【プチ経済学】CMには全て意図が含まれている~行動経済学~

サラリーマンベア
サラリーマンベア
こんにちは、サラリーマンベア((@bear_salaryman)です。

ラグビーワールドカップ、盛り上がりましたね!オリンピックも何だかんだ盛り上がりそうな予感です。さて、今回も勝手に始めた『経済』という視点で皆さんの知識をアップデートしていこう企画です。

普段テレビを見ない(見なくなった)ため、久しぶりに地上波テレビのCMを見ました。

相も変らぬスタイルで古いな、とは思いましたがCMにも様々な経済学要素が隠されています。

ちなみに、アマゾンプライムとネットフリックスを足しても朝日新聞の購読料より安いってご存知でした?

完全に 出版・新聞・メディア業界はインターネット技術によりフィールドが変わり、 今後は自らの祖業をも見直すレベルで変革しないと生き残れないでしょうね。

行動経済学が当たり前に

何気なく見ているCMやチラシにも経済学が応用されており、その経済学は『行動経済学』というものです。

今までの経済学は「人や市場は完全に合理的判断で行動する」、「全ての物事は最大限効率化される」という前提で様々な理論が成り立っていました。(あり得ない)

普通に考えると机上の空論で成り立つ訳がないのですが、今以上に階級社会だった欧州では貴族的階級である学者の感覚と庶民のそれとでは凄まじい差があったのは容易に想像できます。

そんな硬直的だった経済学ですが、1979年にカーネマンとトベルスキーらが発表した論文が行動経済学の誕生に大きく影響を与え、「生きた」経済学に生まれ変わりました。

彼らの論文は、 不確実な状況において、人間はどのような意思決定を行っているのか を分析/体系化したものでした。

行動経済学=プロスペクト理論 と言っても差し支えない程、彼らの理論は世界に影響を与えました。

米国の経済学者カーネマン氏らが公表した論文で、2002年にその功績が称えられ、ノーベル経済学賞を受賞。プロスペクト理論により、人間は利益よりも損失に過剰反応し、利益が少しでも出ていると、利益を確定させたがるという判断/行動が理論化された。これにより以後の経済学は心理学の要素を応用するようになった。

彼らの功績もあり、現代の経済学は【心理学】抜きでは語れないほどにまでなりました

マーケティングでよくみられる手法

サラリーマンベア
ここまでの話を聞くと、どんなケースで使われているの?と気になりませんか?例を示して解説したいと思います。

この行動経済学エッセンスを活用し、世の中の様々なマーケッターが人々に購買行動をさせようと必死になっています。その典型的な例が【ダイエットサプリビジネス】や【テレビ通販ビジネス】と言われています

よくある例を今から示しますが、おそらく多くの人が「見たことある、、」と思うでしょう。

▶ドイツ ボン大学 ●●実験室監修済のXX成分が健康に有効!

▶顧客アンケート満足度、5年連続98%超え!

▶今回だけは先着1,000名様にだけ特別価格でご提供!

▶ご満足頂けなければ、1週間以内であれば全額返金致します!

▶このサプリを飲まなければあなたはますます理想の自分に近付けません!

さて、これらの言葉、既視感がありませんか?

これらすべては行動経済学のエッセンスが多分に使用されています。

掲示した順で示すと、

▶権威への服従理論(権威あるものに従い、思考停止し楽になりたい)

▶バンドワゴン効果(皆が支持しているからいいものだろう)

▶希少性の法則(貴重なものはみんな欲しがるので、持っておきたい)

▶保有効果(現状を維持したい、何か手放すことは勿体ない)

▶損失回避の法則(何かと損するのは避けたい)

このようにそれぞれの理論と人間心理を想定してキャッチフレーズや構成が決められています。

「続きはCMの後」や「占いコーナー」も同じ考えで構成されています。

思考停止することは絶対に避けよう

サラリーマンベア
何回も言い続けている気がしますが、本当に大事なので何回も言います。

世の中では、ありとあらゆる策を使って、何とかあなたの財布の紐を緩めようとしています。

リボルビング払いと買い物依存症で破綻している人は まさしく思考停止し食い物にされている 人と言わざるを得ません。

人はいつでも「面倒くさい」と思う生き物です。

思考することはエネルギーを消費するので、 脳が本能的に避けようとしている現象 に起因します。

だからこそ、この損失回避行動を利用して、マーケッターは上手にあなたに甘い言葉を囁きます。

だからこそ、主体性、強い意志、自信を身に付け、世の中からの誘惑に負けないようにしましょう!

何事も意思決定は自分の意志で切り開くことが大切です。

自分の意志で判断した上で、「アウトソーシングする」、「丸投げする」、「金で解決する」のであればそれは素晴らしい意思決定の結果です。

 公私ともに成功する人は、「人任せ」にせず自らの意志で切り開いていく人 です。

貴族階級や実家が太い人は、思考停止しても生きて行けるとは思いますが(苦笑)

普通の会社員、学生、主婦(主夫)である我々は、これからの自己責任時代を生き抜いていかなければなりません!

それでは!

あわせて読みたい

⇒⇒お金持ちはなぜお金持ちのままなの?という本質を見られているあなたにはこの記事!

⇒⇒プロスペクト理論ってどう投資に活かすの?と行動がすごい早いあなたにはこの記事!