【情報量日本一位】Talenticoを徹底調査!才能を持つ人々に活躍するための場を提供するサービス

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回はTalenticoの実態を徹底調査しレポートいたします!

本文はヘッドラインニュースの後ですので、本文から入りたい人はスクロールしてくださいね。

 

Talenticoの特徴

Talenticoは、年齢や地位に関わらず、才能がある人々に対して、その人たちの才能を発揮できるための場を平等に与えられるようなエコシステムを創り上げる同時に、資本を投資することで、トークンを所有者の収益を最大化します。

 

Talenticoの基本情報

案件名:Talentico

シンボル:TAL

通貨記号:TAL

販売価格:1TAL=0.01USD

プラットフォーム:Ethereum

仕様:ERC20

参加可能通貨:ETH、BTC、Fiat

最小投資額:0.1ETH

KYC Whitelist:KYC Whitelist

トークン供給量:7,200,000,000 TAL

ソフトキャップ:20,000,000 USD

ハードキャップ:70,000,000 USD

制限国:USA

プレセール:18 JUL 2018 – 18 SEP 2018

パブリックセール:18 MAR 2019 – 18 JUN 2019 (0.01 USD = 1.0 TAL)

 

Talenticoの公式サイト、SNS一覧

公式サイト

ホワイトペーパー

公式facebook

公式Twitter

公式Instagram

公式YouTube

ビットコインフォーラム

公式テレグラム

公式Reddit

公式medium

公式email talenticorp@gmail.com

SNSコミュニティ規模:公式facebook:239,893フォロワー
公式Twitter:510フォロワー
公式Instagram:201,000フォロワー

 

Talenticoの特徴

Talenticoの目的

Talenticoのミッションは主に2つです。

Talenticoの目的

・エコシステムを作ること

・トークンホルダーの利益を最大化すること

 

1つ目は、 年齢や地位に関わらず、才能がある人々に対して、その人たちの才能を発揮できるための場を平等に与えられるようなエコシステムを創り上げる ことです。

2つ目のミッションは 上記のミッションを達成する同時に、資本を投資することで、トークンを所有者の収益を最大化すること です。

 

現状の課題点

現代の社会の問題のうちの1つとして、 才能を持った人々がその人たち自身の才能を存分に発揮できる機会が足りていない という問題があります。

情報化社会となりインターネット時代となった現在、様々な分野でのタレントは有名になることが、比較的に容易となりました。

しかし、多くの優秀な科学者や発明家、プログラマー、その他の専門家などといったような人々が、その人自身の才能を活かすことや有名になることが難しく、出世をし、人類に利益をもたらすことができないといった現実があります。

ある人々が活躍するためのチャンスが少ないといった問題がある一方で、地球上には不治の病や地球温暖化、人種差別などといった解決するべきなのにもかかわらずいまだ未解決の問題も数多く存在しています。

 科学や経済、文化に関する問題や課題を解決するためには有能な人々が必要であり、企業や技術に関する問題や課題には優秀な事業主や科学者が必要不可欠 です。

 

Talenticoのソリューション

 このプロジェクトは、年齢や滞在地、活動の種類を問わず、タレントが自分自身の才能を存分に発揮し他者からそれを認めてもらえるような機会をつくりあげます。 

Talenticoというプラットフォームの推進力として必要となってくるのは主に、タレントとTalenticoのトークンを保有している有能な投資家の2つの要素となってきます。

有能な投資家の積極的な参加、戦略的選択、直感などがタレントとこのプロジェクトの成功のカギとなってきます。有能な投資家がこのプログラムに参加することで得られるメリットとしては、投資した資本から利益を生み出すことが出来るほかに、自分の仕事とその社会的ミッションの理解、そしてより良い世界を作っていこうという認識から本当の楽しみを見出せることが出来ます。

 タレントと才能ある投資家が一緒にお金を稼ぐことが出来る場所、それがTalenticoです。 

現代の世界的な問題を解決するには、新しい世代、いわゆる「未来の人々」、優れた才能を持つ数学者、プログラマー、ビジネスマン、 生物学者、化学者、アーティスト、ミュージシャン、選手、俳優などの存在が必要不可欠になります。

Talenticoは、タレントに注目を集めて、社会と世界の役に立てるようにタレントたちの能力を最大限に生かすためのチャンスを与えます。

分散型ブロックチェーン技術を基にした現代のソリューションにより、将来性のあるタレント、ユーザー及びプロモーター、並びに文化、スポーツ、ビジネスと芸術の権威者からなる諮問グループの間の交流のための充実したインフラを備えたプラットフォームを作ることができます。

市場の主な参加者をひとつにまとめ、参加者間での交流を自然で効果的にするようなシステムをTALENTICOプラットフォームは構築します。

当ブラットフォームにはユーザーの種類とその興味によって異なる5つの主要な要素があります。それらは以下の通りです。

主要な要素

・タレント

・トークンホルダー

・ビジネス

・スターとアドバイザー

・分散型共同投資ファンド

 


タレント

年齢や滞在地に関わらず、才能のある人、様々な分野で優れた能力を持つ人のことを指します。


トークンホルダー

タレントに可能性を見出し、タレントに投資するためにICO中やICOが終了した後もトークンを購入したユーザー(グループまたは個人)のことを指します。


ビジネス

優れた資質を持つ有能な従業員だけでなく、販売拡大の機会や広告キャンペーンのための新しいプラットフォームを探し求める中小企業と大手企業、 商業の代表者、ブランド、広告者、 プロモーター及び広告代理店、並びにタレントを見つけて広告する専門家などのことを指します。


スターとアドバイザー

スポーツ、文化、芸術、ビジネス及び技術、 並びにスターや将来性のある専門家を探すなどのプロからなる諮問グループのことを指します。


 

ICO中に集めた資金のうち15%が分散型共同投資ファンドに割り当てられます。その資金が使われるプロジェクトは、トークンホルダーとアドバイザーが透明な投票によって選ぶ予定です。資金へのアクセスは、投票による分散型コンセンサスによってのみ提供されます。その資金は、タレントがプロジェクトを成功させることが出来れば、その資金はファンドに返還されます。

 

サービス

このプラットフォームは

・才能のある人

・トークンホルダー

・ビジネス

・アドバイザー

を結び付けそれぞれにユニークな機会を与えるサービスです。


才能のある人々

才能を持つ人々はスポンサー及び指導者を見つけることができます。タレントや専門家にはキャリアをスタートさせる際に、資金調達と、自分の能力を世界に見せて同分野の専門家から客観的で公平な評価を受ける機会が必要となってきます。

有能な人は自分の才能を自分自身で見つけることが出来ますが、後になって克服不可能な障害に直面し、一般人に認識してもらえなってしまうといったようなケースがよくあります。困難にぶつかりその状況を打破し、さらなる進歩を目指すためには、支持や刺激が必要となってきます。

TALENTICOはこんな人に成功するためのチャンスを与えます。


トークンホルダー

トークンホルダーはタレントを見出してフォローをし、その人々に資金調達した後で、資産利回りを稼ぐことで、プラットフォームのコンテンツへの排他的アクセスを受けることができます。

トークンホルダーは自分のアイドルに近づき、そのプロモーションに積極的に参加する機会を持つことができます。うまく投資できるように、才能のある投資家は独占企業によって支配されている多くの閉鎖市場へのアクセスを得ます。

有能な投資家が1人で支援することが難しい場合には、複数のトークンホルダーで共同努力や分散型共同投資ファンドを行うことも可能です。 ICOの最中に総額1万ドル以上のTALENTトークンを購入した投資家には、新しいTALENTブロックチェーンのノードになる機会が自動的に与えられ、 システム内部取引の手数料などを含める優先権が与えられます。 


ビジネス

ビジネスは潜在的な顧客と従業員の幅広いセグメント化されたオーディエンスにアクセスし、自社ブランドと製品を宣伝することができます。プロモーターは才能のある人をフォローして投資します。

ビジネスは、ターゲットオーディエンスを拡大することと、TALENTICOプラットフォームのうまく設計されたアーキテクチャのために便利にセグメント化できる消費者と常に接触することにいつも関心があります。

自社ブランドを宣伝するために新しいタレントを見つけることがビジネスの関心事です。企業は自社の開発と拡張を狙って才能を求めています。優秀なマネージャー、マーケティング担当者、技術者、弁護士は、ほとんどすべての中規模と大規模なビジネスに要ります。

起業家は、TALENTトークンを自分のサービスの支払い手段として受け取るなどして、TALENTICOエコシステムのメンバーになることができます。

このように、 ビジネスは自社の高い社会的地位を強調し顧客を味方にするだけでなく、幅広いプラットフォームのユーザーを招き自社の可能性を拡張することができます。 


 アドバイザーは、社会的意義のあるミッションを目指すグローバルなプロジェクトに参加できます。 

将来にタレントを選択するプロファイルグループの活動に参加するように、優先順位に従って招待されます。彼らの仕事の質と適切な選択には、ある候補者の成功だけでなく、アドバイザーがもらう配当金額も影響されます。

アドバイザーも自動的に新しいTALENTブロックチェーンのノードになる機会を得ます。


Talenticoは、上記のプロジェクト参加者全員を結び付けるために、すべての関係者の交流の経済的効率性と透明性を保証するブロックチェーンに基づいたソフトウェア製品を開発し発表する予定です。

 

Talenticoがターゲットとする市場

市場の概要と規模

 Talenticoのプロジェクトがターゲットとしている市場には、現時点で同じ程度の規模のプラットフォームが存在していない点が特徴です。 

American Idiol、X Factor、 Got Talent、Pop Idol、各国のフランチャイズなど、タレントを見つけることを目的としているテレビ番組は数多くあります。しかし、それらは実際、単なる娯楽であったり自慢コンクールに過ぎません。番組で行われるショーは社会的ミッション化のように放送されていますが、番組制作サイドがタレントに対して支持や支援などを提供していません。

市場の大きさを測る際には、特定の市場の商品またはサービスの総コストなど、数値を用いて予想することが一般的です。

参考文献などを引用し、「Talenticoが目標とする市場規模の大きさは935兆ドル73セントです。」や「Talenticoが目標とする市場規模の大きさは数クァドリリオンドルです。」などと述べることもできますが、ここではより正直に簡単に述べます。

現在、市場は全く評価されておらず、多分誰も正確に評価できていないというのが現状です。いくつかの主要なセクター(スポーツ、映画、ファッション、技術、芸術)の規模を分析することによって、大まかな概念を得ることしかできません。それらは数兆ドルと見積もられています。

Forbesの最高給取りのアスリートのランキングによると、2017年には世界のトップ100選手は31億1000万ドルを稼ぎました。著名なサッカー選手クリスティアーノ·ロナウドは9300万ドルで1位となり、その中の3500万ドルはスポンサーとライセンスから得ました。5人の最高給取りの選手-クリスティアーノ·ロナウド、レブロン·ジェームズ、ライオネル·メッシ、ロジャー·フェデラーとケビン·デュラントは、スポンサーから毎年2500万ドル以上をもらっています。チームスポーツでは、現地と国内レベルでテレビ契約のために給料が上昇して来ています。

2017年の世界の映画チケットの売上高は406億ドルで、アメリカ、中国とインドが売上上位3か国でした(出典:米国映画協会MPAA)。MPAAによると、2017年には、世界映画エンタメ市場規模は合計で884億ドルに達しました。

ファッション市場の世界規模は2.5兆ドルと予測されています(出典:国際コンサルティング会社McKinseyl The State of Fashion 2018)

2018年1月、Gartner社の分析レポートより、2017年のIT分野における世界経費は3.8%増加し、3.5兆ドルを超えたことが明らかとなりました。2017年の世界IT支出の増加はすべての部門において確認することが出来ましたが、その中でも特に増加したのは企業ソフトウェア部門(経費が8.9%増加して3550億ドルに達した)でした。

世界芸術作品市場においては2017年に12%増加し、637億ドルに達しました。(出典:スイスの銀行UBSと国際アートフェアArtBaselが依頼した報告書『The Art Market 2018』)。

 

市場の問題

グローバルな問題

・派閥主義と縁故注義

・タレントへの資金調達を行うメカニズム

・専門家の諮問を受けるためのインフラ

・関係性が不透明

・仲介業者が多い

 

派閥主義と縁故注義。コネクションや後援なしで成功することは困難です。また、将来性のあるプロジェクトに投資するための機会を得ることも難しいでしょう。その原因は、巨大な投資が必要となってくるだけではなく、むしろそれらのプロジェクトへのアクセスが閉鎖されることや、プロジェクトの集中や独占にあります。

また、スターを目指すタレントへ資金調達を与えるために柔軟で一般的にアクセス可能なメカニズムは存在しません。

同じく、専門家(ビジネス界、スポーツ界、ファッション界、芸能界、政治、技術分野などの権威者)の諮問を受けるための充実したインフラは存在しません。

スターを目指すタレント、そのエージェントと第三者の間の関係が不透明です。

仲介業者が多いという点も問題として考えられています。

 

ローカルな問題

・文化的な活動、社会貢献活動への報酬問題

 

現代科学、経済や文化において才能のある人々が欠如しています。人類は、不治の病、地球温暖化、人種差別、不寛容を始め、地球のすべての領土のバランスのとれた開発など、未解決の問題が多いです。

 

市場の可能性

すべての市場を正確に評価することは難しいので、増加の傾向が予測できるいくつかの部門のみに焦点を当てて見ていきましょう。

Super Data市場調査会社の予測によると、2018年にはeスポーツの世界的収益は16億ドルに達します。売上高は2020年までに26%成長し、2022年には市場規模が23億ドルにまで成長すると期待されています。主要となってくる市場はアメリカ、韓国とロシアなどです。eスポーツの観客は3.855億人にのぼり、年間2.3億ドルをeスポーツに費やしているということになります。

国際コンサルティング会社McKinseyによる報告『The State of Fashion 2018』によると、2016から2018年の2年間にファッション業界の売上高は1.5%から3.5~4.5%に、およそ3倍も増加します。その成長の最も重要な推進力として考えられているのが新興市場です。2018年に衣料品及び履物の半分以上がヨーロッパ及び北アメリカの外で、初めて販売されます。この予測によると、アジアのオンライン衣料品市場は単独で1兆4000億ドルにまで達するでしょう。

Persistence Market Researchによって発行された新しい報告書では、2017から2025年の8年間の間、世界の芸術及び彫刻市場が成長することが予測されています。同じ報告書によると、世界芸術・彫刻市場は2016年に86億ドルと推定され、2025年には246億ドルに達するでしょう。

国際調査会社IDCによると、2018年には情報技術の支出は全世界で7%増加し、4兆8000億ドルを超えます。

2017年には、世界の映画館のチケット売上高は、2016年に比べて5%増加し、406億ドルとなり記録的な売上高となりました。世界第2位の映画市場である中国での売上高は21%増の79億ドルに急増しました。PWCによると2020年までにその業界における収益は520億1000万ドルとなる見込みです。

 

Talenticoのサービス

地理的分布

タレント市場において、地理的にセグメント化を行うことは難しいです。 当プロジェクトのミッションは、滞在地によって制限などを設けずに全ての人々にその才能を活かすための機会を提供することにあります。 

そのため、当プロジェクトのスカウトらは、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア、日本、ラテンアメリカ、インド、中国、韓国、トルコ、イランなどといった大きな地域に留まらず、TALENTICOプラットフォームを介して夕レントを見つけることが出来る可能性さえあれば世界のどの国にも派遣されます。

 

ブロックチェーンの使用

 Talenticoでは、すべての参加者の間の透明な交流を伴う信頼性の高いシステムを構築するために、ブロックチェーン技術を使用します。 

システムの参加者に、レジストリ内のオペレーションの監視を許可することで、彼らはそのオープン性に確信を持つことができるでしょう。

オペレーションレジストリには、タレントからの申し込みの掲載、削除及び変更、並びに投票結果、プロモーター及び専門家グループの評価、広告転送など、すべてのプラットフォームユーザーの主な活動が含まれます。また、内部活動や重要なイベントも、後でそれらが分析できるようにログに記録されます。

オペレーションが多いため、プロジェクトの技術には重大な計算負荷がかかるでしょう。TALENTトークンを支払い手段として採用することで、当社のエコシステムへビジネスへより積極的に参加してもらうといった目標もあるので、スピーディーかつ安価なトランザクションを行うことが非常に重要となってきます。

しかし、現時点では、もともと使用する予定であったりEtheriumエコシステム上ではこの問題はまだ未解決です。

なので、Talenticoは新しいブロックチェーンネットワークを構築することにしました。

TALENTブロックチェーンは、P2P方式の分散ネットワークで実装されます。なお、そのネットワークの各メンバーがそのノードになります。

このテクノロジーでは、プラットフォーム内で実行されるすべてのオペレーションに関する情報の格納、検証及び使用のために分散レジストリが用られます。ブロックチェーンに格納されたすべての情報の不変性及び正当性が、このブロックチェーンの特徴です。

既に存在するブロックチェーンシステムで最も複雑な問題のうちの1つとして、トランザクションが高コストであり速度が遅いということがあります。そのため、当プロジェクトは上記に述べた目標を達成するために、修正されたコンセンサスを伴うEthereumのフオークとして実装されつつあります。

コンセンサスプロトコルとして、Proof-of-Stakeプロトコルを使用します。このプロトコールでは、ネットワークの各メンバーがブロックチェーンのノードになれます。ノードとは、プロジェクトの複製されたデータベースを格納する、またブロックチェーンのブロックに情報を記録することによってネットワーク内で実行されるすべてのオペレーションを検証するpeer-to-peerネットワークのノードです。

 ネットワークを構築するのに、 いくつかのアクセスの種類が使用されます。 

通常のユーザー=ノード:システムのメンバーですが、ブロックへのトランザクションの検証には参加しません。

トラステッド·ノード(信頼されるノード):一定数のTALENTトークン(ERC-20規格)を持っている上に、コミュニティの尊敬すべきネットワークメンバーです。

ネットワークでのProof-of-Workコンセンサスプロトコルを放棄することにより、ブロックを検証するノードに高い報酬を出す必要がなくなりました。従って、ネットワーク内でのトランザクションのコストは最小限に抑えられます。

ブロックの同期は、最後のブロックの新しいバージョンのすべてのトラステッド・ノードの3分の2以上のコンセンサスによって行われます。ネットワークのメンバーの3分の2が最後のブロックに含まれる情報とトランザクションが正当なものだと納得した場合、そのチェーンは正確なチェーンとして認められます。

ネットワーク内で不正行為を行い、面目を失ったトラステッド・ノードは、自分が保有する預金額に相当する処罰を受けることになります。そのため、ネットワーク内の不正行為はそれらを行おうとする者にとって、経済的に実用的でなくなるのです。罰金という手段を利用することによって、ネットワーク内のオペレーションの安全性と正当性を確保することができます。

TALENTネットワーク上のスマートコントラクトとは、TALENTブロックチェーンを介して特定の行為の実行を自動化する特殊な電子アルゴリズムのことです。

ランタイム環境はスマートコントラクトの低レベルオペコードを処理するTALENT Virtual Machineです。デスクトップとブラウザーの両方の分散型アプリケーションで実行されます。

TALENTトークンに1万ドル以上を投資した購入者には、自動的にノードになる権利が与えられます。さらに、当社の多くのアドバイザーも同じように権利を所有します。これによって、将来的にはTALENTブロックチェーン内のトランザクションから追加で収益を得ることが可能となります。

将来、新しいブロックチェーンネットワークを徹底的にチェックを行ったうえで、ERC 20規格のトークンをTALENT独自の仮想通貨に置き換える予定です。

3~4四半期かかる独自のブロックチェーンへの移行が終わるまでは、TALENTICOプラットフォームでERC 20規格のトークンが使用されます。

 

TALENTICOエコシステム

Talenticoのインフラストラクチャーは、オンラインプラットフォームだけではありません。

タレントと投資家のニーズに合わせて調整されたサイバー・フィジカル・リアリティの特別な施設一GLORYSPACEが世界中で設けられるのです。

さらに、世界中で優秀な人々を探すスカウトらもエコシステムに関与します。

 

GLORYSPAC

Talenticoは、東京、ソウル、シドニー、ニューヨーク、ロサンゼルス、ドバイ、バルセロナ、ロンドン、マイアミ、モスクワ、北京、マドリッド、アムステルダム、プラハ、ケープタウン、アンカラなど 世界中の様々な地域で、タレント向けの特殊な施設である「GLORYSPACE」を開設する予定です。 

エコシステムの参加者がプラットフォーム上で投票を行い、その結果をもとに開設の順番を決定します。これは、プロジェクトへ参加することへの刺激となるでしょう。

のちに公開されるそれらの建物は、1000平方メートル以上の面積を持ち合わせた統一の独自スタイルで作られており、有能な人々や将来性のある専門家が仲間同士、企業とトークンホルダーと交流できるように展望を開きます。

各建物には最も才能のある参加者を選定する際にオーディション、プレゼンテーション、出演やその他のコンクールを行うために必要な設備が全て備わっています。これに加えて、GLORYSPACEごとに録音スタジオなどの設備を設ける予定です。

この施設の中での支払い方法はTALENTトークンのみとなります。 また、共同作業のための場所を借りる際には、トークンホルダーとTALENTICOエコシステムのメンバーに対して優先権や割引が与えられます。また、空いている部屋があれば、誰であってもTALENTトークンを利用して支払いを行い、共同作業のための場所、録音スタジオ、会議室などのGLORYSPACEサービスにアクセスできます。

このプロジェクトがスピーディーに発展するために、当社はフランチャイズプログラムを開発し、世界中の新しいGLORYSPACEの開設をパートナーに促すつもりです。

 トークンホルダーはICO中に20万ドル以上のトークンを購入することで、自分の滞在地域にて当社のフランチャイズ権の保有者になる権利が与えられます。 

フランチャイズ権を持った複数のトークンホルダーが同じ地域でGLORYSPACEの開設に参加したいとなった場合には、コンセンサスによって決定を行います。意見の一致にいたらなかった場合、フランチャイズの権利は、ICO中に購入したトークンが多い方の人に譲渡されます。

ハードキャップを達成した場合、自力でのみ2年以内に(将来のフランチャイズの可能性は含まれません)世界中に60か所のGLORYSPACEを開設したいと思います。

これによって、TalenticoとTALENTトークンの人気が大幅に上昇するでしょう。

 

プラットフォームのスカウト

ウェブサイトとGLORYSPACEに加えて、 タレントを見つけるためのスカウトもTalenticoの重要な要素 となってきます。

プラットフォームのユーザーや市場の専門家から募集されたスカウト(プロジェクトのエージェント)は、世界中の優秀な人々を探します。しかし、候補者全てをGLORYSPACEに招待することはできないので、遠隔地でスカウトがサポートをします。またはTalenticoがまだ導入されていない地域のタレントの能力をチェックしたい場合にもスカウトらから助けを受けることが出来ます。

スカウトへの報酬は当プロジェクトのトークンの形で出されます。中でも、 スカウトは高品質の仕事や正確な選定に対して配当金を獲得します。

 

使用例

このプロジェクトの本質やTalenticoの仕組み、その重要性と意義などををより深く理解するために、いくつかの実際の使用例を3つ紹介していきます。

Talenticoは経済的な発展といった面だけではなく、社会において重要であるプロジェクトを行うことで、才能を持ちつつもそれを発揮しきれていない人々の夢をかなえます。共により良い世界を創り上げていくことが出来るのです。

例1.優秀な画家
プラットフォームに、優秀な画家から申し込みを請けます。絵画分野のエキスパートらはその人の作品の価値を判断します。(ただし、エキスパートたちのその結論はあくまでも助言であり、個人の投資家や投資家のグループはその意見に必ずしも同意する必要はなく、自分の好み、勘や選択肢のみに基づいて独立した決定を下して良い。)

評価が下された後、プラットフォームの他の参加者(トークンホルダー、分散型共同投資ファンド、プロのプロモーター、ブランドや美術館などの企業)はその画家に投資するか否かを判断します。投資を行うと決めた場合には、様々な方法で投資を行うことが可能です。

画家はマーケティング、展覧会の開催などのために財政救助を受けることが出来ます。その代わりに、企業は自社の利益のために画家の作品を利用する排他的な権利を受け取ります。

将来的には、絵画販売からの収入として、不換紙幣とトークンの両方の形で投資家に部分的に返却されます。しかし、Talenticoはトークンでのみ手数料を受けることが可能です。

プラットフォームのすべての参加者つまりはトークンホルダーが、単独で、あるいは企業または分散型共同投資ファンドと共に画家に投資することができます。

一般人がその画家の作品を知って認めた後で、短時間にその価値が何倍も増加するといったケースが存在します。その画家は、事前に締結された契約書に基づき、Talenticoによって自身をサポートしてくれた投資家に報酬の一部を返金します。

このケースでは以下の目標を達成することができます。

  1. 画家は世間に認めてもらって、自分の才能を活かすことができる。
  2. 投資家は利益を得る。
  3. 企業には、自社ブランドをプロモーションするための新たな人物が加わる。
  4. TalenticoとTALENTトークンの評判が広がっていく。

 

例2.才能のあるミュージシャン
たった1つのヒット曲がその作曲家に前例のない名声と認識をもたらしたケースがあります。

The Eaglesの「Hotel California Los Del RioD Macarena The Animals The house ofrising sun」などのヒット曲を思い出してください。マイケル·ジャクソン、エルヴィス·プレスリー、フレディ·マーキュリーなどのアイドルは素朴な家庭に生まれ、元々ショービジネスとは縁がありませんでした。

これから同様ににスターになっていくミュージシャンを支持した際の投資家の利益の規模は巨大になるでしょう。

このケースではプラットフォームの仕組みは以下のように活性化できます。

  1. TALENTICOプラットフォーム、GLORYSPACEのウェブサイト、またはパートナーのイベントで、投資家は優秀なミュージシャンを発見します。
  2. 投資家は、イベントへの来場者の反応を見たり、プラットフォーム上のそのミュージシャンの個人ページでその活動(「いいね」件数、コメント、投票結果、専門家の評価)などを分析したり、アドバイザーグループの勧告を考慮したりしながら、その人に投資する価値があるかどうかを検討します。
  3. ミュージシャンは、投資家の支持を受けて、スタジオかプロデューサーと契約を結ぶ。投資家自身がプロのプロモーターならば、直接ミュージシャンと契約を締結することもできます。
  4. 事前に作成された契約に沿って目的を成し遂げた後、ミュージシャンはすべての収入、すなわち、スタジオとの契約、広告、コンサート、レコードなどの販売から、投資家に対しロイヤリティを支払う。資金の一部は、プラットフォームのトークンとして返されます。それはさらにトークンの人気の成長を刺激することになります。

 

例3.有望な専門家
IT、金融、科学技術などの分野にも巨大な市場が存在しています。このような専門家に対する需要や、それらの分野の専門家の給与は非常に高いです。そのため、人々は教育プログラムや研修などを受けて、将来性がある新しい職業を学ぶようになってきています。

そのようなプログラムはたいてい大都会で開催されており、プログラム費用も非常に高額なため、中高所得者のみしか受講することが出来ません。これは地方に住んでいる人々から成長するための機会を奪ってしまっています。

しかし、有能な人材が地方より大都会に住んでいるとは限りません。そして、Talenticoは、スポーツ、ショービジネスなどの分野でタレントを探す投資家だけに膨大な機会を提供するわけでもありません。いわゆる天才と呼ばれる人々がの数は非常に少ないです。

マイクロ投資家(プラットフォームの通常のユーザーとトークンホルダー)用のツールが作成される予定です。それらのツールを使用して、マイクロ投資家は、経済的に豊かではない優秀な人々が新たな学びを得るための機会を提供するサポートを行います。

このケースではプラットフォームの仕組みは次のようになります。

  1. 地方からの優秀なプログラマーは、最寄りの主要都市にある大学で研修を受け、専門分野における知識を深めたり体系化したりする必要があります。しかし、引っ越しや研修を受けるための費用が十分ではありません。そこで、自分のプロフィールをTALENTICOに掲載することで、専門家に評価してもらいます。
  2. プラットフォームにはすでに同分野の専門家を求める企業からの申し込みが掲載されているか、または起業家は従業員を探す時にプログラマーのアンケートを見つけます。企業は、この専門家を雇用する意欲を示します。
  3. TALENTICOのあるユーザーまたは投資家グループ(トークンホルダー、ビジネスの代表者、分散型共同投資ファンド)は、その専門家の研修代を支払います。契約によると、専門家は研修が終わってから、事前に指定した規模とタイミングで投資家へ配当金を支払う義務があります。同分野の専門家を求める申し込みが掲載されているだけに、この専門家は将来にきっと雇用されるでしょう。また、申し込みに賃金が書いてあるので、投資家は投資リターンの期間を評価し、配当金について話し合うことができます。
  4. 取引が終わってから、優秀な専門家を獲得した事業者と利益を得た投資家は、TALENTトークンの形でプラットフォームに手数料を支払います。

これらの例では、投資家がタレントをサポートすると、プラットフォームでは個人的なトークンが生成されます。

画家のFred Picasso、ミュージシャンのPeter Guetta、またはプログラマーのJohn Zuckerbergならば、TALENT Picasso、TALENT GuettaとTALENT Zuckerberg型のトークンが発行されます。

これらのトークンを使用して、特定の人材に特別に投資することができます。これらのトークンの特徴、機能、そして発行のパラメーターは、目標や投資プログラムに基づいて決定されます。

タレントのための個人的なトークンに加えて、企業はまた、自社の問題(取引の加速化と簡素化、取引中の手数料を安くすること、新規顧客獲得、イメージにおける社会的要素を強化することなど)を解決すべく、TALENT businessnameトークンを発行することもできます。

 

TALENTICOエコシステムにおける実際のビジネス

実業界はプラットフォームの重要な要素になります。

例えば、TALENTICOエコシステムに加わった場合の音楽祭では、トークンTALENTを用いて、そのチケットやサービスなどの支払いを行うことができます。企業はまた、TALENT businessname型トークンを新しいブロックチェーンで発行することができます。

音楽祭でTalenticoを導入した際の利点は数多くあります。

  • 社会的ミッションがあるプロジェクトに加わったといういいイメージを作り出す
  • 才能があるアーティスト、ミュージシャン、DJ並びに、マーケティング担当者、レストラン経営者や他の職業の代表者が雇用できる
  • ブランドを宣伝できる有名人をプラットフォーム上で見つけられる。
  • タレントの他に、TALENTICOエコシステムのユーザーという何百万人もの忠実な顧客を引き付ける

音楽祭などの企業は、そのチケットの代金やその他のサービス料の唯一の支払い方法としてトークンを使用することが可能です。同時に、追加の割引を伴う代替の支払い方法としてトークンをお客様に提供することもできます。

例えば、パートナーはトークンを支払い方法として受け入れ、10~20%の割引をその顧客に提供することができます。これを行うことにより、TALENTに対する関心が高まり、忠実な顧客ベースができるでしょう。

その代わりに、パートナー企業は小さな固定コミッションをTALENTICOプラットフォームに返却し、TALENTトークンの普及を確実にします。現段階では、TALENTICOはすでに実業界の代表者との事前協定を締結しており、契約書に署名した後で、ICO中に詳細をお知らせします。これらの契約が締結されれば、TALENTトークンはそれが初めて導入された地域に留まらず、全世界で迅速に普及していくでしょう。

 

管轄区域

作業のために選出された管轄区域はエストニアです。エストニアは、暗号業界に対する法的規制が最も厳しくない国のうちの1つとされています。また、 エストニアは国家レベルでICOを合法化した国 でもあります。

エストニアの規制当局は、トークンの証券としての承認に関する公式声明を発表していません。そのため、ICOを行いたい企業にとってエストニアは安全な管轄とされています。

上記で述べた理由以外にも、エストニアには他の国に比べて多くの利点があります。

以下のような事実を含め、事業のための好条件が期待されています。

  • エストニアはシェンゲン協定と欧州連合(EU)加盟国なので、その住民がEU中に自由にビジネスを行うことができる同国には、中小企業向けの簡単な税制と法制度が整えられている
  • 同国はNATO加盟国なので、長期的にその安全な発展が保証されている
  • 2017年エストニアのGDP成長率は4.9%で230億ユーロに達成した
  • 世界銀行の統計によるとエストニアには、起業家精神発展のために最も有利な雰囲気がある(189カ国で12位)
  • エストニアでは、政府によって発行されている、信頼性の高いEUの枠組みでグローバルビジネスを簡単で制限なく開始することを可能にするデジタルID、とりわけ電子公証(PublicNotary)と電子在留(e-Residency)などといった前向きな取り組みが実施されている

 

法的免責

 米国内に住んでいる、または居住していない市民、居住者(納税者やその他)、グリーンカード保有者(居留許可)、仮想通貨が禁止されている米国やその他の国の法人は、特別な場合を除き、TALENTトークンの購入を許可されていません。 Talenticoは、これらの国の会社のウェブサイトを通じて投資を行おうとする買い手に対して販売を拒否する権利を持っています。

米国内に住んでいる、または居住していない市民、居住者(納税者やその他)、グリーンカード保有者(居留許可)、仮想通貨が禁止されている米国やその他の国の法人は、SEC(証券取引委員会)に登録されており、そのTIN(納税者番号)を提供したという条件でのみTALENTトークンを購入することが可能です。その他のTALENTトークン購入者は、AMLポリシーに従ってKYC(顧客確認)手続きが必要となってきます。

本記事の目的は、投資の勧誘やいかなる管轄区域内においても証券を購入する提案またはそのような提案を行うための呼び掛けではなく、販売開始前にTalenticoプラットフォームとTALENTトークンを潜在的なトークンホルダーに紹介することです。

 

トークンの配分

トークンの配分

60%ー販売
25%ーチーム
15%-コミュニティ開発用の予備金

売れた60のトークンごとに、チームとコミュニティ開発用の40のトークンが発生される。従って、総発行トークン数は売れたトークン数に直接に依存します。

ただし、ハードキャップ7000万ドルを達成した場合の最大トークン数は120億を超えません。

ハードキャップを達成できなければ、総発行トークン数は60% / 40%といった比率のままです。

ソフトキャップを達成できなかった場合には、すべての資金は投資家に返却されます。

 

回収された資金の配分

55%GLORYSPACE(施設の賃貸料と設備の購入)

10%TALENT BLOCKCHAIN(新しいブロックチェーンシステムの開発)

15%分散型共同投資ファンド(助成金、透明な投票による人材に対する全額または部分的な資金調達のための資金)

10%管理及び法的支援(様々な行政及び法的費用)

10%マーケティング(マーケティングキャンペーンなどの実行)

 

Talenticoのロードマップ

2018年12月18日:ICOの開始

2019年3月18日:ICOの完了

2019年第1四半期:取引所への上場

2019年第1四半期:最初のGLORYSPACEの開設

2019年第1四半期:パートナー企業へのトークン導入

2019年第2四半期:オンラインプラットフォームの開発と立ち上げ

2019年第3-4四半期:新たなブロックチェーンの作成

 

Talenticoのチーム

ミッションとアイデアのほかにも、Talenticoはユニークな特徴を持ってています。それはチームです。多くの成功者が、タレントをサポートするという目標のためにこのプロジェクトに協力しています。

 Talenticoは、数多くのICOと異なり、アドバイザー、国の代表者とアンバサダーにチームを分けないで既成概念を壊すことに決めました。 

 

Talenticoは、名前のみがホームページに掲載せれていて、アドバイザー自身は、だれが行っているどのようなプロジェクトなのかを理解してすらいないといったケースがあります。Talenticoはこのような“権威者”を拒否しています。

Talenticoのチームには、友人やパートナーなど何年も知っている人だけ揃っています。そのようにすることで、アドバイザーはICOを実行した後でも、共に作業を続け、新しいタレントを育むのを支持し続けると確信しています。彼らとともに、投資家に良い助言を与え、投資プログラムを作成し、その投資が投資家に最大の利益をもたらすように努力を尽くします。

当社のプラットフォームのおかげで新しいグローバルスターが出現するので、当社のトークンに国際社会の注目が集まり、Talenticoの人気も上昇するに違いありません。Talenticoは、成功をおさめた人々からなる団結したチームです。彼らはみんな、才能を持っているだけではなく、努力し続けてきたことに対しての評価を受けています。そして、他のタレントの成功を願っています。

以下は、当社の大規模な世界チームの一部のメンバーです。チームの人数は増加し続けています。

 

Talenticoまとめ

Talenticoがが目指している「才能を発揮できていないタレントにチャンスを提供する」という目標は実現すれば社会に貢献できる素晴らしいプロジェクトだとおもいます。しかし、その目標を達成するために設定されているロードマップに記載せれている計画が達成できていないという現状があります。例えば、GLORYSPACEが2019年の第1四半期に開設されている予定でしたが、その様な施設を建設できていません。ロードマップ通りに計画を実行できていないという点を見ると、このプロジェクトに投資をするのは少しリスクが高いのではないでしょうか。

 

コインオタク伊藤
芸能人、アーティスト、タレントは国によって仕事のやり方が違います。日本ビジネスモデルを前提で考えてしまうと結果がズレてしまう可能性は高いです。暗号資産のプロジェクトはこのような読み間違えが良く起きるので注意が必要です。日本のアーティストたちがこのプロジェクトにジョインして世界で成功する可能性はゼロではないですが、日本での成功は非常に難しいでしょう。良い意味でも悪い意味でも利権化しているビジネスを外部の力で参加することは難しいです。利権化ビジネスに対しては新しい産業で立ち向かう必要があります。このプロジェクトが新しい市場を作るところまで進められるかどうかが肝です。

 

ビットコイン高橋
Talenticoの着目点は非常に良いと思うが、それは大概念の部分でのみの話。ビッグネーム以外のいわゆる「埋もれるレベルのアーティスト」をどう着目させるかについて真剣に仕組みを作ろうとしているかどうかで、このプロジェクトが流行るか否かが分かれてくると思うよ。 AKBやその辺の地下アイドルが活動できたり脚光を浴びることができてるのは、下積み時代のスポンサーがいて、言葉使い変えろだのエステ通えだの整形しろだのアーティストっぽく仕上げることにお金をつぎ込んでいるから。下積みが終わったアーティストに投資家がお金を投げるという行為は、日本で言えば応援でCDを100枚買ったり握手券を買ったりすることと同じ。トークンでやらなくても既に完成されているモデル。本人に直接お金を払いたいからって言ったとしても、結局スポンサーが先行投資した分の回収をアーティストから搾取する。これはビジネス上しょうがないことなんだ。 問題はスポンサーが付いていないノラのアーティストをどう活性出来るか?なんだよね。 売れ始めや売れているアーティストではなく、原石に投資できるようなプラットフォームで、且つそれを世界のユーザーに使ってもらえるようなマーケティングが出来るんだったら、クリプトを使って世界を変えられると思うんだけどね。 ちなみに、クリプトを使わなくても同じことが出来れば世界を変えられるんだけど・・・

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Talenticoへの質問お待ちしております!