【急騰】テクニカルスナイパーコラム「日本各地の気温が上昇、チャート最高値突破目前」

テクニカルスナイパー

こんにちは、テクニカルスナイパー(@forgoodtrade)です。
私はコインオタク編集長の伊藤健次さんに次ぐ立場としてオンラインサロンの専属講師を務めています。

そのご縁からコインオタク公式ホームページにて私の記事を寄稿させていただいています。
ぜひ最後までお読みください。

神は細部に宿る

私で言えばトレードやこうした記事などの文章に当てはまることですが、最近はつくづく神が細部に宿っていると感じることがあります。

もちろん神を信じる信じないという議論ではなく、自らのこだわりやマイルールをしっかりと貫くことでそれが巡り巡って良い結果を呼ぶことがあります。

大トレンドを見極めることと、最終的にエントリーする瞬間にプライスアクションで形にこだわってタイミングを図ることは私の中で大きなルーティンとも言えます。

たとえ極端だとしても、マクロ視点で間違った方向に進んでいないかを確認し、ミクロ視点でもっとも細かいところにまで着目して売買をすることを心がけています。

これはどのような仕事も同じであると考えており、最後のこだわりがパフォーマンスを左右すると思っています。

日本中が真夏の暑さに

日本では雨が続いており、最近では大阪・京都・名古屋など日本各地を回っていましたが、どこも天候が芳しくなく、湿気の多い日々でした。

昨日からはようやく晴れるようになり、今度は一転真夏の暑さとなっています。
気温のトレンド転換が急激でした。

徐々に安値を切り上げるなど、上昇の気配を見せていたものの、直近ではボラティリティが高く、雨が続いたこともあって下落調整は深くなっていました。

昨日と今日の暑さはすでに今月も経験していますが、やはりこれだけの急上昇となると体感はかなり違います。
最高値突破前にもう一度押し目を作ると見ています。

移り変わる現代のメディア

スマートフォンが発達し、YouTubeなどが普及してきた中で、メディアのあり方もまた大きな変化を遂げています。
テレビというのはまだ強い影響力を持っており、一方で新聞などの発信力は衰退していると感じます。

テレビそのものの視聴率は下がっていく一方ですが、ネットでの拡散力は健在であり、CMとして放送されたということに価値があると見なされているため、話題になることも少なくありません。

メディアとして安定した拡散力を誇っているかどうかという観点で言えば、新聞の威力は弱まってきていると言わざるをえません。

あらゆるメディアが恣意的に情報を操作し、誤った報道をするものだと言われるようになった中で、活字を読まない層が増えていることも考慮すると厳しいでしょう。

週刊誌も発行部数は落ちてきていますが、こちらは幅広い層に刺さる内容であればすぐさまインターネットでも展開されるため、まだしばらくは存在感を放ち続けます。

個人的には金満球団として有名な読売ジャイアンツの今後を案じています。

テクニカルスナイパーの発信媒体

私は以下の媒体にて発信をしていますのでぜひチェックしてください。

【8月31日(土)】投資初心者でもOK!コインオタクミートアップ @金沢