AMANPURI(アマンプリ)の独自トークンAMALがBiki Exchangeに上場!

プレスリリース

2019年8月10日、Biki ExchangeにてIEOを実施したAMANPURI(アマンプリ)のAMALトークンは、わずか6分で完売となりました。

そして8月27日より、AMALトークンがBiki Exchangeにて取引開始されます。

暗号資産取引所 AMANPURI(アマンプリ)とは

アマンプリは世界トップの取引量を誇る2つの取引所であるBitMEXとBinanceのディスカウント料、レバレッジ、トランザクション、リフェラル、ユーザーサポートなど様々な観点からBitMEXとBinanceの良い部分を採用し誕生した暗号資産取引所です。

最大倍数100倍のレバレッジ

アマンプリの最大の特徴は最大レバレッジ倍数の高さです。その倍数は100倍で、暗号資産取引所では国内外で最大級のレベルを誇ります。

また、取引ボリュームが群を抜くBitMEXは、透明性のあるボードマッチングでのレバレッジ100倍の取引ができることが人気ですが、レバレッジ取引は掛けるレバレッジの大きさだけ手数料が掛かります。つまり、これはユーザーにとっては大きな負担となります。

一方、アマンプリはバイナンスBNBのように、取引手数料をAMAL(アマンプリ独自のトークン)で支払うことによる取引手数料の軽減(50%)が可能です。

これによりユーザーの負担を大きく減らし、より快適なトレード環境を提供することができます。

トランザクション

アマンプリは、処理可能な注文数が1,000,000注文/1秒、さらに約定可能な注文数が1台のサーバーで3,000注文/1秒と、高いトランザクションを誇ります。
大手取引所Binanceの1,400,000注文/1と比較をしても引けを取らない、高水準のトランザクションであることが分かります。

独自トークン(AMAL)

2019年8月10日にIEOが実施されたAMALも、アマンプリが持つ特徴の1つです。

AMALトークンを利用することにより、取引手数料を50%に軽減することが可能です。
現物取引だけでなく、レバレッジ取引にも使用可能なため、アクティブトレーダーにとっては大きな負担軽減へと繋がります。

また、取引や送金の際に発生した各通貨の最小単位以下の端数をAMALトークンに変換することができるため、一切の無駄がありません。

さらに、取引所の利益に対する5%がユーザーへの配当として付与され、 独自のプラットフォームで通貨を発行する際には保有率に応じて付与されます。
AMALの配当は、毎日ユーザーの口座へBTCで支払われ、ユーザー数の増加により取引高が大きくなることで、配当も増加していきます。

このように、様々な面でユーザーへ配慮した環境を揃えていることが支持され、この度の発表へと歩みを進めました。

アマンプリ、Biki Exchangeにて取引開始!

アマンプリの販売所は2019年8月1日にオープンしました。
また、オープンに伴い、8月17日にBiki ExchangeにてAMALトークンのIEOを実施しました。

購入したAMALはアマンプリ取引所に送金しロックアップすることにより、配当の受け取り方や、手数料の割引に使用することが可能です。
尚、初期に購入した方が有利な可能性がありますので、早めにAMALの購入を行うことをお勧めいたします。

さらに、アマンプリはよりユーザーの皆様へトレード等お楽しみいただくため、様々な企画を計画しております。
プレセールで購入した方、IEO、販売所で購入する方は、これから毎日楽しみが増えていくことでしょう。

AMALトークン、Biki Exchangeにて取引開始!

2019年8月27日、ついにBiki ExchangeでAMALトークンの取引が開始されました。

上場キャンペーンとしてBikiとアマンプリは、①保有数を競い、上位入賞者にはボーナスAMALをエアドロップ、②AMAL/BTCの取引量を競うトレード大会を開催します。
詳しくはBikiの公式アナウンス、アマンプリのコミュニティをご確認下さい。

Biki Exchange はユーザー数約100万以上、24時間の取引量は2,000億円という世界の仮想通貨取引所ランキングでも上位に入る大手仮想通貨取引所です。

Biki Exchangeに上場することで大きな流動性が生まれるため、今後AMALトークンの取引量が増加することが予想されるとともに、AMALトークンのより便利な取引環境を提供します。

※注意※

現在はAMALトークンの最大保有量及び購入制限は設けていませんが、買い占め等でトークンが枯渇するような状況が予測される場合は制限を設ける予定です。