【情報量日本一位】暗号資産保有者のためのプロジェクト、Policy Pal Networkを徹底調査!

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回は、保険業で培った実績からあたらしい暗号資産の在り方を提唱するPolicy Pal Networkについてご紹介していきたいと思います! Policy Pal Networkは、2016年よりシンガポールで保険業を営んでいるPolicy Pal社が始めた新しい事業です。 特徴としては、銀行口座をもたない人や、今まで保険ではカバーされていなかった暗号資産のための保険を提供しています。 Ethereumを基盤としたプラットフォームを独自に開発し、所有する暗号資産を資産消滅やハッキングから守るという次世代の保険で、注目度が高まってきています。そんなPolicy Pal Network の特徴をまとめましたので一緒に追っていきましょう!

Ethereumについての記事はこちらへ

 

Policy Pal Networkヘッドラインニュース

【速報】Policy Pal、Q2・Q3のビジネスアップデートの公開<2019年8月11日更新>

Policy PalはQ2・Q3のビジネスアップデートを公開しました。

Q2・Q3のビジネスアップデートとしては、

・トークンスワップの完了

・パネルセッションとイベントの成功

・母の日のギブアウェイ

・パートナーシップ

・技術開発

などがあります。

詳しくはこちらへ。

【速報】Policy Palの創設者兼COE、日本で演説<2019年7月28日更新>

2019年7月23日の17時からPolicy Palの創設者兼COEであるVal Yap氏が日本でキャッシュレス社会を進めるための文化的構想に関する演説を行いました。

【速報】メインネットのローンチによりトークンのスワップ(変換)を施行<2019年7月1日>

メインネットのローンチにより、Bittrex、KuCoin、CoinBene、UPbitなどの取引所でトークンのスワップが行われます。

全てのトークンスワップは2019年7月1日までに完了する予定です。

未交換のERC20 PALETHアドレスからPALウォレットにマッピングされます。

 

Policy Pal Networkの特徴

・銀行口座を持たない人でも保険に加入することができます。

・今までカバーされていなかった暗号資産のための保険です。

・独自のブロックチェーンを開発しています。

 

Policy Palの基本情報

プロジェクト名:Policy Pal Network

シンボル:PYPL

発行上限:10億枚

発売時期:2018年3月3日から2018年3月4日

総発行枚数:6.5億枚

ブロックチェーンのタイプ:ERC20

今後Policy Pal 独自のブロックチェーンを開発していく予定です。

Policy Pal Networkの上場先一覧

Policy Pal Networkの公式サイト、SNS一覧

公式サイト

ホワイトペーパー

公式Twitter

公式Telegram

公式Facebook

公式Reddit

公式medium

公式Youtube

2019年4月現在の公式SNS規模:

Twitter 11,341フォロワー、 Telegram 13,553人、 Facebook 6,791フォロワー、 YouTube 158登録者、 Medium 1.3Kフォロワー、 Reddit 1.3Kフォロワー

Policy Palの特徴

このプロジェクトの目的は、デジタル保険の分野を変革し、消費者が求めるデジタル保護の欠如を埋めることです。 暗号通貨の、不安定で動きの大きいものでは、暗号資産は財布侵害やエクスチェンジハックなどの絶え間なく変化する組み合わせから生じる脅威にさらされています。
PALは暗号資産を保護する際に暗号通貨空間におけるリスクの認識を完全に変える包括的な保護計画を提供します。
保険と暗号資産が何の摩擦もなくシームレスに重なり合うデジタルの未来を想像しています。

既存のリスクを考慮して暗号資産保有者が適切にカバーされ、低保険者へのデジタル保護への参入障壁が大幅に削減されるという最終目標の達成を目指しています。

顧客の個人情報保護また取引の簡易化の目的のもと、入出金において暗号通貨を利用しています。

Policy Pal Networkが解決する問題

コインチェック問題等で、ブロックチェーンを用いた暗号資産への信用度が下がってしまいました。サイバー攻撃や資産消失によって暗号資産を保有しようとしている人の不安を解決します。今までの保険事業には、保険料を高額にするためのプロセスがありました。 保険流通の伝統的なモデル – エージェント、
ブローカー、IFA、銀行など、非常に費用がかかり、非効率的です。従来の請求プロセスは、エージェント、サーベイヤー、および請求評価担当者を含む多くの文書を伴う時間のかかるプロセスです。 事故から支払いを請求するまでに数週間かかることがよくあります。Policy Pal Networkはそうした時間のロスを削除し、即座に保険で対応することができます。

Policy Pal Networkのソリューション

暗号資産を保有するリスクを、保険によって軽減します。

他のICOにはない特徴

トークンを所持するメリット

PAL Networkのための新機能の開発に関する調査に参加する権利を得ることができ、ボーナスでPAL Networkトークンを受け取ることができます。

保険の新製品の調査フォームに参加する権利を得ることができ、その製品が発売開始したときにPAL Networkトークンをボーナスとして受け取ることができます。

・保険プールのコミュニティを形成するためのマーケティング紹介プログラムに参加するとボーナスでPAL Networkトークンを受け取ることができます。

・Policy Pal Singaporeのプラットフォーム上で保険証券を購入すると2%のボーナスのPAL Network トークンをもらうことができます。

・信頼されたパートナーがマスターノードを実行し、PALトークンを持つユーザーに報酬を与えることによってユーザーデータにアクセスできるようになります。つまり、マスターノード報酬によるインカムゲインを二重に得ることができます。

保険業務にブロックチェーンを利用するメリット

収入と比較すると保険料が高価であるために、保険入っておらず銀行口座ももっていない人のための参入障壁を下げることを目的として、PALネットワークに P2P共済保険 を導入する予定です。

P2P共済保険とは

保険を必要とする人たちで小さなグループを作り、そのグループに属する人たちでお金を出し合います。事故や病気などでお金が必要であれば出し合ったお金から費用を出し、使わなければ翌年の年会費の割引やキャッシュバックにあてられます。この仕組みにより保険会社の負担を軽くすることができるとして、取り入れる保険会社が増えてきています。

 

複合リスクは、各個人の貢献度を大幅に低下させるために、より多くの人々に分散されます。 援助の制限を高めながら、加盟国の援助限度額を引き下げることで、リスク分担を促進し、相互に有益な形の財政援助を提供するためのプラットフォームと見なすことができます。

メンバーのアカウントが完全に使い果たされている場合、アカウントの残高が空のままであれば、30日後にポリシーが期限切れになる前に、メンバーにアカウントを補充するよう通知するメッセージが表示されます。

ブロックチェーン上で開発された結果として、P2P共済保険プラットフォームは、その透明性とデータ不変性に起因するあらゆる不正請求または保険詐欺を排除します。

データの透明性は、サービスプロバイダーからのデータ破損から発生する可能性がある不確実性を取り除き、プラットフォームに対する信頼の重要な問題に対処します。

スマートな契約を使用することで、クレームの照合と監視を効率化して、個々のレコードを簡単に低コストで取得できます。 これは、信頼に焦点を当てた現在のブロックチェーンの実装からのステップアップですが、保険契約に革命を起こすためのスマート契約の使用はまだ完全には実現されていません。

Point

Policy Palはすでにシンガポールでビジネス基盤を持っている会社で、保険業で活躍してきた会社であるため信用度が高いです。

トークンの配分

トークンの50%はトークンセールによって配布されます。

パートナーシップ、チームがそれぞれ15%の配分で、残りの20%がPolicy Pal Network のインセンティブに割り当てられます。

より詳しい情報はPolicy Pal Network の公式サイトやテレグラムでアナウンスされる予定です。

出資者

出資者は以上の通りです。

Policy Pal Networkの類似プロジェクト

VERNAM(バーナム)

バーナムでは、ブロックチェーンで世界初の0%コミッション保険を提供しています。ブロックチェーン技術に基づいてさまざまなビジネスモデルを示しています。

INS Blockchain Platform

INSエコシステムは、小売、食料品、消費者製品およびサービスを含む消費者市場に焦点を当てて設計されたセキュリティプロトコルとスマートコントラクトを備えた、 次世代の高性能スケーラブルなブロックチェーンプラットフォーム を構築します。

InsurePal

InsurePalは、社会的保証の裏書きに基づいた次世代のピアツーピア保険で、ブロックチェーンのイノベーションの力を最大限に活用しています。

 

Policy Pal Networkの対象顧客

ブロックチェーンのスタートアップ、その後ほかのサービス事業者向けに展開します。

Policy Pal Networkの商品・サービス

公式アプリ

Policy Pal Network の公式アプリです。

このアプリをダウンロードすることで、クレジットカードを使って保険を購入することができます。(PAL トークンで購入すると保険料が50%オフになります。)

Policy Pal Networkのロードマップ

2018年第1四半期

●トークンセール

●イーサリアムテストネット計画

2018年第2四半期

●ETHテストネットでのPoCの立ち上げ

●PALによる支払

●クレーム提出

●請求を受ける

●2つの保険会社とのパートナーシップ

2018年第3四半期

●ブルーペーパー

●PALプロトコルテストネット発売

●スーパーノードとマスターノードの更新

●CryptoProtectの起動

●フライト遅延保険発売

2018年第4四半期

●Web財布とダッシュボードの開発

●PALプロトコルメインネットの立ち上げ

Policy Pal Networkの最新情報

 2019年2月5日,虎ノ門でミートアップが行われました。 

シンガポールや日本だけでなく2019年3月14日にはインドネシアでもミートアップが行われています。

Policy Pal Networkの運営メンバー

Val Yap / CEO, Founder

彼女は、PolicyPal Tech、PolicyPal Singapore、およびToken IssuerのCEOおよび創設者です。 PolicyPal TechとPolicyPal Singaporeを設立する前に、OCBC Bankの副社長補佐を務め、OCBCブランドを活性化させるための重要なデジタルイニシアチブとキャンペーンの開始を担当しました。 これらには、MOB-EXアワード2016で3つのメダルを獲得したOCBC OneTouchキャンペーンが含まれていました。 以前にPwCのロンドン事務所でリスク保証アソシエートを務め、英国の金融機関と協力して、米国外貨税法遵守法(FATCA)の新しい規制に従って導入計画を策定しました。 ロンドンのインペリアルカレッジで修士号を取得する前Valは、リスク評価とモーター見積もりを担当したアリアンツのモーター仲介チームの一員でした。 彼女はまた、最近ではフォーブスの30歳未満の30歳でファイナンス&ファイナンス部門に選ばれました。

KC Wong / Head of Engineering

彼は、C ++、GO、Python、Javascriptなど、さまざまなプログラミング言語の豊富な経験を持つプロフェッショナルなフルスタック開発者です。   彼は、以前のHyperledgerとEthereumの経験を活かして、Policy Palのブロックチェーン開発のリーダーです。   2年前に最初にEthereumについて学んで以来、彼は暗号通貨分野に深い関心を抱いており、この分野での開発に関する熱心な支持者です。 PolicyPal TechとToken Issuerの前は、KCはシンガポールの他のスタートアップの最初の開発者であり、そこで技術的な基礎を築き、バックエンドWebインフラストラクチャとモバイルアプリケーション(Swift)を構築する上で重要な役割を果たしました。 彼はまた、統計分析や会社の日常業務をさらに最適化するのに役立つ、カスタマイズされたWebコンテンツ管理システムの開発を担当しました。

David Hoong / Head of Broking

彼は、PolicyPal Singaporeの仲介責任者です。 PolicyPal Singaporeの前は、2つの別々の保険仲介会社で複数の役割を同時に管理していました。両ブローカー会社に勤務中、保険会社のコミュニケーション、販売およびマーケティング、保険金請求サービス、 コンピュータ化、オペレーション、人事、そして両社の継続的な成長と収益性の確保に尽力しました。 Davidは、2008年に世界の証券会社のJardine Lloyd Thompson(JLT)に買収される前に、Anda Insurance Brokingをシンガポールの大手独立系保険仲介業者に育て、海外の国内メイド保険と自動車保険に力を入れてきました。 約25年間の保険仲介の経験を持つデイビッドは、PolicyPal SingaporeとToken Issuerのための戦略と新しい方針を策定する上で中心的な役割を果たしています。

まとめ

以上がPolicy Pal Networkについてになりますが、暗号資産を保持する人の一番の不安はサイバー攻撃などによって安全が脅かされることですよね。まだ記憶に新しい2018年1月、大手暗号資産取引所「コインチェック」から日本円にして580億円ものNEM(ネム)が流出したコインチェック事件によりさらにその不安は煽られてしまいました。

そこで考案されたのがこの、ブロックチェーン技術を駆使した暗号資産や銀行口座を持たない人のための保険です。Policy Pal Networkをスタートさせたのはシンガポールで保険業、金融業、技術職にバックグラウンドを持つPolicy Pal社です。暗号資産の知名度が高まると同時に、暗号資産のための保険の需要も今後高まっていくと考えられます。

コインオタク伊藤
絶対にニーズがあるモデル。もちろんPolicy pal networkだけでなくたくさんの競合プロジェクトが存在します。今の保険会社も同じで、大手1社がいる市場ではなくとても多くのプレイヤーが存在するのが保険市場です。もしかすると一つのブロックチェーン技術で全ての保険市場を取り入れられるようになるかもしれません。そのような未来では保険会社は民間企業ではなく世界的な社会インフラになるでしょう。各プレイヤーがその未来を目指して切磋琢磨し良いサービスが生まれることを期待しております。
ビットコイン高橋
上場後トークンの価値は低迷しているけど、実際にプロダクトで利益が上がり始めるまではトークン自体に価値を持つことはないだろうね。 但しモデルとしては早期にスケールしそうな分野。今のところは。でも世界を変えるかという意味では難しそうだよね。既に勢力図が出来上がってる分野だし。 まずは開発が終わり、元々耕していたフィールドのパイを狩り、普通のスタートアップ企業が歩む道を歩けるかどうか。それまでマーケットメイクとかで無駄にお金を使わず、且つ詐欺業者に搾取されないことを祈るばかりって感じかな。

 

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Policy Pal Networkへの質問お待ちしております!
 

1 件のコメント

  • Howdy just wanted to give you a quick heads up. The text in your content
    seem to be running off the screen in Chrome.
    I’m not sure if this is a format issue or something to do with internet browser compatibility but I thought
    I’d post to let you know. The layout look great though!

    Hope you get the issue resolved soon. Thanks I am sure this
    article has touched all the internet users, its really really good article on building up new webpage.

    I’ll right away seize your rss feed as I can not to find your email subscription link or e-newsletter service.

    Do you have any? Please let me understand so that I may just subscribe.

    Thanks. http://foxnews.net

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。