナーシップの情報公開

③価格

 

①競合

Bluzelleは、他の分散型データベースの分野で競争に直面しています。 Ethereumを使用した分散型DBであるWolkは、Bluzelleの主力候補になるように準備を進めていますが、Bluzelleを際立たせる重要な側面があります。 Bluzelleは独自のプロトコルで動作し、あらゆるブロックチェーンへの統合を可能にし、非ブロックチェーン製品にも対応します。

②パートナーシップの情報公開

戦略的パートナーシップは、ビジネスの成功にとって非常に重要な要素であり、市場の初期の特徴から暗号世界では間違いなくさらに重要です。 Bluezelleは以前のクライアントと協力する計画をしており、様々なパートナーシップを提携していますががどのようなものになるかについてより多くの情報公開が求められます。

③価格

Bluzelle ICOは、時価総額が6,000万ドルで、トークンが33%の投資家に分配されているため、当社の価格としては妥当でしょう。それでも、ICOハードキャップの40〜60%がプライベートプリセールで引き上げられており、割引は20〜30%の範囲であり、BLZが取引所に当たると価格が下がる可能性があります。

Bluzelle(ブルゼル)の商品紹介:データベースキャッシュ

すべてのソフトウェアアプリケーションは、データを保存および管理するためにデータベースを必要とします。キャッシュはデータベースの横にあり、定期的に使用されるデータを格納します。

あなたがオンラインビデオゲームをプレイしているとしましょう。ゲームがデータを取得するたびにデータベースにアクセスするのではなく、ゲームはデータベースキャッシュに要求を出します。これにより、データベース自体の負荷が軽減され、時間と費用が節約されます。

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Bluzelle(ブルゼル)への質問お待ちしております!
 

Bluzelle(ブルゼル)のトークンの配分

【トークン配分】

Image result for Bluzelle

33% パブリック

27% 将来の使用やもののための予約

15% 創設チーム

15% アドバイザーおよび初期投資家ならびに戦略的パートナー

10% 開発者およびコミュニティ成長基金

【資金運用】

Related image

55% 研究開発

20% 販売とマーケティング

10% ネットワーク

10% オペレーション

05% 会計、法務、コンプライアンス

Bluzelle (ブルゼル)の出資者   

Bluzelle(ブルゼル)のロードマップ 

ただいまホワイトペーパーの公開がされておらず、Mediumでロードマップを定期的に更新しています。

2019年3月1日に公表された内容です。

3月4日の週に、Bluzelle Cacheの顧客セグメント、機能、およびユースケースについての詳細を公開します。

3月18日の週に、Bluzelle Cacheを特定の製品にどのように使用し、コア機能を発揮するかを示すビデオを公開します。

4月下旬から5月上旬にかけて、一部の企業で使用されるBluzelle Cacheの商用バージョンをリリースします。

Bluzelle(ブルゼル)の運営メンバー 

Pavel Bains/CEO

Image result for bluzelle Pavel Bains

Neeraj Murarka/CTO

Image result for bluzelle Neeraj Murarka

Nitin Cunha/Senior Developer

Image result for bluzelle Nitin Cunha

Scott Burch/Senior Developer

Image result for bluzelle Scott Burch

Mehdi Abdeh/Kolahchi Senior Developer

Image result for bluzelle Mehdi Abdeh

Yingyao Xie/Product Development Associate

Image result for bluzelle Yingyao Xie

Bluzelle(ブルゼル)の将来性・まとめ

新規ICO、銘柄なので将来性に関して不安に感じる方も多いと思いますが、様々な大手企業が多く提携をしているので信頼性は一定程度あります。

今後、イーサリアムやNEOなどで様々なdappsが普及し膨大なデータ生成が生成される際に、Bluzelle(ブルゼル)のようなデータベースの管理方法の需要があがるでしょう。

コインオタク伊藤
ブロックチェーンの容量の課題を解決するために多くの市場参入企業がいる分散型ストレージサービス。

中でもBluzelleは成功間違いなしのような設計されたチーム、出資を受けてスタートした。結果は市場の下げにのまれる形でICO割れをしている。とはいえ、必要なサービスだけに今後の市場拡大の為、是非とも踏ん張って欲しいところ。卵が先か鶏が先かとよく言われるが、ブロックチェーン市場は需要よりも供給が肩の状況が続く。

dapps市場はまだ到来していないにもかかわらず、dappsをサポートするプラットフォームは十分すぎるほど存在する。自社サービスを活かすためにもぜひ市場のPRも積極的にしてもらいたい。

ビットコイン高橋
定期的に情報更新していることとプロジェクトのビジネスモデル的にまだまだ期待はして見守っていいと思うよ。

またプロジェクト内に技術者が豊富そうなところが良い。

dappsのオープンソースは幅広い分野で今後の技術力向上に役立つだろうし、 最終的に消えゆくコインとはならず、どんなに悪くとも吸収されるなどして何らかの形で世の中に爪痕を残せると思う。彼らがお金稼ぎに走らなければ・・・かな。

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Bluzelle(ブルゼル)への質問お待ちしております!