世界をリードするデジタル契約取引プラットフォームのビットヤード(Bityard)が、正式に販売を開始した。

業界内で権威がある関係筋からの情報によると、米国のあるヘッジファンドがビットヤードに約数千万ドルを投資し、契約が複雑な仕組みで、取引がとても簡単という新しいモードを生み出した。

これらに続けて今後、先端的な技術の開発、海外市場の拡大、ブランドの立ち上げなど全面的にスタートしていく予定だ。

ビットヤード(Bityard)は2019年11月に創立し、本社をシンガポールに置いている。

世界をリードするデジタル契約取引プラットフォームで、米国金融監査管理局(MSB)、シンガポール企業管理局(ACRA)、エストニア金融監査管理局(MTR)から発行された法的金融ライセンスを取得している。

東南アジアにおいて、ビットヤードは現地でのデジタル資産市場の需要と、政府が推進しているブロックチェーンの波に乗って、安全・簡単・迅速のデジタル契約取引サービスで注目を集めるだけでなく、タイの巨額クーポンキングである播求氏をビットヤードのブランドアンバサダーに招き、現地での注目がより高まり続けている。

不穏な年ほど、仮想通貨業界では浮き沈みがより激しくなる。

我々が半減期の情勢を話している渦中で、新型コロナウイルスによる「ブラックスワン」は仮想通貨の価格を下げ、最低価格から反騰して60%上昇した。このような不穏の情勢において、契約取引は今年トレードを行う際の主な戦場になると考えられている。

ビットヤードの創設者は、新しい参加者が競争の激しい契約取引市場にシェアを得たい場合、唯一の方法は革新あると考えている。

高いポテンシャルをもつユーザーは「簡単なトランザクション」を熱望している

多くの調査の結果、ますます成熟する仮想通貨市場では、高いポテンシャルをもつ消費者グループを生み出した。

彼らは契約取引の概念に共感し、レバレッジを使用して利益を拡大することを求めているが、一方で契約はとても複雑だ。精算を回避するために、取引への参加を躊躇いがちだ。

仮想通貨業界には多くの可能性を持つユーザーが単純化された取引を渇望しているということに鑑みて、ビットヤードは生み出されました。

製品理念は「複雑な契約、単純化されたトランザクション」

ビットヤードは「複雑な契約、単純化されたトランザクション」という製品理念を守り、顧客に究極に簡単な操作体験をもたらすことを常に目指している。

製品管理担当者へのインタビューを通じて、ユーザーが円滑に利用できるよう、チームが多くの作業を行ったという事実がわかった。

口座開設方法は簡単で、メールアドレスまたは電話番号で登録すれば、約30秒でビットヤードのユーザーになることができる。

入金も簡素化されている。 現在、6種類の主流のデジタル通貨でのチャージが可能であり、人民元とベトナムドンのフィアットでのチャージも可能だ(今後も増えていく予定)。上下レベルの転送機能を設置することにより、代わりに入金することが容易になる。

複雑な取引インターフェース機能を簡素化し、50USDTで取引を開始することができる。取引での要求を大幅に削減し、シミュレーション口座を提供して初心者も注文の仕方を学ぶことができる。

ユーザーにより良い体験をしてもらうために、ビットヤードとブランドアンバサダーが共同で「毎日鉱石を探そう」というイベントを発表した。

本日より、ビットヤードのユーザー登録をすると、無料でビットコイン、イーサリアムコイン、EOS、TRONなど総額約258USDTのなデジタル通貨をプレゼントする。さらに!ビットヤードの初の通貨であるBYDを手に入れることもできる。

詳細情報は、ビットヤードのホームページwww.bityard.comをチェック!いますぐ登録して体験してみよう!