【9月25日放送分】伊藤健次のTwitterLIVE「暗号資産2.0」-仮想通貨ビットフライヤー、プロ向けツールでイーサリアム日本円(ETFH/JPY)ペア追加-

動画

 

毎週水曜日にある伊藤健次のTwitterLIVE「暗号資産2.0」について、動画編集を行いました。

LIVEを見逃した方は、是非ご視聴くださいませ。

本動画のお題は、直近話題に上がった仮想通貨に関するニュース解説&ユーザーからの質問にお答えしております!

ニュースに関しては、以下3つをピックアップして解説を行いました!

 

◆1つ目のニュース:

ビットコイン(BTC)の価格暴落について

|参考サイトはこちら

ビットコイン/米ドルのチャートになります。緑色の線は無視していただいて大丈夫です。

ピンク色の線がディセンディングトライアングルを表していますが、結構下に位置していますね。世間的には、ディセンディングトライアングルで下落しているのではないかと言われています。

下部にある2つの点線で下がったと考えています。判断材料がないとビットコインの価格予想は難しいとは思いますが、特にブロックチェーン企業の方は慎重に行っていかないとダメですよね。

悲観相場というものは存在するのです、いつ市場が反転するのか見極めるためにもチャートは分析できるようになりましょう。今回の下落も実は予測できるものだったりします。チャート分析については専任の方がCOIN OTAKUサロンにいまして、伊藤も一緒に学んでおりますので、みなさんも基本的なラインを引いたりと、やってみてください。

ただ、下落した後何のシグナルも出ておりませんのが、10月の頭にはまた新しい価格予測ができると思いますので、解説いたします!

 

 

◆2つ目のニュース:

仮想通貨ビットフライヤー、プロ向けツールでイーサリアム日本円(ETFH/JPY)ペア追加

参考記事はこちら

市場にとってプラスのニュースです。

ビットフライヤーライトニングでペアが追加されました。これによってイーサリアム(ETH)の流動性が向上し、投資家・トレーダーが動きやすくなりますね。

仮想通貨市場にいる人たちは同じ思考になりやすいので、価格が上がる時は上がるし下がる時は下がります。

このようにプロ向けのツールが増えれば市場が変わりそうですね。

2020年にはTwitterで何か周りの反応を見るということはできないかもしれないですね。

 

◆3つ目のニュース:

「米国市場は十分チャンスがある」仮想通貨取引所バイナンスUSのCEOがAMA実施

参考記事はこちら

AMAはAsk Me Anythingの略で質疑応答の時間になります。市場の期待に対してバイナンスのCEOがどのように答えたのかを取り上げたCOIN POSTさんの記事になります。

専門用語が多くてわからない方もいると思うので、簡単にいうと「めちゃくちゃ期待されていました。」ということです。取引開始されているので、新しいマーケットができたと思って期待しましょう。

取引所は新しいお金としてサービスを展開していますので、ポジティブなファンダになりますね。

TwitterLIVE『仮想通貨2.0』9月25日放送分

仮想通貨市場の情報はナマモノです。。。今回は編集しておりますが、是非リアルタイムでのご視聴を推奨しております。

動画をリアルタイムで見るためには、伊藤健次のTwitterをフォローしていただけますと幸いです。