【情報量日本一位】アート市場の革命!?Monart(モナート)を徹底調査!

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回はMonart(モナート)の実態を徹底調査しレポートしたします!

Monartの基本情報

案件名:Monart

シンボル:MART

発行上限:10億

ブロックチェーンのタイプ:イーサリアム

Monart(モナート)の公式サイト、SNS一覧

Monart(モナート)とは

 Monartはデジタルアート取引プラットフォームであり、安全なブロックチェーンを通じて素晴らしいアート作品を購入するための現代美術を中心とするグローバルコミュニティ市場です。 

Monartはすでにパリ(本社)、北京、ニューヨークをはじめとする世界の主要都市にモナートスペースを開設することで、オンラインとオフラインの両方で大規模なアーティストとアートワークのプロモーションを開催しています。

Monart(モナート)の目的

Monartは、2018年に670億ドル成長しているアート市場への個人アクセスを提供することにより、1.8%の市場シェアを獲得することを目的として、独占的なグローバルアート市場を作ることを目指しています。

ブロックチェーンベースのプラットフォームにより、アートワークのコレクター、アート愛好家、および機関投資家や個人投資家は、アートワークやコレクションの断片化されたシェアを売買できます。トークン化による部分的な所有権により、Monartの取引プラットフォームは世界中のアート資産に流動性を提供すると同時に、人々がアートを体験することができます。

そして、グローバルスタンダードを設定し、現代的で新しいアートエコシステムを作成することを目指しています。 トークン化による部分的な所有権により、Monartの取引プラットフォームは、IAO(initial art offerings)を提案している企業のIPOに相当し、推定3兆ドルのアート資産に流動性を生み出すことができます。

更に、 Monartプラットフォームを利用して、アーティストの世界を発見し、アートの世界に積極的に参加するための新しい体験と創造的なビジネスモデルの両方を提供することができます。 

最終的なプロジェクトの目標は、ブロックチェーン技術を利用して、芸術の世界により安全で包括的な参加を可能にすることです。

現状の問題

昨今のアート市場では3つの問題点が挙げられます。

問題点

・買い手側がアート市場に参加するのが難しい

・成長している現代美術市場は非常に非流動的

・アーティストは、宣伝と認知を得るのが難しい

 

買い手側がアート市場に参加するのが難しい

世界中に3兆ドルの流動性のないアート資産がありますが、ほとんどの人は、それらのアートに手を出すこともなく、目にすることもないのが現状です。更に、アートワークのコレクションを購入し、アート市場の成長から利益を得るためには、かなりの投資が必要になることがよくあります。


成長している現代美術市場は非常に非流動的

より高い価値と投資媒体を表していますが、今日まで限られた数の裕福な個人や機関のみしかアートにアクセスすることができないのが現状です。


アーティストは、宣伝と認知を得るのが難しい

Monartは、アーティスト、アート愛好家、アートディーラー、投資家をつなぐ多面的なプラットフォームです。monartプラットフォームを使うことにより、より多くのユーザーの目に触れることができるようになるので、効率よく宣伝、販売を行うことができます。

アート市場

上の図は、長期的な成長トレンドであるアート市場 アート市場は20年以上にわたってプラスの成長傾向を示しています。

特に、2000年以降は現代アートが毎年14.5%も成長しています。また、世界のアート市場の売上高は、2018年に670億ドルに達し、2017年から6.3%、2016年から12%増加しました。 2016年のオンラインアート市場の売り上げは、2015年から15%増加して推定37億5,000万ドルに達しました。2021年までのオンラインアート市場は21億ドルと推定されています。

大きなオークションハウスは2000年以来毎年14.5%成長しました。 Monartは、今後5年間で、平均24%の成長率で成長すると予想しています。

Monartが所有/代表するアートワークの売上は、 損益分岐点から毎年少なくとも3倍になると予測されています。 経費分析も、今後5年間で平均約160%の売上に対して着実に成長しており、 売上原価が分析の大きなシェア値に貢献しています。

現代アートとは

Image result for 現代アート 泉

 

 現代アート(現代芸術)を大まかに定義すると、現代社会の情勢や問題を反映し、美術史や社会への批評性を感じさせる作品のことです。 

 

現代アートが全世界に広まったのは、1917年にニューヨークの展覧会で発表された「泉」という作品だと言われています。

この作品は架空の芸術家の名前を記した、ただの便器でした。 この作品自体、当時はアートとして認められず、展覧会に提示されることはありませんでした。

しかし、この作品が投げかけた古典的な「美」への疑問は多くのアーティストに広まり、従来の「美」の概念にとらわれない、現代アート作品が生み出されるようになりました。

Image result for マルセル デュシャン

マルセル・デュシャンは「泉」をはじめとする日用品を用いた作品によって、「コンセプトや観念によって作品が成り立つ」ということを実践してみせた人物です。

「泉」という作品でデュシャンが為したかった事、それは「展示空間そのものが作品を作品たらしめているのではないか」ということ。

「日常にあるものでも、主題や観点を与えればそれが全く新しいオブジェに成り得る」

という、それまで作品の表面だけを見て楽しんでいた時代から新たに、“思考で楽しむ芸術”を生み出しました。

「泉」はそれ以降の芸術家たちに大きな影響を与え、現在も世界中で様々なコンセプチュアル・アートが生まれています。

アート市場の成長見込み

アートコレクション、所有/代表作品、アートワーク販売、レンタル、その他のアートサービスの取引を含むMonartの売上は、5年間で平均で約24%の成長が見込まれています。

経費分析も、今後5年間で平均約160%の売上に対して着実に成長しており、売上原価が分析の大きなシェア値に貢献しています。

将来的にMonartプラットフォームが広く採用されると、Monartが所有/代表するアートワークの売上は、毎年少なくとも3倍になると予測されています。

そして、 Monartは国際的なアート業界の1.6%の市場シェアを獲得する予測をしています。 

アートシェアのステップ

アートワークがシェアされるまでのステップは以下の順序です。

1.ARTWORKS SECTION

Monartアート委員会、アートキュレーター、Monartコミュニティ

2.SHARES CREATION

ERC721固有のイーサリアムトークンに基づく、アートワークのコレクションまたは単一のアートワークのトークン化。

3.SHARES PURCHASE

バイヤーは100%の株式が購入されるまで、必要な数の株式を購入します。

4.SHARES TRADING

取引プラットフォームで株式を売買できます。

5.SALES ARTWORKS COLLEXTION

Monartからのアドバイスにより、株式の所有者は2/3の賛成票を投じてコレクションを売却できます。

6.DISTRIBUTION OF PROCEEDS

Monartは、コレクションを可能な限り最高の価格で個人のコレクター、博物館などに販売し、その後、販売の収益を販売します。

Monart(モナート)における恩恵

Monartエコシステムは全ての参加者に利益をもたらすことができます。

Manartの参加者は以下の4つです。

参加者

アート愛好家

芸術愛好家

アートディーラー

投資家

 

アート愛好家

アートワークを発見、楽しみ、宣伝し、アートコレクションシェアを購入、販売、交換、レンタル、投資する特別な取引ができます。

芸術愛好家

コミュニケーションへの参加に対して報酬を受け取ります。 アーティストは、国際的な大規模なイベントやオンラインで広く作品を宣伝し、アート作品がモナート基金によって購入されるコミュニティ市場に参加します。

アートディーラー

アーティストのアートワークを特別なプロモーションでオフラインおよびオンラインで参加および販売しています。

投資家

アートワークとアートコレクションの両方からの早期購入の機会と、アーティストとそのアートワークの世界的な評判を高めるための大規模なプロモーションイベントの組織から恩恵を受けます。

Monartトークン

MonartはMARTと呼ばれる独自のトークンを作成します。これは、マルタの法律の下でMFSAによって承認および規制されている仮想金融資産(VFA)であり、既存の暗号交換で法的に取引可能です。

VAFとは仮想通貨金融資産法(The Virtual Financial Assets Act/VFA)は、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)の規制を扱っており、ICOを通じた資金調達プロジェクトにホワイト・ペーパーを発行する義務がを課しています。また、発行者の財務履歴を公開することも求めています。

ではMonartトークンで何ができるのか!?

世界クラスのアートイベントに参加することができる

monartのスポンサーイベントまたはパートナーイベントは、エントリー料金やアートワークの購入などに monartトークンを使用します。

複数の革新的なトークンの使用法 Monart

アートワークの提案からイベントへの参加、そしてアーティスト、ギャラリー、キュレーターの権利のフォローアップまで、コミュニティを支援する多くの革新的な方法で機能します。

コンバーチブルトークン

セキュリティトークンのオンライン交換の数が増えると、 Monartはトークンのフラット通貨(ユーロ、ドルなど)への変換可能性を提供するために機能します

monartプラットフォーム

 Monartのプラットフォームは、現在非常に流動性の低いアート市場に革命を起こすことを目標に、アートを取引する目的にも役立ちます。 

Monartのプラットフォームは、ユーザーがアートワークだけでなく、アートの断片やアートコレクションの断片も取引できるため、差別化されています。

コレクター、アート愛好家、投資家は、アートワークを購入するのと同じように、アートワークの一部またはアートコレクションの一部を取引することができます。

アートワークを取引する代わりに、ユーザーにはアートワークまたはコレクションの合計価格、部分価格、および残りの部品の数が提示されます。そうする機会により、ユーザーはアートとMonartのコレクションの所有権を分割して所有できるようになり、市場が流動的になります。

アートプラットフォームの大手ザザビーズとは

ザザビーズとは、現在も操業する世界最古の国際競売会社のことです。

インターネット上でオークションを開催した世界初の美術品オークションハウスであり、ロンドンで創業され、現在はニューヨークに本部を設置しています。

2016年にはサザビーズで、ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクの「叫び」が96億円で落札。

2017年にはジャン=ミッシェル・バスキアの「Untitled」を前澤友作氏が123億円で落札し、このニュースは世界中を駆け巡りました。

 最近では日本のZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ創業者の前澤友作氏が、サザビーズでジャン=ミュシェル・バスキアの「untitled」を約123億円で落札をして、世界中の話題になりました。 

余談ですが、前澤有作さんは現代アートが大好きだということでとても有名です!

そんなサザビーズは、ニューヨークをはじめ、ロンドン、パリ、ミラノ、ジュネーブ、チューリッヒ、北京、香港、カタールなど世界の主要都市にオークションハウスを展開していて、各国の美術品や宝飾品、腕時計、アンティーク、ワイン、楽器、自動車まで取り扱っています。

Monart(モナート)テクノロジー

Monart Token(MART)は、最初に現在使用されているブロックチェーン標準のEthereum ERC20に基づいています。

MARTトークンは、Ethereumプロトコルに依存して、すべてのアート関連のトランザクションとアクティビティに最も安全な環境とエコシステムを提供します。

支払いは、電信送金、クレジットカード、Paypal、またはBitcoin、Ether、monartトークンなどの暗号通貨で行うことができます。

また、取引はブロックチェーン上で行われ、すべての取引は、スマートコントラクトで検証されます。

エコシステム

アートワークの100%:購入は投資からだけでなく、視点だけでなく、芸術賞賛から。購入者は作品のすべての権利を取得し、それを集めて家に置いておくことができます。

アートワークのシェア:購入は主に投資と見なされます。共同アートワークの所有者は、アートをいつ、どのような条件で販売するかについて決定権を持っています。これらの条件はケースバイケースで決定され、シェアを購入する前に設定されます。

Monartが提案するアートコレクションのシェア:Monart選定委員会は、アートワークとアーティストの選定だけでなく、すべての売買決定について責任を負います。関心のある投資家向けに特注コレクションを作成できます。

 

Monartプラットフォームでは、法定通貨、暗号通貨、ネイティブMARTトークンを使用してアートワークを購入することも可能です。

 Monartは、独自の拡張KYCメソッドを使用することにより、各芸術作品の信authentic性と各芸術家のアイデンティティを保証します。 

アートワークは、独自の技術と、世界中のモナートの認定プロ写真家の大規模ネットワークで撮影された高精細写真を使用して認定され、改ざん防止のためにブロックチェーンで暗号化されています。各アートワークは、ERC721トークンとしてイーサリアムブロックチェーンで保護されています。

KYCメソッドとは、KYC(Know Your Customer:ノウユアカスタマー)とは、仮想通貨/暗号資産取引所の口座開設の際に求められる顧客確認のための本人確認書類・手続きの総称のことです。

KYCを実施する目的はいくつかありますが、もっとも大きな狙いはマネーロンダリングなどの犯罪を抑止することです。

VRアプリケーション

 Monartは、オンラインプラットフォームに拡張現実ツールを含めることにより、アート体験に革命をもたらしました。 

アートスペース(VR)により、ユーザーは、作品を購入する前に、iOSとAndroidと互換性のあるタブレットと電話のアプリを介して自宅にアートワークを配置できます。

さらに、Monartは3Dツールで現実を再現する予定です。

さらに、Monartは3Dツールで現実を再現する予定です。アーティストの描いた作品体験して発見するための3D仮想世界と3DビューMonartのデジタルプラットフォームに統合され、アートを体験するユニークな方法が作成されます。

ユーザーは、バーチャルリアリティのおかげで、アーティストのギャラリーや展示を仮想的に訪問することができ、新しいアートを体験ができます。

3D仮想アート展示スペース

Monartは小さなテストバージョンとして、3000平方メートルのスペース(仮想3Dアートスペース)で、ユーザーが訪れ、発見し、楽しむためのMonartパーマネントアートコレクションを展示するようなスペースを設けることで、ユーザーが、実際に美術館や、展示会をやっている場所までわざわざ足を運ばなくても、アーティストの作品を楽しめることができるということが可能になります。

公式サイトから3D仮想展示スペースを体験することができます。

競合他社との比較

 Monartは、最初のアートトレーディングプラットフォームとして、大規模な国際アートコミュニティと、プラットフォームで提供される仮想ギャラリーやツアー、VRアプリケーションなどの追加サービスを通じて差別化を図っています。 

さらに、投資家向けのアートイベントの開催や、プラットフォームでのアーティストの世界的なプロモーションなど、他のサービスも提供しています。

Monartは、最小の投資額が少なく、競合他社よりも小規模のバイヤーを引き付けるために大きな利点があります。アクセシビリティの面では、MonartはMaecenasのような世界規模で事業を展開していますが、サザビーズ、クリスティーズ、アート投資ファンドはHigh Net Worth Individual(HNWI)を対象としており、地元の機関と密接な関係を持っている傾向があります。

更に、ブロックチェーンを使用することで、主要なオークションハウスやアート投資ファンドとは異なり、透明性とセキュリティを保証します。

Monart(モナート)のロードマップ

2019年6月、MonartはArt BaselでMVP Alpha 3を発売しました。

プラットフォームの最新バージョンでは、Monartはアートワークの一部の最初の販売、最初のVRアートワーク展示、アーティストスタジオへの3D訪問、作業場作成のためのAI、iPhoneで利用可能なMonart ARと呼ばれるアプリなどの追加機能を実現しました。

2019年夏、MonartはAlpha 4バージョンを準備してMVPを改善しました。これには、壁にアートワークを表示するためのMonartアートキューブと拡張現実が含まれます。

この新しいバージョンでは、アートコレクションの一部を購入し、アートワークを法定通貨と暗号通貨で購入する可能性が導入されました。 2019年10月、モナートはFIACパリでMVPベータ1バージョンを発売しました。

2020年3月、ニューヨークでアーマリーショーが開催されると、Monartは、すべてのプラットフォーム機能の最終バージョンを備えた最初の完全なプラットフォームであるFull V1を発売する予定です。

Monart corporate

Monart Limitedは、マルタの有限責任会社であり、Monart SAS Parisの完全子会社です。モナートリミテッドはマルタ登録会社に登録番号C 88973で登録され、2018年10月23日にマルタ共和国に法人化されました。

Monart Limitedは、フランス(パリ)に本拠を置く会社であるMonart SASが所有しています。

その主な株主は、Malo Girod de l’AinとPauline Houlです。チームのメンバー、アドバイザー、およびビジネスエンジェルは、この大規模な国際プロジェクトを開発する手段を提供するために、株主としてmonartに参加しました。

MonartのIVFAOはマルタ内またはマルタ内から実施されるため、IVFAOのあらゆる側面はマルタの法律によって規制されています。アーティストの管理およびアートワークの運営は、モナートリミテッドを通じて行われます。このホワイトペーパーは、仮想金融資産法の第3条に関してマルタ金融庁に登録されています。

パートナーシップ一覧

Smile expo : 主要な国際ブロックチェーン会議主催者

BLOCKCHAIN-NETWORKS:トークン設計、戦略、ソーシャルメディアおよび電報管理

CHAINSECURITY:スイスのセキュリティ専門会社。 75以上の主要なクライアントと契約しています

TALIUM:IT,ミドルウェア,Backoffice,プラットフォーム、スマートコントラクトのエキスパート開発者

CORNETTE DE SAINT-CYR:パリに拠点を置くヨーロッパ有数のオークションハウスの1つ

798:北京の主要な中国芸術地区

FILMFESTIVALS:1995年以降、世界の映画、アニメーション、ニューメディアイベントをカバーする主要メディア

GOOGLE STARTUP GRIND:起業向けのGoogleプログラムとコミュニティ

GLOBAL TIMES:中国語と英語で発行される中国の主要日刊紙

CLUB GÉNÉRATION CEO:ヨーロッパとアジアの指導者を結びつけ、ヨーロッパとアジアの経済的および文化的な結びつきを促進および、強化する国際組織。

GREEN CROSS:1993年に元ソビエト連邦大統領ミハイルゴルバンチョフによって設立された組織。

THE R20 – REGIONS OF CLIMATE ACTION:カリフォルニア州の前知事、ターミネーターの主役であった、アーノルドシュワルツネッガーによって設立された非営利の環境団体です。

Monart(モナート)の運営メンバー

Pauline HOUL :CEO

20年の経験を持つ彼女は、コーポレートファイナンス、プライベートエクイティ、信託およびプライベートウェルスの構造化、成長管理、サーベンスオクスリー法(SOX)、SAS70およびアンチマネーロンダリング法に関する広範な知識を獲得しました。

彼女は西洋およびアジア市場、特に過去8年間中国政府とのパートナーシップを確立した中国市場で強力な専門知識を持っています。

Malo GIROD DE L’AIN

パリ、サンフランシスコ、サンパウロで、大手デジタルおよびニューメディアアート会社Digitalartiを含む様々なテクノロジー、コンテンツ、マルチメディア企業を設立および管理をになっています。VCファンドの管理に参加もしています。

 

Aden KIM:CBO

金融およびハイテク分野で数年勤務した後、clubelysee.comのCEOを含む芸術とファッションの仕事をしています。カリフォルニア大学バークレー校出身です。

まとめ

“アート資産”というものに、ほとんどの人は触れる機会がありませんでした。しかし、Monartプラットフォームによって、展示を仮想的に訪問できる3Dの技術導入や、VRを使ってアートワークを体験できるアプリケーションなどの導入などにより、アートに触れるユーザーが増加して、アート市場の成長を促進させることがMonartの一番の特徴です。

更にユーザーだけでなく、アート製作者もこのMonartプラットフォームを使うことによってより多くのユーザーに認知してもらうことが可能になになります。

アートには価値を決める絶対的な基準がないので、見極めるのが非常に難しいと言われています。そんな市場から、ユーザーが投機目的で購入したりするのは少し難しいというのがMonartの1番の問題点です。

コインオタク伊藤
アートの市場に新しいマーケットを誕生させるというこのプロジェクトは市場のニーズもありすでに一定の顧客が付いております。懸念点としては、まだ十分な検証ができていない点でしょう。

アートは富裕層ビジネスで成功を収めており、現代アートと大衆を掛け合わせた新しい市場にどれほど価値があるかは見えません。

また、アートを本来の形ではなく一部所有として保有する文化は過去には無く、アートの証券化にどのようなハードルがあるのかは未知数です。それを含めても新しい市場が誕生することはとても良い事であり期待をしたいプロジェクトです!

ビットコイン高橋
デジタルコンテンツはブロックチェーンと非常に親和性が高く今後ブロックチェーン上にその一部を保存していくことは主流になる。良い所に目を付けているよね。

しかもマルタVFAの規準に則って設計していて、もしこのままVFA認定されれば(このコメントを書いている2019年12月時点ではの話)この分野に於いて注目を浴びやすくなることは間違いない。確実に営業活動がし易く追い風となるよね。

マイナスな部分で言えば、トークン設計の部分でERC20以外の細かな技術的な部分について情報が薄いこと。 だったら別にブロックチェーン使わなくて良くね?って思う。ERC20規格は可動域が狭い為、彼らのやりたいことを100%叶えてくれるトークンではない。

あとトランザクション手数料をEthereumに払い続けることによって、ゆくゆく利益を圧迫することになる。この辺もうちょっと考えていたら結構評価高いと思うんだけどなー。

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Monartへの質問お待ちしております!