バイナンスの新たなプラットフォーム「バイナンスクラウド」が公開

海外ニュース

暗号資産取引所バイナンスは同取引所のジャオ・チャンポンCEO(通称CZ氏)が2月のAMAで公開を匂わせていた新プラットフォーム「バイナンス ・クラウド」の公開を発表しました。

このプラットフォームはローカル市場向けに取引所運営のサポートを行うものです。

バックエンドで機能するシステムを提供する取引所のインフラ契約であるホワイトラベル契約として小規模のローカル取引所が導入できるバイナンス取引所システムを提供します。

市場規模が小さく、セキュリティ問題も発生している暗号資産取引所には、先物取引や暗号資産と法定通貨のP2P取引などのサービスに対応していることに加え、バイナンスのセキュリティシステム・流動性を取引所のインフラとして活用できることは大きな利点となります。

また、バイナンス がわも、新たな取引所ラインを流動性の確保できていない国のローカル取引所から獲得できるという利点もあります。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

バイナンスが取引所のOEMを始めます。

だれでもバイナンスのシステムを使って取引所サービスを提供できるようになります。

これはサービスを提供するバイナンス側にも大きなメリットがあり、今までバイナンスが展開できなかったエリアの顧客の取引を集め、高い流動性を維持する事ができます。

他方では、大手の波に乗れない取引所が流動性を維持できなくなるという業界の二極化が始まります。

中堅どころがバタバタと経営難で取引所業を撤退している中で、日本の取引所も非常に危ういと言えます。

このような時代に自身の資産を守るためにやる事は、取引所を惰性で選ばないという点と資産保全は取引所以外のサービスを使うという事です。

すぐにできる事とすればウォレットの活用となるでしょう。

将来的には資産保全のサービスももっと拡充するので、新しい情報はしっかりと受け取るようにしてください。

 

あわせて読みたい

音楽著作権協会(JASRAC)は、ブロックチェーンを活用した音楽作品情報の登録と共有に関する実証実験を実施

ブロックチェーンコンテンツ業界の発展を目的として、ブロックチェーンコンテンツ協会が設立されました