XM TRADING 口座開設方法

初心者向け

2009年からサービスを開始している日本だけでなく世界中で取引されているFX業者です。

ユーザー数や人気は世界でもトップクラスで、資本金が360億円もあり複数の国で金融ライセンス取得しているなど信用面では安心ができ、最大の特徴は最大レバレッジ888倍や追証なし、日本語でサポートが受けられることが挙げられ、日本円以外にもビットコインでの入金も可能となっております。

口座開設ボーナスやその他のキャンペーンを利用することで入金不要でFXが始められる、初心者にとって始めやすい業者です。

今回はXM TRADINGの口座開設方法をご説明いたします。

XM TRADING リアル口座の登録手順

 

開設手順

上の口座開設URLからXMお申し込みページに移動し、続行するをクリックして次に進みます。

「リアル口座開設登録1/2」の入力フォームが開きますので、全て英語で入力してください。スマホではサイズが違いますが、ご記入いただく項目は同じです。

個人情報の入力

身分証明書で提出するものと名前を英語で記入してください。

① 下のお名前 (英語)例:Taro
② 姓     (英語)例:Yamada

間違えやすい部分です、ご注意ください!必ず名、姓の順番で書いてください。

③ 居住地       例:Japanを選択
④ 希望される言語   例:日本語
⑤ 電話番号      例:+819012345678(最初の0を抜かして記入します)
⑥ Eメールアドレス     例:sample@gmail.com

一人につき1メールアドレスが使用可能で、同じメールアドレスで口座は8つまで開設できます。
既存のアカウントをお持ちの方は、同じメールアドレスで入力してください。

取引口座詳細の選択

⑦ ご利用予定の取引プラットフォームタイプをお選びください。
⑧ 口座タイプ
例:スタンダード(1 lot=10,000)それぞれの資金にあう口座はこちらをご参考ください。
⑨ ステップ2へ進むをクリック

続いて「リアル口座開設登録2/2」の入力フォームが開きます。

個人情報(名前のみ全角カナ)の入力。

上記のリアル口座登録1/2は英語でしたが、こちらの記入欄は全角カタカナ表記で記載していきます。日本語カタカナで記載するのはこの部分だけです。
こちらも間違えやすい部分です、ご注意ください!
必ず名、姓の順番で書いてください。

① 名・姓の順番で 全角カタカナで記入 例:タロウ ヤマダ
② 生年月日を、日・月・年の順番で記入します。
③ 都道府県名を英語で記入します。 例:Tokyo Osakaなど
④ 部屋番号(アパート・マンションの方)、番地 – 番 – 丁目の順に記入します。
⑤ 町名 – 市区町村名の順に記入します。
⑥ 郵便番号はハイフンなしで続けて記入します。

“住所記載の例”

日本 Japan
都 なし(Tokyoでよい)
道 なし(Hokkaidoでよい)
県 -ken または prefecture
市 -shi または city
町 -chou, -machi または town
村 -mura または village

 

住所は本人認証の住所確認に使う書類と一致しているものにしてください。

“XMで利用できる住所確認書類”

健康保険証、マイナンバー(本人確認書類との併用不可)、公共料金請求書/領収書、電話料金明細書/請求書、クレジット銀行明細/請求書、住民票、財務関係書類、など

取引口座詳細の入力

続いて口座基本情報や最大レバレッジの設定を行います。

口座ボーナスの受け取りを希望しなくてもトレードはできますが、ボーナスを使用してお得にトレードをしたい方はこちらで《ボーナスの受け取りを希望する》を選んでください。こちらの設定は口座ごとに行いますが、選択できるのはこの最初の時だけですので、お間違えのないようにお選びください。

詳細入力の前に、アメリカ市民としての納税義務の欄で《いいえ》を選びます。

① 口座の基本通貨は《 JPY 》をお選びください。
② 初期設定は1:50となっています。こちらのレバレッジは、口座にログインが可能になった後はいつでも変更可能です。
《ボーナス受け取りを希望します》を選んでください。(推奨)

投資家情報の入力とパスワード設定

投資家情報では口座所有者の情報を記入します。この項目は口座開設の審査には影響しません。

“XMのレバレッジ規制について”

レバレッジ200倍以上で運用していた場合、追加口座も含めて、全ての口座での資金総額が200万円を超えるとレバレッジ規制にかかり、最大200倍に下げられてしまいます。

また、1000万円を超えた場合は100倍に下げられてしまいますので、全口座の資金総額にご留意の上でご利用ください。

なお、こちらは出金や取引を行い、総額が減った場合にはXMへの申請にて元に戻してもらうことができます。

 

一番初めの投資額(USD)の欄は《0- 20,000》を選択すると、レバレッジ888倍(Max)までの設定が可能となります。

パスワードは、XMから自動的に発行されませんので、ご自分で設定を行います。
英大文字、英小文字、数字の全てを最低1つ以上は組み入れてください。

確認欄にも同じパスワードを入力し、一致しない場合は枠が赤色のままですので、お間違えのないようにご入力ください。

この際設定したパスワードは今後のMT4設定やログインで何度も使用することになりますので、必ず忘れないようにどこかお手元のメモなどで大切に保管しておくこと。

PCやスマホ内にパスワードをわかりやすい形でのメモなどで残す際は、ハッキングや紛失時の影響を考慮をし、できるだけ控えいただくことをお勧めします。
(パスワードの再設定は可能ですがXMへの申請が必要となりお時間もかかります。)

確認事項にチェックを入れ、《リアル口座開設》のところをクリックすると口座開設は完了です。

登録後はXMの画面でも次のステップがご確認いただけます。

 

XM TRADING 登録完了メールの確認

全ての入力事項に間違いがなく登録が完了した後、メールアドレス有効化をするためのメールがXMからすぐに届きます。

こちらは、有効期限が24時間以内となっていますので、登録が終わったらすぐにメールを確認して《Eメールアドレスをご確認ください》の赤いバナーを押して有効化させてください。

Eメールアドレスの確認をしたら、再度XMからメールが届きます。(下の図)

こちらのメールには、《 口座ID 》《サーバー名》が記載されていますので、間違えて破棄しないよう、大切に保管しておいてください。

ここまで進んだ方は、XMの口座が無事に開設、または口座追加の完了です。お疲れ様でした!

XM TRADING XMアカウントの有効化

では、次は口座に個人情報を追加して、有効化していきます。

続いて、上の画像の《会員ページへログインしよう》をクリックして、XMのご自分のアカウンにログインしてください。

MT4/MT5(リアル口座)のボックスに、先ほどのメールで届いた口座IDを記入し、パスワードは開設時に設定したものを入力したら、ログインボタンを押します。

パスワードを忘れてしまった時は、《パスワードをお忘れですか?》をクリックして、その後の指示に従って再設定を行ってください。

表示言語は右上の国旗のところからお好みの言語をお選びください。

また、XMでは日本語でのライブチャットサービスもご利用いただけます。

右上にある、《ライブチャット》をクリックし、アカウント情報やメールアドレスを記入した後、チャットで使用する言語を選んでから《チャットを開始する》のボタンを押します。
時間帯により、XMスタッフが不在の場合もありますので、その時は時間を変えて再度お試しください。

本人確認書類の提出

事前に以下の書類から2つをご準備ください。

書類提出にあたっての注意点

これらの書類はweb上でのアップロードになりますので、必ず事前にスマホなどで書類の写真を撮っておくか、スキャナーで読み込んで保存をしておいてください。

書類は全体が綺麗に見えるように撮影してください。
送信できるフォーマットは、JPG、GIF、PNG、PDFで、アップロードできるファイルの容量は最大4MBまでです。

運転免許証などで、住所変更が裏面に記載されている場合は裏面の提出も必須です。
身分証明書と住所証明書は同一のものは使用できません。

身分証明書で運転免許証、またはマイナンバーカード以外で提出した場合は、これらの書類を住所証明書として使うことができます。
(例)身分証明書でパスポートを提出して 住所証明書で運転免許証を提出する。など

ログインすると、口座有効化をしてくださいとのメッセージが現れるので

① をクリックして本人確認の手続きに進みます。
② の部分に書いてある名前が自分が登録した本名と一致しているか確認してください。

もしこの部分で記入間違いがあった場合は、XMのライブチャットでサポートに問い合わせをして変更依頼をかけてください。

ファイルのアップロード

身分証明書、住所確認書のそれぞれの枠の参照をクリックして、提出したい画像ファイルを選んでください。左側にファイル名が表示されます。

選び間違えた場合、アップロードの前であれば消去ボタンを押してやり直すことができます。
もしアップロード後に間違いに気づいた時は、間違えた方の書類だけ再度アップロードしなおしてください。

本人確認書類の提出後は、通常1〜2営業日(土日祝祭日は休業)で口座有効化がされます。
口座有効化がされると、表示が上記のように《認証済》に変化します。

①にはユーザ名(英語表記)②には口座番号がそれぞれ表示されます。

アップロードが完了すると、XMからメールが届きます。開設中は、複数回のメールが届くことになりますので、必ずどれも見逃さないようにご注意ください。

早ければ1時間以内、遅くても1営業日以内には審査結果のメールが届きます。

口座開設までの流れは以上です。