東京・大阪開催 < 暗号資産情報サイトCOIN OTAKU ✖️ BTC マイニング事業会社「 Satoshi Hash 」> 中国政府認可を持つ節税マイニング事業説明会

プレスリリース

COIN OTAKU 主催 / 中国政府認可を持つマイニング事業所での、BTC節税マイニング事業導入説明会(参加無料) in 東京・大阪

 

話題のビットコイン( BTC )マイニング・・・

暗号資産のマイニング、いくら儲かるの?

どんな設備や機械が必要なの?

購入ルートや運営費が心配。自社で運用できるかが心配。

 

そのようなお悩みをお持ちの方に、ぴったりのサービスをご提供します。

 

「節税」目的のマイニング市場への参入

投資商品として、ビットコインのマイニングを検証する方も多いですが、年度末を控えた今の時期最もニーズがあるのが「節税対策」です。

イベントではマイニングへの参入と節税の関係についてもご案内していきます。

開催概要

日時・会場:

※ いずれの会場も参加無料です

東京会場 / 12月15日(日)13時〜15時

東京都中央区銀座1-8-19キラリトギンザ11F
BINARYSTAR株式会社

 東京会場はこちらから 

東京会場申し込みフォーム

大阪会場 / 12月20日(金)13時〜15時

大阪府大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル 2F
株式会社Xtheta(シータ)

 大阪会場はこちらから 

大阪会場申し込みフォーム

※ 参加人数に限りがございます。
参加人数の上限に達した時点で、参加をお断りさせていただいております。大変申し訳ございませんが、予めご了承ください。なるべくお早めに、参加申し込みをされることをおススメいたします。

※ お申し込みフォームは東京・大阪それぞれ別となっております。ご希望の会場ページからお申し込みください。

 

登壇者・内容:

伊藤 健次 ( COIN OTAKU OÜ )
– ビットコインの今後の価格予想
– ビットコインに関する海外と日本の法律
– 直近の世界マイニング市場トレンド

酒井 和  ( 株式会社 Satoshi Hash )
– (株) Satoshi Hash の紹介
– ビットコインマイニングの仕組み
– マイニングでの節税効果

 

株式会社 Satoshi Hash について

「Satoshi Hash」のマイニングファームは、中国の内モンゴルエリアに設置されております。

– ビジョン

私たち(サトシ・ハッシュ)は、 マイニングファーム運営(スーパーコンピューターのホスティング)をメイン事業としております。

ビットコインに代表されるブロックチェーンの信頼は承認アルゴリズムとそれを実行するマイニング作業により保証されます。

ビットコインのニーズとともにマイニング事業への参入は全世界で拡大しております。
AI 処理・デジタルサービスの増加・拡大と多様化を計画し、常に変化・成長することで、これからも顧客の需要に合わせて市場を創造して参ります。

– ミッション

幅広い分野へコンピューター技術を活用した事業を展開し、ソリューションカンパニーとしてお客様の問題解決を誠実に行います。

– Satoshi Hash の強み

Satoshi Hash株式会社は2017年の初めからマイニングファームの建設と運営を始めました。彼らにはマイニングファームをやるメリットが2つあります。

①世界中に電力業界の人脈リソースがあること

②2012年からビットコインを知っていたこと

有名なマイニングメーカーである「ビットメイン」や「ワッツマイナー」等とも深い繋がりがあり、事業を展開する大きなアドバンテージとなりました。

マイニング王のジハンウーと仕事をする機会もあり、ロシアのプーチン大統領の経済顧問にビットコインマイニング事業を提案したこともあります。

Satosi Hash の大きな強みとして挙げられるのは、強固な姿勢をとる中国政府に対して、許可のための必要な書類を揃え、適切な適切な申請手続きを行なった上で、電力供給に関してお墨付きを得ているというところです。

-COIN OTAKU と Satoshi Hash の展望

今後の展望については世界中に中小規模のマイニングファームを作ることで拡大を図りたいとしています。

その大きな理由として挙げられるのが、政府支援とカントリーリスクの分散により、安定したマイニング事業の提供が見込めることです。

そして私たちコインオタクに対して、その中立なメディアの立場と正しい情報発信に共感をしていただき、一緒にビジネスを行うことになりました。

– ビットコイン( BTC )マイニングとは?

皆さんは「ビットコイン( BTC )」や「マイニング」についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

最近では、マイニングでビットコインを得られることによる事業収益よりも、マイニングマシンを購入することが費用算入(コスト計上)に繋がり、それが「節税」になるというニーズが非常に多くなっています。

今回の説明会では、現在 Satoshi Hash のマイニングファームの現場で実際に行われているビットコインマイニングシステムや、マイニング投資での収益・節税方法などについて詳しく言及していきます。

– クラウドマイニングの活用

クラウドマイニングとは自身でマイニングマシンを保有せずに、すでにマイニングを行っている事業主が投資商品としてメニュー化しているマイニングサービスです。

自社でマイニング事業が困難な場合や少額で始めたい場合などに適した間接的なマイニング方法です。

税処理の観点から言えば、クラウドマイニングへの投資も経費として計上が可能です。

こちらを活用するにあたり注意点として

1.クラウドマイニングへの投資を年度始まりから行っていること
2.契約書・領収書など必要書類を保管すること

などが挙げられます。

コインオタク関連記事

2019年8月、BTCマイニング事業会社「Satoshi Hash」の立ち上げにあたり伊藤健次と佟暁峰氏のトップ対談

事業発足の背景から政府の規制、今後の展望、半減期を迎えるにあたって予想される価格などへの影響などが、事業者としての目線で語られています。

BTCマイニング事業会社「Satoshi Hash」コインオタク初のジョイントベンチャー始動!伊藤健次と佟暁峰トップ対談

伊藤健次が代表的なビットコインのマイニングに関する正しい税処理についてご紹介

今回の登壇内容にも挙がっている、マイニング参入による節税効果。

正しい参入の仕方や税金・節税との関係は?

本記事の内容は20199月時点の情報をもとに作成されたものです。

2020年節税対策にビットコインのマイニングは有効か検証