2019年7月10日、ChainUPが「ブロックチェーンエコシステムパートナー交流会」を東京で開催

プレスリリース

2019年7月10日、ChainUPとCoinbus主催、TEAMZが共催パートナーをする「ブロックチェーンエコシステムパートナーズ交流会」が東京で開催されます。本イベントでは日本と中国のブロックチェーン開発における現状や将来の動向、業界で起業する機会やビジネス展開など、複数のテーマに渡り、スペシャルゲストをお招きし議論していきます。

今回のイベントは、世界のブロックチェーン業界をリードするChainUPと日本でも有名な暗号資産取引所Coinbusが主催、中国で知名度の高いブロックチェーン投資機構Nodeキャピタル、暗号資産ウォレットHiCoin が共同主催、金色財経、Coldlar(風神Wallet)、CoinPhd、BiKi、デジタルジャーナル、TEAMZ、BBC(Blockchain Business Community)が戦略パートナーとして参加します。

ゲストスピーカー

当日のゲストスピーカーの一部を紹介します。
・日中ブロックチェーン協会理事長、国際政治経済学者- 浜田 和幸氏、
・Nodeキャピタル共同創業者・金色財経創業者 Jun Du氏
・ChainUP創業者兼CEO- 鐘 庚発氏
・Coinbus株式会社CEO- 曺 煕哲氏
・Coldlar(風神Wallet)共同創業者- 張 玉氏、
・CoinPhD創業者兼CEO- 杨鑫奇氏

現在、世界で急激に発展するブロックチェーン技術や金融、資産セキュリティ、規制、ブロックチェーン経済を支える新しいエネルギーなど、話題のトピックを日本と中国のブロックチェーン業界における著名な方々が議論を行います。

ChainUPが最も注目する都市である東京で開催する“ブロックチェーンパートナー交流会”には、150名を超えるブロックチェーン業界のスペシャリストが集結します。

ChainUP(チェインアップ)について

ChainUPは、ブロックチェーン業界をリードするブロックチェーン技術開発サービスプロバイダです。

– デジタル資産取引システム
– ウォレットサービス取引システム
– 仮想通貨取引所取引状況認識システム
– パブリックチェーンアライアンスチェーンソリューション
– マイニングプールシステム
– ブロックチェーンメディアクラウドシステム
– 流動性システム
– ブローカー

主に技術サービスの面から、取引所の流動性を高め、エコシステムの構築に力を入れています。現在では暗号資産取引所約180社、ブロックチェーンメディア約20社、デジタルウォレット開発サービスを約50社提供しています。また、アジア地域から、ヨーロッパ、アメリカ、オセアニアまで20カ国の地域で5,000万人のユーザーを持ち、中国で有名な投資機構Morningsideベンチャーキャピタル、JOYキャピタル、Nodeキャピタル、Albatross ベンチャー、Taoshiキャピタルなどから投資を受けています。

グローバルビジネスコンサルティング・インターナ ショナルイベント企画運営を運営するTEAMZは共同主催のパートナーとして、共に日本市場のグローバリゼーションのエコシステム構築を目指しています。